くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サロベツの墓標  

今日から3月ですね。復活蒸機の季節になってきました。
おふろの王様光ケ丘店に行き、湯ったり。
光ケ丘公園は暖かく、春の息吹を感じました。

サロベツの墓標

50年3月16日、宗谷本線の勇知―抜海に行きました。
このときは、すでにC55の牽く客レはなかったけれど、
ローカル線のキューロク好きなくろくまは、のこのこ出かけていきました。
1391レが勇知側から登ってきました。墓標のような板きれが雪に埋まっていて、
悩んだ揚げ句、画面に据えました。このあたりはサミットになっていて
この列車と抜海で交換して1396レが登ってきます。
およそ十数分のあいだに、愛すべきキューロクを2回撮影できました。
スポンサーサイト

超ローカル  

今日は暖かかったですね。
くろくまは昨日より体調おもわしくなく、昼近くまで寝てました。
午後に裸族の頭なるドライブ接続パーツを買ってきて
クラッシュしたHDDと接続しましたが、今日も認識しませんでした。

知来を行くキューロク

50年3月17日の湧網線知来付近でのキューロクです。
ローカル線、人が来ない、俯瞰と凝り固まったくろくまは、殆どビョーキ状態。
もう止められません(この年のクリスマスイヴには止まりましたが)。
湧網線といえば二見ヶ岡、鵜原内、北見平和、能取、計呂地あたりが撮影地。
なにもこんな無名の場所で山に登らなくてもよさそうなものですが・・・。

不二川を行く  

今日はひな祭り。くろくまの母は80歳の誕生日。
懐かしのとりまさのマスターも誕生日。
ということで、ブログ更新が危ぶまれましたが、出します。とっておき。
お気に入りの士幌線の画像です。
不二川橋梁を行く

49年12月28日の士幌線、糠平近くです。
前日にはじめて入線した士幌線、そのときは臨貨が走らなくて、一日待っての出撃。
同伴者なし。清水谷から糠平まで歩きました。
その折の写真、いま思い返しても良かったなぁと思う一枚です。

梅たおやかに  

中国からは黄砂ですか。春といってもいいことばかりではないようで・・・。
吉野梅郷の紅梅

今日は、鉄道と無縁な写真を上梓します。
一昨年の今日、吉野梅郷で写した紅梅です。蒸機を期待していた方ごめんなさい。
くろくまは、蒸機と季節の花をからめるというのが苦手ですので
別々の撮影となります。
毎年、この時期には吉野梅郷、顔振峠に梅を写しに出かけます。
もっとも、撮影なんて5分もかけずに酒をあおるわけです。
お土産は、むかしながらのしょっぱい梅干。これがまた酒に合うんだよねぇ。

吹雪の転車台  

来週あたりからは春の日差しに恵まれそう。花粉症の方は要注意。
北見相生の転車台

50年3月22日の北見相生です。ここも超ローカル線でした。
この日は吹雪、山に登ったくろくまも天候の悪化に唖然。
俯瞰に吹雪は大敵です。相生線も一日一往復の所謂効率の悪い線区。
貴重な一日を駄目にしたか、と思っていた若きくろくま。
でもね、手回しの転車台、3人でキューロクを回してました。
逆向きでも運行にはあまり差し支えないでしょうに・・・。
素敵な鉄道員たちを記録することができました。感謝!!

炭住を駆ける  

東京の桜開花は27日ころだといいます。
昼休み、公園で文庫本を読むのが楽しくなってきました。
陽だまりはもう春です!!
炭住を行くD51

50年3月25日、函館本線支線、上砂川線の鶉近辺です。
夕張の古めかしい五角屋根の炭住とちがい、青や赤のスマートな炭住です。
砂川を出て、下鶉、鶉、東鶉ときて、終点の上砂川にたどり着きます。
後年、悲別として脚光を浴びた駅ですよね。
D51の黒煙がいつまでもいつまでも漂っていましたっけ。
俯瞰ではありませんが、くろくまの好きな写真です。

炭坑の朝  

体調が悪しく、眠くて眠くて・・・。昼休み、公園のベンチで横になってました。
炭坑をいく

昨日の上砂川線とちがい、夕張線の炭住はこんな感じでした。
48年12月25日の鹿ノ谷―清水谷です。引率機はD51ですが
ギースルではないですね。
画面中央で男が雪かきをしています。下の方では男が蒸機をながめています。
画面奥には炭坑の施設が・・・。
この後、炭坑は閉山。現在の夕張の行政・状況はみなさんご存知の通りです。
炭坑の男たちはいま、どんな生活を送っているのでしょうか。
感傷的になってしまいました。

三色弁当  

今日は暖かかったですね~。くろくまも甲府の下見にでも行こうかと考えていましたが、
急ぎの仕事があったので出社。3時には終わり、隅田川べりを歩いて帰宅。
いつもは午前中に赴く「お風呂の王様光ケ丘店」に行きましたが、午前中とはちがい、
込んでいたので入浴は30分だけ。ビールと奴で締めました。
三色弁当

昨年の3月10日の青梅、吉野梅郷でのスナップです。
公園内の梅もみごとなのですが、このカットは公園の外、ビールとおでんで
ごきげんなくろくまが撮影。
その昔、小学生のころ、運動会とかで母につくってもらったお弁当を
思い出してしまいました。ふつう、アカはデンブですよね。
あれ、甘くて嫌いだったからウチの三色はひき肉とシャケとタマゴ。
ごはんの間には醤油に浸した海苔が敷いてあって、おいしかったですよ~。

広尾線で海を捉える  

高橋尚子、残念ですけど、やっぱり・・・でしたね。
大相撲の春場所もスタート、陽気もまるでGWって感じです。
広尾線で海を捉える

50年3月19日、広尾線で海を入れて撮るぞっ! と意気揚々、広尾に向かいました。
単独行だったから誰に気兼ねもせず、ひたすら登り、辺りを睥睨したときは感無量。
1891レが新生―広尾の峠を越えても煙を残してくれました。

ごみ、かびが多く、レタッチにかなりの時間を割きました。
今日、ビックカメラでフィルムラッカーを見つけて買ってきました。
2580円と高価でしたが、ベース面のキズなら
ほこりの付着さえ気をつければ緩和できます。
こんな製品がまだあったか、と感動。
スポット筆、ノンスクラッチ、フィルムセメント、各種現像液、e.t.c.・・・。
年配の店員さんと、しばし、お話ししてしまいました。
でも、スポッティング用のスミは絶版になったようで・・・。

キューロクの大地  

午前中で雨もあがり、気温はもう4月。
撮り鉄ミツバチの方々は気もそぞろ、かなっ!!

キューロクの大地

49年12月24日の湧網線、浜床丹(無人乗降場)―床丹でのキューロクです。
135ミリにテレプラスを装着しての撮影、画像が荒れています。
網走を10時8分に出た1990レは佐呂間で約1時間の休憩の後、中湧別を目指します。
網走湖、能取湖、サロマ湖を右に見て一所懸命に走ります。
汽水湖のすぐ傍らを走っているのに、こんな山のなかを走っているような
さまざまな顔を見せてくれるローカル線でした。キューロク、万歳!!

仁木駅の時刻表  

もーすぐは~るですねぇ。重いコートぬいーでぇ~・・・。
ハイ、中綿のコートは脱いで、カーディガンもベストにかえて、それでもあたたか。
春ですねぇ。
仁木駅の時刻表

48年3月24日の函館本線(山線)の仁木駅の発車時刻表です。
特急・急行の通過駅なので、そのスジは記載されていません。
22本中、12本はD51の牽く客車もしくは荷客車でした。
44レは、くろくまたちの車内ホテル。幾度も利用しました。
紙と画鋲で隠してあるのは、客6131レ、4月~11月のスジで、これも蒸機引率。
すでにC62重連のニセコはなくなっていましたが、
こんな写真も撮っておくべきかも。手書き文字の凾館がいいですなぁ。

桜の山口線  

手袋もマフラーも出番なしで春になったようです。
むかしはもっと寒かったんじゃないかな?
桜と山口線

49年3月11日の西武山口線です。この年は開花が早かったようです。
この日のカマは井笠鉄道の1号機。井笠の客車もカラー向きですね。
10本に満たないネガカラーでの撮影でした。

33年前のなは  

今日もいい陽気で、昼飯前から公園で海苔弁と決めていた。
観梅も今週末あたりが見ごろかもしれない。吉野梅郷に行こうかな。
33年前のなは

「なは/あかつき」が明日でおしまい、ということで33年前の今日3月13日の写真です。
くろくまは前日の夜、突然最終「こだま」に乗って九州を目指しました。
深夜、名古屋で「ちくま2号」に乗り換え、大阪から「なは」に乗りました。
ボンネット型の485系っていうんですか、「こだま」の流れをくむ車両でした。
小倉にて下車、去りゆく「なは」をフィルムに収めていたのです。

しばし、北海道が続きましたから、33年前の今日というシリーズで、
この九州撮影行の話でも展開しようかな。

33年前の今日その2  

温暖なのに時折篠つく雨、傘が手放せない一日でしたね。
青井岳を目指す臨客

33年前の今日、3月14日は門司発22:39の「みやざき」に乗って
南九州を目指すところから始まりました。山之口で降りて青井岳まで撮り続け。
田野―門石(信)―青井岳―楠ヶ丘(信)―山之口の所謂、青井岳越えを撮影。
当時は田野近辺の田園地帯や木橋、築堤が有名撮影地でしたが、
より変化のある楠ヶ丘にくろくまは惹かれました。
拙ブログの6枚目の画像も、この日の楠ヶ丘ですが、
これは臨客8542レを牽くC5765。
当時は12系の客車を牽く蒸機が珍しかったのです。
今では旧客の方が圧倒的に味があるのですが・・・。
33年前の明日は吉都線に向かいます。

33年前の今日その3  

いやぁー、暖かったですねー。
コートもカーディガンも煩わしく思えました。
昨日、中古カメラ店で入手したテレコンを持って試し撮りをしてみました。
久々のマニュアルフォーカス、焦りましたねぇ。
しまっておいたリンホフの三脚もとり出し、俯瞰の準備やよし。
霧島南麓を行くC55

33年前の今日は都城で駅寝、そのまま吉都線に入りました。
高原―広原でのC5552引率の客レ。当時C55は宗谷本線と南九州のみ。
雪中行軍で密閉キャブの北のC55に比べ身軽で奔放なC55も良かったですね。
ちなみに高原、広原とも音読みでは「こうげん」ですが、
高原は「たかはる」、広原は「ひろわら」と読みました。
ローカル線でのC55と旧客、また写してみたくなりました。

33年前の今日その4  

今日は本来、吉野梅郷に行くつもりでしたが、ふしだらな生活、
外出することもなく、寝ていました。
霧島越えのC57

49年3月16日、前日に引き続き都城駅泊。北永野田で雨中のC57を写し、
隼人を経て菱刈(山野線)へ。C56を写してから国分に戻り、有名撮影地に。
小学校に近いこの場所、当時も数人のファンがいたように想います。
この後、鹿児島機関区で夜景を撮影してから「屋久島2号」に乗り、
高森線を目指します。

33年前の今日その5  

今週からパリーグも開幕、週末には秩父でパレオが復活ですね。
皆さんは、どんな計画をお持ちでしょうか。
第一白川橋梁を行く

49年の3月17日は熊本駅で駅寝。729Dに乗って立野へ向かう。
戸下温泉で第二白川を撮影したのち、ここ、第一白川橋梁に。
C12が逆向で牽く混合列車。
下の道から見上げている人たちはファンではありません。
その後中松に行って拙ブログ15枚目のカットを撮影。高森でスナップを写し、
北九州を目指しました。

33年前の今日その6  

今日も昼休みは公園で海苔弁。おすそわけを狙う鳥たちと遊んでいます。
中元寺川橋梁を行く

49年の3月18日は筑前垣生でD60を撮影の後、後藤寺に来ました。
有名な船尾―起行の中元寺川で写しました。
ファンの姿が10人くらい写ってますね。
ここはキューロクの変則重連の宝庫で、トンボや後補機もなんでもあり。
アップで撮っている人たちもいるけど、ここ国道からの距離感がいいんですよ。
デフなし+門デフのランボード真っ白な逆向重連、真横のキューロク、大好きです。

今日で33年前九州シリーズはおしまい。
次はどこに飛んでいこうかな。乞うご期待!!

磨け磨け!! ―若松機関区  

いやぁ、20日も22、23日も天気がねぇ。これじゃ秩父に行けんなぁ。
パリーグの開幕でも呑みながらテレビ観戦ってか!!
若松区の清掃隊

せっかく九州シリーズをやってきたので、そのまま続けちゃいます。
48年8月20日の若松機関区です。38634を磨いています。
筑豊の蒸機が美しいといわれる所以は、とにかく磨くこと。藁で磨きます。
丹念に磨くことによって白光りしてくるのです。
右手のクラにはD6022とデフなしの29670が佇んでいます。
DD51763の裏側にはC55が・・・。垂涎の光景がここにありました。
ちなみにバックにうっすらと写っているのは、かの若戸大橋だと思います。

大淀川にて  

雨ですね。本来は秩父の試運転に行くつもりだったのですが・・・。
昼近くまで布団のなか。パリーグ開幕戦のラジオ中継を聞きながら呑んでます。
C57トンボ重連

48年8月23日の宮崎―南宮崎、有名な大淀川橋梁です。
ここではC57撮り放題、共通運用のC55や日南線のC11もやってきます。
この日はC57がトンボ重連で客レを牽いてきました。
今考えると勿体ないような編成ですよね。

週末は秩父のプレーリーを写しに行く予定ですが、天気が気にかかります。

変則三重連―油須原  

いやぁ、皆さんパレオ出撃などなさるものだから、焦る~!!
明日が出社でなければ飛んでいくのにぃ~!!
油須原の三重連

九州シリーズは、ちょっと有名ポイントが多すぎたかも・・・。
高校生(当時)のことゆえ、お許しあれ。今日も超有名ポイント、油須原です。
この日は短い編成だったのですが、長いと後補機が写りません。
バックには筑豊の名峰、香春岳がうっすらと。武甲山と重なる感じです。

ひぐま3号さん、バイブルと符号しますか?

青井岳境川トラス橋  

いい天気でしたねぇ。秩父も山口も甲子園も開幕戦ですね。
いやぁ、暑いくらいでした。
青井岳のトラス橋

人と違った・・・などといいつつ、有名撮影地をずけずけと。すみません。
くろくま初期の懐かしい写真を見てると、ついついアップしたくなってしまって。
今回は48年8月27日の青井岳。
この日は近くにある国民宿舎青井岳荘に泊ったはずです。
まあ、国民宿舎に泊っていたということは、
親の承諾得にゃならぬ年齢だったのでしょう。
リバーサルも後年のKIIではなくエクタクロームXです。

明日は今年はじめてのパレオを撮影する予定、早く寝なきゃ!!

2008パレオ出初式  

5時半に起きて、ひぐま3号さんのブログを確認。
とんでもない話を目にしてしまう。
結構萎えるくろくま。予定は2ヶ所で山登りだったけど・・・。
最初に登ったところには、紅梅・白梅に山茱萸、タチツボスミレにカタクリまで。
春の陽光と美しい花々を堪能しました。ただ、足腰にはかなりのガタが・・・。
08最初のパレオ

いつもは西武線経由で御花畑以西に行くくろくまですが、今日は東上線に乗車。
ポカポカ陽気のなか、駅から小一時間で山頂に到着。パレオまでは約一時間。
いつもギリギリ進行のくろくまにとっては、ゆとり綽々。
ところが、どんどんガスっていく。春霞かぁ。しんどいなぁ。
持っていったリアコンも画質を落とすし、80-200でそのまま撮影。
まぁ、登りゃいいってもんじゃないけど、こんなのもありかな?
桜沢―小前田間(たぶん)

宝登山お気楽俯瞰  

いわゆる花冷えっていうんですか。
低温と雨、桜の季節はこんなことがよくありますね。
宝登山からの眺望

山歩きで足がふらつくくろくまは、予定変更で宝登山ロープウェイに乗りまして。
山頂駅近くの梅花園のみごとなこと。
そういえば、今年は吉野梅郷、越生、行かなかった。
天候はあいかわらず、ガスっていて本来ならば西日キラリのこの場所もフラット。
おまけにスカ。レンズは200ですが、あと少し寄って上を切りたい構図ですね。
上長瀞の交換電車も写っています。この画面の左には桜並木。
週末は、またまたお気楽俯瞰でもしようかな。
でもね、蒸気って煙を出してくれないと如何ともしがたいものですね。

お気楽俯瞰その2  

今日もポカポカ陽気でしたね。桜の開花が予感されます。
親鼻付近をゆくパレオ

お気楽撮影地宝登山からの眺望その2,昨日の前カットです。
宝登山からのロケーションでは、この辺りの景色が一番いいですね。
ただし、煙はなし。秩父鉄道さん、親鼻橋付近は「お約束の煙」では・・・。
「鉄」がみんな他に行っちゃいますよ。
今週末はも一度秩父路、来週末は甲府近辺にくろくま出撃の予定です。
秩父・真岡では俯瞰も難しくなってきています。
今年は上越にでも足を伸ばそうかしら。

天候には勝てぬ  

そろそろコートもいらなくなりそうな、そんな春暖の日。
通勤途中の公園の桜も6~8分の開花状況。週末のお天気に期待大。
上武佐、無残

ちょうど32年前の今日、道東の標津線上武佐駅でC11を撮影。
あいにくの天候で高みに登ることができず、線路端での撮影。
強風で雪が前方からレンズめがけて襲ってきます。
勿論拭っても拭っても無駄・・・。こんな惨状を何回味わったでしょうか。

復活蒸機に食指が沸かなかった今まで。珍しく活動を再開した今年。
勾配と無関係な煙や、どんどん増える住宅に俯瞰の厳しさを覚えてます。
でも、やりまっせ!! 
ただ、どちらかといえば、メタボ対策の運動志向ゆえ、かも。

大井川も30年  

今日、会社に新しいMacがやってきました。モニターは30インチ。
でっかいなぁ。メモリーは8GB、HDは内蔵で500GB×2。
整合性とか、プリンタドライバーの問題とか、いろいろあるけど楽しみです。
田野口へ向かって

写真は51年9月19日の大井川鐡道、田野口―下泉です。
若干トリミングしてしまいました。レンズが135でしたので・・・。
大井川鐡道は本線で51年からC11を走らせました。
くろくまたちは、51年から3年間、訪れましたが
架線下の蒸機ゆえ、再訪することがなくなりました。
むしろ、茶畑に働く方々のスナップなど写していました。
国鉄蒸機と同じようにくろくまの大井川も30年の歳月を迎えたのです。

大井川デビュー  

東京の桜満開宣言がでましたねー。帰宅途中、雨に降られちゃった。
大井川デビュー

最期の蒸機を写してから半年、大井川鐡道に汽笛が復活しました。
くろくまたち、7~8人で撮影行を開催。これが、そのファーストカットです。
51年7月31日の笹間渡です。最近のくろくまの出撃と同様スカです。
でも、雲のかげが面白いでしょ?
フィルムは、愛用のKIIがなくなってしまって、KMです。
このフィルムは色カブリが強く辟易。KRの方が発色が良かったような。

当時は、金・土・日に一往復走るだけでしたので、効率が非常に悪かったです。
現役蒸機時代には一緒に撮影できなかった友たちと、この河原でキャンプを張りました。
野球大会、自炊、ロケット花火・・・。楽しい青春時代でしたねぇ。

8年前のリベンジ  

秩父の桜はまだでしたね。一週間早かったかな。
8年前のリベンジ

今日もいい陽気。風があったので遠方の山々もしっかり見えました。
今日は8年前に写した場所の更に上に登りました。時間があったので
更に一時間登ったところ、視界がまったく開けず、刻限がせまって滅茶苦茶焦る!!
急いで山道を駆け下ったところ、汽笛が聞こえました。
「あー、やっちゃった」と萎えたものの、視界の利く場所まで戻り、
三脚も放り出してカメラを構える。何のために重い三脚を・・・。
時計とダイヤを見る。・・・時間、すぎてる・・・

でも汽車はやってきました。8年前、日が陰ったうらみのある構図の中に。

くろくまは、平日ダイヤを見ていたのでした。休日と5分の開きがあったのです。
でも、あまりにホッとしちゃったものですから、上りで大失敗をしてしまいました。
懲りないくろくまでしたー。

甲斐路と天気予報  

日曜の日中は管理ページになかなか繋がらないのですね。
今日は甲斐路の試運転に行こうと思っていたのですが、天気予報を見てとりやめ。
3本目あたりを狙う山中で雨、なんて洒落にならないですからね。
昨日の山下りの疾走で足腰にダメージもあるし・・・。
三峰俯瞰その2

昨日の上りの撮影に失敗したので、昨日の続きカットでごまかしちゃいます。
下りは、このあと煙の量が増していきました。
秩父鉄道は各地で道普請があり、はげ地や俯瞰ポイントが生まれています。
山口線のような爆煙があれば、結構魅力的なんですけどねぇ。
なんとかならないもんですかね、秩父鉄道さん!!

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。