くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川も30年  

今日、会社に新しいMacがやってきました。モニターは30インチ。
でっかいなぁ。メモリーは8GB、HDは内蔵で500GB×2。
整合性とか、プリンタドライバーの問題とか、いろいろあるけど楽しみです。
田野口へ向かって

写真は51年9月19日の大井川鐡道、田野口―下泉です。
若干トリミングしてしまいました。レンズが135でしたので・・・。
大井川鐡道は本線で51年からC11を走らせました。
くろくまたちは、51年から3年間、訪れましたが
架線下の蒸機ゆえ、再訪することがなくなりました。
むしろ、茶畑に働く方々のスナップなど写していました。
国鉄蒸機と同じようにくろくまの大井川も30年の歳月を迎えたのです。
スポンサーサイト

大井川デビュー  

東京の桜満開宣言がでましたねー。帰宅途中、雨に降られちゃった。
大井川デビュー

最期の蒸機を写してから半年、大井川鐡道に汽笛が復活しました。
くろくまたち、7~8人で撮影行を開催。これが、そのファーストカットです。
51年7月31日の笹間渡です。最近のくろくまの出撃と同様スカです。
でも、雲のかげが面白いでしょ?
フィルムは、愛用のKIIがなくなってしまって、KMです。
このフィルムは色カブリが強く辟易。KRの方が発色が良かったような。

当時は、金・土・日に一往復走るだけでしたので、効率が非常に悪かったです。
現役蒸機時代には一緒に撮影できなかった友たちと、この河原でキャンプを張りました。
野球大会、自炊、ロケット花火・・・。楽しい青春時代でしたねぇ。

大井川も30年-2  

花散らしの雨もあがったようです。明日からは甲斐路で498の本運転開始です。
ネットで(身近なブログでもいいけど)素敵な写真を検索できるといいなっ。
川根両国のコッペル

51年9月19日の千頭―川根両国です。
たった一駅間をコッペル1275(だったかな?)がバックで押していきます。
チビすけの割には秩父より見事な煙が・・・。
牧歌的な異国をおもわせる風景なのに。
ここでも日が翳りました(←くろくま得意)。
当時、千頭駅には49616やクラウスが状態もよいまま保存されていました。
復活蒸機にキューロクがないのが不満なくろくまですが、この道産子49616に
米坂線にでも復活してほしい、な~んて無理ですよねー。

30年前の大井川その3  

風は強かったけれど、暖かな四月一日でした。
くろくまの会社の近く、お弁当を食べる公園の桜はすでに葉桜。
今日は新しいレンズ、VR70-300,4.5-5.6を入手しました。
塩郷俯瞰

大井川は現役蒸機から1年後からの復活。
架線のある沿線に嫌気がさした線区でした。
それでも俯瞰の魅力に取り憑かれていたくろくまは、さまざまに試していました。
今日、さまざまなブログやHPで俯瞰を拝見しますが、地名のU字はいいですね。
それ以外は、30年前に殆ど撮影した感があります。
52年10月10日、塩郷での撮影でした。

茶畑の向こうに  

昨日、入手した70-300のVRレンズ、早速試してみました。
手持ちで35ミリ換算105~450で撮影できるのですからオドロキです。
最短撮影距離が1.5メートル、花を撮れば1/4の接写です。
レンズは明るくないけれど、18-70とセットで
35ミリ換算27-450の世界が手に入りました。
茶畑の向こうに

51年8月7日の笹間渡―抜里です。橋のたもと、右側の木々の裏には
われらがベースキャンプがあります。7/31から訪れて3日間撮影、4日間は
何もやることがなく、野球や花火、宴会などで過ごしました。
この橋梁を撮影された方はかなり多いと思いますが、煙の多寡がポイントでしたね。
今、多いときには3往復走る大井川、こちらも30年ぶりのチャレンジしなきゃ!!

大井川でもスカ  

Gが勝ってDが敗れました。くろくまは両チームに興味はなく、
小笠原・和田が打ったのが嬉しいです。
大井川でもスカ

なりゆきで大井川鐡道をアップしはじめたもので、スキャンすらしていません。
今回は51年9月19日の崎平。この駅を挟んで橋梁が二つ。
千頭方面にはも一つ橋梁があります。
本来、煙が期待できる場所なのですがスカです。
現役時代には勾配に心していたくろくまですが、復活では・・・。
標準から広角系で撮影できる場所って貴重ですよね~。

急勾配でもスカ  

いい陽気です。このごろは週末の天気ばかり気にかかります。
仕事が少なかったので「山梨・D51」などでググってました。
まだ、三つ星桃源郷はみあたりません。あ~ぁ、明日走ればいいのに・・・。
急勾配でもスカ

昭和51年8月7日の笹間渡。地名寄りの笹間川、隧道へと向かう急勾配の場所です。
まぁ、暑いからいたしかたないかと、後日、雨の中、ここより少し上に登りましたが
木々に邪魔されて線路が見えず、辛うじてくろくまは撮影しましたが、同行の志の
過半数は撮影できず、ブーイングを食らってしまいました。
登るには登ったけれど姿が見えず、
なんて経験数知れずのくろくまには馬耳東風でしたが。

隧道前でもスカ―大井川  

雨が降ったり晴れたり、寒かったり暑かったり。
なんとかならないもんですかねぇ。
晴れた日の昼休みは必ず公園でお弁当。葉桜やツツジが鮮烈です。
隧道前でもスカ

昭和51年8月1日の大井川鐡道、家山―抜里での撮影です。
「なんだかなぁ」「期待はずれ」との声もあるでしょうが、
ブログ仲間のひぐま3号さんとのコラボのつもりです。
日付は違っても、同じ場所に立っていたことが何故か嬉しいのです。

当時は笹間渡、田野口で駅寝、あるいは河原でキャンプしてました。
お土産に農家で買った川根茶、針のように細く尖った茶葉、
最高の味でした。

山間(やまあい)の構図(大井川鐡道)  

梅雨の晴れ間とのことですが、寒暖の差が激しいですね。朝は涼しいのに
日中はうだる暑さです。気温と煙を秤にかけているのはわたしだけでしょうか。

上砂川線の写真を用意していたのですが、時間があったので過去ネガを検索。
さまざまにカテゴリーを作っているのに、写真点数にバラつきが目立ちます。
話は変わるけれど、画面の左側、カテゴリーから「現役・道東」とか「現役・道東」
とかをクリックしてくだされば、それなりに見応えがあるのでは・・・!?。
山間の構図

で、今日の写真は大井川鐡道は福用の俯瞰です。昭和53年2月26日の撮影。
パナトミックXで撮ってますね。ASA25~32クラスでは、このFX以外に
国産のネオパンF、Ilford-panFがありましたが、それぞれ特性が異なりました。
勿論、現像でかなり左右されましたけどね。NFが一番微粒子。ヌメーって感じ。
FXは硬めで抜けが良く、Pan-Fは肉のりが強かったのを覚えています。

このときは、大井川で午前中に走るスジの初公開。神尾での俯瞰が順光で、
ということで出かけました。その後これを撮影しましたが、当人(くま)は
全然覚えていません。この撮影行はkoppel-2さんとご一緒だったと思うので
フォローをお願いしますね。よろしく!!

山間の交換(大井川鐡道)  

暑い一日でしたが、明日はかなり冷えるようです。週末も冷えるといいな!!
今日はベローズとスライド複写装置を引っ張り出してきました。
リバーサルをデジイチで複写しようとの企み。フィルムスキャナーとの比較が
楽しみでした。が、なんと、ベローズが装着できないのです。
デジイチの右手グリップの盛り上がりがあたってしまって付きません。残念!!
山間の交換

昨日の撮影前に写した神尾でのカットを上梓。昭和53年2月26日の撮影。
その後、この撮影地が有名になったようですが、昭和51年大井川元年に、
仲間内の熊谷在住N氏が撮影していました。ただ、一日一往復だったので、
ここは逆光だったのですが、二往復の冬場が訪れたものですから、
koppel-2さんと出かけました。
このころからお気に入りだったポジフィルム、K-IIがなくなってしまい、
思うような色が出なくなってしまいました。
復活蒸機大井川といっても、もう30年経つのですね。歳とるわけだなぁ。

川沿いを行く(大井川鐡道)  

昨日から大井川鐡道のネガを整理しはじめた。現役蒸機は勿論整理済みだ。
でも、大井川のネガは一般のネガと一緒になっていて、探すのに困難。
そこで、ネガファイルを買ってきて分類し始めた。予想では30本くらいと
思っていたのだが、思いの外多い。日付がわからないものもある。
川沿いを行く

そんななかから、田野口―下泉の画像をアップ。日付は整理の後にあきらかに
なると思うが、昭和51年の秋だと思う。
当時は大学生の身分。ひまが多いものだから連休があれぱ次の土日まで
現地にキャンプ。駅寝もかなりあったものだ。
キャンプ地としては、笹間渡か田野口だったような気がする。
ダム放流の雨の日には、半分水に浸かったテントを撤収して、
koppel-2さんと抜里駅で一夜を明かした。懐かしい思い出である。
昭和51年10月30日、田野口―下泉での撮影でした。

山峡の重連(大井川鐡道)  

いやぁ、暑かった。四国では梅雨明けとか。春霞とか黄砂とかでなく、
すっきりと晴れた空はいつやってくるのでしょうか。
そういえば、FXフォーマットのNikon D700が発表されましたね。
欲しいけど、33万円のボディではおいそれとはいきません。
できれば、望遠系を今のD300で、引いた画像をFXフォーマットでいきたいなぁ。
山峡の重連

最近、大井川のネガを整理している関係上、ここの写真が多くなっています。
昭和52年10月9日の崎平―千頭です。この日は後補機がついたのですね。
大井川ではC11227しか撮ってないと思っていたけど、補機はC12かな。
無理矢理登ったものだから、電柱・電線の煩わしいこと(笑)。

ちなみに昨日の上越線、後閑は93年12月12日の撮影で、
一昨日の田野口―下泉は51年10月30日の撮影だったようです。

みどりのなかを  

梅雨明けも近づいているようです。みどりその1
みどり2

またまた、遅刻アップになりました。
先日カラーでアップした笹間渡―地名のモノクロバージョンです。
昭和51年8月6日の撮影。コントラストの強い画像から・・・。
上がフィルムスキャナー、下がデジイチデュープです。
デジ一での撮影は昨日と同じです。16ビットRGBの状態のままで反転して、
Photoshopで画像調整。のちに反転、モノクロにしています。
コントラストが落ちるところがかえってしっとりさせているようにも感じます。

樹間を抜く(大井川鐡道)  

不安定な天気が続いておりますが、皆さま体調は如何でしょうか。
八月になっても「梅雨明け」のない異常な状況下、
どうやら、わが国も熱帯化してしまったようですね。「温暖化」なのですね。
スコールのような集中豪雨、被害に遭われた方のご冥福をお祈りいたします。
樹間を抜く
さて、8月5日は現役での撮影記録がなくて、32年前の大井川を引っ張り出しました。
昭和51年8月5日の笹間渡―地名での撮影です。
拙ブログで一度話題に取り上げた雨中の無理から俯瞰です。
サンダル履きで、数名で登ったのですが、写せたのは2人くらいだったような・・・。
あのときのみんな、無謀なくろくまに付き合ってくれてありがとね。
なんたって、撮影場所に出かけるのは、いつもギリギリ。
それも見えるかどうかわからないのが常とあっては、
ご一緒した方々にはご迷惑をおかけしたようです。
30年以上を経て、そのままのスタンスで写せるのが嬉しいかぎりのくろくまです。

大井川に沿って(大井川鐡道)  

いやぁ、しっかりと夏空でしたね。昼は積乱雲が、夕刻には絹雲が蒼い空に
美しかった。空と雲のコントラスト、いいもんですねぇ。
くろくまが俯瞰する日もこんな天気であってほしいですね。頼んます神様!!
赤塚不二夫さんの葬儀でタモリが「わたしもあなたの作品です!!」と言ってましたが
あの四ヶ国マージャン、「何書いてるの?」「枡」のギャグを思い出しちゃいます。
大井川に沿って
お盆休みが近づいてきましたね。くろくまの故郷は、距離にして5キロくらい。
3駅で着いてしまう近さです。老父母が暮らしています。
わが家では、息子もおおきくなり、家族旅行もない(冷たい夫婦関係)ので、
シメシメとばかり、大井川に32年ぶりで出かけようかなっ、なんて・・・。
いまから32年前の笹間渡―地名での一コマ出します。架線柱が邪魔ですね。
この区間、対岸からも撮影していますが、逆光でど~しようもない有様。
当時は「朝日段」なんてなかったけれど、そこから撮影すればこの辺りが
U字俯瞰で望める場所なのでしょうね。ガスに祟られてばかりのくろくま、
お盆にはスカッと晴れてもらいたいものです。
まぁ、駄目だったら天気のせい、ということで・・・。

地蔵峠俯瞰(大井川鐡道)  

今週はお盆休みという方も多いのではないでしょうか。くろくまは14,15だけです。
この期間、皆さんの出撃で、さまざまな力作が見られそうな気がします。
でも、煙が期待できるのは山口線くらいでしょうかねぇ。
C57+C56の重連の写真が氾濫しているようですが、すごい人出だったようで・・。
なんとなく、しっくり来ない組み合わせだと思うのはわたしだけでしょうか。
地蔵峠俯瞰
今日は、32年前の今日、8月10日の大井川、神尾の写真をどうぞ!!
蒸機復活一年目の神尾。信楽焼のタヌキもありませんし、崖も崩れてません。
駅舎前には電車の座席シートが置かれていて、そこに座って日向ぼっこ・・・。
この場所は熊谷在住のNさんが開拓した場所。
でも、午後の太陽は逆光になり、煙も思いのほか出してくれません。
午前中のスジがあった53年に再度訪れたのが先般の写真です。
短いお盆休みに大井川を選択したくろくま、32年前とは変わっているだろうなぁ。

針葉樹と大井川(大井川鐡道)  

お盆の帰省ラッシュがピークだといいます。でも、くろくまはお仕事。
といっても、仕事がない・・・。ハードディスクの整理くらいしかやることない。
やることないから、ブログのスキンを変えたりして遊んでました~。
そんな状況なので、社長が「仕事がなかったら帰っていいよ」と仰る。
明朝は出立の早いくろくま、喜んで買い物をして帰宅。
ブログも早めに更新して、日米野球を観ながら寝るぞ~。
針葉樹と大井川
今日の写真は、51年9月20日の田野口―下泉。雨が降ったらこのくらいが
精一杯になるのでしょう。雨なら駅でスナップを、などと仰る御仁もおられます。
が、リスキーで無謀な撮影を旨としているくろくまは、そうはいきません。
無理から俯瞰で轟沈の可能性大ですが、そんなときは大目に見てくださいね。
なんせ、2泊3日なんて単なる旅行としても数年ぶり。
ちなみに宿にはブロードバンド可とありますが、何が起こるか分かりません。
その際はブログお休みということで、ご了承願います。

爆沈大井川(大井川鐡道)  

朝、2時に起きて撮影行の支度をはじめた。幾度も点検してOKのはずだった。
池袋発4:34、品川発4:10、小田原発9:21、熱海発6:49で、金谷到着が8:29。
乗り継ぎまで時間があったので、新金谷まで1.5キロ弱歩く(若いなぁ!!)。
金・土は天候が悪しく雨も頭に入れなくちゃいけない。そこで、当初14日に
予定していた田野口を変更。いきなり朝日段の高みを目指すことになった。
晴れているうちに高みへ行かなきゃ。ガス&雨で俯瞰ができないもの・・・。
でも、初日の荷物はフル装備。着替、ビール、ノート・・・、すごく重い。

ビスタカーで家山へ。9:48。抜里方面に歩き、分岐を過ぎて時計をみると、
1001レまで、あと20分。これを捨てて後の二便を写すか大いに迷う。
場所は茶畑のプチ俯瞰後追い気味。悩んだ揚げ句、撮影することに決定。
それが今日の写真です。たぶんC11190+旧客7両+EL補機(笑)。
爆沈大井川(大井川鐡道)
撮影後、ふうふう言いながら登りつづけていると、汽笛が聞こえる。
朝日段はまだまだ先だ。続けて汽笛、しばらくしてまた汽笛。
あーっ、第一橋だろうなぁ。残念!! さらに登るくろくま。そして・・・。
また汽笛・・・。

というわけで、三往復といいながら、後追いで1001レのスカを撮っただけ。
朝日段には到達できぬまま下山。だって、お山の上で16時まで粘ったら
帰れなくなっちゃうから・・・。ということで初日から轟沈でした。
車があったら、楽に2ポジション撮影できたでしょうね。
でも、これがくろくまのポリシーだから仕方ないです。
勿論、ビールは3本くらい呑んでますけど・・・。でも、無念でした。

バック運転の返しについては、最初から写す気がありませんでした。
一応、行きに牽いたカマを知りたくて、抜里近辺で撮りましたが、
第一橋の辺り、変わりましたねぇ。32年前の面影ゼロですよ。

で、轟沈ついでに忘れ物もありまして・・・。
USBコードを入れ忘れたので、デジカメ画像をノートに移行できない。
だからアップできないんです。なんのために重いPC持ってきたんだ!!
コンビニで買えるかと思いきや、売ってないし。くろくま最悪の一日でした~。


P.S.画像は後日アップします(泣)。画像差し替えました。

敗者復活戦は?(大井川鐡道)  

二橋は黒煙モクモク(大井川鐡道)
五時起き。フロントが六時からだったので、フロントの方を起こしてしまいました。
綺麗な朝焼。島田―金谷では富士山も顔をのぞかせていました。
昨日の初戦敗退に弱気になっていましたが、今日は荷物を減らし早朝出陣。
なんとかせねば・・・。昨日狙って失敗した朝日段は670mの標高。
ならば、とばかり今日の狙いは1,000m超の山の稜線近く(どーゆー思考回路だ!?)。
大井川線自由きっぷを買って終点のひとつ手前の崎平へ。8時06分。
ここを1001レが通過するのが11:20。3時間以上の時間がある。

ところがその時刻、昨日に引き続き汽笛の音だけ聞いていたくろくま。
うわぁ 敗者復活戦も黒星かぁ~!!

駅から歩くこと4時間、予想とはちがうけど何とか抜けた!!
でも、あとちょっと高さが欲しい。脚立も銀箱もなくて木によじ登る。
右腕で幹を抱えて左手でカメラを操作。裸木の凹凸が右ひじに食い込む。
1003レがやって来る。たぶんC108のはず(新金谷での並び順からの推測)。
※写真は101レを牽くC11190。
意外に黒煙モクモクだ!! (以下次号)
二橋は黒煙モクモク
*画像を差し替えました。2008.0816
P.S.身体のすべての関節、筋肉が痛いです。キーボード叩いていても
指が硬直して痛みを伴うくらい。ベッドに横になっても、ちょっと動くと
驚天動地の痛みが走ります。明日はドクターストップかも・・・。

大井川の真骨頂(大井川鐡道)  

くまの穴「サマー強化合宿」から帰還いたしました。
いやぁーっ、とにかく疲れました!! 現地アップを図ったものの忘れ物で×!!
初日には予定撮影場所まで到達することができず、無念の予選敗退。
翌日には「歩き損」的な単なる体力消耗。
大井川の真骨頂
でも、どうです!! この写真。
当人(くま)、結構お気に入りです。今日の1003レ、下泉―田野口での撮影。
気温はかなり高かったのですが、この煙。
おまけにくろくまにとってこの場所はリベンジの場所。
51~53年にかけて幾度か訪れたものの手持ちのレンズが135ミリしかなく、
この遠景を昇華することができませんでした。

でも本日、仇をとりました。C108も今撮影行で対面したのが初めてです。

順を追って今回の2泊3日を記そうと思いますが、今日はもう限界です。
先日の写真入替えなど、明日にしようかと思ってます(お許しあれ)。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。