くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

足寄1974(池北線)  

皆さん、こんばんは。
陽が傾き始めると暗闇の出番は早い。
撮影後は早足で駅に戻った。
沿線に何もない池北線だったがここ足寄には町があった。

足寄1974(池北線)

Nikomat-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA125 Pandol 1:1 21℃-7min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

1974年12月30日 池北線 足寄―愛冠

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

白い川、線路のカーブ(夕張線)  

皆さん、こんばんは。
今日は蒸機終焉の昭和50年12月の画像から……

滝ノ上—川端の撮影地を行く5797レ、牽くカマはD51603です。

白い川、線路のカーブ(夕張線)
あと二日で蒸機の終焉を迎えるこの頃、胸の内がジ〜ンとしてました。
この場所にも20名ぐらいの「鉄」がいたような記憶が……。
この冬は罵声が飛び交うこともなく、皆蒸機との別れに真摯に向き合っていたようでした。

1975年12月22日 夕張線 滝ノ上―川端

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

Nikomat-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 D76 20℃-6.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

静寂(夕張線)  

皆さん、こんばんは。
今日は寒かったぁ。
明日は東京、19℃の最高気温とか、
身体がついていけません。
あっ、花粉も多く飛散するらしいですぜっ。

寂寥感(夕張線)
今回も既出画にて失礼いたします。
夕刻迫る時間帯、D51がやってきた。
ASA25のコダクロームでは車体が止まるはずもなく、
いびつな前照灯がこころに残った。
枝についた雪が悪魔の森のような印象だった。

1978年12月25日 夕張線 追分—東追分

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

降雪はモノトーン(上砂川支線)  

皆さん、こんばんは。
今日は温かかったけれど土曜日にはモシカスルト雪、なんて言われてます。
満身創痍の身には気候の変動が厳しいなぁ。

降雪はモノトーン(上砂川支線)
歌志内線と平行して走る函館本線上砂川支線、終着の上砂川に陣取りました。
降雪で135ミリでの画像は惨敗、リバーサルの引き画はなんとか見られるかな。
炭住の間を空セキを牽いてやってきたD51、モノトーンの世界に魅了されました。
終着駅まであと数百メートル、D51はしっかりと煙をあげて力行してきました。

1978
1974年12月26日 上砂川支線 東鶉— 東追分 上砂川

Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

凍てつく大地の蓮の花(士幌線)  

皆さん、こんばんは。
梅の便り、河津桜の開花、すぎ花粉の乱舞……
次第に春が確実に近づいてきております。

凍てつく大地の蓮の花(士幌線)
さて、今日の画はだ〜い好きな士幌線のひとコマ。
この日は残念ながら上士幌—十勝三脵の臨貨は走らなかったのですが
いつもは逆向きのキューロクが正向きでやってきました。
(8791レの走った12/28の誤りでした。ひぐちゃん、サンクス)
凍える大地はまるで氷の花の満開状態、晴天に恵まれて素敵な画が写せました。

1974.12.278 北平和―上士幌 1791レ

Nikomat FTn、35mm f2.8、KODACROME-II ASA25、PLフィルター、東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

最近、SL蒸気機関車部門での蒸機の写真が少なくて寂しいです

大井川重連2013(大井川鐵道)  

皆さん、こんばんは。
せっかく春の温かさを味わったのに今日は寒かったですね。
明日土曜日は更に寒い雨の日になるといいます。

さて、土曜・日曜日と大井川鐵道に重連が走りますね。
以前撮影したことを思い出し、探してみたら2013年の10月でした。
この日は1001レと1004レがC11190+C11227、101レ、102レがC108の運行。
今回は101レ、102レの重連運転のみ、噂によれば同形式ではない運行となるらしいです。

大井川重連2013(大井川鐵道)
前回は10月とはいえ気温も高く、黒煙で走り去って行った一橋でしたが、
今年は白煙が望めるのでしょうか? 何より澄んだ空を希望するものであります。

2013.10.12 抜里―川根温泉笹間渡

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

大井川重連2015(大井川鐵道)  

皆さん、こんばんは。
朝6時半にねこさんにピックアップしていただき、いざ大井川へ。
金谷ではひぐま3号さんと合流し、向かった先は初めての高み。
汽車が来る一時間半も前に到着し、その光景に感激して
Koppel-2さん、埼玉のMさん、ジョニやんに電話してしまいました。
で、ガスが湧いたり展望が開けたりの繰り返し、やがて本命の時刻。

ガス
あ〜あ、やっちまったぜぃ。
ここまで見えないホワイトアウトは久しぶり。むしろ気持ちがいいかも。
(強がりが7割ぐらい……)

大井川重連2015(大井川鐵道)
返しは何とか撮れましたけれど、今いち満足度は……

2015.3.8 家山―福用

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

白い水蒸気と2つの前照灯 - 2015年・大井川重連 -   

汽車はどこだ〜

線路が見えない…


白い眺めの中から重連の鑵の汽笛が響きます。

音だけを楽しんだ今日の大井川重連でした〜


これで終わるわけにはいかない!

リベンジを誓った大熊猫隊
昼飯後に向かったのは…

一昨年の秋の重連で無煙に終わった高み


ここでも汽車の時刻が近付くと小雨が落ちてきて光量が無い…

そして重い雲の下、
2つのライトを輝かせて鉄橋上に姿を見せた汽車、
白い水蒸気をたっぷり撒きながら鉄橋を渡ってきました!

白い水蒸気と2つの前照灯 - 2015年・大井川重連 -
2015/3/8 川根温泉笹間渡→抜里 102レ C11190+C108+旧型客車
(画をクリックすると大きな画が開けます)

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
これがくまのエネルギー源(くまごはん)です。
汽車が好きな人も風景が好きな人も煙が好きな人も何か当てはまるものがあってもなくても
何かイイネッと思った人も思わなかった人も
ポチッとエネルギーを補充していってください。


でも…

やっぱり午前中に登った立ち位置から白煙を眺めたかったなぁ…



元記事は
ねこさん、サンクス〜っ

旧客はいいよねっ(大井川鐵道)  

皆さん、こんばんは。
滅多に出撃できなくなったくろくま、久々の大井川出撃、
それも下りはホワイトアウトで逸してしまったものですから
ブログ存続のためにはいろんな画を掲出せねばなりません。

旧客はいいよねっ(大井川鐵道)
ここは撮影名所の獅子抜里。下りでは煙が出るのですが
上りではそうはいきません。
微かな汽笛がかろうじてアクセントに。
それでも旧客の長編成は見応えがありますよ。
みかん色の車両がなかったのは大鐵の良識だったのかな?

2015.3.8 抜里―家山

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

春に向かって(大井川鐵道)  

皆さん、こんばんは。
一橋を渡りきり左に大きくカーブした重連は抜里の駅へと向かいます。
小さな駅舎には淡い桃色が。
梅じゃないよね、たぶん桃の花。
【↑高辻烏丸さんのご指摘で「紅梅」と判明しました。お詫びして訂正いたします】
大勢のファンに見送られて新金谷を目指します。

春に向かって(大井川鐵道)
あははっ、これで一列車で4日連続のアップになってしまいました(恥)
やはり、往きのホワイトアウトが祟ってしまいましたなぁ。

2015.3.8 川根温泉笹間渡―抜里

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

41年前の旧客(田川線)  

皆さん、こんばんは。
大井川のネタが尽きたので、41年前の旧客をアップします。
くろくまにとっては客車の形式などはチンプンカンプンですけれど、
さまざまな車輛で組み上がった編成ですが三両目の車輛なんて優等列車用ですかね?

41年前の旧客(田川線)
この日、有名撮影地の油須原で撮影を済ませ、崎山から犀川寄りに歩いてみました。
5両目の客車の後ろには梅の花が写っています。
まさにこの時期、あのころのあの空気をまた吸ってみたいな。

これも過去掲出画の別カットになります。

1974.3.13 田川線 犀川―崎山
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

41年前の12系(日豊本線)  

皆さん、こんばんは。
トワイライトとか北斗星とか皆さん「葬式」がお好きなようで……
明日になりゃ「誕生日」を祝う、かがやきが脚光を浴びるんですよね。

勿論、あたしゃそんなの関係ねえわけで(笑)
昨日の流れから「銀『塩』鉄道の夜」さんのパターンを真似して、

41年前の12系(日豊本線)
ハイ、41年前の今日、くろくまは青井岳界隈におりました。
C5765が牽くのは臨客8542レ、当時蒸機牽引としては珍しい12系の編成でした。
たぶん、車内はお座敷列車だったと思います。
(↑どうやらオールグリーン車の編成だったらしいです。とおりすがりです さんサンクスで〜す)

ちなみに、これも再掲出の画でございます、スマソ〜っ。

1974.3.14 日豊本線 青井岳―楠ケ丘
Nikomat FTn、50mm f1.4、KODACROME-II ASA25、東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道初日(名寄本線)  

皆さん、こんばんは。
表題は「銀『塩』鉄道の夜」のぜっきあいずさんのブログから。
同時期、同日に何をしていたのかが懐かしくて楽しい。
もしかするとどこかで出会っていたかもしれない。

私的「40年前の“今日”へ」渡道初日(名寄本線)
40年前のこの日、八甲田、宗谷と乗り継いで大雪4号で遠軽に。
ここで夜を明かしたようで早朝の622Dで渚滑に着いたのは5:41。
渚滑川を望める場所で日の出を迎え、この光景を目にしたのです。

その後、渚滑線で往復を撮影し、50.3の撮影旅行が始まったのでした。
(はて、これをシリーズ化すると4月までネタが要らないぜぇ)

3/13 上野 八甲田→青森 35便→函館 宗谷→旭川 大雪4号→遠軽
3/14 遠軽 622D→渚滑 721D→北見滝ノ上 724D→十六号線 徒歩→中渚滑 728D→渚滑 627D 遠軽 大雪5号→


1975年日3月14月 名寄本線 渚滑―沙留
Nikomat FTn、50mm f1.4、KODACROME-II ASA25、東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道2日目(室蘭本線)  

皆さん、こんばんは。
40年前の今日、くろくまは遠軽から上り大雪5号で岩見沢にやってきた。
C57の牽く222レに乗って(移動手段がC57客レ)栗丘に着いたのは6:10。
ここで17:47の229レ(これもC57牽引)までの長い時間を過ごしたのだった。

私的「40年前の“今日”へ」渡道二日目(室蘭本線)
ありきたりな構図に厭きてしまい、こんな構図を手に入れた。
この撮影行前に入手できた28ミリレンズのおかげかな。

3/15の行程 大雪5号→岩見沢 222レ→栗丘 229レ→岩見沢 かむい9号→旭川

1975年3月15日 室蘭本線 栗丘―栗山
Nikomat FTn、28mm f3.5、FX ASA32 Microdol-X (1:3) 24℃ 12min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道3日目(宗谷本線)  

皆さん、こんばんは。
レスをしてたらもうすぐ零時、はて、アップは間に合うか?

渡道三日目は北へと進路を向けた。効率の悪いローカル撮りはとても楽しい。
すでにC55の客レはなかったが、サロベツ原野のキューロクを狙ってみたかった。
以前、利尻富士を狙って南稚内から延々と歩いたのだが、今回は勇知で下車した。

私的「40年前の“今日”へ」渡道三日目(宗谷本線)

抜海の丘と日本海が望まれるこの場所はサミット、上下の貨物はともに力行して行く。
空のかび、修正が間に合いませんでした。見苦しいですよね、スマソ〜!


3/16の行程 旭川 利尻→南稚内 338D→抜海 徒歩→勇知 348D→幌延 礼文→旭川


1975年3月16日 宗谷本線 抜海―勇知
Nikon-F 135mm f2.8 Panatmic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道4日目(湧網線)  

皆さん、こんばんは。
温かいというよりはむしろ暑い一日でしたね。
桜の開花も早まったとのこと、千鳥ヶ淵でも行ってプハーッでもしたいもんです。

私的「40年前の“今日”へ」渡道四日目(湧網線)
さて、渡道4日目はまたしてもキューロクを求めてローカル線へ。
1日2本しか写せなくても、初めての場所に行くのが楽しみになってきていました。
流氷の接岸する浜には物悲しい光景が広がっていたよう感じがして寒さを忘れて見入ってました。
(すみません、これも既出画でございます)

この日は同行のOくんと池北線の日ノ出駅(委託駅)で宿泊し、翌日の池北に備えました。

3/17の行程 旭川 大雪5号→遠軽 622D→中湧別 921D→浜佐呂間 922D→知来 925D→能取 927D→網走 1572D→北見 →日ノ出

1975年3月15日 宗谷本線 常呂港―能取
Nikomat FTn 35mm f2.8 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

※データ修正しました。koppel-2さん、ありがとう

私的「40年前の“今日”へ」渡道5日目(池北線)  

皆さん、こんばんは。
今日も21.7℃、あまりに暑くてクーラーの試運転をしてしまいました(笑)
大企業は好景気でベアだベアだと言ってますが、こちらはまるっきりの駄目駄目ベアー。
景気のいい話と原発関連の話には思いっきり疑問符を抱いておりますよ。

私的「40年前の“今日”へ」渡道五日目(池北線)
さて、渡道五日目は早朝から置戸を目指すことにいたしました。
この線区のハイライトである釧北峠に挑む予定だったのですが、
降雪のために断念し、境野寄りの小高い場所に陣取りました。
(すみません、これも既出画でございます ←もっと考えてセレクトしろよっ)

残念ながら、この企画をパクらせていただいたぜっきあいずさんとの邂逅はなかったようです。
でも、1975.3.15の上川駅2:06〜10、上り大雪5号のなかで、1分遅れで入線してきた
下り大雪5号のなかに彼がおられたのですね、お会いできませんでしたが、これも感慨深いものであります。

3/18の行程 日ノ出 徒歩→訓子府 930D→置戸 932D→勇足 933D→仙美里 928D→池田 446レ→帯広(泊)


この晩は少々パニック
なんと終日営業のはずの帯広駅から追い出しを食らってしまった。
どうやらこの駅、年末年始の繁忙期のみの終日営業だったよう。
仕方なく暖を求めて機関区のキューロクに乗り込んでいたら
見つかってしまい当然のごとく追い出される有り様。

駅前の交番で「僕たちを一晩保護してください」と訴えるも却下。
おまわりさんに教えて頂いた居酒屋で夜明かしをすることになりましたとさ。
(勿論、飲酒はしてませんよ)

1975年3月18日 池北線 境野—置戸
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道6日目(広尾線)  

皆さん、こんばんは。
湿気の多い一日になってしまいました。
週末の秩父初日が気になるのですがどうなることでしょう。

寝不足で帯広を出立したくろくま、この日の狙いは「海と広尾線」でした。
ねぼけまなこでしたけれど、車窓をつねにロケハン、終着駅までやってきたのです。
駅の北方には手頃な高みがあり、必死に登りました。
汽車が来るまではおよそ1時間半でしたが、何とか海をバックに見える場所に。

皆さん、こんばんは。 湿気の多い一日になってしまいました。 週末の秩父初日が気になるのですがどうなることでしょう。 寝不足で帯広を出立したくろくま、この日の狙いは「海と広尾線」でした。 ねぼけまなこでし
「レ」ばかりの編成でしたが、海産物の運送用だったのでしょうかね。
撮影後は帯広に戻り、翌日の士幌臨貨に備えようと思いましたが、
昨晩の苦い思い出から「からまつ」富良野上下折り返しにしたようです。

3/19の行程 帯広 821D→広尾 826D→帯広 1226D→狩勝2号 933D→滝川 からまつ→

1975年3月19日 広尾―新生 1891レ キューロク牽引

Nikomat-FT2 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道7日目(士幌線)  

皆さん、こんばんは。
大相撲、すごいことになってますね。
照ノ富士が真っ向勝負で白鳳を下しました。
インタビューでは「安美関に応えたいと思った」と言ってました。
客席に落ちた白鳳の表情がとても淋しく思えたのは私だけだったでしょうか。

さて、50年春の渡道も7日目となりました。
帯広から始発で終着十勝三脵まで車窓ロケハン、第四音更川橋梁を照準に定めました。
糠平以北に入ったのは初めてでしたので、やたらと興奮していたのを覚えてます。
幌加から線路を歩きに歩いて橋梁を半ばまで渉り、この場所を発見したんです。
バックには輝く糠平湖、送電鉄塔が邪魔だったけれど理想の撮影場所でありました。

私的「40年前の“今日”へ」渡道7日目(士幌線)
やがてキューロクがやってきました。風の煽りで貨車が見えませんが
蒸機撮影では秘境中の秘境でシャッターが切れたこと、幸せを感じたものです。
尚、この日この路線でブログ盟友ひぐま3号さんとのニアミスがあったのも
現在のお付き合いにつながる「何か」を感じずにはいられません。
40年の歳月で力強く元気だった我が身もヨレヨレ、汽車みたいに復活したいぜよ。
(この画も既出画にてご勘弁くだされまし……)

3/20の行程 富良野 からまつ→帯広 721D→十勝三脵 724D→幌加 728D→帯広 からまつ→

1975年3月20日 糠平―幌加 8791レ キューロク牽引
1975年3月20日 士幌線 糠平―幌加
Nikomat FTn、28mm f3.5、 K-II ASA25 東洋現像所

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

秩父初日  

皆さん、こんばんは。
地元秩父鉄道の定期運行が始まったので行ってまいりました。
下りは大野原で撮ったのち、追い抜いて武州日野でもう一回。
返しはここ、浦山口で紅梅白梅と絡めることになりました。
日章旗とFIRST RUN!!のHMは要りませんよね(笑)

秩父初日
春が近づいているんですねぇ!

武州中川—浦山口

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道8日目(歌志内線)  

皆さん、こんばんは。
しまったぁ、秩父へ行ったものだからアップすりゃ終わりかと(笑)
でも、これってシリーズなんですよね。
眠い目をこすりながら何とかアップすることにいたしましょう。

この日は歌志内線でまったり。大好きな文珠近辺だけではなく
西歌辺りの炭住も味わってきました。

私的「40年前の“今日”へ」渡道8日目(歌志内線)
遠く、暑寒別連峰を望む場所からD51牽引のセキを眺めていた。

3/21の行程 からまつ→美唄 821→砂川 623D→文珠 徒歩→西歌 →文殊 631D→歌志内 632D→砂川 宗谷→旭川

1975年3月21日 歌志内線 焼山―文珠
Nikomat FTn、28mm f3.5、 MInicopy ASA6 POTA 20℃ 7min

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道9日目(相生線)  

皆さん、こんばんは。
東京でも桜の開花が宣言されました。
昨日はあまりの睡魔に更新できず、ボケの花全開のくろくまですが、
ぜっきあいずさんから引き継いだシリーズを全うできず恥ずかしい限りであります。

私的「40年前の“今日”へ」渡道9日目(相生線)
さて、今日の画は(一日サバを読んでますが)ローカル線、相生線からの一枚。
じつはここ、49年の大晦日にも出かけているのですが、相性が悪いのでしょうかね、
行けば吹雪いてしまうといった悪循環、プチ高みからの光景は望遠レンズでは
非常に厳しいこととなってしまいました。
この日美幌峠で撮影されていたAE86さんとは大雪5号のなかでニアミスがあったかも。

3/22の行程 大雪5号→美幌723D→北見相生 728D→美幌 大雪4号(225分遅れ)→旭川


1975年3月22日 相生線 布川―北見相生
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 12min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道10日目(名寄本線)  

皆さん、こんばんは。
さて、日付を合わせるために連続してアップさせていただきます(笑)

この日は名寄本線に利尻で出向いております。
本来ならば大雪5号で遠軽経由で入るのですが、これはどうしたことでしょうか。
珍しいことをやったせいでしょうか、一ノ橋からサミットまで歩いたのに
時間的に間に合わず、駄作に嘆いた一日になってしまいました。

私的「40年前の“今日”へ」渡道10日目(名寄本線)
写真は名寄から歩いてのありきたり撮影(既出であります)
旭川に戻ってからは夕食を摂って再度「りしり」の車中の人と相成りました。

3/23の行程 旭川 →りしり→名寄 621D→一ノ橋 626D→名寄 なよろ2号→旭川

1975年3月23日 名寄本線 名寄―中名寄
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 MICRODOL-X1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

土、よみがえる  

皆さん、こんばんは。
(って三回連続じゃうるさいよねっ)
秩父初日の浦山口の雰囲気がよかったものですので再訪しちゃいました。
紅梅白梅はもとより、民家と小さな畑が気になってしまっていてね……

土、よみがえる
この日は畑を耕す女性と話しをしながら汽車を待ちました。
春色に蘇った土に植えられるのはジャガイモだそうです。

2015年3月22日 武州中川—浦山口

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道11日目(興浜北線)  

皆さん、こんばんは。
今朝は予報通りに冷え込みました。今これを記している時間も暖房を入れてます。
でも週末には20℃超が予想されており、各地でお花見が繰り広げられるんですね。
蒸機屋としては、白煙とのさよならと春霞に恨みがましい思いもあるんですね。

さて、渡道11日目は初めての興浜北線へのチャレンジを行ないました。
音威子府(この駅、なぜか目覚めちゃうんですよね)3時8分に到着です。
4時14分発のディーゼルまでの間、名物の駅そばを食したかどうか記憶にはありません。

私的「40年前の“今日”へ」渡道11日目(興浜北線)
興浜北線といえば、斜内の灯台近辺が有名撮影地でしたよね!
でもね、ロケハンも兼ねて終着駅まで行ってみると、格好の丘を発見したんです。
丘の上から8981レを撮影してから荷物をそのままに一度駅まで戻り、自炊の昼食を摂り、
午後になり再度丘に登り、返しの8982レを撮影することができました。

この日、浜頓別—斜内のディーゼルでアンギュロンさんとご一緒だったらしいです。
当時の記憶は曖昧なことこの上ないのですが、確かに出会いはあったんですね。

3/24の行程 りしり→音威子府 728D→浜頓別 928D→一浜頓別 728D→音威子府 礼文→旭川
(今日もゴミだらけの画にて申し訳ござんせん!!)

1975年3月23日 興浜北線 北見枝幸―問牧
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道12日目(上砂川支線)  

皆さん、こんばんは。
朝晩の冷え込みはありますが、日中はすっかり春ですねぇ。
桜もどんどん膨らんで週末は各地でお花見が催されることでしょう。

渡道13日目は旭川ステーションホテル(あくまで駅雑魚寝)からのスタート。
上砂川を拠点に5981レを撮影し、歌志内線の5681レ、5985レをゲットし
鶉駅から炭住の丘に歩いて行って5987レを撮ったようです。

私的「40年前の“今日”へ」渡道12日目(上砂川支線)
歌志内線には文珠付近のようなプチ山間がありましたが、こちらの沿線は整然と並ぶ炭住ばかり。
たぶん今となっては夕張のような閑散とした景色になっているのでしょうね。

3/25の行程 旭川 レ不明→砂川 923D→一上砂川 932D→砂川 レ不明→小樽 からまつ
今回も既出画にて失礼いたします←こんなのばっかり……


1975年3月25日 上砂川支線 下鶉―鶉 D51牽引貨物列車
Nikomat FTn 28mm f3.5 PL使用 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道13日目(標津線)  

皆さん、こんばんは。
近所の公園では桜のつぼみがしっかりと膨らみ淡いピンクがあちらこちらに。
明日は20度になるとのこと、朝晩の冷えがなけりゃいいのにねぇ。

渡道13日目は寝台車付き夜行長距離鈍行「からまつ」にて釧路入り。
さて、その先の行動がよく分からない(笑)
本来ならば釧網線10時16分発の混合列車634に乗ったであろうと推察。
が、現実は12時半発の「しれとこ2号」に乗車して根室標津に向かってる。
想像するに「からまつ」の釧路到着が遅れたのであろうか?
私的「40年前の“今日”へ」渡道13日目(標津線)

夕刻の上武佐で無理矢理1394レを撮影しているが光量不足は否めない。
(ちなみに、ここ標津線は前日に高辻烏丸さんが訪れていたとは……)
やっつけで撮影したもののここでも駄作を連発ってことになっちゃったあ。
その後わざわざ厚床まわりで釧路に戻ったのも何故だったんだろうなぁ?

3/26の行程 からまつ→釧路 しれとこ2号→根室標津 328D→上武佐 330D→中標津 358D→ 厚床 244D→ 釧路

1975年3月26日 標津線 上武佐―中標津 C11176牽引貨物
Nikomat FTn 50mm f1.4 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道14日目(石北本線)  

皆さん、こんばんは。
温かくなりました。あすは花見日和だそうですね。
でも、汽車好きにとっては春霞や高温は大敵なんです。

さてさて、渡道も14日目となると金銭的にもきつかったことでしょう。
自炊してきたお米やインスタントラーメンも底が見えてきたころかな。

渡道14日目は先日に引き続き、よく分からない行動をしております。
釧路の客車区でスチームで温めていた客車のなかで寝ていたら
あまりの暑さに窓から足を出してしまい、「お客さんのために温めているんだ」と
作業の方から、でっかい喝を食らい、すごすごと退散。

釧路駅の開くまで待っていたと思いますが何故に出動が9時10分なの?
ほかの列車で撮影はできなかったのかと今思うと疑念がた〜くさん。
私的「40年前の“今日”へ」渡道14日目(石北本線)

結局この日端野で3時間ぐらい滞在したときに写した画像しかないのです。
なんて無駄な二日間だったんだぁ、といいたいけど理由はあったんだよね、たぶん。
このスジを美幌峠で写したかったなぁとつくづく思います。
そして、この日も雪で遅れるのを恐れて「大雪4号」で旭川に戻っています。

3/27の行程 釧路 ノサップ1号→厚岸 234D→釧路 大雪3号→北見 559D→端野 566D→北見 大雪4号→ 旭川

1975年3月27日 石北本線 端野 C5833+29694牽引貨物
Nikomat FTn 50mm f1.4 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道15日目(渚滑線)  

皆さん、こんばんは。
昨日はつぼみだけだった近所の公園の桜が4分咲きになってました。
日中には大井川大俯瞰に向かったひぐま3号さんからのメール、
高辻烏丸さんとの同行だったとのこと、結果が楽しみであります。

40年前の今日、訳の分からない道東の二日間を経てやってきたのは
この旅の出発点だった渚滑線でありました。
前回同様に北見滝ノ上まで車上ロケハンしているようですが、
結局は中渚滑がくろくま的感性にマッチしていたようです。

私的「40年前の“今日”へ」渡道15日目(渚滑線)
この日は煙が風に流され、編成がよく見えませんでした。

3/28の行程 大雪5号→遠軽 622D→渚滑 721D→北見滝ノ上 724D→渚滑 723D→ 中渚滑 728D→渚滑 627D→遠軽 大雪5号


1975年3月27日 渚滑線 16号線—中渚滑 キューロク牽引貨物
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

私的「40年前の“今日”へ」渡道16日目(幌内線)  

皆さん、こんばんは。
土曜日は出社、ひぐちゃんたちの大井川遠征に心、仕事にあらずでした。
日曜日は雨の天気予報、しっかりと呑み寝を決め込んでしまいました。

50キロ以上の荷物とともに行動しておりました40年前ですが、
この日は幌内線の奥に足を伸ばしました。
三笠あたりではたくさんの「鉄」がおりましたが
その先、幾春別寄りに来られる方はおられませんでした。

私的「40年前の“今日”へ」渡道16日目(幌内線)
駅構内で入れ替え作業をしたD51は幾春別に向かって走っていきました。

3/29の行程 岩見沢 621D→幾春別 622D→唐松 レ不明→岩見沢 かむい?→ 旭川

1975年3月28日 幌内線 唐松—弥生 D51367単機
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV