くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋ですよ(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

とうとう本日から師走と相成りました。
身の回りの片付けから始まって家の中の大掃除とやること山積みですが、
私は本日、ありそうでなかった「ひぐ・マイオ」さんたちのコンビに乱入、
怪しげなトリオを臨時結成しちゃいました。

はい、「ひぐ・マイオ」とは欠伸とともに発声する汗っかきのこのお方と、
迷走運転を得意とするお方の二人組でありまして・・・。

晩秋ですよ(秩父鉄道)
C58363 秩父鉄道 波久礼〜樋口 2013.12.01
(C-PL不使用)

ようやくここの秋色眺めを撮れました。
白煙もちゃんと出てくれて、感謝感激!

お二方、お疲れさんでした。マイオ号に乗せていただきありがとうございましたぁ!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

アハハ、ついにとも言うべきひぐマイオさんとのトリオを敢行!
何度もお目にかかったことがあるし、一緒の立ち位置は厭きが来ていたりして。
どんな道中になるのかなと思ったら…

凄〜〜〜〜〜〜くぅ 楽し〜〜〜〜〜〜っ!  だったんだなぁ〜

麻雀ネタ、お下品ネタには辟易でしたが、次回があればまた行きまっせ〜っ!
スポンサーサイト

黄葉、紅葉、高揚(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

またまた更新をさぼっておりまして、申し訳ございません。
朝晩は寒さがこたえますが、日中の寒暖の差も激しいですねぇ。

都内の庭園や近郊の紅葉の名所ではカメラを持った高齢者が群れをなしておられます。
妙齢をちょっと過ぎたかと思われる女性もたくさんいらっしゃってますね(笑)

2013紅葉
これは埼玉県某所の紅葉、先日しっかりと楽しんでまいりました。
あっ、12/6の日付変更線が近づいてる。急がなきゃ!

紅葉は手前で
で、本日のアップはこちら。
シルエット狙いで出向いた長瀞でしたが、今いち太陽の角度がよろしくない。
そこで手前の色づきを入れてみると……。あははっ、黄葉に助けてもらった感があります。
撮影後のカットをよく見ると、ふだん無煙のこの場所で、ちょろりと煙が出てましたぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月1日 親鼻—上長瀞

何とか7分前にアップできました。これから加筆することにしますね。
この日はひぐま3号さんマイオさんとのはじめてトリオ、撮影姿勢もそれぞれでしたねぇ。
この場面でも皆が独自のの切り取りとなり、牽制ごっこの楽しさを味わっている次第であります。

フィギアのショート、男女ともトップを取りましたね。とくに結弦クンの得点にはたまげましたぁ。
これで、フリーの演技がとても楽しみになりましたね。

終着駅の憩い(高森線)  

皆さん、こんばんは。

最近、おやじブログでは機関区や駐機場での作品が目立っているような気がします。
探してみたのですが、煉瓦づくりは大館だけだし、アップできるようなものがない〜っ。
夕張岩見沢第一も探しましたがお見せできるようなものはなし。
仕方ないから、いつものように高森でごまかしちゃいましょうね。

終着駅の憩い(高森線)
石炭ガラが山積みになっている転車台もないちっぽけな給水・炭の拠点。
カマの住処はトタンで造られたような粗末なものでした。(駐泊したことあるのかしら)
灼熱の8月、給炭場の下の日陰はひと休みするのには格好だったことでしょうね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年8月22日 高森
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Extachrome-X ASA64 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

羽生結弦選手が見事金メダルを獲得しました。つづけ! 真央ちゃん。
土日は冷え込むという話です、防寒対策を怠りなく……
政治のはなしは止めておきましょうね、ムカムカするから。

青のポートフォリオ(秩父鉄道)  

青のポートフォリオ(秩父鉄道)
皆さん、こんばんは。

週末は気温が下がると聞いて、「出かけようかな?」と思ってたのだけど、
最近はまってるNHKの朝ドラ「ごちそうさん」が観たくなっちゃてまして。
池袋発の快速急行は7時5分と8時5分、観ちゃったら間に合わないんです。
でも、観ちゃったぁ(笑)〈あははっ、宇能鴻一郎さんの小説みたいだぁ〉

間に合わないかと思いきや、練馬駅で中華街からやってくる快速急行に乗り換えれば
何とかなりそうと判断し、脚なしのお気楽スタイルで出発したわけであります。

秩父では、ずるずると下車駅を悩んでいるうちに上長瀞に到着、河原に下りていくことに。
気温はねぇ、そうですね、寒さを感じないような陽気でしたが空は見事なピーカン。
PLをつけて待ち構えます。青空と白い雲、そして白煙って目論みだったのですが……

青のポートフォリオ(秩父鉄道)
煙はしっかり黒煙でしたし、雲は消滅、引きも足りない画になっちゃいましたぁ。
こりゃ本気で広角レンズ購入を考えないといけないかなぁ!
それでも、滅多に撮れない(くろくま的には)晴天のパレオは良かったなぁ。
来週の磐西、再来週の秩父の運行があるせいでしょうか、「鉄」は少なめでしたよぉ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月7日 秩父鉄道 上長瀞—親鼻

その後、電車追っかけで武州日野へ行き撮影し、浦山口で返しを撮りましたが
とにかくお店がないものですから、帰宅するまで食事は一切なしとなっちまった。
アルコールは往復の車内で摂れましたけどね。

今夜は浅田真央ちゃんのフリーの演技がございますね。(勝ってね!)
それにしても、この手の番組って「フリ」が多すぎて番組が長いのがつらいよね!

夕照の稜線と名残の煙(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

まずはお侘びであります!
西武線の快速急行で車窓を眺めておりましたら、入間市辺りでヌケのいい展望を確認。
「これは高みしかない」とばかりにメールを打とうとしたら、携帯がな〜い!
出かける前のメールチェックもしてなかった、ごめんね、ねこさん。
そして、本日メールやら通話をしてくださった方々に心よりお侘びするものであります。
いろいろなところに忘れ物や落とし物をするくろくまですが、行く前ってのは初めてでしたぁ。

1941年には真珠湾攻撃、1980年にはジョン・レノンが凶弾に倒れた12月8日です。
中高年ハイカーで満員の快速急行では、ボックス席のおばさま方の賑やかさに辟易でした。
携帯がないと分かったくろくま、とりあえず、皆野駅に下車しましたがねこ影はなし。
(帰宅してからメールを確認したら、樋口か和銅黒谷って指定があったんですけどね)

親鼻で下車して、荒川橋梁をプチ俯瞰しようかと考えたのですが、逆光は厭だなと思い、
昨日撮れなかった引き画を写そうと上長瀞の河原に下りてみました。
今いち、引きが足りないなぁと、裸足になって徒渉すると後ろには「鉄」がお二人。
邪魔しちゃいけないので、同じ場所まで移動しましたよ。

長瀞でのプハーッ
今回は拙ブログ二度目の「グランド・キリン」でのプハーッでございます。
(三脚ってプハーッを撮るためにあるんですねぇ)

長瀞右サイド
今日も予報のような寒さではなく白煙じゃなくって、マーブルでした。
(撮影していて温かかったもんね、ハイ)

その後、前日同様に武州日野に行きまして、つまらぬ線路端撮影。
返しを狙いに浦山口へ向かったのも前日同様のパターンでした(芸がないなぁ)
秩父さくら湖ダムのうららピアで冷製パスタの昼食を摂り、お立ち台の展望台へ。

夕照の稜線と名残の煙(秩父鉄道)
えへへっ、昨日も13:30頃から陽が翳りましたが、今日もおんなじ。「鉄」もいな〜い。
「晴れろ! 晴れろ!」と念じたものの叶わず。日陰での撮影となってしまいました。
それでも、たなびく煙と遠くに見える山陵に満足したって感じかな。
秩父鉄道今期定期運転最終日、名残の煙だと感じてしまったお馬鹿なくろくまでしたぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月8日 秩父鉄道 上長瀞—親鼻
2013年12月8日 秩父鉄道 浦山口近辺

しかし、出先で携帯がないって不便ですよねぇ。
手帳も持ってきてなかったから連絡の取りようもなかったし……
長いこと携帯もネットもなかった時代を生きてきましたが、現代では必携ですわなぁ。

或るクラの風景(志布志)  

皆さん、こんにちは。

いやぁ、本日も冷え込みましたね。「この冬いちばん」、が連呼される季節になってます。
磐越西線、クリトレの土・日は吹雪になるかもしれません。運休にならないといいのですが。

さて、「或るクラの風景」今回は、へそ曲がりが好むタイプのちょっと妙なクラであります。

志布志 クラのなか
明かり窓付きですね。遠江二股にいたC5820が手書きプレートで鎮座しています。
その奥にいるのは大隅線、日南線に使われていたC11のようですね。

志布志 クラの外
こちらはクラの外からの撮影。C58の門デフ姿っていいもんですねぇ。

志布志 ターンテーブル
こちらは転車台の光景。C11を回すにはゆとりがあるみたいです。

このクラはC11とC58がたくさんいました……。
ところで、なんで無蓋車がクラに留置されているのかな?
(今回はマイオさんの『或るクラの風景・その3』を元に作成いたしました)

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973/8/28 志布志機関区
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Extachrome-X ASA64 東洋現像所
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Plus-X ASA125 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

あっ、告知あります!
『現代を生きる蒸気機関車2013』、来週16日からです!!
600ミリを駆る女豹の作品展、是非お出かけくださいませ。

寒いといえばお隣り、北朝鮮の粛正でしょうか? 怖い国だとつくづく思います。

白くて虚しいプハーッ(磐越西線)  

皆さん、こんばんは。

白くて虚しいプハーッ(磐越西線)
それにしても、こんなことになるなんて……

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013/12/14 磐越西線 山都—喜多方

事情はもう、お分かりでしょうね?

苦行の果ての眺め(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

苦行の果ての眺め(秩父鉄道)
12月1日の「ひぐマイオwithくろくま」トリオによる玉淀俯瞰敢行後の追っかけで
目指したのは御岳山登山道第二展望からの眺め。
道路はスイスイ、マイオさんの運転も迷走せずにて登山道入り口に30分前到着
そこから歩いて登るのであるが…寄る年波はまるで長い貨車を牽き峠に挑むキューロクの如く
青色吐息の山登り状態。一展岩に到着したのは通過して先行のひぐ・マイオを追っかける。
一展岩で撮っちゃおうかという「こころの声」に逆らって二展岩を目標としたが……
ゼイゼイ言いながら着いたのはお二人が三脚をセットしているさなか。
「汽車は?」と問うと、ひぐちゃんが「駅通過」と応じる。
げっ、間に合わんと手持ちで撮ったのがこれ。
もう紅葉は過ぎちゃってましたが、のどかな冬日の白煙は間に合って嬉しかったな!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

C58363 秩父鉄道 白久〜三峰口 2013.12.01

本来ならば、12/14の磐西クリトレの記事を載せるところでありましたが、
記すことは多かれど、載せる画像がないという珍現象。
老けなかった綾瀬は○かの『八重の桜』、老けない女優の『北のカナリヤたち』を観てからの
記事作成はつらいわ、ってことで、ひぐちゃんの記事をパクらせていただきました。


写真展の告知です!
『現代を生きる蒸気機関車2013』12/16〜12/27 札幌にて

武州日野二態(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

先日(12/14)のヘロ隊式冬山特訓での身体的疲労がやっと取れてきたかなって感じです。
風が強く寒かった昨日とは違って、今日の午後、陽だまりは温かかったですねっ。
と言いつつ、明日の午後には関東地方も雪になるかもしれないとのこと、身体がもたんわ。

ところで、26年目になるパレオですが、年末年始の秩父鉄道は頑張りまっせ〜っ!
車で行くのもいいのですが、年末年始は往復の電車内で呑みたいものでございます。
くろくまも荒川橋で撮影し、追っかけで武州日野にて撮影というパターンが続いてます。
ただ1523レが武州日野に到着するのが12:30、5001レは12:39、時間がないんですよね。
安谷川橋梁のサイドへは何とか間に合いますが逆光だと苦しいし、駅通過も影になります。

冬場の武州日野その1
この時期、煙が期待できる武州日野。安谷川から駅進入までは楽ちんポイントです。
日章旗が捉えられる場所としてもお勧めですが、鉄道敷地には入らないように……。

冬場の武州日野その2
こちらは白久寄り、道の駅あらかわの一つ手前の踏み切り近辺からのお手軽カット。
こちらは先客がおられる可能性が高いので、そのときは手持ちで対処しましょう。

武州日野で5001レを撮影後は、浦山口や影森に戻って5002レを待ちましょうか。
お店がないものですから、お昼ご飯はあらかじめ確保しておいた方がいいですねっ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013.12.7 秩父鉄道 武州中川—武州日野
2013.12.8 秩父鉄道 武州日野—白久

ネタがなくなっちゃったから、恥ずかしい線路端で誤魔化しました。ゴメンネ!
皆さまが年末年始、素敵な秩父鉄道の写真を捉えていただけますように。


写真展『現代を生きる蒸気機関車2013』12/16〜12/27 於:札幌

後閑冬景色(上越線)  

皆さん、こんばんは。

雪になるかと思っていたのですが、冷たい雨ということになったようです。
週末の秩父・信越、どうしましょうかねぇ。
ありすぎる雪も厭だし、ぜんぜんないのも厭だし……

後閑冬景色(上越線)
今日の画は今年1月の上越線、河岸段丘の大スケールがお気に入りです。
既出かもしれません……
でもね、ここなら豪雪もないし、二時間半待ちもありません。うれしいこってす。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013.1.19 上越線 沼田—後閑

それにしても寒いですねぇ。皆さん、クリスマスプレゼントの用意はできましたか?


写真展『現代を生きる蒸気機関車2013』12/16〜12/27 於:札幌

あのときのクリトレ(宗谷本線)  

皆さん、こんばんは。

都内は初雪だったようですね。それにしても朝晩の寒さはたまりません。
14日のクリトレは、いずれ記すと思いますが、雲海の星さんぎんちゃん、ありがとう!
お陰さまで筋肉痛、精神的な傷みなど、さまざまを味わうことができましたぁ。
それにしても、ブログを拝見していると線路端での成功例がけっこう出てますねぇ。
なんとなく悔しいから、今日はこの画です。

あのときのクリトレ(宗谷本線)
40年前の塩狩峠です。
前日は瀬棚線で撮影し、長万部から「ニセコ2号」で札幌。「りしり」で定宿旭川へ。
富良野線の朝一で美瑛へ行き撮影。富良野から旭川へ戻り、バスで塩狩へ出向きました。
321レを牽くのはC5787号機。このときも降雪でしたがベタ雪じゃあなかったなぁ。
皆さんのクリトレ写真を見ていたら、こんな光景を思い起こした次第でございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年12月30日 宗谷本線 塩狩—蘭留 C5787+旧客+DD51
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

目つきのよくない江○サンの新党は「結いの党」ですってね。
くろくまだったら、新党「西之島」にするけどな。

さて、今年最後の3連休ですが、信越は諦め日・月で秩父へ行こうかなと。
日曜日、秩父沿線でPUしてくださる方、募集してるかも!?


写真展『現代を生きる蒸気機関車2013』12/16〜12/27 於:札幌

碧空の武甲(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

嬉しいことに秩父ではクリスマストレインのように21〜23日に運行してくれています。
歩いて登ると1時間10分かかるハラキリ、行ってみたくなりました。
この地は処女地だという、ミスター&ミセスに連絡をとり、PUしていただきました。
林道には積雪があり、苦しい道中でありましたが、着いてみれば絶景!

碧空の武甲(秩父鉄道)
こんな情景が広がっておりましたぁ。
(汽車は右下ですよぉ)
その後、大滝温泉で湯ったりとして、湯冷めせぬまま帰宅した次第、ご夫妻ありがとう。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月22日 秩父鉄道 白久—三峰口

今シーズン、ラストは明日の秩父でしょうか。
匿名希望の豆ちゃんと撮影に行く予定ですが、もっと高みがよかったかな?

秩父 Last-run(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

豆粒汽車ぽっぽ」のAE86さんが「私を俯瞰に連れてって!」というので行ってきました。
そもそも「連れてって」はないでしょう。「行き方教えて」なら分かるんだけど……
人のいいくろくまは、「いいですよっ」と快諾して白久駅で待ち合わせをすることに。
まあ、黒豆コンビってのも縁起がいいかなぁ。

天宮でプハー
寒い山上でプハーッをしないでいたら、不服そうな豆粒氏。(友情出演 AE86氏)
やおら「オレを雲台に見立ててプハーッしてくれ!」と申し出る(笑)
「じゃあ、撮ったろうかい」ってんで撮ったのがこの画像。今年最後のプハーッかな。
彼はくろくまの持って行った「マグロづくし寿司」を半分平らげてしましましたぁ。

秩父ラストラン
今日の画はこれ。クリスマスの装飾とサービスをしたであろうパレオくん。
白煙をたなびかせて去って行きました。素晴らしい光景に満足しましたよ〜っ。
豆ちゃん、今日はお疲れさま。ブログ更新楽しみにしてますからねぇ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月23日 秩父鉄道 白久—武州日野


残るは大井川だけでしょうか、その前に年賀状をつくらなくてはなりません。
忙しい年の瀬、みなさんお元気で!

クリトレが光った!(秩父鉄道)  

皆さん、こんばんは。

またまた更新をさぼっておりました。
なにかと慌ただしい年末ですね。あっ、年賀状つくらなくては……
今年の欠礼はがき多かったな、などと思いつつ自らと親の年齢を考えてしまいます。

クリトレが光った!(秩父鉄道)
今日の画も先日の秩父 Last-run からです。
当日は曇りがちのお天気だったのですが、まるで後光が射すように築堤が輝きました。
そのなかを行くパレオの編成は、さながらクリスマスプレゼントのように思えました。
何かいいことがあるといいのだけれど、、、

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

2013年12月23日 秩父鉄道 三峰口—白久


豆ちゃんの撮影位置からは見えなかっただろうなぁ(笑)

二つ目現役時代(瀬棚線)  

皆さん、こんばんは。

帰省ラッシュがピークだと言われています。懐かしい故郷と対面されたでしょうか?
大手書店のダイアリーコーナーに行って、お気に入りの手帳を探したのに見つからず。
もうひとつのお目当て『国鉄時代 vol.36 東海道本線』を手にとって見てきました。
巻頭には、M河久氏の「東海道EF58讃歌」、ニコンFとコダクロームIIでのゴハチ写真。
同時期にニコマートでK-IIを使っていたくろくま、何とも懐かしい色合いに涙がでそう。
堀K康夫氏の「氷雪の路」は、宗谷本線のC55たちがさまざまなアングルで登場してます。

そして我らがあらさんの「鉄道風土記」も早4回目、湧網線(天都山)が秀逸。
是非ともお手にとって、俯瞰撮影の素晴らしさと文章を堪能していただきたいものです。
思えば高校3年間、イヴも大晦日もお正月も北海道で自炊しながら過ごしたものでした。
親不孝な次男坊だったなって思います。

二つ目現役時代(瀬棚線)
画の方は、そんな40年前の12月29日のものから……
露出アンダーとカビ、ホコリでお見せするのもお恥ずかしいのですが、これC11207なの。
今でも元気に道内を走ってくれてる二つ目クン、いつまでも元気に走って欲しいなぁ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年12月29日 瀬棚線 美利河—茶屋川

Nikomat-FTn 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 9.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

西之島と新島が地続きになったそうですね!
もっともっと大きくなって、植生が創造されて南海の楽園になるといいなぁ。
さて、もう4日寝るとお正月なんですねぇ。 あっ、やっと賀状出しましたよ。

隧道の幻想(深名線)  

皆さん、こんにちは。

年末年始は特番が組まれるので、夜テレビを観ていてもつまらないのですが、
朝起きると、真っ青な空が出迎えてくれます。こんな空のもと蒸機を写したいですよね。
さて、今日は『あまちゃん』の総集編、こればかりは観ないわけにはまいりません。

昭和48年の大晦日、池北線置戸とともに最寒地と称されていた母子里に向かいました。
定宿旭川から一番列車で名寄に入り942Dで北母子里に着きました。気温は−38℃。
朝の駅には馬橇が牛乳を牽いてやってきたんだけど、その写真は残念ながら行方不明。
前にも記したけれど、やりたかったのは「立ちション」、氷柱にはなりませんでしたが(笑)

隧道の幻想(深名線)
天塩弥生との間で俯瞰したかったのですが、あいにくの降雪で断念せざるを得なく、
路線を歩いているうちに8990レがやってきた。
ところが、線路脇の氷壁が2m超えで登ることもできない状況にあり、
牽かれちゃうかなぁ、って感じで写したのがこのカット、カマは79642です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

1973年12月31日 深名線 北母子里—白樺

Nikomat-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6

あいかわらずダラダラと年末を過ごしておりますが、明日のアップは不確定。
新年に向けて、皆さんのますますのご発展、ご栄達を心より祈念しております。
皆さん、良いお年をお迎えくださいませ!

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。