くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしながら信越線  

今日が最後の信越盲腸線撮影のチャンス。4時に起きて手袋持ってスタートです。
ところが、高崎が近づいても空はどんより。赤城も榛名もみえません。
今日の予定は、松井田で下車してギザギザ方面に歩くこと約二時間、高みから
ロングで俯瞰、撮影後、温泉施設でビールと露天風呂、だったのですが・・・。
信越線に乗り換えて磯部を過ぎても五里霧中。妙義がないじゃん!!
計画を変更せざるを得なくなったくろくま、まさか線路端は厭だし。
どうするーっ!!
線路に一番近い高みに登るしかない、と決断して、予定外(想定内)の行動に走る。
終点、横川まで行って、登山届を書いて、滝の横の鎖場から登り始めました。
そうです。ザンゲ岩です(登らないって言ってたくせに・・・)。
9時には着いてしまいましたが、松井田の街も霞んでいる状態。
岩場には羽毛が飛び散っていました。猛禽類の餌食となった鳥の屍です。
空中にせり出した岩の上に三脚を据えて、ビクビクしながら待ち続けました。

その結果は明日、載せますね。
甲州に行って富士が見えず、横川に行って浅間は見えず、GWは自宅謹慎かな。

山を降りて、横川駅で回送の出発を後追いしました。
帰路に高崎から八高線を選んだのですが、架線柱のない車窓、DC
いいもんでした。寄居を過ぎて、秩父鉄道のパレオとすれ違いました。
D51とぼく


スポンサーサイト

ザンゲ岩から・・・  

さてさて、五里霧中、暗中模索のくろくま、禁断のザンゲ岩に向かうことに。
このザンゲ岩、どんなところかというと、
国道から見たザンゲ岩

比高400メートルくらいのところに突き出た岩です。
えっ、見づらいって。それじゃ
ザンゲ岩のアップ

さきほどの写真の右上の一角にせり出した岩があるでしょ。これがザンゲ岩。
地元では鼻曲りと言ってます。
ここに行くには、麻苧滝の公園から数ヶ所の鎖場を超えて行かねばなりません。
その滝ですが、なかなかの景観。ここまではサンダルでもゆとりです。
麻苧滝

ここから数ヶ所の鎖場を経て直登するとザンゲ岩に到着します。
三脚が邪魔で、三点支持ができず、死にかけるくろくま・・・。
で、いざ登ってみると、この有様。見えません、線路が・・・。
松井田方面を俯瞰

ガーン!! 山をおりようか。
でもでも、碓氷鉄道文化むらは見えますよ。箱庭みたいに。
あのD5196も見えてるじゃないですか。
碓氷鉄道文化むら

この方角は、距離が近いことと光線の関係から捉えることができました。
しかし、本命の蒸機はいまだ霞みの中。安中くらいから捉えることができる
と思っていたのですが、松井田すら霞のなか。
で、やってきましたよ。
ザンゲ岩展望1

描写のあまい70~300は使わずに80~200で捉えました。
ザンゲ岩展望2

高所でヒビってしまって、トリミングがいまいち。
ザンゲ岩展望3

どんどん近づいて来ますが、煙はあります。
さすがに日本一の勾配区間の手前ですよね。
ザンゲ岩の展望4

さてさて、横川に到着です。蒸機は駅の庇のかげに停車しました。
あとは、無事に下山するのみ。またまた足に負担をかけてしまい、悶絶状態です。

津久田プチ俯瞰  

暑かったですねぇ。黒のTシャツを着ていったのですが、しっかり塩ふいてました。
車上ロケハンをしないまま、地形図だけを頼りに行ったのがまちがい。
大失敗でした。津久田駅から直登したら広大な畑。高速道に沿っていけば見える
だろうと歩きに歩くくろくま。ところが・・・。
左足くるぶしの腫れはひいたものの、足首が痛いのなんの。そんな折、右足の
靴底がはがれちゃった!!
足は我慢すればなんとかなるけど、靴はねぇ・・・。
右足を踏み出すたびに一段下がるような感覚で、左足を踏み出すたびに足首ギクッ。
泣くに泣けない惨状でした。春霞、ガスに祟られていたものですから
スーパー俯瞰を断念したくろくまだったのですが・・・。一応アップします。
濁流を横目に

あーっ、疲れた。明日は休養。6日の天気が気がかりです。

水かけの沼田近辺  

4/29の信越、5/4の上越と同じ池袋5:02、赤羽5:24で出かけました。
以前の二日と比べ、格段に違うのは空。早朝から青空です。これは登れるかも・・・
先日壊れた靴は接着剤を塗ってお留守番。軽登山靴で山道へ向かいます。
田んぼには水を引いていました。側溝から乾いた土を湿らせていく段取りが。
カスタネットのようなカエルの合唱とツツジの花、澄んだ青空を見ながら
いつものように、くろくまソングを口ずさみつつ、登っていきます。
「く~ろいくまだよくろくまちゃん、の~ぼっちゃったよくろくまちゃん」てね。
沼田―後閑の498

市街地での俯瞰なのは分かってましたが、もっと遠方を捉えられるはずでした。
しかし、山かげに入ってしまい、捕捉することはできませんでした。
ちなみに、「水かけ」ってのは田に水を引き込むことのようです。

左足の大きなマメが三週連続でつぶれ、筋および足首が最悪の状態です。
症状からいえば、ギブスものかも・・・。どーする、くろくま?
2008.05.06、沼田―後閑にて。

俯瞰の画角  

豆粒が多いということで、なんで豆粒か実証してみようかなと・・・。
5/6の沼田―後閑の写真です。お立ち台の築堤のような煙はないし、ごちゃごちゃと
民家も写っています。まずはデジタル165ミリ。
沼田―後閑01

蒸機の大きさは見る側からいえば、「よし、見えてるぞ」なんですけど、
殆ど同じ時間帯で引いてみると、こんな感じ。
沼田―後閑02

どうですかね。こっちの方が面白くないですか? 
一枚目はデジで165ミリ、二枚目はデジで70ミリです。

本来は広角で山から撮りたいけれど、そんな場所もなくなってますよね。

利根川の河岸段丘に田んぼがあります。それも平坦な一等地。
民家は起伏のある場所に集中的に建てられています。田への引水も山の上から。
自らの考えなんて矮小ですもの、画角を増して自分の表現を超えるものが
写っていたら、次への糧になるなんて思っているのです。

見えなかったポイント  

仕事がヒマだったので、秩父鉄道と上越線の休日ダイヤを作りはじめたところ、
急に忙しくなって、日の目をみませんでした。
明日は蒸機を話題に呑み会なので、会社からアップしちゃおうかな~。
沼田間近のSL奥利根号

今日のアップは安直に、先日の上越線での別カットです。
5/6の岩本―沼田です。この日も紫外線のせいか、遠望が利かず、この位置まで
捉えることができませんでした。突然視界に入ってきたものですから、
フレーミング最悪。もっと右!!ですよね。
よく見るとこのコマの左上にカーブが写っています。
その奥には山裾を縫うような場所も見えているのですが、
この状況なら写っていたとしてもボツ写真でしょうね(笑)。
敢えてトリミングせずに、醜態を晒してしまいました~。
くろくまの「無理から俯瞰」の一環が覗けましたでしょうか。

さてさて、梅雨時から秋口まで何をアップしましょうかね~。

初冬の重連(上越線)  

ベローズとTTL調光ストロボで35ミリをデュープしようと思っていたけど
ベローズとの間に噛ました中間リングのせいで、拡大画像になってしまう。
これは、日を改めて再トライ。ということで・・・。
初冬の重連

先日、拙作ながら上越線の498をアップしたけど、今夏は4色のナンバープレート
とのこと。まぁ、わたしには無関係と思いつつも、過去に撮った唯一の写真を
アップします。ひぐま3号さんが先日アップされた同日かもしれません。

C58+D51の重連になるということで、koppel-2さんやお仲間と出かけた由。
車に乗せてもらってビール三昧でしたので、場所もわからないけど
後閑あたりでしょうね。ビデオに夢中だったので取ってつけたような画像。
当時入手した、CONTAX TV-Sでの撮影です。
バリオゾナーがついた距離計カメラですが、色合いはともかく、シャープな
結像とは無縁な画質。数年後、売り払ってしまいましたっけ。

ひぐま3号さん、この日ですよね。撮影されたのは・・・。
koppel-2さん、この日付でよかったでしょうか。

(7月4日加筆)撮影日は1993年12月12日のようです。

ガスの中の豆粒(上越線)  

朝、五時過ぎに赤羽で待ち合わせての「上越くまサミット」が始動。
とんでもない高みから撮っちゃえ! とばかりに馬鹿の一つ覚えのように
登るは登る。そして下界を見渡すと・・・。ガス~!!、ガス・ガス!!!!!!
それでも高みは楽しいもの。下界とちがって気温も低く過ごしやすい。
ガスの中の豆粒
で、今日のアップは上り奥利根号の渋川。どこにいるやら498。わかりますか?
なんたって、見つけることが困難な状態。
ビール4本でぐでんぐでんのくろくまとちがって、
ひぐまさんは冷静にファインダーを覗き続けてました。
今は、前橋のビジネスホテルで隣同士。これから温泉に浸かって夜の街へと繰り出します。
今回は現地よりの実況でした。えっ、PC持って山に登るなって!? へへへっ。

敷島力走(上越線)  

さてさて、くまサミット二日目です。朝からどんよりとしていて不安の天候。
今日のポイントは、敷島の前後を見晴らす(はずだった)ひぐまポイント。
二日酔いの二匹は、汗だくになって山登り。昨日の疲労が足取りを重くします。
なんと、昨日よりもガスが濃い!! 赤城山、見えません。子持山、見えません。
榛名山、見えません・・・。昨日も往復とも列車を捕捉するのに難儀しましたが、
今日も、被写体が見つけられません。それでも、今日も俯瞰撮影。
敷島力走
渋川―敷島、奥利根号(下り)。汽車を捕捉するために長タマでいきましたが、
本来はもっと引いて雰囲気を出したかったんです。でも、前日の最悪条件よりは
ましだったようで、煙を吐いて力走する姿を捉えることができました。

ひぐま3号さん、お疲れさまでした~。青春18切符もあと3回分ありますね。
どう使いましょうかね。そうそう、くまサミット、ガス率100%。3日/3日は
まだまだ続くのでしょうか。滅茶苦茶不安です(笑)
あのキリンラガー350ml、一本くろくまの借りです。次回にお返ししますね。

P.S.液晶のモニタが異常になってしまいました。画像修正に問題があるかも
しれませんが、お許しください。荷物の中で雑に扱った報いでしょうか。
まいりました~(泣)

ビル街を抜けて(上越線)  

梅雨明けがありそうで躊躇している状態ですが、朝夕でも歩いているだけで
しっかり汗が噴き出してきます。昼ご飯も冷やし中華や冷やしたぬきうどん
ばかりでは、体力が持たないのでなるべくご飯物を摂るようにしています。
ビル街を抜けて
さて、上越くまサミットの初カット。高みからの大正橋です。
7月20日、渋川―敷島のSL奥利根下り列車です。
霧でもやった悪条件ゆえにまともな色調・粒状が得られませんでしたが
こんなのもありじゃん、って感じです。

青春18切符を買ってしまったくろくま、この夏どうしようかなぁ~。

山霧と集落(上越線)  

午後には雷雨があるというので、珍しく傘を持っての帰路。
こんな日は降ったことがありません。高をくくっている日には必ず降られます。

さてさて、7月20、21日の上越くまサミットでの画像もこれがラスト。
7月21日のSL奥利根号上り、写っている跨線橋は津久田駅です。
このガスと緑、50年の8月の雨の道央を彷彿させますね。あのときも暑かった。
山霧と集落列車のうしろの電柱が3本立っている下あたり、鉄橋かと思ってました(残念)。
逆勾配なので、もともと煙を期待してはいませんでしたが、見事にスカ&ガス。
くろくまは19日にも秩父に出向いているので、この日は三連チャンの最終。
たるんだ身体はボロボロでした。
それでも、相方ひぐま3号さんの励ましで、ここまで登って、またビール!!

スカ&ガスの懲りない俯瞰、いつまで続くのでしょうか。

秋が来た、かな?(上越線)  

左手の麻痺は治っていないのですが、「鉄道の日記念・JR乗り放題きっぷ」最終日につき
上越に出かけてきました。三脚もビールも持たず、ショルダーバッグひとつの軽装で。
後閑から上毛高原駅に出て、高みで抜ける場所を探しましたが、タイムアウト。
せっかく、鉄塔二基まで登ったのですけどねぇ。時間がないのでどんどん高度を下げ、
つまらぬ場所で撮影。気温も高く、煙もレントゲン状態。最悪でした。
秋が来た、かな?
明日からはまた、会社でキーボード操作しなければなりません。
皆さんからの温かい励ましのお言葉に甘えて、コメントはしばらく休ませてもらいます。
急ぎの仕事もありますので、区切りがついたら総合病院に行こうと思っています。
キーボードの打ち過ぎなのでしょうか、以前に右手もおかしくなっているんです。
今日は、湯治ということで上牧の温泉にゆったりと浸かってきたのですが・・・。

THE FINAL(上越線)  

今年が始まったころには、蒸機の撮影なんて殆ど考えていなかった。
昨年、内・外房で蒸機が走る、と聞いてKoppel-2さんと一泊旅行を思いついた。
それから今日まで、何と48日の出撃(うち、一日は秩父でのウヤ)。
名だたるブロガーよりも出撃している勘定になります。

今日は、秩父仕様での出撃。早朝の赤羽から後閑に着くまで、寒くてたまらん。
中綿ジャケットとももひきが恋しい状況。でもね、寒い=白煙、なのよ!!
予め、「ここ」と決めていた場所に一直線。風邪が吹いたり陽が翳ると
滅茶苦茶寒い。なんて言いながら、いつもの「高みでプハーッ!!」。
赤城山
こんなロケーションはたまりません。正面が赤城、右は子持山です。
ちなみに真っ白な浅間山も見えましたよ~!1

で、「高み」を目指そうとすると、こんな奴が・・・。
かなりでっかい、カモシカです。ゆったりと寝そべっていて動かない。
カモシカ
カモシカロードを避けて、「高み」に登ると、くろくまライクな展望が。
鉄路は登ってみないと分からないものですね~。
THE FINAL
沼田からくの字型にやってくる列車は、L字型に曲がっていくんですねぇ。
今期の最終日、くろくまらしい画が撮れて嬉しい限りです。

沼田―後閑 9733レ
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、JPG、画像処理 Photoshop CS2

遠くの橋に白煙が(上越線)  

東京は冷たい雨が降り続いています。皆さんのところはどうでしょうか。
今日は漱石忌。『明暗』執筆中だった夏目漱石は、大正五年の今日、亡くなりました。
49歳でしたので、享年50。今のわたしらと同年配ですわ。早死ですなぁ。
ちなみに、漱石の脳みそは保存されているのですね。脳みそが保存されてるなんて、
あのアインシュタインと一緒。そう遠くない将来、蘇生させることができるのでしょうか。
皮肉たっぷりな世評を聞いてみたい気もするのですが・・・。

勿論、『吾輩は猫である』も『坊ちゃん』も読みました。
『三四郎』、『それから』、『門』は読むのがつらかったです。
そんななか、『草枕』と『夢十夜』はすいすい読めましたね。
「仁王」を彫っているのではなく、そこにいる仁王を掘り出しているんだ。
そんな境地で蒸機が撮れたらいいなぁ~。
埋まってるパレオや498を彫り出せば傑作、なんて。100年早いか・・・。
遠くの橋に白煙が・・・
本年のラストに出かけた上越。透き通る青空と雪化粧の浅間山、谷川岳。
風が吹いたり、日が翳ったりすると寒くて寒くて・・・。
今日の画像、逆光だったり遠望だったりして、商用印刷に耐えるレベルではないのですが、
くろくま好きの「いい感じ」が出ています。
まあ、ついでの一枚ということでご覧戴ければ幸甚です。

岩本―沼田 9733レ
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、JPG、画像処理 Photoshop CS2

ダブルS(上越線)  

わたしも携わっている「印刷業界」、今日の暖かさとは異なり、すっかり「冬」化粧。
先般の原油高によって、紙代、インク代、滅茶苦茶上がりました。
得意先と交渉して、「値上げ」に踏み切った会社も多かったはず・・・。
でも今、ガソリンも安くなってきたのに、値上げした紙もインクも下がりません。
そんな折に、紙の供給を減らす大手企業、なんて、おかしいですよね。
値段を下げれば、中小零細の印刷屋、製本屋、みんな活性化するのにね。
年末の印刷屋は「残業つづき」というのが、いままでのパターン。
大手企業が大規模なリストラを進め、公言してはばからない現在、
ここまで歪んでしまった世の中に救世主は訪れないものか。
ダブルS
今日も「今年のFinal」から一コマ(←引っ張り過ぎではないかい?)。
岩本の橋梁を無理矢理撮影し、後閑へ向けての「くの字」を写し、
さらには定番「後閑築堤」を撮って、ラストはここ。Sカーブでした。
線路の東側の山裾を走る道路も、同じようにSカーブを描いていました。
それにしても、冬晴れの絶好の俯瞰日和でした。
モシカスルト「スカ王」のお二方が出撃しなかったからかな、なんてね。

後閑―上牧 9733レ
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、JPG、画像処理 Photoshop CS2

後閑ジグザグ(上越線)  

皆さん、こんばんは。
朝のうちは曇っていたけど、その後12月とは思えないほどの暖か陽気。
大井川や真岡に出向くわけでもなく、光ケ丘の「お風呂の王様」へ。
入浴料も、食事代金(生ビール)も値上げしてました。ご時世でしょうね。
入浴後は実家へ。土曜だけ退院の父が体重を量っていました。55.2キロ。
無口だった父も、すこしばかり惚けてきて独り言が続きます。
足腰の悪くなった母には、夕刻往診がありました。
確実に老いていく両親。何もしてあげられないという寂寥感で一杯です。
それでも、明日は雨ということで洗濯をしてきました。
実家の洗濯機、昭和40年代の二槽式なんですょ。
後閑ジグザグ
はははっ。また上越Finalネタです(←しぶといなぁ、まだ来るのか!?)。
何たって、独り高みでみた今年最後の蒸機ですからね。粘りますよぉ。
というか、「高み」で長時間、蒸機と相対するとき、どんな構図にするのか、
そのあたりをダラダラと記しているのです(幾分言い訳モードか?)。
くろくまは、カメラ一台。レンズはズームですが、焦点は手動合わせ。
「こんな角度で切り取りたい」なんて、事前には考えているのですが、
実際に蒸機がやってくれば、本能の赴くまま・・・。
いつになっても、いくつになっても正解が見えない未熟者です、ハイ。
後閑―上牧 9733レ
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、JPG、画像処理 Photoshop CS2

後閑S(上越線)  

浅間山が噴火したようですね。
山岳ブームで所謂、「深田百名山」を踏破しようという方が多い。
しかしながら、雌阿寒岳や岩手山、焼山のように火山活動によって
入山を規制する山も多く、浅間山も代替として「浅間隠山」などに登る。
くろくまも山好きだが、登った百名山は八ケ岳と大菩薩嶺だけ。
蒸機が消えたら、山登りでもしようかな。勿論、メタボ対策でね。

後閑S(上越線)
今日は予定していた旧客の秩父はやめて、D51498の現状のラストランを。
昨年の12月7日の上越線をアップ。

じつは、新バージョンのPhotoshop CS4を使ってみたかっただけなのですが・・・。
いつもはプレーンな画像を心がけていますが、遊び心でいじってみました。
とてもじゃないけど、印刷原稿としてはペケですが、雰囲気を、ね。
ブログ用だけなら全然OKですけれど・・・。

PS CS4でLawを開くと、初期設定ではRGB、8bitで開くのですね。
profileも設定し直さないといけません。
新機能や3D関係のエンジンは、おいおい試してみるつもりです。

D51498、早く帰ってこいよ~っ!!

2008.12.7 後閑―上牧 9733レ
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、Law、画像処理 Photoshop CS4EX

終着駅はすぐそこ(信越盲腸線)  

3月になりました。春が近づいたのかと思えば、天気予報では今週も菜種梅雨、らしい。
腕の痛みやら体調芳しくなく今日は一日自室で寝ていた。勿論、お昼のワインは呑んだけど。
こうやって家に閉じこもっていると、動くのが億劫になってくる。メタボ対策はどうする?

WBC、昨日の西武戦での惨敗。気になりますねぇ。もっともナベQはよくやったね!!
考えてみれば、昨年のプロ野球の覇者。本来ならばWBCを率いる資格は十分だものね。
今日も対ジャイアンツの最終調整が放映される。
途中から大河ドラマに換えるけど、それまでにブログアップを済ましましょう。

終着駅はすぐそこ(信越盲腸線)
な訳で、今日も手抜き画像を・・・(恥)。
昨年の懺悔岩からの横川俯瞰から。家並みや建造物などで画面が雑多になるとき、
モノクロに逃げる。すると、市街地や繁華な場所もタイムスリップ。
いずれにせよ、D51498の雄姿をふたたび、と願ってやまない。

2008年4月29日 信越本線 西松井田―横川
Nikon D300、80-200mm f2.8、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX

若葉の季節(上越線)  

昨日の温かさは何処へ、というような冷たい雨の一日でした。
せっかく土中から顔を出した虫けらたちも、穴の中に逆戻りでしょうか。

若葉の季節(上越線)
春の陽射しが恋しくて、昨年のゴールデンウィークの上越をアップします。
津久田を出た列車は、鉄橋を渡り右に左にカーブして、もう一回鉄橋を渡り隧道に。
この日もかなり気温が高かったのですが、なんとか煙は出ていました。
「高み」からの抜け探し(骨折損でした~!!)で、靴が壊れてしまいました。
新緑と蒸機で「高みのビール」、2週間後には味わえるのでしょうか。

2008年5月3日 上越線 津久田―岩本
Nikon D300、70-300mmVR f4.5~5.6D、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX

田植え前(上越線)  

先日ご一緒したタンボさんにもらった「グロールシュ・プレミアム」なる
オランダのビールを呑んでいます。日本のビールとちがいますね。苦味が殆どありません。
タンボさん、ご馳走さまです!! スペインの気候はどうですか。仕事は順調ですか。

「花冷え」といいますが、先週のように本当に寒い日ではありませんね。
まあ、桜も開花したことだし、週末の都内はお花見で賑わうのでしょうね。
わがテリトリー秩父では来週が見ごろなのかなぁ。昨年は4月5日ころが見ごろでしたけど。

田植え前(上越線)
今日のアップは去年の5月6日の上越線。今年も一ヶ月もすれば田んぼに水が引かれます。
躑躅が咲き乱れる楽しい低山ハイクでした。気温が高く、びっしょり汗をかきました。
今年のGWは、上越の498が見られないのが残念でなりません。

2008年4月6日 上越線 沼田―後閑
Nikon D300、80-200mm f2.8×2、Raw、画像処理 Photoshop CS4EX

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。