くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利尻富士とC55  

利尻富士とC55

49年元日の画像です。人とちがった撮影を、と言いきるわたしでも
有名撮影地で撮りたいこともあります。
正月だというのに南稚内から数キロ歩いて写しました。
たぶんC5550だと思います。ここで撮影できたのは、この1カットのみ。
かろうじて利尻が望めましたが、朝陽にあたってホンワリ浮かんでいるのみ。
それでも初トライでその姿が拝めたのはラッキーかな?

今日は風が強く寒かったです。明後日からの南房、吉とでるかそれとも・・・
スポンサーサイト

煙はるかに  

恵比島の後補機

はじめて渡道したのは、46年の夏でした。あこがれの冬の北海道は48年3月。
雪のなかの蒸機に初めて接したことは、人生が変わったかのよう・・・。
もっとも、このときはニセコもなくなっていましたが、D52、D61は未だ健在。
D61は4号機のみ、D52も殆どは廃車になって五稜郭にありましたが。
そのD61を求めて留萠本線にやってきました。まさか後日「明日萌」となって、
復活蒸機が走ることになるとは想像だにしませんでしたが・・・。

さて、これはD51+D51ですが、蒸機素人のわたしには、編成の長さやレンズの
画角が「想定外」で、後追いでギリギリ編成を入れることができたのです。
稚拙な写真ですが、それなりの思い入れがありますので、アップしました。

塩狩峠をめざす  

ここ、何日か東京は寒いです。
今日は、東久留米の「お風呂の王様」に行ってきました。
幾種類かの風呂のうち、「不感温度風呂」というのがありまして、
体温くらいのブクブク風呂です。
不感→ふかん→俯瞰・・・。気持ちよく浸からせていただきました。

塩狩をめざすC5550

48年12月30日の和寒で写した324レです。牽引機はC5550です。
当時宗谷本線のC55の運用は旭川―稚内に一往復。
旭川―名寄で一往復運行されていました。
問寒別や雄信内など、後に考えると行きたいところ数知れずですが、
画面右上の三角山から写したかったことしきりでした。
旧客っていいですなぁ。

オホーツクとキューロク  

ブログ開設以来、ひと月が経ちました。おおーっ!! 毎日更新されてる!!

遥かなる流氷

興浜北線の有名撮影地は、斜内―目梨泊の(シマシマ)灯台をからめた場所です。
蒸機が判別できない方は、画像をクリックしてくださいね。真ん中にいますよ。

わたしたちは北見枝幸を見下ろす高台で撮影しました。(この画面には
北見枝幸駅は移っていませんが・・・)バックはオホーツク海。
海の右奥、白っぽくなっているところには、流氷が群がっています。

撮影日は50年3月24日ですが、この当時は2月下旬から4月上旬くらいに
流氷が接岸することが多かったと思います。風向きやその強さで
一晩で接岸したり、離岸したりを繰り返します。
湧網線で撮影した流氷は、陸地との境がわからないくらい一体化していましたっけ。

この足跡はだあれ?  

この足跡はだあれ?

48年12月26日の湧網線、計呂地での後追いです。
線路内をわがもの顔で闊歩したのは誰でしょうか。野うさぎ、それとも野ねずみ?
はじめての湧網線、北海道のローカル線のキューロク、満喫しました。

雪国でよく見かけた足跡、どなたか解説していただければ・・・と存じます。

遠軽の朝  

週末は雪になるという天気予想がでていますが、
真岡に向かう奇特な方、いらっしゃいますか?

遠軽ヤード

49年12月26日の遠軽です。左手に特徴のある崖が写っていますね。
ここは、大雪5号に乗って未明に乗り換える駅でしたね。
名寄本線や湧網線に行くときには、幾度となく利用しました。
夜が明けてくると、キューロクの仕業が活発になりました。

ちなみに、遠軽の駅弁「かにめし」と長万部の「かにめし」は瓜二つでした。

な~んにもない雪原  

朝の冷え込みはやわらいだような気がするのですが、風があるとやはり寒い。
もう2月も終わりだというのに・・・。
2月、6月って現役蒸機撮ってないような・・・。

キューロク奮闘

青い空と白い大地、な~んにもないところをキューロクが走り抜けます。
50年3月14日(ホワイトデー?)の渚滑線、十六号線付近です。
この撮影行では、なにを思ったか渡道するや否や、まっすぐに渚滑線にきています。
この線も超ローカル線、くろくまの心が疼くわけです。
終着駅の北見滝の上まで乗ってから、折り返してきて、ここで下車。
ちなみに十六号線の名の由来は、踏切をわたる狭い農道が16号線ってだけ。
乗降場の名前はストレートでしたね。

サロベツの墓標  

今日から3月ですね。復活蒸機の季節になってきました。
おふろの王様光ケ丘店に行き、湯ったり。
光ケ丘公園は暖かく、春の息吹を感じました。

サロベツの墓標

50年3月16日、宗谷本線の勇知―抜海に行きました。
このときは、すでにC55の牽く客レはなかったけれど、
ローカル線のキューロク好きなくろくまは、のこのこ出かけていきました。
1391レが勇知側から登ってきました。墓標のような板きれが雪に埋まっていて、
悩んだ揚げ句、画面に据えました。このあたりはサミットになっていて
この列車と抜海で交換して1396レが登ってきます。
およそ十数分のあいだに、愛すべきキューロクを2回撮影できました。

超ローカル  

今日は暖かかったですね。
くろくまは昨日より体調おもわしくなく、昼近くまで寝てました。
午後に裸族の頭なるドライブ接続パーツを買ってきて
クラッシュしたHDDと接続しましたが、今日も認識しませんでした。

知来を行くキューロク

50年3月17日の湧網線知来付近でのキューロクです。
ローカル線、人が来ない、俯瞰と凝り固まったくろくまは、殆どビョーキ状態。
もう止められません(この年のクリスマスイヴには止まりましたが)。
湧網線といえば二見ヶ岡、鵜原内、北見平和、能取、計呂地あたりが撮影地。
なにもこんな無名の場所で山に登らなくてもよさそうなものですが・・・。

キューロクの大地  

午前中で雨もあがり、気温はもう4月。
撮り鉄ミツバチの方々は気もそぞろ、かなっ!!

キューロクの大地

49年12月24日の湧網線、浜床丹(無人乗降場)―床丹でのキューロクです。
135ミリにテレプラスを装着しての撮影、画像が荒れています。
網走を10時8分に出た1990レは佐呂間で約1時間の休憩の後、中湧別を目指します。
網走湖、能取湖、サロマ湖を右に見て一所懸命に走ります。
汽水湖のすぐ傍らを走っているのに、こんな山のなかを走っているような
さまざまな顔を見せてくれるローカル線でした。キューロク、万歳!!

キューロク奮戦  

暖かい一日でした。
ミャンマーや中国で被災された方々が気の毒でなりません。

サミットに挑む

今日の画像は48年12月28日の名寄本線、上興部―一ノ橋のキューロクです。
有名撮影地のここも、どこがお立ち台ということはなく、このあたりサミット
近辺がすべてお立ち台だったということになります。
大好きなキューロクの力行、忘れられない思い出です。

サロマ湖の傍らを  

東京も入梅が宣言されたようです。まあ、週末に晴れてくれればいいのですが。
最近のキューロクシリーズが好評のようですので、今日もその類いです。

サロマ湖の傍らをいく

昭和49年12月24日の湧網線、浜床丹での光景です。この日も貨物が少ないですね。
ちょうど、この日の一年後、夕張線で最後の蒸機貨物が運行されました。
浜床丹は乗降場で、計呂地と床丹のあいだにありました。
琵琶湖、霞ヶ浦についで、広さを誇るサロマ湖の西側に位置します。
この線区ももっと撮っておきたかった風光明媚のロングローカルでした。

サロマ湖畔を行く  

寒~いですね。迂闊に衣替えなんかしたら凍死しそうです(嘘)
仕事のほうはヒマでしたので、いろんなブログ見たり投稿してました。

さて、今日のアップは、と考えたときにひぐま3号さんのブログを見たら
拙ブログの湧網線にコラボっておられるじゃありませんか。
くろくまも急遽予定変更で、サロマ湖バックのカラーをアップしちゃいますね。

サロマ湖畔を行く

画像は昨日の貨物撮影のあとの上り貨物です(49.12.24)。
こちらも荷は少ないようですが、急勾配のため白煙が出てますね。
背景は勿論サロマ湖です。
蒸機終焉の後、キューロクの舞台が次々に廃線になってしまいました。

もうすぐ運行される常紋のカマ、本務機D51、後補機キューロクなんてことなら
出かけちゃうかも・・・。

とるねえど  

えーと、タイムオーバーになってしまいました。
現役蒸機のコーナーでは、レタッチの関係上、極めて厳しいのですが、
酔いがそれを更に加速します。

和寒発車

今回は宗谷本線、48年12月30日です。和寒発車の光景。
夕刻になって、旭川目指してD51の貨物が発車します。
その折の煙がすごかった。
あえて、今風デジ作家風の表現でトルネードとしました。
35分遅れのアップです。ごめんなさい。

キューロク驀進(名寄本線)  

梅雨の晴れ間でしたね。衣服も昼飯も天候でずいぶんと変わります。
晴れたら半袖のポロシャツ。昼食も「冷やし中華」とか「冷やしたぬきうどん」。
雨が降ると気温がグッと下がり、ワイシャツにベスト。昼食もみそラーメンや
カツ丼になってしまいます。

ここのところ、K点越えの更新をしてズルしてましたが、一念発起(どうだか?)。
ちゃんと本日内アップを心がけます(←怪しいもんだ)。

キューロク驀進

昭和50年3月14日の名寄本線、渚滑です。川向(乗)とのあいだにある、橋梁の
手前、39626がたくましく力走しています。
このところ、風景に溶け込むようなトコトコ走るキューロクをアップしていましたが
力強いところも見せておかないと・・・。
大した勾配でもないオホーツク沿岸で一所懸命。迫力だってD51たちに負けません。

なんか、キューロクから離れられなくなっちゃってますね。好きだからいいかな~?

湾曲するオホーツク(興浜北線)  

夕刻になって降ってきました。昨日のように日中は撮影可能だったのでは?
前から気になっていたデジイチのファインダー画像の視認性の悪さですが、
マグニファイヤーは使い勝手が悪そうなので、マグニファイングアイピースの
導入を検討中です。わずか×1.17倍ですが、頼もしそうです。
本来ならファインダー交換式にして・・・なんていうと高くなりそう!?

湾曲するオホーツク

現役蒸機の掲載が続いておりますが、たまには俯瞰を入れないといけませんね。
昭和50年3月24日、興浜北線の北見枝幸―問牧です。
1992レは13:23北見枝幸発ですから、13時25分ころの画像でしょうか。
はるばるとオホーツクを見下ろす丘からの気持ちのいい撮影。
前夜の旭川で合流した5人と北見枝幸で会った2人との計8人で登りました。
この場所から湾曲する沿岸を見ても、およそ80キロ先の雄武は見えません。
興浜北・南線の合体全通は夢のまた夢でしたね。
白く輝く流氷が点在する水平線が、まあるく見えたのを覚えています。

朝の渚滑川橋梁(名寄本線)  

雨の七夕でしたね。子どものころから、七夕の日に晴れた思い出は少ないなぁ。
洞爺湖サミットもはじまり、都内の警察官がやたらと目に付きます。
彼ら国家公務員たち、この後代休やら休出手当が税金から出るんでしょうかね。

朝の渚滑川橋梁

昭和50年3月14日(ホワイトデーだなっ!! 当時は無名の日だったような・・・)
貨1690レだとすると、午前8時20分ころの撮影。丁度朝日が列車を照らします。
場所は名寄本線の渚滑―川向(臨時乗降場)です。
いまならば、このようなシチュエーション、「鉄」で埋め尽くされるような場所。
あと、二ヶ月で蒸機終焉のこの場所、わたし一人でした。

思う節があって、このリバーサルをデジイチデュープしてみました。
カメラはニコンD300。Micro-Nikkor 55mm 1:2.8に中間リングPK-13をつけて
スライドコピーアダプターES-1を装着。さらにはスピードライトSB-600。
TTL調光コードSC-28をセットして、絞り優先オート、ピント合わせは手動。
新規購入したものはありません。調光コード以外は10年以上前のもの。
絞り値8で撮影したものをアップします。35ミリフルサイズとはフォーマットが
異なりますので、等倍撮影はできませんでした。ともに色調の調整しています。
等倍で写せなかった分、より水平になるように角度をつけました。

デュープ

一枚目はいつものようにフィルムスキャナーCOOL SCAN 5000EDでの取込み。
二枚目はデュープです。思いのほか、暗部が出てますね。

フィルムスキャナー拡大
デュープ拡大

さらに拡大した画像を比較用にアップ。上がフィルムスキャナー、
下がデジイチデュープです。鮮鋭度、粒状性ではかなりの差が生じますが、
商業印刷に用いるわけでなければ、予想以上の画質ではないかと・・・。
モノクロネガでも試してみましたので、その結果は明日に披露します。
ただ、空いた時間で酔っ払いながらの実験ですので・・・(笑)。

やってみての感想。オートの露出で撮影できたのが衝撃でした。

雪晴れのキューロク(渚滑線)  

明日、病院で診てもらうことにしました。皆さんからの優しいお言葉に深謝します。
入力作業がこんなにストレスになるとは、思いも寄りませんでした。

海の向こうでは「デビル」のとれた「レイズ」が優勝。岩村くん、おめでとう。
ちなみに本邦では、トラVSドラの大一番の真っ最中です。地上波、ないなぁ。
わが獅子チームは足踏みしておりますが、西口、石井一、キニーが未登板。
これからですって!! ハムもCMSで4勝1敗。そんなに勝てるもんじゃありません。
えっ、「希望的観測」ですって!? ファンなんてのは、そんなものです。
雪晴れのキューロク
昭和50年3月14日、渚滑線の十六号線(仮)―下渚滑でのキューロクです。
以前、後カットをカラーで上梓していますが、モノクロにはモノクロの味が。
フィルムはASA125のPULS-X、MICRODOL-Xを1:3に希釈して24℃9.5分の現像。
青空がグレーになって、白い雪原も飛ぶことなく、ディティールが再現される。
Y2くらいのフィルターを付けていたかもしれないが、微粒子で仕上がっている。
冬場は現像ムラも起きやすいが、こんな仕上りに満足したことを覚えている。

流氷とキューロク(湧網線)  

今朝はかなり冷え込んだようですね。夏掛けで寝ているアタシ、ちょっと寒かった。
それでもまだ衣替えをしていません。半袖がないと山登りに支障をきたすから。
昼休みに外に出ると、真っ青な空。いいなぁ、こんなシチュエーション。
思いっきり遠くが見渡せそうだなぁ、なんて思っちゃいます。
高みでプハーッも、熱燗でもいいかなって感じ。
何をつまみにするかを悩む能天気なくろくまでした~。
流氷とキューロク
めっきり寒くなってきたので、昭和50年3月17日の能取のキューロクをアップ。
能取の網走よりは、(仮)中能取、中湧別寄りは(仮)常呂港なのですが、
たぶん常呂港よりの場所での撮影だと思います。登る場所はありません。
相変わらず無煙ですが、左手の湾内は流氷がすっかり覆っています。
凍てついた雪原との境がわからない、ほんとうの流氷原です。
上を歩いてみましたが、大地と変わらない感覚。でも流氷が鳴くっていうでしょ。
時折、重い音が聞こえます。この下は海、それも厳冬のオホーツクかと思うと
ビビッてしまった若きくろくまでありました。

サロベツSカーブ(宗谷本線)  

日本シリーズのあいだに、アメリカでは黒人大統領が生まれました。

政府の景気対策のばらまきは、手紙で通知、自己申告ですって!! 阿呆か!!
サラリーマンなら年金から追っていけば、年収だって分かるじゃないか。
年金払ってない人には勿論、給付金を支給する必要はないでしょ。
自営の方は、確定申告で年収がわかるはずだよね。
と言ってみても制度そのものが杜撰なだけに、国には頼れそうもありません。

今日は、三洋電機がパナソニックに組み込まれることになりました。
懐かしいですねぇ、若大将がCMに出ていたカドニカ電池。今はエネループ?
明日は気温が低いらしいですね。秩父は曇りとか。エヘヘッ!!(白煙だぁ)
オホーツクとSカーブ
昭和50年3月16日の宗谷本線、勇知―抜海でのキューロクです。
冬晴れの寒い日でした。この場所からは下り、上りとも撮影できました。
下りは以前アップしています。その場所から1、2分、後ろを振り向くとこの場所。
左手奥の丘に登れば、利尻富士が拝めたかもしれません。
北海道、雪、キューロク・・・。最高のシチュエーションでしたね。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。