くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロッコ列車旧線を行く  

いやぁ、暑い。昨日は初冷房、今日は初半袖でした。
カビだらけのネガから探し物があったのですが、
レタッチに3時間くらいかかりそうなので、大方の予想通りの展開。
碓氷峠旧線下り

ザンゲ岩から軽井沢方面は光線の状態もよく、浅間山が見えないだけで
なかなかの景色。でも葉っぱが邪魔だという方、おられるでしょう。
でもね。怖いんです。とっても・・・。あと2メートルくらい出れば・・・。
まあ、こちらが蒸機の走る路線であれば、もっとせり出したでしょうが。
トロッコ列車が横川に戻ってきます。
登っていたときよりも、思い出しながら足から背筋にかけて悪寒が走る
くろくまでした(ホント、怖かったです)。
スポンサーサイト

キューロク夕景  

連休後半に向かって天候は要注意です。
半袖かどうするか悩む時期ですね。
キューロク夕景

俯瞰撮影が多いくろくまですが、今日の写真はアップ。
49年12月30日の池北線、足寄です。79618、同僚の15、16は二つ目。
くろくまの大好きな機能美のカマです。こんな映像もくろくまの大切な記憶です。

そこっ、下がって下がって!!  

四連休の初日、関東地方は昼過ぎまで雨。一歩も外出していません。
明日は晴れ、5日、6日は微妙、ということで、明日はD51に会いにいこうかな。
志文交換

昭和50年4月2日の室蘭本線、志文駅での映像です。
岩見沢から一駅なのに、とっても田舎でした。跨線橋が立派ですね。
苫小牧方面へ向かう貨物と、岩見沢に向かう客レの交換ですが、
D51の引率ですね。駅職員の方が指差点呼ならぬ、厳しい眼で注意を促してます。
決してくろくまのことじゃありませんけどね。
何気なく「駅撮り」してると、こんな偶然もあって面白いかと・・・。

津久田プチ俯瞰  

暑かったですねぇ。黒のTシャツを着ていったのですが、しっかり塩ふいてました。
車上ロケハンをしないまま、地形図だけを頼りに行ったのがまちがい。
大失敗でした。津久田駅から直登したら広大な畑。高速道に沿っていけば見える
だろうと歩きに歩くくろくま。ところが・・・。
左足くるぶしの腫れはひいたものの、足首が痛いのなんの。そんな折、右足の
靴底がはがれちゃった!!
足は我慢すればなんとかなるけど、靴はねぇ・・・。
右足を踏み出すたびに一段下がるような感覚で、左足を踏み出すたびに足首ギクッ。
泣くに泣けない惨状でした。春霞、ガスに祟られていたものですから
スーパー俯瞰を断念したくろくまだったのですが・・・。一応アップします。
濁流を横目に

あーっ、疲れた。明日は休養。6日の天気が気がかりです。

天矢場サイド(雪)  

昨日との気温差が大きいですね。足も靴も駄目なくろくま、ばててます。
酒を呑むしかやることがないので、駄目元でデータ復旧に挑戦しました。
ネットで見つけたフロントライン社のファイルサルベージ6(Mac版)のデモを
ダウンロードして、4GBのCFをスキャンすると、あれれっ百数十のファイルが見える。
すかさず、ベクタープロレジで¥7.980で購入してサルベージスタートです。
あれよあれよという間に回復していきました。
上書き保存したものについては勿論無理でしたが、外房の後半1/3、真岡が復旧。
メディアをこれ以上上書きしないように、使っていなかったのが幸いしました。
復活ファイルお披露目

と、いう訳で2月9日の真岡鉄道、以前アップした画像の後コマを載せますね。
茂木―天矢場のお立ち台のサイドカットです。
残雪と白煙でいつもの光景とちょっと異なるかなぁなんて・・・。

明日の天候次第では早起きなので、早めのアップでした。

水かけの沼田近辺  

4/29の信越、5/4の上越と同じ池袋5:02、赤羽5:24で出かけました。
以前の二日と比べ、格段に違うのは空。早朝から青空です。これは登れるかも・・・
先日壊れた靴は接着剤を塗ってお留守番。軽登山靴で山道へ向かいます。
田んぼには水を引いていました。側溝から乾いた土を湿らせていく段取りが。
カスタネットのようなカエルの合唱とツツジの花、澄んだ青空を見ながら
いつものように、くろくまソングを口ずさみつつ、登っていきます。
「く~ろいくまだよくろくまちゃん、の~ぼっちゃったよくろくまちゃん」てね。
沼田―後閑の498

市街地での俯瞰なのは分かってましたが、もっと遠方を捉えられるはずでした。
しかし、山かげに入ってしまい、捕捉することはできませんでした。
ちなみに、「水かけ」ってのは田に水を引き込むことのようです。

左足の大きなマメが三週連続でつぶれ、筋および足首が最悪の状態です。
症状からいえば、ギブスものかも・・・。どーする、くろくま?
2008.05.06、沼田―後閑にて。

C5757  

いゃぁ、暑かったですね。例年GW明けは仕事が少ないと高をくくっていたのですが
結構な仕事量。身体がついていきません。
さてさて、どんな写真をアップしようかとカレンダーを見ると、5月7日。
こりゃ、C57だなぁ、なんて思ってスキャン画像を探すと出てきましたよ。登別を発車C5757

そのまんま、語呂合わせのC5757が牽く50年7月31日の客レ、登別―虎杖浜です。
たった四両の旧客を牽いて目一杯の煙を出します。発車してからドレインも出しっぱなし。

室蘭本線といえば、栗丘や沼ノ端に足繁く通っていましたが、このときは場所替え。
撮影地に増えてきたファンに嫌気がさしたのだと思います。
道内とはいえ暑~い日ですが、現役蒸機は惜しむことなく煙を吐いてくれました。
ファンが三人ほど写っています。今から思うと和やかな撮影風景です。

復活蒸機を捉えつつ、「何かちがうなぁ~」と思うくろくまです。


俯瞰の画角  

豆粒が多いということで、なんで豆粒か実証してみようかなと・・・。
5/6の沼田―後閑の写真です。お立ち台の築堤のような煙はないし、ごちゃごちゃと
民家も写っています。まずはデジタル165ミリ。
沼田―後閑01

蒸機の大きさは見る側からいえば、「よし、見えてるぞ」なんですけど、
殆ど同じ時間帯で引いてみると、こんな感じ。
沼田―後閑02

どうですかね。こっちの方が面白くないですか? 
一枚目はデジで165ミリ、二枚目はデジで70ミリです。

本来は広角で山から撮りたいけれど、そんな場所もなくなってますよね。

利根川の河岸段丘に田んぼがあります。それも平坦な一等地。
民家は起伏のある場所に集中的に建てられています。田への引水も山の上から。
自らの考えなんて矮小ですもの、画角を増して自分の表現を超えるものが
写っていたら、次への糧になるなんて思っているのです。

C57135 at 岩見沢  

暑かったGW明けの過ごしやすい一日でしたね。
週末は雨模様のよくない天気予報が出ています。
日曜日は「母の日」です。カーネーションより、クレマティスかカラーの花を
持って実家に行ってみようかな、なんて思っています。
C57135 at 岩見沢

昭和50年7月30日の岩見沢駅、C57135が室蘭への出発待ちをしています。

この日、くろくまは幌内線三笠で撮影ののち、このC57135の牽く客レで栗丘に
転戦。撮影地の栗丘ゆえ、人のいないところで撮影していました。

ホームからかなりせり出しているのは、先頭に荷物車二両を連結しているから。
こうして正面から見ると、細いボイラーがとってもスマートに見えます。
スノープローもお似合いです。このカマが最期の客レを牽いて、その後交通博物館、
大宮の鉄道博物館へと転籍して、ターンテーブルのパフォーマンスをしているのです。
くろくまは、十回くらい遭遇していますが、とっても綺麗なカマでしたよ。

ひぐま3号さんの「勝手にコラボ」に勝手にコラボさせていただきました。
この日、この時間帯にどちらにいらっしゃったのでしょうね。

雨の三峰口―爆煙―  

低温=煙。雨=難儀。俯瞰<雨。出撃欲>足痛・・・。さまざまな葛藤のなか、
出かけちゃいました。足に負担をかけないように、池袋―三峰口直通での往復。
上りも下りも同じ場所で撮影、そんな条件で三峰口に向かうくろくま。

車窓から秩父さくら湖のダムが見えたので、「これなら俯瞰大丈夫あるね」と。
天気予報では雨が降ったり止んだり、だったのに実際は降ったり降ったりでした。
で、撮影時刻が迫ってくると、荒川から川霧が流れてきてファインダーはFO状態。
AFも作動せず、マニュアルに切り替え。アナログならばすべてが露出オーバー。
乳白色のファインダーのなかで、くろくま見ましたよ、パレオの爆煙を。
白久を過ぎてから三峰口に至るまで、ホント、駅手前までの爆煙。感動です。
雨の三峰口俯瞰

返しは、少し下がった場所から後追いで狙ったのですが、雨が強くなってきて
轟沈でした。いやぁ、ビニール傘をさしての山登りは初めてでした。

C57135の爆煙―栗丘―  

昼過ぎまで雨、今日も昨日同様寒い日でしたね。
このシチュエーション、秩父では良い煙を撮影できたかもしれません。
栗丘の爆煙

例の百恵ちゃんの乗った(加藤芳郎さんも乗ってたぞ)最後の旅客蒸機C57135の
2年前の雄姿をお届けです。昭和48年12月27日の室蘭本線、栗丘での撮影。
224レ、もしかしたら226レだと思いますが、爆煙ですねぇ。客車が見えません。
当時の栗丘、やたら蒸機がやってきて、ご覧のように煙の期待できる撮影地でした。
ダイヤを確認することもなく、次から次へとC57やD51がやってきました。
重連もあったし、飽きることなく過ごせる場所でしたが、この場所からの撮影を
見たことがありません。急斜面と疎林ゆえに皆さん遠慮されていたのかと・・・。

スマートなC57が密閉キャブで大奮戦。今一度体感したいものです。

諏訪峡バンジー  

今日はもっと陽が差して暖かくなるのかと思ってたら、寒いですね。
台風も接近しているとのこと、このまま梅雨入りしてしまうのでしょうか。

今日の画像は非鉄です。後閑の山登りの5月6日、水上から重い足をひきずって
諏訪峡大橋までやってくると、イベントが始まっちゃったのでした。
諏訪峡バンジーその1

はじめて見るバンジージャンプです。
TVの映像では何度も見ているのですが、ほとんどが海外。
まさか、国内でもこんな場所があるなんて・・・。
川面までは42メートルとのこと、国内では一番高いところからのバンジー。
こうなると、上りの撮影どころではなく、居座ることに決めました。
でも高所恐怖症のくろくま、欄干につかまっても下を見るのが怖い。

3人目に、なんと女性がトライです!! 
健康的な美女がスタッフのことばを聞いています。
「下をみてごらん」
「・・・、すご~い!!」
諏訪峡バンジーその2

「まっすぐ、鳥のように飛ぶんだ、さぁ深呼吸」
「飛べばいいのね、わかったわ」
諏訪峡バンジーその3

「さぁ、行くわよ!!」
諏訪峡バンジーその4

諏訪峡バンジーその5

諏訪峡バンジーその6

諏訪峡バンジーその7

いかがでしたか。くろくま唖然の数分間でした。
汽車を撮りに行ってバンジージャンプを撮るとは思いませんでした。
プライバシーの問題があるかとは存じますが、顔が鮮明に写っていないこと、
いつもより小さめのサイズでの掲載ということで、お許しください。

P.S.この写真の被写体となられた方がいらっしゃいましたら、
写真をプレゼントいたします。メールをくださいね。

蒸機最後の日の記念撮影  

今日も寒かったですね。どうも気温が低いと「煙が期待できるぞ」なんて思って
しまいます。24日に仕事が入ってしまったくろくまは、只見線を断念です。
記念撮影―追分機関区

先日来、あべくまさんとKOPPEL-2さんが追分のはなしで盛りあがっています。
な、ことから今日のアップは昭和50年12月24日の追分機関区での記念撮影。
左がくろくまです。右は二度目の同行の世田谷のFさん。79642は深名線で
撮影したことのある懐かしいカマです。
最終の6788レを撮影してから力が抜けた状態で、凍れるなか、三脚をもって
機関区に来ました。ほかには誰もいませんでした。
扇形庫のなかには、火が落ちていないD51、9600がいましたが、懐かしいカマが
野ざらし状態になっていたので、とても悲しい思いをしました。
プレートがなくて、チョークでナンバーを記されたかつての勇者・・・。

拙ブログにて初めて顔を晒してしまいました(えへへっ)。

三峰口俯瞰  

寒い日が続いてますね。今日くろくまは半日休暇をもらってオヤジの検診のサポート
血小板増加による骨髄関係の病の疑いあり、ということで老人医療センターへ。
血液検査の待ち時間だけで一時間、病院っていやなところですね。
一方くろくまは左足がだいぶ回復して、無理しなければ後一週間で完治かな。
雨中の三峰口俯瞰

今日は先日の雨の三峰口の前カットです。雨と霧のフィルターで画質はかなり悪め。
でも、ひさびさのパレオの爆煙は印象深かったですよ~。
沿線住民の苦情により、節煙になったということですけど、場所限定で爆煙って
どうでしょうかね。秩父鉄道さん!!
梅雨明けすると夏場のコンディション、秋口までは逼塞することになります。
澄み切った空気のなか、壮大な俯瞰撮影をしたいな、と思うくろくまでした。

キューロク奮戦  

暖かい一日でした。
ミャンマーや中国で被災された方々が気の毒でなりません。

サミットに挑む

今日の画像は48年12月28日の名寄本線、上興部―一ノ橋のキューロクです。
有名撮影地のここも、どこがお立ち台ということはなく、このあたりサミット
近辺がすべてお立ち台だったということになります。
大好きなキューロクの力行、忘れられない思い出です。

課題山積  

昼過ぎからは気温もあがって暑くなりました。
気温の上下動についていけない、この頃です。
秩父鉄道上り列車

さて、今日は先日雨の三峰口での撮影の返しのカット。
とは、言っても無煙の情けないカットです。
秩父鉄道の上りは、白久、浦山口あたりが定番ですが、
この日の白久は雨で霞んでしまい、失敗でした。
明日、リトライを狙っております。

待ちぼうけ  

気温もあまり上がりそうもなく、ゆったりペースで出かけたくろくま。
今日のお昼は海苔弁にしました。8:36池袋発の快急で終点、三峰口へ。

駅から2時間かけて、いつもと違う撮影場所へ向かいました。天候は不安定です。
それでも視点が変わると撮影欲も増してきます。20分前に撮影地点到着。
至極順調です。辺りには鹿の糞が散乱して、モリアオガエルの卵が見受けられます。
白久俯瞰1

撮影時刻が近づいても汽笛が聞こえてきません。そのうちに三峰口到着時刻を過ぎ、
「下りを見逃したか!!」と意気消沈。それでも「遅れてるのかな」とファインダーを
覗きつづける。本来ならば三峰口構内でも汽笛が聞こえるはずなのにそれも・・・。

パレオの年間スケジュールを見ていたとき、一日だけ運用のない土曜日があった。
「まさか、一年で一度だけの土曜日ウヤにあたったか!!」信じたくないくろくま。

雨が降ったり、晴れ間ができたり、時間はゆったりと流れていきます。
美しい景色をみながら、海苔弁を食べました。そして、上りの出発時刻を待ちます。
白久俯瞰2

午後2時3分を過ぎ、自信が確信に変わりました(←だれの台詞じゃ!?)。

・・・そこには、とぼとぼと山を降りる間抜けなクマの姿があったそうです。

リベンジ出撃したものの・・・  

昨日、自らのお馬鹿さん度を再確認したくろくま、天気予報が「晴れますよ、昨日と
ちがってすっきり晴れますよ」という嘘にだまされて、昨日の場所を目指すべく
三峰口へ向かいました。
ところがどうでしょう。どんどん曇っていくのです。正丸駅あたりからは寒気が。
横瀬辺りで武甲山が見えず、「これはヤバい!!」と地上戦も覚悟のくろくま。

三峰口駅に降り立って悩みました。車窓からは昨日の高みはガスがかかっていて
これから天気が快方に向かう望みもありません。
しかし、今年の出撃は季節柄もあるのでしょうが、いつもガスにやられてます。

仕方なく、先週雨の日に登った高みを目指しました。気温が低いのを幸いに
「煙狙い」に切り替えたわけです。

昨日と同じ海苔弁を食べながら待つことしばし、いつもと違う光景が・・・。
いつもは白久までは無煙、白久駅通過から煙を出し始め、鉄橋をわたる辺りから
猛煙になるのですが、今日は白久の手前からの煙がみえます。リベンジ!! 白久
そんなわけで写した今日の一枚。前回と同じ構図だとマンネリ化するところ。
なんとかお見せすることができるかな、と・・・。

―お詫びです―
昨日のスレにコメントいただいた、あべくまさん、ミセスさんのコメント、削除してしまいました。せっかくのコメントなのに本当に申し訳ございません。
スパムの削除の際に間違って削除してしまったようです。
ごめんなさい!!

無残な変容(79642)  

天気予報に疑心をいだいているくろくまですが、傘を持っての通勤、案の定
傘の出番はありませんでした。明日は大雨だそうですが、それもどうだか・・・。
空振りの土曜日も含め、二日間メタボ対策運動をしたくろくまですが、
左足、駄目みたいです。靭帯か筋に損傷があるようで、しっくりきません。
まあ、通常の歩行&駆け足くらいなら大丈夫なので気にしてはいませんが・・・。
無残なり79642
5月13日にアップした「蒸機最期の日の記念撮影」で撮影した追分機関区の3日後、
12月27日に再度訪れた追分機関区で、プレートを外された79642に出会いました。
手書きナンバーと降雪で、見るも無残な姿に変わっていました。

追分には小一時間居りましたが、入れ替えのキューロクや扇形庫内のD51たちを
存分に撮影することなく、内地に戻ってきてしまいました。

庫内には有火状態のD51241や603がいたのですが、このキューロクの変貌を
目の当たりにして気持ちが萎えたのはたしかです。

キューロクの復活蒸機が存在しないのが悲しいですね(9633は動けるのかな?)。

パレオ後追い  

午前中の大雨、すごかったですね。コートの背中とGパンの裾がびしょ濡れでした。
そんななか、気になったのは街中の人のかず。いつもの一割もいないんですよ。
残りの九割の人たち、何してるんでしょう。まさか、休みを決め込んでいたりして。

今日のアップは、5月18日の三峰口、上りの追っかけ画像ですが、角度的に厳しい。
元来、待つことの苦手なくろくまですが、山中で一時間も時間を潰すのもイライラ。
下界で写すよりはいいかなーっ、なんて思いで写しましたが本来はボツですね。白久後追い

でも、もうひとつ写したかったカットがあったのです。それは転車台シーン。
晴れていればもっとたくさんのギャラリーだったのでしょうが、一部貨物の上から
撮影している様子。パレオの人気ぶりがうかがえますね。三峰転車台

現役当時、あまり人気のなかったC58は、幻の蒸機C63のモックアップになった
万能蒸機でした。新庄にいたころに会いたかった363でした。

会津越川を行く  

東京は台風一過といった感じで暖かな好天にめぐまれましたね。
一方、今日から試運転のはじまった只見線のC11、雨が降ったり晴れ間がでたり、
大変だったようですが、人出が多かったというはなしです。
会津越川を行くC11

そんな訳で今日は、昭和49年9月22日の会津越川の画像です。
現役時代の只見線は、滝谷、桧原―西方、宮下―早戸、水沼―中川が撮影地でした。
そんななか、効率のためか会津川口―只見はほとんどが撮影処女地でした。
この撮影行のときは、会津塩沢駅に泊まりましたが、いまはダムの底になった
会津線の桑原駅にも泊まりました。秋口は結構冷えるので自炊後の暖気を逃がさぬ
ように、戸締まりしてシュラフにくるまったものです。

会津、只見、日中線・・・、二千円台のミニ周遊券で行けました。

そうだ、只見線ダイヤ作成しました。メールをくだされば添付返送しますよ。
B4で作ったPDFです。ただし、ノークレームですよ!!

碓氷峠のミニSL  

なんてこった!! 出勤予定日だった24日が解除、本来の休みになりました。
深夜バスの新潟行きで池袋―小出の空席を検索しましたが、勿論満席。
行けるけど行けないという半殺し状態になってしまいました。横川の緑のSL

それでも、昨日立ち読みした2万5千地形図を4葉、購入してしまいました。
ここはどうだろう。ここの勾配はどうなっているのかな、などと一人架空のロケハン。
虚しいですなぁ。

今日の画像は、先日4月29日の信越本線横川、ザンゲ岩からの余禄。
碓氷鉄道文化むらの緑のミニSLです。

三峰口のターンテーブル俯瞰よりも高度があり、まさに鉄道模型状態。
こうしてみると、横川の町はかなりシックな色合いですね。

甲斐路の498  

今日も暑かったですね。
明日、明後日と只見線の本運転、お天気はどうでしょうか。
毎週のように出撃していたくろくまもこの土日はお休みです。
ですから今日も呑んでしまって、更新ままならず、になりそうになりました。
石和温泉へ向かう

というわけで、過去のネタからのアップ。4月12日の石和温泉のカットを。
先日に載せたカットより高度を増しているのですが、所詮は無煙。
ブログ更新に穴をあけないようにアップしただけです。
この土日の、みなさまの力作、期待しておりますよーっ。

蒲生岳をバックに  

天気予報を信じて秩父行脚を取りやめたのに、秩父地方、雨は降らなかったとか。
狙っていたポイントが逆光ポジションだっただけに残念でなりません。

そうそう、琴欧洲優勝、よかったですね。かわいかったですね~っ!!

只見線に行けなかったくろくまですが、今日も現役時代の写真をアップします。
蒲生岳をバックに

昭和49年9月16日の会津塩沢―会津蒲生です。
今ではお立ち台でしょうが、当時は撮影者も稀でした。
「会津のマッターホルン」と呼ばれる蒲生岳が鎮座しています。
山頂付近はガスが発生しています。中腹から撮影される方も多いと聞いてますが
くろくまが登れば更にガスが濃くなること必至ですねぇ。

30年前の只見線を思い出しつつ、今日の只見路に思いを馳せるくろくまでした。

会津坂下の線路端  

雨の降り続く一日でした。入梅も近いようです。
せめて週末だけは晴れてほしいものです。

TVの報道で、丹沢に山ビルが異常発生しているとか・・・。
そういえば、裏妙義にも多発場所があるようです。夏眠の季節到来ですね。
はじめての只見線

今日の画像は昭和47年8月27日の会津坂下。たぶん塔寺よりですね。
友人Yくんとの陸羽東線の帰り、米沢で別れてからの単独行です。
はじめての只見線。カメラはニコマートFTn,レンズは35ミリf2.8でしょうか。
当時、厨房のくろくまにとって、線路端での撮影はあたりまえだったでしょうが、
このポジションで撮影コマ数は6コマ。最初の二コマは小さすぎて使えません。
撮影に一所懸命だったのでしょうね、微笑ましいフレーミングでした。

誰もいない静寂のなか、クマが出てくるんじゃないかと真剣に怖がっていました。
まさか、自分がクマになるとは・・・。


刈り入れ間近  

日中は暑かったですね。こんな日に昼ご飯でよく食べるのが「ざる中華」です。
今日は日本蕎麦屋さんで食べたのですが、ラーメン屋さんの方が酸味があるし、
チャーシューやメンマが入るのでおいしいですね。どちらも薬味はワサビですが。

c62kickさんが木曜日に出張で都内泊、ということでkoppl-2さんとくろくまを
交えて呑み会をしようということになりました。今から楽しみです。
c62kickさんとの出会いは、昭和50年12月24日の夕張線十三里。
丘のうえでカメラを構えていたくろくまの画角にひとりの男が・・・。
現役時代最後の「どけーっ!!」をやってしまいました。
c62kickさんはすごすごと去っていったのですが、この人がkoppel-2さんの
大学の先輩。「登れ登れ、誰よりも高く!」のAさんだったのです。
稲刈り前

さて、今日も49年9月16日の会津横田の写真。
二百十日も過ぎて、借り入れ間近の田んぼを横目にC11が行き過ぎます。
学生時代、まとまった休みがあれば、北海道や九州に出向いていたのですが、
会津・只見をはじめ陸羽東線、七尾線、飯山線などもっと撮影したかった。

まあ、その分遠地の写真が撮影できたわけですけれど・・・。

オハ62の木目  

今日はラーメン屋さんで、ざる中華の大盛りを食しました。
今後、天気が下り坂とのことですので、陽射しが溢れているうちに「夏」してます。

贔屓球団がプロ野球の交流戦で「虎」ごときに連敗。怒ってます。

今日の画像は昭和50年3月31日の石北本線、C5833の牽く客レ。美幌あたりです。
木目が見事ですよね。プリント合板じゃないんですよ。厚塗りのニスもすごいっ。
このオハ627、銘板には苗穂工場の文字があります。勿論二重窓。
左で寝ているお客さんと、その右側には、枕用のクッションをセッティングしている
方がおられるようです。
オハ62の木目

この方々はじつは「プロ」です。通路側の進行方向前寄りに頭をセット。
一番寒くならないセットアップ方式です。
L字型に寝るのですが、扉が開閉されて寒気が襲う一番目の座席は避けています。
もっと「プロ」になると、座席のクッションを外して、空き缶を頭の下に挟みます。
L字型と適度な傾斜でゆったりと眠れるのです。
なんせ、冬場の石北本線、数時間の遅れは日常茶飯事でしたから。

あいかわらず、何の脈絡もない画像で失礼しました!!

見えなかったポイント  

仕事がヒマだったので、秩父鉄道と上越線の休日ダイヤを作りはじめたところ、
急に忙しくなって、日の目をみませんでした。
明日は蒸機を話題に呑み会なので、会社からアップしちゃおうかな~。
沼田間近のSL奥利根号

今日のアップは安直に、先日の上越線での別カットです。
5/6の岩本―沼田です。この日も紫外線のせいか、遠望が利かず、この位置まで
捉えることができませんでした。突然視界に入ってきたものですから、
フレーミング最悪。もっと右!!ですよね。
よく見るとこのコマの左上にカーブが写っています。
その奥には山裾を縫うような場所も見えているのですが、
この状況なら写っていたとしてもボツ写真でしょうね(笑)。
敢えてトリミングせずに、醜態を晒してしまいました~。
くろくまの「無理から俯瞰」の一環が覗けましたでしょうか。

さてさて、梅雨時から秋口まで何をアップしましょうかね~。

夕鉄のキューロクたち  

朝から雨、気温もぐ~んと下がりました。でもニコニコしています。
今日は蒸機仲間との呑み会、楽しみです。
と、いうことで会社からのアップで~す。
夕鉄のキューロクたち

昭和49年12月23日の鹿ノ谷です。時刻は早朝。苫小牧からの夕張/登川直通の
キハでやってきました。
21号機。たしかこのキューロク、一番若いキューロクではなかったでしょうか。
国鉄のヤードの隣りに夕鉄のクラがあって清水谷方面に並走し、
若菜の大カーブを経て平和に向かう線路上にキューロクたちが働いていました。
このころ、錦沢など知りもしないくろくまでしたが、平和の勾配でものすごい煙を
吐いて入替仕業のキューロクを見ています。炭住が立ち並ぶ光景は壮観でした。

いまは、虚しい夕張になっているようで残念です。

c62kickさんとの出会い  

寒い一日でしたね。思わず、煙は白煙? なんて考えてしまいます。
昨日は気心しれた仲間内で歓談できて嬉しかったです。さて、その酒席で。
5/26に、S50.12/24に「c62kickさんはすごすごと去っていった」と記しましたが、
c62kickさんからクレームが入りました。

実際は、こんな場所にファンがいるとは思わず、「樵りかな?」気分で登ってきた
c62kickさんでしたが、最終日は十三里で撮影と決めていたそうです。
もちろんくろくまも最終日は十三里と決めていたんです。「どけーっ!!」のあと、
ひどく驚いた様子で物陰にc62kickさんは身を隠しました。
それでも、これも何かの縁と感じて、くろくまたちが山を降りるのを待っていた
そうですが、くろくまたちはヒッチしてあっさりと去って行ってしまったのです。

このときは、それでおしまい。
後日、c62kickさんが同郷の親友、誕生日が同じTさんにその話をしたようです。
そのTさんがkoppel-2さんの大学の先輩。そのkoppel-2さんは50年8月に川端で
記念撮影をしてからのお付き合い。くろくまが、また聞きで聞いた話だったけど
じつに身に覚えがありすぎる話が・・・。風が吹けば桶屋が、ではありませんが。

さてさて、50年の12月は8ミリの撮影があったので、スチルのリバーサルが
ありません。替わりに50年3月15日の栗丘―栗沢の写真をアップしますね。
C57の墓標


くろくまも無性にお会いしたくなって、渡道した52年の3月18日に
当時札幌でアパート生活をしていたc62kickさんを訪ねたのです。

「○○さ~ん、あーそぼーっ!!」と声をかけると、眠そうに出てこられました。
そのまま、近所の雪だらけの公園でのゴムまり野球で対決、夜はジンギスカン
バイキングの羊々亭で肉皿十数皿の成果、強烈な初対面の一日でした。

若くて行動的だったわたしたちも、すっかりいい歳こいたオヂになっちゃった。
これからも宜しくお願いしますね。c62kickさん、koppel-2さん。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。