FC2ブログ
  • 足寄1974(池北線)
    皆さん、こんばんは。陽が傾き始めると暗闇の出番は早い。撮影後は早足で駅に戻った。沿線に何もない池北線だったがここ足寄には町があった。Nikomat-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA125 Pandol 1:1 21℃-7minCool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX1974年12月30日 池北線 足寄―愛冠にほんブログ村↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。... 続きを読む
  • 白い川、線路のカーブ(夕張線)
    皆さん、こんばんは。今日は蒸機終焉の昭和50年12月の画像から……滝ノ上—川端の撮影地を行く5797レ、牽くカマはD51603です。あと二日で蒸機の終焉を迎えるこの頃、胸の内がジ〜ンとしてました。この場所にも20名ぐらいの「鉄」がいたような記憶が……。この冬は罵声が飛び交うこともなく、皆蒸機との別れに真摯に向き合っていたようでした。1975年12月22日 夕張線 滝ノ上―川端にほんブログ村↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。Nik... 続きを読む
  • 静寂(夕張線)
    皆さん、こんばんは。今日は寒かったぁ。明日は東京、19℃の最高気温とか、身体がついていけません。あっ、花粉も多く飛散するらしいですぜっ。今回も既出画にて失礼いたします。夕刻迫る時間帯、D51がやってきた。ASA25のコダクロームでは車体が止まるはずもなく、いびつな前照灯がこころに残った。枝についた雪が悪魔の森のような印象だった。1978年12月25日 夕張線 追分—東追分Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋... 続きを読む
  • 降雪はモノトーン(上砂川支線)
    皆さん、こんばんは。今日は温かかったけれど土曜日にはモシカスルト雪、なんて言われてます。満身創痍の身には気候の変動が厳しいなぁ。歌志内線と平行して走る函館本線上砂川支線、終着の上砂川に陣取りました。降雪で135ミリでの画像は惨敗、リバーサルの引き画はなんとか見られるかな。炭住の間を空セキを牽いてやってきたD51、モノトーンの世界に魅了されました。終着駅まであと数百メートル、D51はしっかりと煙をあげて力行... 続きを読む
  • 凍てつく大地の蓮の花(士幌線)
    皆さん、こんばんは。梅の便り、河津桜の開花、すぎ花粉の乱舞……次第に春が確実に近づいてきております。さて、今日の画はだ〜い好きな士幌線のひとコマ。この日は残念ながら上士幌—十勝三脵の臨貨は走らなかったのですがいつもは逆向きのキューロクが正向きでやってきました。(8791レの走った12/28の誤りでした。ひぐちゃん、サンクス)凍える大地はまるで氷の花の満開状態、晴天に恵まれて素敵な画が写せました。1974.12.278 ... 続きを読む
  • 大井川重連2013(大井川鐵道)
    皆さん、こんばんは。せっかく春の温かさを味わったのに今日は寒かったですね。明日土曜日は更に寒い雨の日になるといいます。さて、土曜・日曜日と大井川鐵道に重連が走りますね。以前撮影したことを思い出し、探してみたら2013年の10月でした。この日は1001レと1004レがC11190+C11227、101レ、102レがC108の運行。今回は101レ、102レの重連運転のみ、噂によれば同形式ではない運行となるらしいです。前回は10月とはいえ気温も高... 続きを読む
  • 大井川重連2015(大井川鐵道)
    皆さん、こんばんは。朝6時半にねこさんにピックアップしていただき、いざ大井川へ。金谷ではひぐま3号さんと合流し、向かった先は初めての高み。汽車が来る一時間半も前に到着し、その光景に感激してKoppel-2さん、埼玉のMさん、ジョニやんに電話してしまいました。で、ガスが湧いたり展望が開けたりの繰り返し、やがて本命の時刻。あ〜あ、やっちまったぜぃ。ここまで見えないホワイトアウトは久しぶり。むしろ気持ちがいいかも... 続きを読む
  • 白い水蒸気と2つの前照灯 - 2015年・大井川重連 -
    汽車はどこだ〜線路が見えない…白い眺めの中から重連の鑵の汽笛が響きます。音だけを楽しんだ今日の大井川重連でした〜これで終わるわけにはいかない!リベンジを誓った大熊猫隊昼飯後に向かったのは…一昨年の秋の重連で無煙に終わった高み。ここでも汽車の時刻が近付くと小雨が落ちてきて光量が無い…そして重い雲の下、2つのライトを輝かせて鉄橋上に姿を見せた汽車、白い水蒸気をたっぷり撒きながら鉄橋を渡ってきました!2015/... 続きを読む
  • 旧客はいいよねっ(大井川鐵道)
    皆さん、こんばんは。滅多に出撃できなくなったくろくま、久々の大井川出撃、それも下りはホワイトアウトで逸してしまったものですからブログ存続のためにはいろんな画を掲出せねばなりません。ここは撮影名所の獅子抜里。下りでは煙が出るのですが上りではそうはいきません。微かな汽笛がかろうじてアクセントに。それでも旧客の長編成は見応えがありますよ。みかん色の車両がなかったのは大鐵の良識だったのかな?2015.3.8 抜里... 続きを読む
  • 春に向かって(大井川鐵道)
    皆さん、こんばんは。一橋を渡りきり左に大きくカーブした重連は抜里の駅へと向かいます。小さな駅舎には淡い桃色が。梅じゃないよね、たぶん桃の花。【↑高辻烏丸さんのご指摘で「紅梅」と判明しました。お詫びして訂正いたします】大勢のファンに見送られて新金谷を目指します。あははっ、これで一列車で4日連続のアップになってしまいました(恥)やはり、往きのホワイトアウトが祟ってしまいましたなぁ。2015.3.8 川根温泉笹間... 続きを読む
  • 41年前の旧客(田川線)
    皆さん、こんばんは。大井川のネタが尽きたので、41年前の旧客をアップします。くろくまにとっては客車の形式などはチンプンカンプンですけれど、さまざまな車輛で組み上がった編成ですが三両目の車輛なんて優等列車用ですかね?この日、有名撮影地の油須原で撮影を済ませ、崎山から犀川寄りに歩いてみました。5両目の客車の後ろには梅の花が写っています。まさにこの時期、あのころのあの空気をまた吸ってみたいな。これも過去掲... 続きを読む
  • 41年前の12系(日豊本線)
    皆さん、こんばんは。トワイライトとか北斗星とか皆さん「葬式」がお好きなようで……明日になりゃ「誕生日」を祝う、かがやきが脚光を浴びるんですよね。勿論、あたしゃそんなの関係ねえわけで(笑)昨日の流れから「銀『塩』鉄道の夜」さんのパターンを真似して、ハイ、41年前の今日、くろくまは青井岳界隈におりました。C5765が牽くのは臨客8542レ、当時蒸機牽引としては珍しい12系の編成でした。たぶん、車内はお座敷列車だった... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道初日(名寄本線)
    皆さん、こんばんは。表題は「銀『塩』鉄道の夜」のぜっきあいずさんのブログから。同時期、同日に何をしていたのかが懐かしくて楽しい。もしかするとどこかで出会っていたかもしれない。40年前のこの日、八甲田、宗谷と乗り継いで大雪4号で遠軽に。ここで夜を明かしたようで早朝の622Dで渚滑に着いたのは5:41。渚滑川を望める場所で日の出を迎え、この光景を目にしたのです。その後、渚滑線で往復を撮影し、50.3の撮影旅行が始ま... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道2日目(室蘭本線)
    皆さん、こんばんは。40年前の今日、くろくまは遠軽から上り大雪5号で岩見沢にやってきた。C57の牽く222レに乗って(移動手段がC57客レ)栗丘に着いたのは6:10。ここで17:47の229レ(これもC57牽引)までの長い時間を過ごしたのだった。ありきたりな構図に厭きてしまい、こんな構図を手に入れた。この撮影行前に入手できた28ミリレンズのおかげかな。3/15の行程 大雪5号→岩見沢 222レ→栗丘 229レ→岩見沢 かむい9号→旭川1975年3... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道3日目(宗谷本線)
    皆さん、こんばんは。レスをしてたらもうすぐ零時、はて、アップは間に合うか?渡道三日目は北へと進路を向けた。効率の悪いローカル撮りはとても楽しい。すでにC55の客レはなかったが、サロベツ原野のキューロクを狙ってみたかった。以前、利尻富士を狙って南稚内から延々と歩いたのだが、今回は勇知で下車した。抜海の丘と日本海が望まれるこの場所はサミット、上下の貨物はともに力行して行く。空のかび、修正が間に合いません... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道4日目(湧網線)
    皆さん、こんばんは。温かいというよりはむしろ暑い一日でしたね。桜の開花も早まったとのこと、千鳥ヶ淵でも行ってプハーッでもしたいもんです。さて、渡道4日目はまたしてもキューロクを求めてローカル線へ。1日2本しか写せなくても、初めての場所に行くのが楽しみになってきていました。流氷の接岸する浜には物悲しい光景が広がっていたよう感じがして寒さを忘れて見入ってました。(すみません、これも既出画でございます)こ... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道5日目(池北線)
    皆さん、こんばんは。今日も21.7℃、あまりに暑くてクーラーの試運転をしてしまいました(笑)大企業は好景気でベアだベアだと言ってますが、こちらはまるっきりの駄目駄目ベアー。景気のいい話と原発関連の話には思いっきり疑問符を抱いておりますよ。さて、渡道五日目は早朝から置戸を目指すことにいたしました。この線区のハイライトである釧北峠に挑む予定だったのですが、降雪のために断念し、境野寄りの小高い場所に陣取りま... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道6日目(広尾線)
    皆さん、こんばんは。湿気の多い一日になってしまいました。週末の秩父初日が気になるのですがどうなることでしょう。寝不足で帯広を出立したくろくま、この日の狙いは「海と広尾線」でした。ねぼけまなこでしたけれど、車窓をつねにロケハン、終着駅までやってきたのです。駅の北方には手頃な高みがあり、必死に登りました。汽車が来るまではおよそ1時間半でしたが、何とか海をバックに見える場所に。「レ」ばかりの編成でしたが... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道7日目(士幌線)
    皆さん、こんばんは。大相撲、すごいことになってますね。照ノ富士が真っ向勝負で白鳳を下しました。インタビューでは「安美関に応えたいと思った」と言ってました。客席に落ちた白鳳の表情がとても淋しく思えたのは私だけだったでしょうか。さて、50年春の渡道も7日目となりました。帯広から始発で終着十勝三脵まで車窓ロケハン、第四音更川橋梁を照準に定めました。糠平以北に入ったのは初めてでしたので、やたらと興奮していた... 続きを読む
  • 秩父初日
    皆さん、こんばんは。地元秩父鉄道の定期運行が始まったので行ってまいりました。下りは大野原で撮ったのち、追い抜いて武州日野でもう一回。返しはここ、浦山口で紅梅白梅と絡めることになりました。日章旗とFIRST RUN!!のHMは要りませんよね(笑)春が近づいているんですねぇ!武州中川—浦山口にほんブログ村↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道8日目(歌志内線)
    皆さん、こんばんは。しまったぁ、秩父へ行ったものだからアップすりゃ終わりかと(笑)でも、これってシリーズなんですよね。眠い目をこすりながら何とかアップすることにいたしましょう。この日は歌志内線でまったり。大好きな文珠近辺だけではなく西歌辺りの炭住も味わってきました。遠く、暑寒別連峰を望む場所からD51牽引のセキを眺めていた。3/21の行程 からまつ→美唄 821→砂川 623D→文珠 徒歩→西歌 →文殊 631D→歌志内... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道9日目(相生線)
    皆さん、こんばんは。東京でも桜の開花が宣言されました。昨日はあまりの睡魔に更新できず、ボケの花全開のくろくまですが、ぜっきあいずさんから引き継いだシリーズを全うできず恥ずかしい限りであります。さて、今日の画は(一日サバを読んでますが)ローカル線、相生線からの一枚。じつはここ、49年の大晦日にも出かけているのですが、相性が悪いのでしょうかね、行けば吹雪いてしまうといった悪循環、プチ高みからの光景は望遠... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道10日目(名寄本線)
    皆さん、こんばんは。さて、日付を合わせるために連続してアップさせていただきます(笑)この日は名寄本線に利尻で出向いております。本来ならば大雪5号で遠軽経由で入るのですが、これはどうしたことでしょうか。珍しいことをやったせいでしょうか、一ノ橋からサミットまで歩いたのに時間的に間に合わず、駄作に嘆いた一日になってしまいました。写真は名寄から歩いてのありきたり撮影(既出であります)。旭川に戻ってからは夕... 続きを読む
  • 土、よみがえる
    皆さん、こんばんは。(って三回連続じゃうるさいよねっ)秩父初日の浦山口の雰囲気がよかったものですので再訪しちゃいました。紅梅白梅はもとより、民家と小さな畑が気になってしまっていてね……この日は畑を耕す女性と話しをしながら汽車を待ちました。春色に蘇った土に植えられるのはジャガイモだそうです。2015年3月22日 武州中川—浦山口にほんブログ村↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道11日目(興浜北線)
    皆さん、こんばんは。今朝は予報通りに冷え込みました。今これを記している時間も暖房を入れてます。でも週末には20℃超が予想されており、各地でお花見が繰り広げられるんですね。蒸機屋としては、白煙とのさよならと春霞に恨みがましい思いもあるんですね。さて、渡道11日目は初めての興浜北線へのチャレンジを行ないました。音威子府(この駅、なぜか目覚めちゃうんですよね)3時8分に到着です。4時14分発のディーゼルまでの間、... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道12日目(上砂川支線)
    皆さん、こんばんは。朝晩の冷え込みはありますが、日中はすっかり春ですねぇ。桜もどんどん膨らんで週末は各地でお花見が催されることでしょう。渡道13日目は旭川ステーションホテル(あくまで駅雑魚寝)からのスタート。上砂川を拠点に5981レを撮影し、歌志内線の5681レ、5985レをゲットし鶉駅から炭住の丘に歩いて行って5987レを撮ったようです。歌志内線には文珠付近のようなプチ山間がありましたが、こちらの沿線は整然と並ぶ... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道13日目(標津線)
    皆さん、こんばんは。近所の公園では桜のつぼみがしっかりと膨らみ淡いピンクがあちらこちらに。明日は20度になるとのこと、朝晩の冷えがなけりゃいいのにねぇ。渡道13日目は寝台車付き夜行長距離鈍行「からまつ」にて釧路入り。さて、その先の行動がよく分からない(笑)本来ならば釧網線10時16分発の混合列車634に乗ったであろうと推察。が、現実は12時半発の「しれとこ2号」に乗車して根室標津に向かってる。想像するに「からま... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道14日目(石北本線)
    皆さん、こんばんは。温かくなりました。あすは花見日和だそうですね。でも、汽車好きにとっては春霞や高温は大敵なんです。さてさて、渡道も14日目となると金銭的にもきつかったことでしょう。自炊してきたお米やインスタントラーメンも底が見えてきたころかな。渡道14日目は先日に引き続き、よく分からない行動をしております。釧路の客車区でスチームで温めていた客車のなかで寝ていたらあまりの暑さに窓から足を出してしまい、... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道15日目(渚滑線)
    皆さん、こんばんは。昨日はつぼみだけだった近所の公園の桜が4分咲きになってました。日中には大井川大俯瞰に向かったひぐま3号さんからのメール、高辻烏丸さんとの同行だったとのこと、結果が楽しみであります。40年前の今日、訳の分からない道東の二日間を経てやってきたのはこの旅の出発点だった渚滑線でありました。前回同様に北見滝ノ上まで車上ロケハンしているようですが、結局は中渚滑がくろくま的感性にマッチしていた... 続きを読む
  • 私的「40年前の“今日”へ」渡道16日目(幌内線)
    皆さん、こんばんは。土曜日は出社、ひぐちゃんたちの大井川遠征に心、仕事にあらずでした。日曜日は雨の天気予報、しっかりと呑み寝を決め込んでしまいました。50キロ以上の荷物とともに行動しておりました40年前ですが、この日は幌内線の奥に足を伸ばしました。三笠あたりではたくさんの「鉄」がおりましたがその先、幾春別寄りに来られる方はおられませんでした。駅構内で入れ替え作業をしたD51は幾春別に向かって走っていきま... 続きを読む

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV