FC2ブログ
  • 車窓(日豊本線)
    皆さんこんばんは。年を食った新入社員生活もなかなか厳しいものがあります。ほぼ3ヶ月が来ようとしておりますが、失敗しまくりの毎日でありまして、おかげでストレスばかりが蓄積し、趣味の方も一緒にお留守状態。致し方なく、今夜はなつかしシリーズでお茶を濁します。1973/8/25 日豊本線のどこか確か田野→門石信号所か、その先の青井岳に至るどこかのはずなんですが、記録が散逸しているため、これ以上はいけません。オープン... 続きを読む
  • オメガカーブを往く(夕張鉄道)
    archives-004暑い日が続いています。画をご覧になって少しは涼しくなりましたかしら?... 続きを読む
  • 南郷谷を往く混合列車(高森線)
    49年3月17日 中松—阿蘇下田(高森線)C12のバック運転と混合列車はよく似合っていた。背景左は阿蘇五岳の高岳。1974年3月17日 高森線 中松―阿蘇下田Nikomate-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃-10minCool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX... 続きを読む
  • ローカル線の白煙(湧網線)
    49年12月24日 浜床丹—計呂地(湧網線)キューロクといえば雪のローカル線。左に見える凍結した入り江はサロマ湖。1974年12月24日 浜床丹—計呂地 (湧網線)Nikomat-FTn 35mm f3.5 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS6... 続きを読む
  • 8ミリの頃(士幌線)
    archives-005畑地も凍てついた大地と化す十勝地方の早朝……現われたキューロクを見て咄嗟に切ったシャッター。そこにはゼンマイ式の8ミリカメラが写っていました。当時スーパーエイトもシングルエイトもフィルム代は1,200円くらい現像代も1,000円くらいだったと記憶しています(およそ3分あたり)。リバーサルも高価だったけど、動画は高嶺の花だったかもしれませんね。この場所でのメイン画はこちら。... 続きを読む
  • ホッパー、煙突、そして……(伊田)
    皆さんこんばんは。ようやく降り続いた関東地方の雨も、本日はあがったようです。こういうときに鉄道撮影に行きたいものですが、残念ながら当分は無理なようで・・・。私を線路端に連れてって!(もはや俯瞰なんて贅沢なことは申しません)1973/8/18 伊田にて 59647〔行橋〕ランボードに一直線の白線。そしてキャブ下と煙室扉下のカーブ。北九州のカマであることを誇るような門デフ装備機。見事なサイドビューにほれぼれと見惚れ... 続きを読む
  • 今泉発車(長井線)
    1972.8.28 今泉なぜか、キューロクがブームである(笑)北海道ではローカル線、九州では運炭での活躍が目についたキューロク、構内を入換えでちょこまかと動く姿もまた可愛らしいものだった。47年の夏、陸羽東線でC58を撮影し会津地方を彷徨ってから今泉に立ち寄った。この年の3月、米坂線の灯が落ちて東北に残ったキューロクは長井線のみ。(舞鶴線、宮津線はこの年の10月、長井線は翌73年3月に無煙化)標準デフを装備して威風... 続きを読む
  • 空セキを牽いて(幌内線)
    1975.7.30 三笠—幌内道内でも蒸機終焉近くまでキューロクの牽く運炭列車が存在していました。夕張鉄道や大夕張鉄道、真谷地炭鉱専用鉄道などの私鉄が頭に浮かびますよね。ここ幌内線では岩見沢—幾春別の本線をD51、三笠—幌内〈炭鉱〉をキューロクが分担。昭和50年の夏となっても、臨貨を含めるとなんと1日9往復のスジが存在していました。1975.7.30 幌内線 三笠—幌内Nikomat-FT2 135mm f2.8 Ilford FP4 ASA125 Pro-Microl 1:4 24... 続きを読む
  • 第四音更川橋梁を往く(士幌線)
    1975.3.20 糠平—幌加なぜか、キューロクがブームである(笑)北海道ではローカル線、九州では運炭での活躍が目についたキューロク、構内を入換えでちょこまかと動く姿もまた可愛らしいものだった。50年の春、前日、広尾で9600を撮影し「狩勝2号」で滝川へ行き「からまつ」でリターン。4月に入れば長かった撮影行も帰京せねばならず、三股まで行くキューロクの貨物に狙いをつけた。その幻の貨物を撮るべく十勝三脵までロケハンを... 続きを読む
  • 昭和が香る駅(直方)
    49年8月27日 直方皆さん、こんばんは。今日もしぶとくキューロクで行かせていただきます(笑)筑豊本線から伊田線への分岐駅、直方には北九州有数の機関区がありました。ひときわ威容を誇るのは、バケットコンベアのついた巨大給炭櫓。デフなしのキューロクが2輛、あたかも姿見を覗くように相対していました。特急かもめ(京都—長崎・佐世保)の3号車は、この位置に停車するんですね。1974.8.27 直方 19636ほかNikomat-FTn 50mm ... 続きを読む
  • 中元寺川にて(後藤寺線)
    48年8月19日 船尾—起行「おじさんたちのキューロク」シリーズが蔓延しているようで嬉しいかぎりです。サイドビューが素敵なキューロク、このスジは短い編成でしたね……今では田川後藤寺駅と名前を変えましたが、この橋梁は健在なのでしょうかしら?写真の左側が船尾方面、右側が起行(駅)、当時は駅員さん? が常駐しておりましたよ。1973.8.19 船尾—起行Nikomat-FTn 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10minCool Scan 5000E... 続きを読む

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV