くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「'08鐵樂三人展」  

2日ほど穴をあけてしまいました。ご来訪の方申し訳ありません。
「酔っぱらって」か「出撃中」かのどちらかだと思われた方、ハズレです。
何と「ネット難民」状態になっちゃった!!(ネットカフェ難民ではありません)
土曜日からネットに接続できなくなっちゃったんです(泣)。

ADSLモデム・無線ルーターも通常通りのランプ点灯状態。勿論、再起動もしました。
ケーブルも別のものを用いてみました。でも、ダメです。

「サーバーが落ちてるのかな」と思いプロバイダーに電話しましたが、これもちがう。
はっきりいって困り果てています。

メールも送受信できないし、ネットが繋がらないと不便この上なしですね。
未だ復旧の見通しが立っておりません。しばし、ご迷惑をおかけします。
杉さんと作品
野口さんと作品
金澤さんと作品
さてさて盛況な写真展、「'08鐵樂三人展」に行ってまいりました。
杉さんの昭和40年ころの貝島炭坑。「よくまあ、こんな時期に!!」と思わせる作品。
中国綏稜は、逆光と人間味がにじみ出た野口さんのモノクロームの力作。
金澤さんの「夢で逢いましょう」は成田ゆめ牧場の記念撮影風デジタル画。
それぞれの場所、時代、撮影意図などでの共通項は殆どないのでしょうね。
それなのに、見事にコラボされたように感じさせるのには「やられた!」って感じ。

その後ゲリラ豪雨のなか、野口さん、金澤さんと呑みに行きました。
帰宅したときはベロベロ状態。
ブログアップしなきゃ、ってときから繋がらなくなっちゃいました。
皆さん、お世話になりました。

ちなみに写真展、9/7までやってます。楽しいゆめ空間に皆様もいらっしゃい!!
スポンサーサイト

消えゆく情景  

「くろくまは自分のことが客観的に見えないんですよ!! あなたとちがってね!!」

突然の首相辞任。おどろきましたね~。
でも、ドラマよりもスポーツよりも面白くテレビ観戦させていただきました。
あのとぼけて皮肉なキャラクターは個人的には好きだったんですけどね。
下野する際の総理になりたくないと思ったのでしょうか。

ちなみにキャラが立つというA氏、大嫌いです!!
鹿ノ谷残像
さてさて、ネット難民状態は解除されず悲しい限り。
ADSLの回線そのものかモデムのエラーかと。
そんなことから本日も会社からアップです。
koppel-2さんと初めてお会いしたのが昭和50年の夏でした。
一緒に記念撮影をした8月3日。
その日の鹿ノ谷駅の外れ、夕張鉄道のなれの果てをご覧ください。
幾筋もの線路、クラや転写台、ホームや跨線橋が朽ちています。
カマは28号機、門デフ仕様です。
何処かへ移動される前だったのでしょう、テンダを離されています。
ヤードの意外な広さに、在りし日の光景が思い起こされます。

蛇行する鉄路  

角界でも「怪しい二人」がピックアップされましたね。
あのヒール顔と言動はたしかに怪しかった。
理事長もそろそろ潔く○○してもらいたいと思うのはわたしだけではないはず。

怪しいといえば、お天気もかなり妖しい。
夜は熱帯夜でクーラーなしでは眠れないし、夕方にはゲリラ豪雨。
そのゲリラ豪雨でADSLモデムが壊れたのかと思いきや、
なんと回線が切られていたらしい。理由は「料金滞納」らしいって!!
結果は・・・、後日報告しますね。
蛇行する鉄路
今日のアップは先日の大井川での別カット。
8月16日の田野口―下泉でのC10のつづきで恐縮です。
川が線路よりのところを流れていればよかったのですが、
このときは、広い河原が目立っていました。
うねうねと蛇行して走る蒸機。客車の青ラインがポイントになってます。
暑いさなか、黒煙も嬉しいかぎりでした~!!
ビールがうまい一日だったことは言うまでもありません。

週末は天気があやしいですね。青春18きっぷも最後の機会。
どこに行こうかな~っと!!

雨中の中川交換  

昨日は暑かったですね。空の色雲の色、ひさしぶりの夏でした。
夕焼け空もきれいだったな~!!

おまけに、贔屓の西武、西口投手が今季8勝目。うれしいです。

ところで、ブログ環境が会社だけってのは不便ですね。
もちろん仕事最優先ですから、手が空かないと何もできません。
復旧したらメールの山でしょうね。ほとんど迷惑メールだけど・・・。
雨中の中川交換
8月23日の浦山口―武州中川です。
雨で気温が低いので白煙を出してくれました。
駅には交換の車輌がパレオの通過を待っています。
踏み切りでサイレンを鳴らしながら救急車が止まっています。
撮影しながらも「さっさと踏み切りを渡っちゃえばいいのに」
なんて思うほど、ゆっくりゆっくりと汽車がやってきました。

生い茂る  

麻生、与謝野、小池、石原・・・。
皆さんは、どの顔が日本の首相に見えますか? まあ、どうでもよいけど。
消費税を謳っている与謝野さんは厭だなぁ。
公明党もこういうときに「定額減税」なんて叫んで、選挙有利に持ち込みたいか。

ネットの回線、契約自体が解除になってしまっていて、来週後半でないと繋がらない。
会社からのアップだから、土・日は穴があいてしまいます。ゴメンナサイ。
予約アップ機能というのもあるのだけれど、会社にそんなに蒸機の写真置いてないし。

明日、残り一枚の「青春18きっぷ」を使ってこよう!! なんて思ってます。
ネットカフェからアップしたりして・・・。
生い茂る
今日の画像は8月14日の抜里―笹間渡温泉の第一橋梁での1004レ。
C11190が牽く7両編成にELの後補機がついています。
この撮影場所ですが、32年前には右側の木々の後ろに橋が見えていました。
それどころか左にパンしたら、笹間川の橋梁すら見えていたのですよ。

明日、早起きできた画面の右上のはげ地に行っちゃおうかな~、なんて。
下りを2本撮って、温泉に浸かってから帰ってくるのもいいでしょ!!

在りし日の208(高森線)  

休日だけど、ブログアップとブログ徘徊のために出社しちゃいました(笑)。

自民党、立候補者がぞろぞろ出てきているみたいですね(どーでもいいけど)。
石破さんはやめてほしいなぁ(個人的にあの声を聞きたくないから・・・)。
さて、大相撲の理事会は今度はどんな裁定を下すのかな(どーでも良くない!!)

土曜日に「青春18きっぷ」消化のために大井川鐡道に行ってきました。
動態保存機を複数台所有し、平日運転もこなす大井川鐡道は、とっても偉い!!

でも、その裏には部品確保用のカマがいるんです。
在りし日の208(高森線)
昭和48年8月22日の高森線。終着駅高森に休むC12208をアップします。
背景の山は阿蘇の外輪山です。南郷谷をトコトコ走るC12は画になりました。
プレートの上、架線注意の表示がありますよね。
じつは、今大井川を走っているC5644のボイラーは、このカマのボイラー。
架線注意の銘盤は黒く塗りつぶされています。
C56は、C12のテンダ版機関車なのでボイラーは共用できるようです。
臓器移植で生き返ったC56、日本仕様に戻してもらいたいなぁ。
新金谷には、内蔵を提供し続けるC12208の痛々しい骸があります。

夏空、さようなら(大井川鐡道)  

9月6日、青春18きっぷのラスト1回で『大井川日帰り』を決行しました。
先週末は上越方面の天候が不安だったので、2往復の大井川鐡道にしたのです。
18-kippu

池袋発4:32で出立。品川、小田原、熱海で乗り換え金谷までは8月と同じ。
今回は金谷駅で「川根温泉ふれあいの泉クーポン」を購入しました。
coupon

これは、金谷―川根温泉笹間渡の往復と温泉入浴券がセットされて1,820円。
500円、おトクらしい。これで乗車券と併せて5,340円もおトクしちゃたらしい。
そのかわり、撮影場所は特定されてしまうけど、ね。
夕陽の第一橋梁

今日の写真は1004レを牽くC11。なんと正向き(分かってたらアングル変えたのに)。
下り2本を背景の山から撮影した後、「ふれあいの泉」で汗を流しました。
風呂上がりに山登りはシンドイですから、返しの2本は超定番から撮影。
陽が射したり翳ったりで直前までハラハラドキドキでした。
しかし、大井川第一橋梁って長いですねぇ。
橋げたの近くには10人ほどの「鉄」が群れていました。

笹間渡通過(大井川鐡道)  

大麻疑惑で関取が二人解雇、北の湖理事長も今回ばかりは言い訳もできません。
潔さとは程遠い展開でしたが、この先の角界は不安に満ちています。

さて、滞納で回線を切断されていたくろくまですが、やっと復旧。
10日間ほどのネット隔絶状態は、結構辛いものがありました。
メールも400通、溜まってました(殆どが迷惑メールですけど)。
笹間渡通過
第一橋梁を俯瞰するはげ地から、川根温泉笹間渡駅を望む画像をアップ。
9月6日の101レ、C10+ELの牽引する7両編成が笹間渡駅を通過するところ。
画面の左下がコテージ。真ん中下の建物が「うりや」さん。
蒸機の右下あたりが川根温泉笹間渡駅です。
30年前に駅や河原に宿泊したときには、駅前に一軒だけお店があって
串に刺して煮込んだおでんが酒の肴でした。
大井川鐡道に総じて言えることは、駅舎の保存状態が良いこと。
冬場の平日に訪れてみたいものだなぁ、と思った次第です。

一橋プチ俯瞰(大井川鐡道)  

気持ちよく晴れましたねー。暑さはあるけど風は秋風。
こんな澄んだ青空なら遠くまでよく見えるだろうなーっ。
出撃の日のために残しておいてほしい天候でした。
俯瞰場所でのビール
星○仙一氏がWBCの代表監督を辞退ということですが、当然ですよね。
一方、北○湖理事長が降格で理事ってのは、物足りないですよね。
上記のお二方、あの偉そーな態度、改める気はないようで・・・。

9月6日の1001レ、C11牽引の5両編成が夏色の煙で力走する。
川根温泉笹間渡に降り立ったのが9時54分。1001レまで約50分。
線路沿いに温泉に向かう道ではなく、駅前を直進して右折。
駅周辺は30年前とはまるっきりの様変わり。歩調を速める。
なんといっても、これから行く場所は30年前当時には存在しなかった場所。
今、歩いている道も当時は行き止まり(普請中)でした。
左手に見える茶畑には見覚えがあるけど、周囲が変わってるので確信が持てない。

「あのお墓のあたりでファーストカットを写したのかなぁ」
などと思い起こしながら右手を見ると、どこからでも一橋が写せる。
三脚を構える「鉄」がひとり、「SLの見える丘公園」の手前にいた。
「公園」といっても何もない。それでも10台くらいは駐車できそうだ。
名前の通り抜里駅手前から右手に一橋と、数分間は眺めていられそうな感じ。

道のサミットを過ぎて200mくらい下ると左手にUターンする道がある。
簡易舗装の道を、笹間渡方に逆戻りするように登っていく。
右にカーブして林の中へ。しばらく進むとまた左へとジグザグの道は続く。
途中、左下から右上に道が横切るが構わず進むと、右手にUターンする場所で
左手の展望が開ける。ここまで駅から30分強。先に行くべきか大いに迷う。
笹間渡プチ俯瞰
本来なら、茶畑から家山―抜里の隧道間と一橋を写せる場所まで行きたい。
でも、1001レまでは20分を割る(あと10分登れば到達できたのだが・・・)。
ということで断念、すかさずビールを取りだし、プハーッ!!
さらに下り気味だったので野○をしてスッキリ。○糞って気持ちいいですね~。
しばし沈黙の後・・・、来たぞ、来たぞ~、C11。
てな感じで、高さの足りない写真ですが、今日はこれで許してね。
ちなみに、冒頭の写真は、その後の撮影地点でのプハーッです。

32年前の笹間渡(大井川鐡道)  

今日も青空がきれいでしたねぇ。暑いけど汗はかかない、ってな天候でした。
新聞の一面では、自民党の総裁候補5人の記事が踊っていますね。
そのうちの二人、石原・石破両氏は、くろくまと同世代です。
「オレも首相になっても不自然じゃない年齢なのかな」なんて・・・。
北朝鮮の将軍さまの健康状態も取りざたされているようです。

でもね、西口、松坂が勝てなかったことが重要課題のくろくまです。
32年前の笹間渡
昭和51年8月6日の笹間渡発車直後の写真です。カマは勿論C11227。
笹間川の水量が少ないですね。途切れ途切れだったと覚えています。
地名寄りのこの斜面からは、第一橋梁が望めたのですね。
今年、大井川に4日間出撃したのですが、この辺り抜ける場所がありそう。
でも、薮こぎしてまでも撮りたくなるような場所ではありません。

雲のカーテン(大井川鐡道)  

今朝、日高・十勝地方で地震があったようです。震度五弱とか・・・。
かつて十勝沖地震の起こった場所だけに、不安は禁じえませんね。

今日は9月11日。あの「同時多発テロ」の悪夢が甦ってきます。
ところで、例のホシノ氏、「火中の栗を拾いたくない」と言ったそうですね。
自分が火種のくせにねぇ、ホント日本語も知らないのかしら。サイテー!!

さてさて、日が暮れるのが早くなってきました。雨が降ると涼しくなります。
秋ですね~。煙の秋、俯瞰の秋です!! 皆さんの三連休はどちらでしょうか。
雲のカーテン
9月6日の川根温泉笹間渡―抜里の第一橋梁の俯瞰です。
HPやブログに既出の場所ですが、是非とも行ってみたかったんです。
ELの後補機を従えて101レを牽くのはC108。残念なことに陽が翳っちゃった。
駅近辺と河原の一部には陽が当たっているのですけどね。
大井川での撮影は雲の動きに左右されることが多いんです。
つねに風が舞ってるんですね、この路線は。
ボイラーが立体的に照らされれば良かったのだけど・・・(泣)。
第一橋梁、晴れ間
ちなみに一本前の近鉄車両のときは晴れてました。バックは霞んでるけどね。
11月になると複数スジの多い大井川、リベンジしたいなぁ!!

一橋裏見(大井川鐡道)  

もう秋かなぁ、なんて昨日は書いていたのに、今日は暑い一日でした。

北の将軍さまの死亡説などいろいろありましたが、怒りは三栄フーズへ。
日本は農産物の残留農薬などの規制が厳しいということを聞きます。
でも、カビ米、くず米が流通しているわけですから、不思議ですよねぇ。

芋焼酎にカビ米が流入していたのも不思議ですけど、
農水省との癒着があったと考えるのが自然でしょうね。
一橋裏見
31年前の昭和52年8月15日、大井川に来ていました。
抜里よりの茶畑から第一橋梁を撮影しました。
昨日の場所とは反対側からのプチ俯瞰です。
バックのガードレールの右端は「SLの見える丘公園」になってますね。
このころは、この場所から笹間渡の先、地名よりまで写すことができました。
笹間渡後追い
一昨日にアップした場所の手前まで撮影することができたんです。
まぁ、どうでもいい写真なんですけどね。

ガススカ ぐやじい~(秩父鉄道)  

ハイ、変則アップです(今日二度目)。何でも有りなんですねぇ。
虎さんチーム、またまた勝っちゃったんですね。う~ん、奇跡だ。

秋めいた空模様で、俯瞰の魂をくすぶった週中の青空。すっかり騙されました。
上越に行こうかと迷ったのですが、日・祝は混む秩父に行ってきました。
今回からは新兵器の登場です。所謂トレッキングポール、まぁ杖ですなぁ。
LEKIという製品ですが、グリップを外すと一脚にもなります。
気分はクライマー、どんどん「里」が遠ざかるような・・・!!

で、天高く馬肥ゆるを期待して、かねてより目をつけていた高みにトライ。
往路の歩行時間は2時間。いやぁ、キツイキツイ。完全に「登山」の領域です。
もっと遠くから少なくとも30分は見ていられるはずだったのですが・・・。
おいおい、武甲山が見えないじゃん。

武州日野―白久1
あれれーっ!! スカ。おまけにHMなんかついてるぞー。

白久1
ちょっとくらい、煙を出せ~、っちゅうの!!

白久2
あ~あ、もう到着じゃん。またまた「やってもうた~」(泣)。

三峰口1
「返し」のために場所移動することもできず(時間がない)、
同じ場所から写したら更にガスが濃くなって、おまけに雨が降り出す始末。

大滝温泉「遊湯館」で汗を流して帰宅で~す。疲れたぁ・・・。

三峰口駅(秩父鉄道)  

昨日の山歩きでへばったくろくま、今日は完全休日で昼から呑んでベロベロ。
夕刻に近くの神社の秋祭りを観てきましたが、ろくな写真が撮れませんでした。
明日の秩父地方はくもり、気温25度とのこと。もっと低温になればいいなぁ。
樋口&白久で軽~く、なんて考えています(白久は抜ける自信がありません)。

関東の駅百選に二駅が入る秩父鉄道。長瀞駅と三峰口駅の両駅です。
たしかにいい雰囲気ですが、個人的には地元西武池袋線の江古田なんかいいなぁ。
最近、リンクさせていただいている「新NOBUNOBU写真談」さんに三峰口が登場。
素敵なモノクロ写真を見てくろくまも撮影。でも、奥行きのない単なるスナップ。
駄目ですなぁ。蒸機じゃないと写欲が湧かない(というか下手なんだよねぇ)。
被写界深度量って人物の動きを察知して、なんて面倒くさくなっちゃった。
三峰口駅
さてと、せっかくの蒸機ブログですから、5001レ到着後の人だかりもアップ。
蒸機存続のためにも、皆さん是非「乗り鉄」してもらいたいものですねぇ。
5001レ到着
P.S.明日の蒸機撮影の予定のたっていない方へ
明日、やることないけど蒸機が撮りたい方に、くろくまからのお誘いです。
秩父鉄道樋口駅に9:32。樋口―波久礼俯瞰の後、白久へ移動(未定)。
白久では、抜けるかどうか分からない玉砕覚悟の薮俯瞰を敢行予定。
参加資格:弁当持参。山歩きできること。失敗しても憤慨しないこと。

独りぼっちの霧の中(秩父鉄道)  

あはは~っ!! どなたもいらっしゃいませんでしたー!!
朝6時半の東武東上線急行で寄居に向かい、時間調整をして樋口へ。
曇りだけど、雨は上がった。このまま気温が低いまま推移してくれれば良いけど。
9時32分になりました。下車してくる方々は還暦を過ぎたおばさまが多い。
秩父札所の萩の寺に行くのでしょう。三脚持った「鉄」はおらず・・・。

ならば行くまで、とばかりに山道へと向かう。朝までの雨で下草がびっしょり。
人の通わない山道はクモの巣だらけ。靴と膝下びっしょり、顔はクモの巣だらけ。
70分かけて昇りつめると、あゃーっ!! ガス、ガス、ガス・・・。まいったぜぇ。
ガスの樋口俯瞰

樋口ガス俯瞰
デジタル処理だからここまで見えるけど、実際ファインダー内で蒸機は確認できず。
客車の屋根のシルバーだけが頼り。もーこんな撮影ばかり厭だぁーっ!!
公約の「返し」白久は断念。なんたって薮だらけだからドロドロになっちゃう。
定番の浦山口のダム上から撮影して帰路につく。
たくさん持っていったビールは、すべて自らの腹の中に収まることになりました。

隧道の構図(只見線)  

秋の長雨でしょうか。天気予報は週末まで雨マークが続いています。
それでも気温はなかなか下がりません。蒸機撮影には厭な日々ですね。

得意先のひとつが、リーマンブラザーズ関連会社との取引があったので
心配しましたが、杞憂に終わったようです。
新入社員の初ボーナスが一千万なんて、どうかしてますよね。

今日は昭和49年9月16日の会津横田。今から34年前の今日ですね。
会津・只見・日中線はこの年の秋で無煙化されました。
東京から比較的近場にあたるこの路線、行く機会はたくさんあったのですが、
「できることなら遠くへ行きたい」と、北海道や九州に長期休暇を充てていた
中高生のこと、出かけた回数は少ないんです。
でも、49年は9月の2回の連休と11月の連休に撮影することができました。
勿論、自炊用具とシュラフを持って駅寝の撮影行でしたけど・・・。
隧道の構図
只見線では会津川口―只見は秘境といってもいいくらい、未開の地でした。
この写真では隧道越しの撮影にトライしてます。露出が難しかったです。
カマはC11254。門デフのカマ。そして、ネガのラストにはこんなカットが。
隧道銘盤
高根沢T(トンネル)と記されています。「徒歩2分」の表示がいいですねぇ。
記憶が定かでないときに、こんなカットは嬉しいものです。

定番の水鏡(只見線)  

秋雨の貴重な晴れ間とのことで、一日中、傘がいらない天気でした。
これから週末までの天気予報は雨つづきになってます。厭だなぁ。
土日に出かけるとしたら、雨狙いのプチ俯瞰になってしまうじゃん。

奥多摩で、著名な登山家が熊に襲われて重症、というニュースが流れました。
子連れの母熊は危険ですねぇ。今後の山登りに「ビビリ」の入るくろくまです。
二橋定番
さて、昨日只見をアップした都合上、今日も只見線。それもお立ち台です。
会津西方―会津檜原間の第二橋を下から。昭和49年9月22日の撮影です。
あいにくと無煙ですが、今では写すことのできない貨物列車も味があるでしょ。
滝谷橋から六橋までの間で、撮影したことのある鉄橋は、ここだけでした。
135mmでの撮影ですが、80mmとか105mmが欲しかったですね。
この一泊二日の撮影行、宿は会津塩沢駅だったのでしょうか。勿論自炊でした~。

ダムに消えた村(会津線)  

自民党は衆院選の日程をあきらかにしたようです。下野しちゃうんですかね。
自民党総裁にして首相になれなかった、河野氏が引退を表明されました。

なんてことより、イチローの快挙、おめでとうございます。
このまま、張本勲氏の日本記録更新も今シーズンに行けるかも・・・。
ダムに消えた村
今日の写真は昭和49年のたぶん2月の会津線、桑原―上三寄です。
桑原の名物、給水塔が写っているでしょ。懐かしいなぁ。
無人駅桑原では、記憶の中では数泊していると思います。
49年11月の日中線お別れ運転でも、わざわざ桑原で泊まったような・・・。
只見線の客車運用がなくなってからは、会津線に出向くことが多かったですね。
会津田島、落合、長野にも行ってみたかったなぁ。
今ではこの区間、ダムが建設され水没、会津鉄道として別ルートになりました。

熱塩発車(日中線)  

農水相はいつも厚顔無恥。海洋深層水の自殺したM氏から絆創膏大臣、
その後もろくな人材がなく、恥さらしの太田氏が意味もなく辞任した。
この国の農業、どうなってるの? 無駄な役人と組織は排除して予算削減しろよ!!

セリーグはまさに天王山。男小笠原がやってくれましたね。
なんで、彼が五輪日本の四番バッターでなかったのか、不思議です。
解説の星野は相変わらず、お友達の山本とお仲間解説。腹立つなぁ。
熱塩発車
今日の写真は昭和49年11月4日の日中線。熱塩の発車風景です。
この前日から日中線のお別れ運転が催されていました。
沿線の人だかりもかなりなもので、撮影場所を探すのにも大わらわ。
会津加納でサイド俯瞰した以外は、線路に近い場所からの撮影になっちゃった。
それでも、こんなカットを見つけましたよ~。バックの山並みがいいでしょ。
後補機がわからん、というクレームはなしにしてね。

ダムをバックに(秩父鉄道)  

台風一過。待ってました~!! 事前の予報では午前中まで雨かと思ってました。
ガスくまの異名を持つくろくま。今日こそはと、ルンルン気分です。
いつものコンビニに行ったら、あれれっ、高みでのプハーッ用のラガーがない。
銘柄にこだわるアタシ、一番搾りやドライは嫌い。で、よくよく見ると・・・。
「秋味」に変わっていました。これはこれで嫌いではないので500を2本。
ちなみに、キリンの「ブラウマイスター」ってのが大好きです。

快速急行に乗ってからも、行き先をあれこれと考えてしまいます。
ただ、台風のあとですから、下草が濡れているし岩場は危ない。
飯能辺りから線路端に曼珠沙華がちらほら。巾着田は大にぎわいでしょうね。
横瀬では武甲山が大きくはっきりと見えます。山々の稜線もくっきりです。
でも、三峰方面の稜線の上には怪しげな雲がありました。
ダムをバックに
汽車はどこだ~、パターンです。5001レの浦山口、煙を出してくれました。
視界良好の今日だからこそ撮影できた写真です。まあ、鉄道写真ではないかも。
それでも今日は長~い時間、蒸機ウォッチングできたので最高ですね。
23日に日本晴れになれば、秩父路初公開の素晴らしいショットが写せます。

虎さん、竜さん、ちょっとヤバいんでないかい!?

長~い直線(秩父鉄道)  

今日は天気予報もよくなかったので、休養日。秋分の日が晴れますように。
今晩のG-T戦が気がかりなので、早めにアップしてノルマをこなします(笑)。

ところで、自民党の麻生氏圧勝という報道が気になりませんか。
短命内閣二度とも幹事長のポストにあった人ですよ。責任感はないのでしょうね。
キャラが立つ、と本人は言ってるようですが、漫画とアキバが得意分野ではね。
彼の品格と、無神経な発言はいずれ問題を起こすでしょうね。
まぁ、他の候補も、強面の民主党党首も救世主にはならないだろうなぁ。
長~い直線
昨日撮影の画をアップ。お気に入りの野上―長瀞の直線を俯瞰してみました。
反対側から写したことはあるのですが、空気の澄んだこの日に狙いました。
駅から70分の山登りは、前日の雨で滑りやすくなっていました。
先日もそうでしたが、山道にクモの巣が多いのには辟易です。
夏場は虻に悩まされるし、俯瞰症も楽ではありません。
あきあじ
撮影後は山上で勿論プハーッ!!
冷たいビールを高みで呑むための苦労も、並々ならぬものがあるんです(重いし、ね)。
呑ん兵衛にもこまったものです。

秩父路を貫く(秩父鉄道)  

とうとう麻生総裁が誕生しちゃいました。自民最期の首相になるのかな。
なんてことより、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」ご存知でしょうか。
まあ、「青春18きっぷ」の3回綴りみたいなものですが、9,180円。
1枚あたり3,060円と「青春18きっぷ」の2,300円より割高です。
有効期間は、20年10月4日から19日と短いのですが期間内には・・・。
なんと10月4、5、11と大井川が三往復。11~13、18、19は上越が!!
ムーンライト越後が取れれば、磐西にだって行けちゃうんですよ~。
みなさんも食指が湧いてきませんか。
秩父路を貫く
今日も先週土曜日(9/20)の5001レで恐縮です。
大野原を出た汽車は大きく右にカーブし、つぎに左カーブ。
そうして真っ直ぐに秩父の中心地を貫いて行きます。画面中央付近が秩父駅。
その先の跨線橋が御花畑駅。西武線との分岐を経て右に影森へと向かいます。
これだけ長い距離ですと、遅々として汽車が進んでいきません。
ファインダー越しに見たり、肉眼で見たり、ビールを呑んだりと至福のとき。
煙が少なかったのは残念ですが、こんなに長い間汽車を見れたのは久しぶり。
スカッとした秋晴れの日を神様にプレゼントしてもらいたいなぁ。

上長瀞Sカーブ(秩父鉄道)  

秋の気配は漂っているのに、暑い。なんでかな~。
秋空
朝のうちは「日本晴れ」かなっと思っていたのですが、紫外線が強い。
武甲山も全容が見えているけど、どこか朧ろ。
こういうときは、○○山に行こうかなどと画策することしきり。
今日は熊除け鈴を持ってきていなかったので、場所も限定されてしまう。
秋と山空
で、選んだのは9/20に登ったところ。登山コースを変えてロケハンしました。
でも、二箇所ほど抜ける場所を見つけたもののCクラス。これではいかん。
で、結局20日の撮影とだぶってしまい、自責の念が・・・。
上長瀞俯瞰
空はしっかりと秋空。週末には気温もグッと下がるといいます。
そのときには、しっかりとリベンジで~す。プハーッ。
ビール

ちなみに本日、優勝ならなかった獅子軍団。西口でVですから。安心安心。

武州原谷俯瞰(秩父鉄道)  

獅子チーム、必勝を期してのことと思いますが涌井くんの先発。
でもね、彼は調子よくないんですよね。岸くんならバリバリだけど・・・。
でも、やっぱり西口に投げてほしかったなぁ。

麻生氏の組閣が発表されましたよね。
すぐ解散するのだから余計な時間と金をかけないで、現状維持でいいじゃない。
「任命権」と「大臣特権」を巡るカネまみれの悪習が存在してるんでしょうね。
笑っちゃったのは、石破くんの農水相。問題山積の短命ポストに彼ですか。
彼の答弁のねちっこい(内容は薄い)トークには辟易ですよね、皆さん!!
武州原谷俯瞰
2008年9月23日の5001レ、太平洋秩父セメントの巨大工場の脇を走ります。
大野原―秩父の貨物駅の北方には広大なヤードが展開しているんです。
しかし、でっかい建造物ですね。ビール1リットルを呑んだ酔眼でも異様です。

西武―ロッテは1対7になってます。オリックスも勝っているようで・・・。
今日のプハーッは残念ながら朧ろになってま~す。
やっぱり、西口か!? 岸が来そうな気がしますが・・・。

長瀞夕照(秩父鉄道)  

久しぶりに長袖を着て出かけたら、朝だけでしたね。丁度よかったのは。
空や吹く風はすっかり秋なんですけど・・・。

王監督、お疲れさまでした。現役時代は、突き詰めた暗い表情が嫌いでした。
世界記録達成のとき、両手を広げたベースランでの笑顔のときは素敵でしたね。
あの国民的英雄だったONも過去の人になっていくんですね。寂しいなぁ。
ところで星野!! アンタ「星野ジャパン」を商標登録してたんだって!?
ふざけんなよ。私物化と金儲けが「男・ホシノ」の本領なんですか。

小泉元総理が引退ですって。ユリッペは今度は誰に縋るのかしら!?
長瀞夕照
今日のアップは、2008年9月20日の5002レ。くろくまにしてはアップ(笑)でしょ。
この日は一日、山の中でいろんな場所をうろついて豆粒ばかり撮ってました。
23日も別アングルを捜して同じ山へ行き、結局見つけられずに同じような撮影。
皆さんも飽きがきちゃう頃ですね。失礼しました~。

明日は天気が悪そうです。でも気温が低くなっていくのは蒸機好きには嬉しいものです。
白煙を期待して土曜日は穴場狙い、日曜日はリベンジを予定しています。

おぉっ!! 虎が勝ってる。兎が追いついた。高みの見物は楽しいなぁ。
そうだ!! 寅さんのTVでも見ようっと。

玉淀俯瞰(秩父鉄道)  

獅子チーム、苦戦しています。スィニーには敗けたことないのになぁ。
それにしても楽天、すごいなぁ。勝って優勝決めて欲しいのは山々だけど・・・。
あれっ、13―1で勝っちゃった。西武優勝決定です。う~ん!!
勝って優勝決めてほしかったのにぃ~。はがゆい嬉しさというか・・・。

前線が南下して、北の冷たい空気を連れてくる、いい展開ですね。
明日、明後日と秩父に赴く予定。どこで写そうかと悩んでいます。
と言うのも、当日の気温や空気の澄み具合で予定場所をコロコロ変えるから。
なんせ、足で稼ぐ俯瞰ポイント。一度登ったら運を天に任すしかないのよね。
玉淀俯瞰
2008年4月20日の樋口俯瞰をアップします(目先を変えたつもりで~す)。
曇天でしたが、結構遠くまで見通すことができました。
本来ならば、画面上部には赤城や上信越の山までも見える場所なんです。
荒川の玉淀といわれる景勝地、絶気状態になったパレオが走ります。
明日・明後日と、せめてこれぐらいの視界が開けたらなぁ、との思い強しです。

汽車ど~こだー? 三連発(秩父鉄道)  

寒いくらいの陽気でしたね。予定では低温で晴れ、絶好の俯瞰日和と思ったが!?
駅から歩くこと90分。車族は絶対に来れない場所を目指しました。
かなりの急斜面を稲妻状に登って高度を稼ぐ。いやぁ、キツイキツイ・・・。
で、素晴らしい光景を見ながらいつものプハーッをしたのですけど。
武甲山をはじめとして、峰々が山座同定してくださいといわんばかり。
でも、雲が多くって陽が翳ると、せっかくの景色も台無しに・・・。
「晴れろ! 晴れてくれ!!」との悲痛な叫びを嘲笑うように5001レがやって来た。

浦山口築堤
汽車ど~こだー? その1。ご存知、影森―浦山口のチョンの間区間。
右上の石灰石の山には、以前登りましたが眺望はありませんでした。

安倍川手前
汽車ど~こだー? その2。こちらは武州中川―武州日野。
最近新しい道路が開通した安倍川橋梁の手前。背景がどうにも情けない。

武州日野通過直後
汽車ど~こだー? その3。武州日野―白久。
もうちょっと上に登っていれば抜けたかなぁ。でもロケーション悪すぎ。
この区間、けっこう煙が出ていたようです。残念だなぁ~。

てな訳で、今日(いつも、だけど)のくろくま、中途半端な写真ばかりでした(泣)。
体力も使い果たし、「なぜ、登るの?」と言われれば、「上から見たいから」
としか言いようがありませんが、まだまだ続けまっせ~!!
ちなみに「返し」は登り足らず、地団駄踏みつつ汽笛だけを聴いていました(恥)。

う~ん、獅子はまたハムに敗けたか。虎は? あ~情けない展開のようで・・・。

山裾の軌道(秩父鉄道)  

8月9日に登った場所へひぐま3号さんと行ってきました。
「抜け駆け」したからガスったなどと言われちゃったので、お誘いしたのです。
これで6,7月に続いて三度目の「くまサミット」が成立しました。やったね!!
天気予報では、「雨は降らないが雲が多い」ならびに「涼しい」でした。
たしかに連日の秩父出撃でしたが、「寒い」という形容がぴったりでした。
秩父鉄道車内、人生経験豊富な方々がハイキング姿で大勢乗っておられました。
その殆どが浦山口で下車。長泉院にでも行かれたのでしょうか。
いつも思うんですけど、わが国の長老たちはお元気ですね~。すごいや!!
車中で再開したひぐま3号さんは、なんと明日は沖縄出張とか。やるね~!!
山裾の軌道
登山口には「普寛神社」がありまして、「普寛」→「俯瞰」に繋がるからと
お祈りしてからの登山でした。荷物を軽量化するために互いにレンズは1本。
ホントきつ~い山道を登っていって、展望が開けたところで一緒にプハーッ!!
レンズを制限してまで荷物を減らしたのに、互いにラガーだけは持参(笑)。
陽射しが雲に遮られているのでコントラストに欠ける遠望ですが、
浦山口あたりから捕捉。30分近く眺めていることができました。
5002レは無視して下山。大滝温泉湯遊館で入浴&プハーッ!!

ひぐま3号さん、お疲れさまでした。来月は「あそこ」を征服しましょうね。
兎さんチーム、敗けたみたいで・・・。これまたラッキー!!

山裾の軌道2(秩父鉄道)  

ポールニューマンが逝去ですか。寂しいなぁ。
カッコよかったですよね~。大好きな俳優のひとりでした。
じつは、高校時代に似ているといわれたことがあるんです。
と、言ってもおでこの傾斜が似ているといった塩梅。
麻生内閣も馬鹿な大臣が自己主張を言うだけ言って、辞任しました。
あらかじめ、アドバルーン上げるためだけに参閣しただけですよね。
いずれにせよ、麻生内閣は本人の失言、というより確信犯の雰囲気が強すぎ。
国民は、短絡的に減税しか期待するところはないと思うのですが・・・。

昨日のくまサミットでの光景をアップします。
ひぐま3号さんには申し訳ないけど、くろくまの持っていったレンズはズーム。
ピント合わせはあるけれど、画角を変えることができたんです。
せっかく登った900メートル、もっと引きたかったけど、これで勘弁ね。
山裾の軌道2
麻生氏の所信表明演説を聴いたけど、最低でしたね。下野は必至かなぁ。

山裾の軌道3(秩父鉄道)  

雨がそぼ降る一日でした。秋冷って感じですかね。
10~11月に出かけたいところが多すぎるぜ。どうしたものかなぁ。
体力的にも経済的にも、極貧・ボロボロ状態のくろくまです。
それでも「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」を買っちゃいそう。
欲しいレンズや機材はあるけど、これだけ出かけてたらムリですよねぇ。

今日も引き続き、先日(9/28)のくまサミットでの光景にて失礼します。
相方だったひぐま3号さんは、沖縄出張につきブログ休業ですね。
なんなら、くろくまがアップして穴埋めしておきましょうか(笑)。
武州日野俯瞰
安倍川橋梁を渡り、武州日野駅にかかる場所。力行してますね。
送電線に邪魔されてしまいましたが、モノクロで誤魔化しちゃってます。
浦山口の「ちょんの間」などでも捉えることができたのですが、無煙でした。
この後、武州日野―白久のサミットまでは山の陰に入ってしまいます。
終着駅間近
昨日、一昨日の写真の続きです。終着駅に向かっての最期の力走になります。
三峰口への力行は過去に幾度も体験していますが、この高度は初めて。
高さが生む最大の利点は、平面が立体化するということ。まさに至福のとき。
見えなかったものが見えてくるなんて、最高だと思いませんか。

3日続けてしまいました「くまサミットシリーズ」、とりあえず投了です。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。