くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁木駅の時刻表  

もーすぐは~るですねぇ。重いコートぬいーでぇ~・・・。
ハイ、中綿のコートは脱いで、カーディガンもベストにかえて、それでもあたたか。
春ですねぇ。
仁木駅の時刻表

48年3月24日の函館本線(山線)の仁木駅の発車時刻表です。
特急・急行の通過駅なので、そのスジは記載されていません。
22本中、12本はD51の牽く客車もしくは荷客車でした。
44レは、くろくまたちの車内ホテル。幾度も利用しました。
紙と画鋲で隠してあるのは、客6131レ、4月~11月のスジで、これも蒸機引率。
すでにC62重連のニセコはなくなっていましたが、
こんな写真も撮っておくべきかも。手書き文字の凾館がいいですなぁ。

スポンサーサイト

C5757  

いゃぁ、暑かったですね。例年GW明けは仕事が少ないと高をくくっていたのですが
結構な仕事量。身体がついていきません。
さてさて、どんな写真をアップしようかとカレンダーを見ると、5月7日。
こりゃ、C57だなぁ、なんて思ってスキャン画像を探すと出てきましたよ。登別を発車C5757

そのまんま、語呂合わせのC5757が牽く50年7月31日の客レ、登別―虎杖浜です。
たった四両の旧客を牽いて目一杯の煙を出します。発車してからドレインも出しっぱなし。

室蘭本線といえば、栗丘や沼ノ端に足繁く通っていましたが、このときは場所替え。
撮影地に増えてきたファンに嫌気がさしたのだと思います。
道内とはいえ暑~い日ですが、現役蒸機は惜しむことなく煙を吐いてくれました。
ファンが三人ほど写っています。今から思うと和やかな撮影風景です。

復活蒸機を捉えつつ、「何かちがうなぁ~」と思うくろくまです。


長大なセキ/夏(室蘭本線)  

昼過ぎになると湿度は高く暑苦しいのですが、朝夕は結構ひんやりします。
週末には晴れてもらいたいのですが、いまのところ雨の予報がでています。
まあ、天気予報もころころと変わりますから、どうなることやら。
長大なセキ/夏

昨日の冬のセキに続いて夏のセキをアップ。昭和50年7月31日の撮影です。
先日アップしたC57の客レと同じ場所からのショット。
遠くにみえる駅は登別です。撮影地点から1キロ弱。
で、画像をご覧ください。セキの最後尾は駅にかかっているではありませんか。
少なくとも7、800メートルの編成をD51が単独で楽々と牽いているのです。
空身とはいえ、すごいパワーだと思いませんか。

ふと、冬場のセキの発車の音を思い出してしまいました。
発車と同時に、弛緩していた各連結個所が急激な力で引っ張られ、
鋼鉄を打ち合う音が、ガーンと大音声で鳴り響きます。その音が輪唱のように
連結器の数だけ繰り返されるのです。
凍てついた線路のうえで奏でられたシンフォニー、忘れることができません。

二つ目忍者(函館本線)  

通勤の行き帰り、太陽が出ていなくても汗がダラダラ。
えっ、明日は雨が降るんですか。梅雨明けの豪雨になるのでしょうかねぇ。
あれれっ、台風も来てるみたい。3連休は視界が利く曇りがいいなぁ。

二つ目忍者
本日のアップは7月17日、717ということで717号機、二つ目の79616です。
えっ、一つ目じゃないかって? ええ、忍術を使ってます。
昭和48年3月23日の朝の倶知安。二つ目キューロクが大好きなくろくま。
本当はサイド、とくにデフ周りの配管がこのカマの機能美なんですけど。
じつは、順法闘争のさなかでテンダが落書きだらけだったのです。
このころは胆振線での職場はなくなっていて、岩内線が晴れ舞台でした。
リバーサルなのですが、Fクローム。退色が進んでいます。

倶知安降雪(函館本線)  

あいかわらずジメジメとした陽気、たまりませんなぁ。
昼飯に冷やし中華を食べていたのですが、突然の雷雨。すごい豪雨です。

話変わって野茂英雄、引退ですってね。お疲れさまでした。
本当に名前のようなヒーローでしたよね。口下手というか口の重いところは
まさにサムライ。イチローとも一線を画していましたね。
さぁ、今日は「となりのトトロ」を見て寝ようっと。
倶知安降雪昨日アップの79616の僚友79615の仕業の様子です。雪が降り始めてきました。
背景のクラには客貨車検修庫と書かれています。
倶知安機関区の銘盤は、このころよく見たアーチ状のフレームに文字を
切り抜いた鉄板仕様でしたね。追分もそうだったような・・・。
大好きな機能美キューロク、テンダの白文字がかわいそうですね~。

森と湖の夏(室蘭本線)  

7月も今日まで。オールスターの初戦ですが昔のように盛りあがれません。
年齢のせいかなぁ。交流戦もあるし、それに大物が少なすぎる感じです。
少年時代は、周りの大人がビールと枝豆で浴衣に団扇、楽しそうでしたね。
その後、ジャイアンツvsパの長池、土井、大杉、白、基の打者たち、あるいは
東尾、山田、山内、村田の投手たちという構図には興奮したものです。

あれれっ、ベテラン山崎のサヨナラでパリーグが勝っちゃった。
久保田のクローザーは無理ですって。オレ竜さん!!
森と湖の構図
今日から33年前、昭和50年の北海道は7/28早朝5時の出立でした。
当時のメモを追っかけてみましょう。
上野7:41発の「いわて1号/クモハ453-10〈10号車〉」で盛岡へ。1時間15分の
待ち合わせで「はつかり2号/モハ485-161〈6号車〉」で青森着が19:25。
「大雪丸」、「すずらん4号/スハ45-40〈増9号車〉」で苫小牧へ。
この間、はつかり車内で「ポークカツ定食/650円」、青森駅で「イカ焼そば/
230円」、函館でテトラパックの牛乳/50円を食していますね。

翌29日は滝ノ上に行き、川端まで歩いて撮影しています。追分に出てC5757の
牽く客レで岩見沢へ。滝川からは「かむい6号」で旭川へ。駅寝ですね。
この日の出費は、川端でミリンダプラム/90円、滝川では味噌ラーメン/280円
旭川でファンタグレープ/90円となっています。勿論、主食は自炊のごはんと
インスタントラーメン、ククレカレーほか缶詰めやインスタントコーヒーでした。

30日、上りの「大雪5号」で岩見沢へ。C57135の牽く222レで栗丘に行き、
昨日の写真を撮影しています。その後なぜか札幌に出て(バスでしょうか?)
岩見沢を経由して三笠に。撮影後、岩見沢から「宗谷」で旭川。駅連泊ですね。
ここで高校の同級生Yと合流しています。

やっと33年前の今日に辿りつきました。
前日と同じコースで「大雪5号」で岩見沢、222レ(引率機C5757)で室蘭。
あれっ、全線乗り鉄してますね。なんでだろう。写真は母恋の駅名票しかない。
「ちとせ1号」で登別。虎杖浜よりで撮影(今日のカットを含め)の後
「ちとせ7号」で札幌。「紋別」で深川、121レで旭川に舞い戻ってますね。
この夏は道央にしか蒸機がなかったものですから、旭川から上り「大雪5号」
が定番だったようです。

思い出のニセコ(函館本線)  

今日は楽しみがある。NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」100回目の
スポットが当たるのが柳家小三治なのです。ブームで寄席でも大人気ですね。
何を隠そう、くろくまは古典落語がだ~い好き。だってさ、考えてもみてよ。
おんなじ咄を聞いて笑える芸ってすごいよね。
名人六代目圓生、五代目志ん生はもとより小さん、志ん朝、桂枝雀などの
CDを所持しているんですよ。大好きな山藤さんも志ん生の大ファンですね。
どんどん鬼籍に写られるなか、小三治の芸の巧みさ、マクラの面白さ、いいねぇ。
なんとiPodで落語を聞いているのだから、相当の数奇者でしょ!?
思い出のニセコ
今日は鉄道の日。思えば鉄道百年の催しでは総武・成田線、東海道本線、
八高線と撮影に行きましたっけ。C571・7、D51498・1002を写したものです。
この日を記念して「侍大将まこべえが行く」ではC62重連をアップされました。
それに刺激されてくろくまもC622をアップしますね。
奇しくも、まこべえさんが撮影された昭和46年8月19日の10日前、8月9日の撮影。
大沼駅発車の104レですが、長万部以南は単機での牽引です。
山線で写した方は「畜生!」と思ったことでしょうね。本務機は目立ちませんから。
単機牽引とはいえ、長大編成には感動です。「急行」の貫録ですよね。
稚拙な構図は厨房の撮ったものということでお許しあれ。
ニセコは4回だけ撮影できたのですが、いろいろと訳ありでアップできません。
鉄道の日ということで拙い写真をアップしましたが、ちょっと恥ずかしい気分。

黒と白の構図(瀬棚線)  

太郎さんのホテルのバー通いなんかが話題になっている間に、株価の暴落。
日清食品のメイン食材にまで「毒入り」の現実。世も末だなぁ。
セリーグのCMシリーズ、いま紀がクルーンからデッドボールをくらいました。
痛そうです。手首直撃か。あのスピードボールが当たっちゃたまりませんなぁ。
贔屓にしているドラのワダが打ったので、気分良く見てたのですが季のHR。
果たして本日の結末やいかに? 事によると明日早起きなのでここまで、です。
黒と白の構図
昭和48年12月29日、道南のローカル線瀬棚線に行ってきました。
後にも先にもたった一回だけの入線。美利河(ぴりか)という美しい駅名。
ひたすら登り続け、目にした光景はいまでも忘れることができませんでした。
斜光線が素晴らしいコントラストを描いてくれました。
美利河―茶屋川での撮影。同行したNくんはどうしているだろう。
ちなみにこのカマ、二つ目の復活蒸機C11207かもしれません。

小樽築港の想い出(小樽築港機関区)  

今、帰宅しました。今日はなんと、ひぐま3号さんとの煙会。
先日、近所のお寿司屋さんが廃業するという記事を書いたのですが、是非付き合いたい
との奇特なご回答。わが町にひぐまさんをお迎えして呑んで食べておりました。
ひぐまさん、ご帰宅は何時になるか。更新ご免のいい言い訳を提供しちゃいました~。
それでも何とかアップせねば、と息巻いております。

じつは、来たる1/11の真岡での撮影の打合せを兼ねての煙会。
いろんなネタを仕入れてくるひぐまさんには感服いたしました、ハイ。

小樽築港のC623(小樽築港機関区)
時間切れ間近にとりあえずのアップ。ひぐま3号さんにちなんでC623で~す。
当時、道内に残ったC62は、この3号機のみ。休車扱いだったかなぁ。
前回来たときは4両のC62が迎えてくれたのだけど・・・。
それでも、ブレようがボケようが撮りまくりました。広角持ってなかったんですよね。

1978.3.23 小樽築港機関区 C623
Nikomat FTn、50mm f1.4、NeopanSSS、DP仕上
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS2

築港の若番D51(小樽築港機関区)  

どうにも春霞というか、空気の汚れというか「高み」からの撮影には障害があります。
昨日は気分的にめげて自宅待機にしたのですが、今日は出撃しました。

一定の高度が生息域のくろくま、下界の方には生理的に行けません。
で、出向いたのは美丿山と宝登山。両山とも秩父鉄道きっての遊名山。

殊に宝登山は長瀞観光を兼ねた方々がワンサカ押し寄せておりました。
芝桜観光の方々のお陰で帰りの快速急行は満員。秩父から立ち席帰還となりました。

築港の若番D51(小樽築港機関区)
そんなトホホ撮影故に今日のアップは語呂合わせで・・・。
昭和48年の小樽築港機関区で写したD5154号機です。
何か変だなぁと思ったあなた、そう、これナメクジじゃないんです。
標準型に戻されちゃったんですね。

P.S. タイガース、11連敗でストップか!!
Tファンも大変だよね~っ!! わがライオンズ、キシの5連勝、やったね。

1973年3月24日 小樽築港機関区
Nikomate FTn 135mm f2.8 NEOPANSSS ASA200 DP現像
COOLSCAN5000にてScan 画像処理 Photoshop CS4EX

D52の思い出(函館本線)  

皆さんのGWは如何でしたか。楽しめましたか。
GW中はたくさんのアクセスをいただき、恐縮しております。
その割にはコメント欄は常連さんのみ。皆さんからのコメントお待ちしております。

GWラストの今日、文化放送で西武VS楽天の中継があるというのでウキウキ。
おまけに先発は贔屓のニシグチ。楽しみにしてたのに結果は・・・(泣)。

今日はパレオの出番なし。せっかくの気候なのに、と思うととても残念な気分。
一度HDDが逝ってしまうと種々の再設定が必要なので、自宅Macの調整をする。
明日、明後日と出社すると、またパレオの土・日がやってきます。
昨日からの雨で空気が洗い流されるといいですね。

D52の思い出(函館本線)
今日も語呂合わせのアップです。56号機といえば、くろくまにとってはD52です。
マンモス機に初めて会ったのがこの渡道時。有名な礼文華にも走ってました。
勿論ニセコ重連も走ってた。B201、C551、C581、9633も道内にいました。
でも厨房3人連れの旅行。親の承諾を得るために行動計画を予め提出していて
予定の変更など臨機応変に対応できるわけがありません。
当時はダイヤも不正確なものしかありませんでしたし・・・。
ですから、恥を晒すようですが、こんな稚拙な写真しか写せていません。
語呂合わせコーナーがなければ、決して日の目を見ない写真です。


1971年8月9日 函館本線 大沼付近、画像処理 Photoshop CS4EX

D52無残
その2年後、2度目の渡道は昭和48年3月。D51、C58の屯する五稜郭機関区へ。
片隅に大量のD52が並んでいました。56号も無残な姿になっていました。
太いボイラーが目立ちますよね。割れた前照灯、手書きのナンバーが惨めでした。

1973年3月21日 五稜郭機関区
Nikomate-FT2 135mm f2.8 Neopan-SS DP仕上、画像処理 Photoshop CS4EX

銀河鉄道ラッピング
おまけ!!
5月1日から「銀河鉄道999」のラッピングを施した編成が西武池袋線で走ってます。
ニュースで知っていたのですが、今日偶然にも乗車しました。
滅多に撮らない携帯での撮影。当然のことながら車内はノーマルでしたよ。
モノクロの日なのですが、それもナニかなっと思いまして・・・。

2009年5月6日 西武池袋線 練馬駅にて、画像処理 Photoshop CS4EX

山線のデコイチ(函館本線)  

連日の猛暑も今日はお休み。長袖をしまってなくてよかったです。
どうやら金・土も雨模様。気温も低そうで嬉しい!!
とは言っても、ガスがかかると高みからの条件は厳しくなるばかり。
プチ俯瞰場所でもあればいいけど、候補地は少ないんですよ。週末はどうするかなぁ?

今日も交流戦の相手は虎さんチーム。エースのワクイだけに負けられない。
でも、両チームとも投打の噛み合わない最悪の状況。昨日も涙をのんだ。
いま、ワクイがミツイに交代した。ダメなんだよねぇ、今年の中継ぎ・抑え。
以前は先発だった道産子ミツイ、なんとか踏ん張ってくれぇ!!

山線のデコイチ(函館本線)
最近は語呂合わせ以外、現役蒸機の出番がなくなっているようなので、
山線で乗車した132レの写真をアップ。前日ニセコYHに泊まり、この日も連泊。
らいでん2号で小樽に出て乗り換え、南小樽へ。タクシーで築港へ行ってます。
どうやら日がな、築港で撮り続けていた様子(←勿体ないなぁ)。

徒歩で南小樽へ戻り、小樽からD51744の牽く132レで倶知安に戻っていました。
力行している駅構内ですが、ここはどこでしょうかねぇ。二木、それとも然別?

この年は岩内線や胆振線、札沼線すら蒸機が残っていたはず(だったかな?)。
機関区での撮影なんて無駄なことをしてました。つくづく勿体なかったなぁ。

あぁーっ、ニシグチが抑えで出てきて、二者連続ファーボール。
先輩ヒガシオも抑えをやったことがある。根性を見せてくれぇ!!

1973年3月23日 小樽―倶知安
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Neopan-SS DP仕上、
COOLSCAN5000にてScan 画像処理 Photoshop CS4EX

43レ二木発車(函館本線)  

久しぶりに朝から青空。雨上がりの空だけに今日は遠望が利く俯瞰日和。
でも、へそ曲がりのくろくま、今日は自宅待機。寝具なんか洗濯してます。
雨の日は出かけるくせに何で? といわれるかもしれません。
でもね、暑いのは厭なんです。ただでさえ煙の少ない秩父ですからね。
暑い晴れの土・日なんて、これから何日もありますから(でも、ガスりそう!?)。

今週末にでも梅雨入りが発表されるのでしょうね。
梅雨寒を期待して、月に数回の秩父詣ができればいいかなぁ。
雨上がりの山道ってクモの巣が多いんですよ。おまけに晴れれば、ヘビが日向ぼっこ。
雨に濡れた足場は滑りますし、たまにはお休みもいいかなぁってね。

43レ、二木発車
今日も語呂合わせです。C1267(上諏訪)、C5067(柳井)、D6067(直方)
の純血グループの写真はありません。9667(青森)も撮ってない・・・。
ならばと、D51167をアップします。43レ、函館本線二木駅の発車風景。

下二ケタの語呂合わせですが、今回もプレートが読みづらくなってますね。
この春、春闘で「団結」号だらけだった北海道。おまけに雨の早朝(6時1分)なのでねぇ。

荷物車二両+四両の編成。昨夜泊まったニセコYH(倶知安)から乗ってきました。
ホームの向かいにも客レが見えますね。6:17発の130レ(D51牽引)でしょうか。
ちなみに、これを撮影したあとは133レ(D51857牽引)に乗って塩谷に移動しています。

塩谷で撮影後は小樽築港機関区を経て、岩見沢から226レ(C57104牽引)で栗丘へ。
栗丘で10本くらい撮影後に229レ(C5749牽引)で岩見沢に。
と、この日だけでも5本の蒸機牽引客レに乗っています。思うと贅沢な話ですね。

その後は、札幌まで戻ってから「大雪5号」で生田原、常紋へと向かっています。

くそーっ!! ドラに負けちゃったぜ。また借金生活だぁ。

1973年3月24日 二木
Nikomate-FTn 135mm f2.8 NeopanSSS ASA200 写真店現像
COOLSCAN5000にてScan 画像処理 Photoshop CS4EX

長万部構内の611(函館本線)  

今年も曖昧に梅雨入りしたようですね。週末の天候・気温が気掛りです。
今年は真岡に一度、その後は千葉の門デフC57、あとはすべて秩父での撮影ですが、
blog盟友ひぐま3号さんが、出張ついで?に富良野のC11をゲットして来られました。
いいなぁ、羨ましいなぁ。現役蒸機を広大な北海道で体験したくろくま、
北の国へと郷愁が・・・。あ~っ!! 行きたい。富良野、大沼、釧路・・・。
と言っても栓ないこと。マンネリだけど、地元秩父で頑張ります!!

さて、野球ブログではありませんが、今日も獅子VS虎。
苦手のシモヤナギを2回でノックアウトしたのはいいのだが、ワズディンを引っ張りすぎ。
一点差に追い上げられてしまいました。クビにしたぶらぜるにも一発を浴びちゃった。
今日も、ここでアップにしますね。前回も途中でアップしたら勝ってたからね。

長万部構内の611(函館本線)
画像の方は、語呂合わせネタ。6/11は何にしようかなと考えましたが順当にD51611。
新津(当時はC571がいたころ)に在籍したカマだったけど、渡道して五稜郭に転区。
この昭和48年春ころ、五稜郭には最後のD52202やC58、D51がたむろしてました。
ちなみに、あのC5833も五稜郭に在籍していたカマでした。
一方、長万部にはD51がゾロゾロ。ほかには二つ目のC11207などが在籍。
ちなみに二つ目といえば、倶知安には79615などの魅力的なカマがいたんですよ。
この当時は、築港と岩見沢第一が蒸機天国。ともに40両くらいが扇形庫で起居してました。

長万部のかにめし。おいしかったですね。早朝の「できたて」のときは絶品でした。
以前にも記しましたが、遠軽のかにめしとそっくりでしたよ。

1973年3月22日 長万部
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Neopan-SSS ASA200 写真店現像
COOLSCAN5000にてScan 画像処理 Photoshop CS4EX

二つ目といえば・・・(倶知安)  

今日、帰宅途中のバスの中で、突然女性(20代前半くらい)が突然倒れました。
熱中症ではないと思いますが、運転手さんがシルバーシートに腰掛けさせてから
「大丈夫ですか、救急車呼びますか?」と問い掛けるも声が出ないありさま・・・。
結局は救急車を手配して、満員の乗客は後続のバスに乗り換えることになりました。
大事に至らなければ良いのですが、どうなっちゃたかなぁ、心配です。

さて、皆さんは「二つ目」というと何を思い浮かべますか? C11207でしょうかねぇ?
くろくまが初めて渡道したころは、瀬棚線や日高本線に207を含むC11たちが居ました。
そして胆振線、岩内線には独特なキューロクの二つ目が働いていました。
C11の方はタンク側も二つ目、キューロクは前面のみの二つ目でした。

二つ目といえば・・・(倶知安)
その倶知安機関区のキューロクたち、とっても素敵なサイドビューだったのでご覧あれ。
給水温め器や配管、切詰デフも妙に無駄のない構図に機能美を感じましたよ~。
このカマは倶知安区の79616。リバーサルでしたが変色がありモノクロでの掲載です。

と言うわけで今日は語呂合わせシリーズです。7/16→79616です。
本来は9600からのナンバリングなので、717号機になるんですけどね。そこはご容赦を!!
えっ? プレートが見えないですって!! 大丈夫、マニアは違いを知っています(たぶん)。

新型車両
・・・おまけです。ここ2日くらいの夕焼けが奇麗だったのでカメラを持って出勤したんです。
でも今日は夕焼けはダメでした。で、王子駅で都電をパチリすることにしました。
これ、8800系っていうんですか? 昨日はじめて見た車両です。
運良く5分ほど待っていたら写せました。つまらん画ですがアップしちゃおうっと。

大井川ダイヤ
おまけのおまけですが・・・。大井川鐵道のダイヤが7/18から変わります。
この三連休にお出かけの方もいらっしゃると思いますが、今日ダイヤを作ってみました。
メールを頂ければPDFをお送りしますよ。ただし、ノークレームにしてくださいね。
FCブログではPDFのアップはできないものですから・・・。

1973年3月23日 倶知安駅構内
Nikomate-FTn 135mm f2.8 フジクローム ASA100 DP仕上、画像処理 Photoshop CS4EX

2009年7月16日 都電
Nikon D300、18-70mm f3.5~4.5G ED 、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑図々しくも鉄道ブログランキングに参加しております。
 救世主のような貴方のポチッが励みになります。宜しくね!!

塩谷出発(函館本線)  

ブログ盟友のひぐま3号さんが、出張と偽り(笑)、C11を写してきました
くろくまが初めて山線を訪れたのは、昭和46年。ニセコ健在のころでした。
しかし、厨房だったくろくま、蘭越、余市で撮影するも玉砕状態でした。

次に渡道したのは、昭和48年の3月。山線の主、C62はいませんでした。
そんなわけで、山線はD51と岩内線のキューロクを少し写しただけ。
それでも、オタモイに向かうD51の写真があったなぁ、と思いアップです。

塩谷出発(函館本線)
塩谷は、平岩弓枝の「旅路」で一躍有名になった駅ですね。
ニセコのYHに宿泊していたくろくま、乗ってきた客レの写真を写しました。
今見ると、行く先の峠が一目瞭然。D51も目一杯の煙で走っていきました。

1973年3月24日 函館本線 塩谷にて
Nikomate-FTn 35mm f2.8 Neopan-SS ASA100 DP仕上
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ブログランキングに参加しております。
↓ポチッとして戴けるとうれしいなぁ。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

オタモイ峠へ(函館本線)  

皆さん、こんばんは。
気温が下がるということで、綿コートを着込んでの出勤でした。
ふだんの上っ張りであるGジャンよりも薄手なのですが、温かいような錯覚が。
このまま冷えれば明日は白煙。どこで撮ろうかなぁ~なんて考えてる。

ブログ盟友のひぐま3号さんが、出張と偽ってニセコを撮影に出かけてます(嘘)。
C623による復活蒸機で渡道したことのないくろくま、羨ましいかぎりです。
ですから、C11によるニセコの運行経路で写した過去画を探してみました。

オタモイ峠へ(函館本線)
C62急行「ニセコ」には、かろうじて間に合ったくろくまですが、ロクな画が・・・。
これは135レを牽くD51163の後追い。目一杯の爆煙でした。
煙室扉に無数の通風口が穿たれたD51163、正面からみると「団結」の白ペンキ。
順法闘争でカマが一番汚かった頃のカットです。

1973年3月24日 塩谷―小樽
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Neopan-SSS ASA200 DP仕上
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ブログランキングに参加しております。
↓ポチッとしていただけると励みになります。宜しくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


窓外では冷たい雨。気温が下がるのは大歓迎だが、果たして明日の天候は?
じつは、今朝から腰が痛むくろくま。一度ぎっくり腰をやっているので不安。
どーしようかなぁ、明日の出撃。

ところで、ダル、頑張りましたね。ストレートを見せ球にして
スライダーとカーブで打ち取るなんざぁ、凄いもんです。
6戦あたりで、4回くらいからリリーフして胴上げ投手になってほしいなぁ。

早暁苫小牧(苫小牧駅)  

皆さん、こんばんは。
昨日は、またまた石神井公園に行きカワセミちゃんと遊んでました。
というか、遊ばれていただけですけど(汗)。
初撮りの前回のパターンをふまえ、以下を修正(一応学習機能があるのだ!!)。

1.手持ちではしんどい。→三脚を持参。
 結果:木道に三脚を据えるのはご法度らしい。一脚として使用した。
2.焦点距離が足りない。→×1.4のテレプラスを使用。
 結果:開放では満足な画質が得られず。一段絞ったら暗くて・・・。
3.ピントが合わない。→置きピンで電子レリーズを使用。
 結果:カワちゃん、予想外の飛び方。どこに的を絞っていいやら。

昨日の学習:もっと明るいレンズとスコープが必要か?
      それよりも経験不足と技術不足は如何ともし難し(最悪ぅ~っ)。

早暁苫小牧(苫小牧駅)
2010年1月24日 石神井公園にて(ブレボケですが・・・)
Nikon D300 VR 80-400mm ED f4.5~5.6D +テレプラス×1.4 ※トリミング

てなコトばかり続けていると、くろくまはネタがないので鞍替えか?
って声が聞こえてきそうなものですから、季節感のない画ですがアップ。

早暁苫小牧
昭和50年7月29日の苫小牧駅の早暁。夏とはいえ、肌寒い。
学生時代、渡道しても宿などない。駅寝か夜行列車の宿の繰り返し。
札幌発21:25の44レで長万部に向かい、1:37に下車。
2:14発の「すずらん4号」で苫小牧に。到着時刻は4:45。
5:03発の4721D(追分からは721D)に乗って夕張線に出向いたものだ。
終日営業の東室蘭で駅寝という手もあったのだが・・・。

そんな苫小牧の空が白んでくる情景。幾人のファンが見たことか。
キハの3連は日高本線のものであろうか。2両のD51も佇んでいた。

1975年7月29日 苫小牧
Nikomate-FTn 35mm f2 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ブログランキングに参加しています。
↓ポチッと応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

このブログ、蒸機ブログなんでっせ~っ。

D52、客レを牽く(函館本線)  

皆さん、こんばんは。
朝は寒かったけれど、昼過ぎからは気温もあがってきました。
これから週末にかけて天気が崩れるとのこと、春の訪れはいつになるのか・・・。

D52、客レを牽く(函館本線)
今日のアップは「マンモス蒸機D52」です。ご覧になったことありますか?
元来は貨物引率機なのですが、客レも牽いていたんです。貴重でしたね。
そんな貴重なカマの煙室扉には無残にも「団結」の文字が・・・(泣)。

この年は3月5日から「動労」が長期順法闘争に入ってたんですね。
昭和48年の3月はどこへ行ってもペイントされたカマばかり、辟易しました。
それでもD52202の旅客引率が写せたのは、ひとつの幸運だったといえます。
たぶん、藤城線の高架からのプチ俯瞰だったのでしょうね。
今、ここで写したら何百カット写せることでしょう・・・。


1973年3月21日 七飯―渡島大野
Nikomate-FTn 135mm f2.8 コダクロームX ASA64 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ブログランキングに参加しています。
 ポチッと応援、よろしくお願いいたします。


ちなみにこの翌月、祝日法が改正されて振替休日が実施されることになりました。
それまでは振替休日なんてなかったんですよ。不公平ですねぇ。

C62の苦い思い出(函館本線)  

皆さん、こんばんは。
温かかったですねぇ。ダウンを着ていても寒かったのが今日は薄手のコート。
身体が軽くなった気分で「春一番」なんかを口ずさんでおりました(能天気)

昨日、D52をアップしたら「これ」をアップしたくなりました。
C59の足回りとD52のボイラーから生まれた最大のハドソン、C62です。
昭和46年8月9日の大沼駅。104レの本務機はご存知のスワローエンジェル。
このトリミング、当時厨房だったアタシのオリジナルです。

C62の苦い思い出(函館本線)
8月2日から11日まで、中学の友人二人と北海道旅行をしました。
メインは蒸機ですが、支笏湖や増毛別狩海岸での海水浴なども組み込みました。

父親が新聞記者だったくろくま、悪さをしたのであります(反省!)
会社から父が借りていたNikonのS型(S-3か?)を持ってきちゃったのです。
勿論、旅行後にさり気なく返しておくつもりだったわけで・・・。

8月4日、待望の急行ニセコとの対面。場所は余市の近辺の田んぼでした。
初めて見るC62重連(15+16だったか)に心ときめかせたことは無論です。
ところが撮影後、友人がくろくまの三脚に躓いてカメラは畔の中に(悲惨)

水没したカメラを持って、翌日は新聞社の支社のある札幌へ行きました。
運のよいことに父の同僚がおりまして、キャノンデミを借りることができました。
水没したカメラもそこで渡したのですが、カメラには社のマークが・・・(ゲッ)

翌5日、蘭越でC62を撮りましたが完全に失敗(逆光とタイミングと構図)
8日には二股でニセコとの交換がありました。これも失敗(無理だよ突然)
9日に大沼近辺を歩いていたらC623の牽く103レと突然遭遇(阿呆やなぁ)
な訳で、この104レのC622だけが何とか写せた「ニセコ」だったのです。

その後何年か経って、父が新聞のコラムに経緯を載せました(本当ですよ)
ゴミやカビなどがありましたので少々ぼかしてあります。

1971年8月9日 大沼駅にて

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ブログランキングに参加しています。
 ポチッと応援、よろしくお願いいたします。


友人のKoppel-2さんたち四名が台湾で写真展を開いております。
そちらへのご案内は無意味かと思います。
で、国内での写真展を紹介しますね。JUMBOさんたちが開催しています。
2/7~20。静岡市清水区の清水銀行本店ギャラリーに是非お越しください。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。