くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

給水塔のもとに佇む  

3連休の間、呑みすぎたので今日は赤ワイン。アルカリ性で中和しなくちゃ!!
帯広の廃車体

50年12月26日、最期の貨物6788レから2日後に帯広を訪れました。
思い入れの強かった士幌線を十勝三股まで往復した夜、
機関区にキューロクがいるのに気づき、すっとんで行きました。
そこには、59683と59672がひっそりと眠りについていました。
給水塔もターンテーブルも昔のまま。クラにはDD51が居座っていました。
両機とも車籍票は外され、59672に到ってはプレートもなく手書きでした。

無残な変容(79642)  

天気予報に疑心をいだいているくろくまですが、傘を持っての通勤、案の定
傘の出番はありませんでした。明日は大雨だそうですが、それもどうだか・・・。
空振りの土曜日も含め、二日間メタボ対策運動をしたくろくまですが、
左足、駄目みたいです。靭帯か筋に損傷があるようで、しっくりきません。
まあ、通常の歩行&駆け足くらいなら大丈夫なので気にしてはいませんが・・・。
無残なり79642
5月13日にアップした「蒸機最期の日の記念撮影」で撮影した追分機関区の3日後、
12月27日に再度訪れた追分機関区で、プレートを外された79642に出会いました。
手書きナンバーと降雪で、見るも無残な姿に変わっていました。

追分には小一時間居りましたが、入れ替えのキューロクや扇形庫内のD51たちを
存分に撮影することなく、内地に戻ってきてしまいました。

庫内には有火状態のD51241や603がいたのですが、このキューロクの変貌を
目の当たりにして気持ちが萎えたのはたしかです。

キューロクの復活蒸機が存在しないのが悲しいですね(9633は動けるのかな?)。

道内彷徨  

皆さん、こんばんは。
今日で仕事は一応終了なのですが、何故かひとりだけ仕事だらけになってしまいました。
なもんですから、ひとりだけ大掃除もせず、仕事の大掃除・・・。昼飯を食べ損ねました。
明日は床屋へ行って、さっぱりして(しないか?)日中は仕事の続き。
夜は、たった今予定が入りました。高校の同窓生との呑み会です(お寿司屋さんだよ!!)。
ちなみに明後日も忘年会がありますので、家の大掃除もバックレになりそうです。

さてと、昨日は士幌線の幌加駅のつもりで、糠平駅をアップしてしまいました。
ひぐま3号さん(地元生まれ)のご指摘がありまして、汗です。
そんな訳で、今日は昭和50年12月26日の幌加、帯広と12月27日の追分をアップしましょう。
26日は士幌線を全線往復し、その後広尾線幸福駅に行って夜間は帯広でバルブ撮影。
翌27日には早くも追分に戻りスナップ撮影。追分ではNに会いました。
その後は28日に湧網線に乗っています。29日には襟裳岬に・・・。
30日には池北線を走破。大晦日は根室本線の浜中でYHに泊まっています。
霧多布を散策などして1月2日、「狩勝3号」で岩見沢へ。
車窓から追分機関区を見ながら帰京しています。
今回の「33年前シリーズ」は今日でおしまい。お楽しみいただけたでしょうか。
終着駅間近
1975.12.26 十勝三股
Nikomat FTn、35mm f2、ILFORD-FP4 ASA125、D-76 20℃ 6分現像
終着駅に佇むキハ。味がありますなぁ。

幌加近辺
1975.12.26 幌加駅界隈
Nikomat FTn、28mm f2.8、TRI-X ASA1600、D-76(3回目) 21℃ 21分現像
この駅のすぐそばに第五音更橋梁がありました。コンクリートアーチの素敵な橋です。

帯広の夜
1975.12.26 帯広運転区
2両の廃車キューロクが居たのですが、プレートがないとかなり寂しいですね。
Nikomat FTn、50mm 1.4、ILFORD-FP4 ASA125、MICRODOL-X(1:3) 20℃ 15分現像

DEの時代
1975.12.27 追分機関区
Nikomat FTn、35mm f2、NEOPAN-F ASA32、MICRODOL-X(1:3) 20℃ 13.5分現像
新たな主DE-10が我が物顔に疾駆していました。

JR東日本頑張れ!!  

立春。二十四節気ってなにがあったっけ。いくつ知っているやら・・・。
次は2/18の雨水、3/5の啓蟄、3/20春分、4/5清明、4/20穀雨とつづく、らしい。
小満・芒種など耳慣れない節気もありますね。

今日は、ちょっといいニュースもありました。
>JR東日本は鉄道ファンらに根強い人気のSLの再生復活に向けた特別調査チームを編成、
99年にC57が復活運転して以来、10年ぶりにSLを復元する方針を決めた。
保存状態が良好な車両が複数候補に挙がっており、近く本格的な点検調査に乗り出す。
順調なら来年春に旅愁を誘う復活の汽笛が各地に響く。(毎日新聞)

碓氷峠鉄道文化むらのD5196などが候補に挙がっているということです。
ナメクジのサイドビューなども是非、写してみたいものです。あと、キューロクもね!!

そんな訳で、以前に一度だけ行った横川のD5196をアップします。
昭和13年3月に製造され、松本、長野を経て43年4月から長万部。その後47年3月からは
滝川に転出。そのまま51年3月1日に廃車となったと、とあるHPに掲載されています。
くろくまも北海道で幾度か出くわしています。八高線で復活して欲しいなぁ!!

D5196-01

D5196-02
2004年7月19日 碓氷峠鉄道文化むらにて
Nikon D100、24-120.mm f3.5-5.6D、Jpeg、画像処理 Photoshop CS4EX


ついでに青梅の梅園を撮影に行ったときに写した鉄道公園の一コマも・・・。

oume
2006年3月18日 青梅鉄道公園にて
Nikon D100、18-70mm f3.5-4.5G、Law、画像処理 Photoshop CS4EX

この8620や9608の復活は無理だろうなぁ。

5月の遠足(小湊鉄道)  

皆さんおはようございます。
一昨日の「臨客ニュース」でお伝えしたように、堺のペテン師に会いに行きました。
滅茶忙しい彼と会うのはこれで4回目。無駄話をしながら同じ刻を共有するのが好きです。
皆で大人の遠足をしたかったけれども、皆さんそれぞれに都合があり……
たまたま空いていたアメフラシ♀さまとご一緒しました。

5月の遠足(小湊鉄道)
ロケハンしながらの上総中野近辺、みどりがとっても綺麗でした。

真っ赤な橋の下
真っ赤な橋の下で撮影場所を探している魔美女サマ。
くろくまはこの川に嵌まってしまい、ビジョビジョになってしまった(笑)

功徳庵更級
里見駅近くにあるという「功徳庵更科」。鴨汁そばが名物らしいのですが
くろくまはそばアレルギーなので食べられない。
宮ちゃんの食べたそばの盛りはすごかったなぁ(写真撮ってなくてスマソ)。

功徳庵更級から
こんな感じで、店内から飲食しながら撮影ができます。
親父さんも気さくな方で、おしゃべりしてたら撮り逃しちゃいました。

たんぼの情景
水が張られたたんぼは、日本人の心の原点のように感じられました。

2012年5月5日 小湊鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

宮ちゃん、ミセス、とっても楽しかったです。
撮影にこだわることもせず、まったりと過ごす時間っていいですよねぇ。
ありがとうございました。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV