くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

最後の蒸機貨物6788レ  

最期の貨物6788レ

はじめまして。くろくまです。
以前、HPを開設していたのですが、生来のぐーたら。更新もしないまま、
グロッキーです。タダでできるブログの存在は気になっていたのですが
どうせ、三日坊主になるだろうなぁと思い、今までは手を出さなかった
私ですが、国鉄時代の蒸機の写真をスキャンしているうちに、ちょっとだけ
公開してみたくなってしまいました。そんな訳でのこのブログ、いつまで
続けられるのかわかりませんが、お付き合い願えれば幸甚です。

はじめての頁ですので、ちょっとだけ自己紹介です。
くろくまは東京生まれ(ネリマですけどね)、東京育ち。
昭和30年代に採れました。
中学・高校時代に各地を転戦して蒸機を写しまくりました。

自らの手ではじめて写した蒸機は昭和45年の八高線のD51507。
翌46年には中学生だというのに友人3人で渡道し、憧れのC62、D52、
D61などを撮影し、昭和50年12月には夕張線に出撃して最期の蒸機と
お別れしてきたのです。その後冬場には北海道に行かないと気が済まなくなり、
渡道回数はじつに30回に及びました。
結婚してからは、そんな自由もなくなりましたが、機会があれば、
といつも考えております。

復活蒸機の方は、昭和51~53年に大井川鐵道に通いましたが、
あまり燃えることなく、息子を連れて秩父に行くくらいでした。
大したことはありませんが反響が少しでもあれば、
続けていく大きなエネルギーになります。

と、いうことで最初の写真は昭和50年12月24日の追分です。
ストロボを焚いたわけではないのですが、TV局の取材でしょう、
ライトがあたり、D51241を闇のなかから浮かび上がらせてくれました。

トライXのASA1600増感で捉えた思い入れの深いこの1枚から、この
ブログをスタートしたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

逆光の紅葉山  

501221momijiyama.jpg

さて、三日目にしてすでにストーリー性に疑問が生じてしまう。
脈絡がないのだ。どうしよう。そうだ! 蒸機終焉の50年の冬のことから
記していこう。なんといってもこの50年12月21から24日が最期の対面だ。

30年を過ぎた記憶であるので、このテの内容を如実に記したHPなどを
参考にしていただきたい。(逃げの姿勢があらわれているが・・・)
12月14日に某国営放送で百恵ちゃんとC57135(加藤芳郎氏も)が
放映されていたころ、もう気が気でなかった。

期末テストも「現国」をボイコットするという暴挙に出てしまった。
苫小牧発の夕張・登川行きで十三里にて下車。紅葉山で待ち合わせていた
F君とはなぜか会えず、単独行となる。D51241の牽く1791レを撮影し、
紅葉山で仕業のあいだに追い抜き、沼ノ沢へ。
紅葉山まで歩いて戻ってくると逆光に爆煙が妙に立体的に映えていた。

この写真はネオパンF(ASA32)での撮影。粒子は申し分ないが、
硬膜処理を誤ったか、傷、埃だらけのネガ。レタッチに時間のかかる
ネガばかり。この先どうなることやら。

歌志内線文珠にて  

500321monjyu.jpg

今日、更新しないと本当の三日坊主になってしますので焦りがあります。
そして、早くも前言撤回になってしまいました。

50年12月のスキャン画像は「ごみ取り」がなされておらず、
毎日アップすることが叶いません。(←言い訳モード)
と言うのも明日から大きな仕事が入ってしまうのです。
4Cのモデルカタログ(200頁位)で組版と画像調整をするのですが、
量がありますので、ブログ用のごみ取りまで手がまわらないのです。

そんな訳で、お茶を濁すのがこの写真。歌志内線の文珠―焼山です。
バックに浮き上がっているのは暑寒別の山並みでしょうか。
あの山を越していけば、増毛に出られるのでしょう。
撮影日は50年3月21日。この頃から道内各地で無煙化が促進されます。
神威峠を越えれば、そこは函館本線支線の上砂川線。
両線とも、もっとじっくり撮りたかった線区です。

文珠のケムリ  

文珠のケムリ

先日に引き続き、歌志内線の文珠の写真です。49年12月29日の撮影です。
よく見るとナメクジが牽いていますね。ケムリのたなびき方が面白いですね。

俯瞰撮影で独り占めの蒸機は至福のひとときでした。

早暁の交錯  

栗丘の上下の煙

最近、寒いですね。大寒も古来からの二十四節気、昔人の季節感が偲ばれます。
そんな寒い朝、それも早暁の写真をup。S48.12/27の栗丘です。
ご存知栗丘でも、この時刻にはファンは殆どいません。
南へくだるD51は黒煙、岩見沢に向うC57は白煙、不思議なコントラストです。
用いたフィルムは、あのKII(コダクロームII)、ASA25です。
無謀だとは思いましたが、劣化が少なく、今となっては良き選択だったと
思っています。

明日で最期、閑かに撮りたい  

昭和50年12月23日の十三里付近です。
夕張線で誰も好んで行かないような場所、それは十三里でした。
逆光だし川霧がたつので撮影は難しいものでしたが、蒸機終焉の秒読み段階で
この地を訪れたのは正解だと思います。
十三里をいく下りのD51

この撮影行では、
8ミリを携行していたため、写真がおろそかになりがちでした。
この日、十三里(無人駅)で泊まろうと準備をしていたら、
最終列車で下車された地元のKさんが、「凍えて死ぬぞ。ウチに泊まれ」と
仰ってくださり、石狩鍋(煮込まれていてグチャグチャでしたが美味)、
温かい布団(お客様用でしょうか、フカフカでした)を提供してくださいました。
蒸機終焉で感傷的になっていた折に触れた人情に今でも泪がこぼれてきます。

セキを牽いて  

東京は、またしても雪。数年前に買っておいたはずの長靴が見つかりません!!
東追分を行くセキ

49年12月25日(クリスマスですね!!)の東追分です。
この駅は無人駅で辺りは原野です。人も来ないし結構好きな場所でした。
なにしろここは高台などはなく、俯瞰など不可能な場所です。
でも、枯れた雰囲気がお気に入りで幾度か通いました。
このときの引率機はD5170、ナメクジくんだと思います。

上砂川にて  

昨日来の降雪も止み、暖かな一日でした。
房総で擦り傷だらけになったカメラの液晶プロテクタを買ってきました。
上砂川にて

昨日、茂木に入った折、もし雪景色なら・・・と思い、この写真をアップします。
終着駅を目前にしたD511127の牽くセキです。夕張線とは趣が異なりますが
この辺りの住宅も炭住です。D51は構内の仕業を終えた後、満載の貨物を牽いて
山を下って行きます。
こんな短い盲腸線・・・、線名も函館本線の支線です。
生きている(仕事をしている)蒸機っていいもんですね。

茂木駅発車の光景も雪が降ればこんな感じに撮れないでしょうか。
ちなみに50年3月25日に撮影しました。

紅葉山展望  

三寒四温というのですか、昼食後の公園で文庫本を読んでいたとき、
寒くはないな、と感じました。春も近いかも・・・。
夕張を目指す

50年4月1日の夕張線、紅葉山(現新夕張)での撮影です。
紅葉山を出発した貨物は大きく左にカーブして夕張を目指します。
手前に見えるのは共同住宅の炭住でしょうか。
右手下方に行けば登川、そういえば「紅葉山→楓」の切符が手元に残っています。

炭坑への驀進  

4年に1度の2/29。春の訪れが間近いような陽気でしたね。
明日は石神井公園に行って、ひと足早い春の息吹でも感じてこようかな。
炭坑へ向かう単機

49年12月23日の夕張線、鹿ノ谷―清水沢でのD511119です。
紅葉山と夕張のあいだでは、上りの単機がたくさん(8本くらい)走っていました。
単機なのにこの煙、すごいですね。早く炭坑(ヤマ)へ行ってセキを牽いてこなきゃ。
そんな気持ちが出ているのですかねぇ。
青空と雪と樹林の影、お気楽撮影も結構いいかも・・・。

炭住を駆ける  

東京の桜開花は27日ころだといいます。
昼休み、公園で文庫本を読むのが楽しくなってきました。
陽だまりはもう春です!!
炭住を行くD51

50年3月25日、函館本線支線、上砂川線の鶉近辺です。
夕張の古めかしい五角屋根の炭住とちがい、青や赤のスマートな炭住です。
砂川を出て、下鶉、鶉、東鶉ときて、終点の上砂川にたどり着きます。
後年、悲別として脚光を浴びた駅ですよね。
D51の黒煙がいつまでもいつまでも漂っていましたっけ。
俯瞰ではありませんが、くろくまの好きな写真です。

炭坑の朝  

体調が悪しく、眠くて眠くて・・・。昼休み、公園のベンチで横になってました。
炭坑をいく

昨日の上砂川線とちがい、夕張線の炭住はこんな感じでした。
48年12月25日の鹿ノ谷―清水谷です。引率機はD51ですが
ギースルではないですね。
画面中央で男が雪かきをしています。下の方では男が蒸機をながめています。
画面奥には炭坑の施設が・・・。
この後、炭坑は閉山。現在の夕張の行政・状況はみなさんご存知の通りです。
炭坑の男たちはいま、どんな生活を送っているのでしょうか。
感傷的になってしまいました。

そこっ、下がって下がって!!  

四連休の初日、関東地方は昼過ぎまで雨。一歩も外出していません。
明日は晴れ、5日、6日は微妙、ということで、明日はD51に会いにいこうかな。
志文交換

昭和50年4月2日の室蘭本線、志文駅での映像です。
岩見沢から一駅なのに、とっても田舎でした。跨線橋が立派ですね。
苫小牧方面へ向かう貨物と、岩見沢に向かう客レの交換ですが、
D51の引率ですね。駅職員の方が指差点呼ならぬ、厳しい眼で注意を促してます。
決してくろくまのことじゃありませんけどね。
何気なく「駅撮り」してると、こんな偶然もあって面白いかと・・・。

C57135 at 岩見沢  

暑かったGW明けの過ごしやすい一日でしたね。
週末は雨模様のよくない天気予報が出ています。
日曜日は「母の日」です。カーネーションより、クレマティスかカラーの花を
持って実家に行ってみようかな、なんて思っています。
C57135 at 岩見沢

昭和50年7月30日の岩見沢駅、C57135が室蘭への出発待ちをしています。

この日、くろくまは幌内線三笠で撮影ののち、このC57135の牽く客レで栗丘に
転戦。撮影地の栗丘ゆえ、人のいないところで撮影していました。

ホームからかなりせり出しているのは、先頭に荷物車二両を連結しているから。
こうして正面から見ると、細いボイラーがとってもスマートに見えます。
スノープローもお似合いです。このカマが最期の客レを牽いて、その後交通博物館、
大宮の鉄道博物館へと転籍して、ターンテーブルのパフォーマンスをしているのです。
くろくまは、十回くらい遭遇していますが、とっても綺麗なカマでしたよ。

ひぐま3号さんの「勝手にコラボ」に勝手にコラボさせていただきました。
この日、この時間帯にどちらにいらっしゃったのでしょうね。

C57135の爆煙―栗丘―  

昼過ぎまで雨、今日も昨日同様寒い日でしたね。
このシチュエーション、秩父では良い煙を撮影できたかもしれません。
栗丘の爆煙

例の百恵ちゃんの乗った(加藤芳郎さんも乗ってたぞ)最後の旅客蒸機C57135の
2年前の雄姿をお届けです。昭和48年12月27日の室蘭本線、栗丘での撮影。
224レ、もしかしたら226レだと思いますが、爆煙ですねぇ。客車が見えません。
当時の栗丘、やたら蒸機がやってきて、ご覧のように煙の期待できる撮影地でした。
ダイヤを確認することもなく、次から次へとC57やD51がやってきました。
重連もあったし、飽きることなく過ごせる場所でしたが、この場所からの撮影を
見たことがありません。急斜面と疎林ゆえに皆さん遠慮されていたのかと・・・。

スマートなC57が密閉キャブで大奮戦。今一度体感したいものです。

蒸機最後の日の記念撮影  

今日も寒かったですね。どうも気温が低いと「煙が期待できるぞ」なんて思って
しまいます。24日に仕事が入ってしまったくろくまは、只見線を断念です。
記念撮影―追分機関区

先日来、あべくまさんとKOPPEL-2さんが追分のはなしで盛りあがっています。
な、ことから今日のアップは昭和50年12月24日の追分機関区での記念撮影。
左がくろくまです。右は二度目の同行の世田谷のFさん。79642は深名線で
撮影したことのある懐かしいカマです。
最終の6788レを撮影してから力が抜けた状態で、凍れるなか、三脚をもって
機関区に来ました。ほかには誰もいませんでした。
扇形庫のなかには、火が落ちていないD51、9600がいましたが、懐かしいカマが
野ざらし状態になっていたので、とても悲しい思いをしました。
プレートがなくて、チョークでナンバーを記されたかつての勇者・・・。

拙ブログにて初めて顔を晒してしまいました(えへへっ)。

夕鉄のキューロクたち  

朝から雨、気温もぐ~んと下がりました。でもニコニコしています。
今日は蒸機仲間との呑み会、楽しみです。
と、いうことで会社からのアップで~す。
夕鉄のキューロクたち

昭和49年12月23日の鹿ノ谷です。時刻は早朝。苫小牧からの夕張/登川直通の
キハでやってきました。
21号機。たしかこのキューロク、一番若いキューロクではなかったでしょうか。
国鉄のヤードの隣りに夕鉄のクラがあって清水谷方面に並走し、
若菜の大カーブを経て平和に向かう線路上にキューロクたちが働いていました。
このころ、錦沢など知りもしないくろくまでしたが、平和の勾配でものすごい煙を
吐いて入替仕業のキューロクを見ています。炭住が立ち並ぶ光景は壮観でした。

いまは、虚しい夕張になっているようで残念です。

c62kickさんとの出会い  

寒い一日でしたね。思わず、煙は白煙? なんて考えてしまいます。
昨日は気心しれた仲間内で歓談できて嬉しかったです。さて、その酒席で。
5/26に、S50.12/24に「c62kickさんはすごすごと去っていった」と記しましたが、
c62kickさんからクレームが入りました。

実際は、こんな場所にファンがいるとは思わず、「樵りかな?」気分で登ってきた
c62kickさんでしたが、最終日は十三里で撮影と決めていたそうです。
もちろんくろくまも最終日は十三里と決めていたんです。「どけーっ!!」のあと、
ひどく驚いた様子で物陰にc62kickさんは身を隠しました。
それでも、これも何かの縁と感じて、くろくまたちが山を降りるのを待っていた
そうですが、くろくまたちはヒッチしてあっさりと去って行ってしまったのです。

このときは、それでおしまい。
後日、c62kickさんが同郷の親友、誕生日が同じTさんにその話をしたようです。
そのTさんがkoppel-2さんの大学の先輩。そのkoppel-2さんは50年8月に川端で
記念撮影をしてからのお付き合い。くろくまが、また聞きで聞いた話だったけど
じつに身に覚えがありすぎる話が・・・。風が吹けば桶屋が、ではありませんが。

さてさて、50年の12月は8ミリの撮影があったので、スチルのリバーサルが
ありません。替わりに50年3月15日の栗丘―栗沢の写真をアップしますね。
C57の墓標


くろくまも無性にお会いしたくなって、渡道した52年の3月18日に
当時札幌でアパート生活をしていたc62kickさんを訪ねたのです。

「○○さ~ん、あーそぼーっ!!」と声をかけると、眠そうに出てこられました。
そのまま、近所の雪だらけの公園でのゴムまり野球で対決、夜はジンギスカン
バイキングの羊々亭で肉皿十数皿の成果、強烈な初対面の一日でした。

若くて行動的だったわたしたちも、すっかりいい歳こいたオヂになっちゃった。
これからも宜しくお願いしますね。c62kickさん、koppel-2さん。

C57の構図(室蘭本線)  

TVをつけると、どのチャンネルも岩手宮城内陸地震の放送でした。
被災された方、救助に尽力されている方にこころよりエールを送りたいと思います。

くろくまは、天気予報が「暑くなる」というので、今日はお休み。出撃なしです。
そろそろ夏眠の季節到来ですね。過去ネタでブログが持つのかが心配です。
C57の構図

昭和48年12月27日の栗丘です。カマは超有名機C57135です。
この角度から見ても貴婦人ぶりがうかがえますね。マニの鉄格子が懐かしいなぁ。

雪面の多くの足跡はファンが撮影地点に向かったものと逡巡したもの。
何万人ものファンが訪れたこの地、皆さんのなかの栗丘は今でも息づいていますか。

主のいない公園で(室蘭本線)  

天気予報の天候、気温からいっても今日は撮影好適日。でも、何か気乗りしません。
朝、4時に起きたのだけれど「行くぞ」って気が沸かなくって。
で、遅まきながら衣替えを敢行しました。
長年探していた、長靴とTENBAのバッグを発見。得した気分になりました。
主のいない公園で

昨日に引き続いて、栗丘。昭和50年3月15日に撮影しました。
いつもは栗山寄りの築堤方面に赴くのですが、幾度も訪れると「ちょっと違う」
写真が撮りたくなります。栗沢方面に足を向けると牧場があって、小高い場所には
児童遊園がありました。雪のない季節には、この公園のシーソーで遊びながら
「あっ、蒸気機関車!!」といった子どもたちの歓声が聞こえていたのでしょうか。
客レを牽くD51重連。ゆとりの牽引なのにこの煙。
公園の子どもたちからのレクイエムに思えてしまいました。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV