くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

最後の蒸機貨物6788レ  

最期の貨物6788レ

はじめまして。くろくまです。
以前、HPを開設していたのですが、生来のぐーたら。更新もしないまま、
グロッキーです。タダでできるブログの存在は気になっていたのですが
どうせ、三日坊主になるだろうなぁと思い、今までは手を出さなかった
私ですが、国鉄時代の蒸機の写真をスキャンしているうちに、ちょっとだけ
公開してみたくなってしまいました。そんな訳でのこのブログ、いつまで
続けられるのかわかりませんが、お付き合い願えれば幸甚です。

はじめての頁ですので、ちょっとだけ自己紹介です。
くろくまは東京生まれ(ネリマですけどね)、東京育ち。
昭和30年代に採れました。
中学・高校時代に各地を転戦して蒸機を写しまくりました。

自らの手ではじめて写した蒸機は昭和45年の八高線のD51507。
翌46年には中学生だというのに友人3人で渡道し、憧れのC62、D52、
D61などを撮影し、昭和50年12月には夕張線に出撃して最期の蒸機と
お別れしてきたのです。その後冬場には北海道に行かないと気が済まなくなり、
渡道回数はじつに30回に及びました。
結婚してからは、そんな自由もなくなりましたが、機会があれば、
といつも考えております。

復活蒸機の方は、昭和51~53年に大井川鐵道に通いましたが、
あまり燃えることなく、息子を連れて秩父に行くくらいでした。
大したことはありませんが反響が少しでもあれば、
続けていく大きなエネルギーになります。

と、いうことで最初の写真は昭和50年12月24日の追分です。
ストロボを焚いたわけではないのですが、TV局の取材でしょう、
ライトがあたり、D51241を闇のなかから浮かび上がらせてくれました。

トライXのASA1600増感で捉えた思い入れの深いこの1枚から、この
ブログをスタートしたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。
関連記事
コメント

 くろくま様 久し振りに拝見したら、誰もコメントしてないんですね。
この印画を見たのは大学に入ってからのような気がします。
当時は1600増感って凄いなぁと思ってました。
初めて挑戦したのが八王子市民会館で撮影したS田J子ショウでした。F生のOさんと行ったのを覚えています。

自分は中学の時に現像等は経験しているのですが、国鉄現役蒸機が無くなってから本格的に現像を始めました。
ですから国内現役蒸機で現像したのは専用線の蒸機のみかなぁ 技術も成長せぬまま現在に至ってますが、ここ7・8年はフィル現していないなぁ
D51241 この1枚はスタートを飾るには相応しいですね。
 恰も太宰が晩年で始まりグットバイで締める大人の感覚です。
自分もどの様な形にせよこの現場には立ち会いたかったですよ。
ひとりのファンとして句読点を感じる一枚ですよ。  流石

KOPPEL-2 #- | URL
2009/11/20 23:47 | edit

今になって気づきました。

Koppel-2さん、貴殿だつたのですね。
グッドバイではじまった拙ブログ、晩年で終わることになるのかな?

あ~ぁ、全然気がつきませんでしたよv-290

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/07 17:53 | edit

いいじゃないの晩年の画像があるんだから・・・

 くろくま様 確かこの時期にくろくまさんが撮影した画像で当時出版された雑誌でH田さんの追分で撮影したものでしたっけ 似たような斜光線の画像を羨ましく観ていましたよ。

 そしてまさか この歳まで蒸気機関車にこだわって遊べるとは当時想いましませんでした。
6788会の人達といい、貴殿やNさんといい ラストdayを経験出来た方々が羨ましい限りですが、

 自分の鉄道趣味はこの後 より狭く且つバラエティ-部門になっていきましたよ。

 七夕のお願い事  本日はXでした。 

もっとコメントがあってもいい画像だと思いますよ。

KOPPEL-2 #darb9Gq6 | URL
2011/07/07 23:11 | edit

僭越ながら失礼いたします

崇高なキックオフアーカイブに失礼申し上げます。
上のKoppel-2さんの一言に背中を押していただき、コメントさせていただきます。

昭和50年12月24日は蒸機ファンにとって特別の中にも特別な日でした。
何にカメラを向けても、何を撮っても「あぁ、これで最後」というものばかりでした。
追分に到着した241号機のこの晴れやかな表情が素晴らしいです。
写真は撮り手の心を確実に反映させますが、どこかこの日の昼間までの切迫感が薄らぎ、任務(最終仕業の241号機も、最終撮影のくろくまさんも)を全うしたという安堵感が感じられます。
暗所では光源は何でも使えとばかりに、テレビカメラのライトが当たった場所をラッキーとばかりに撮影するお気持ちもよぉくわかります!

私は鹿ノ谷を最終撮影地に選びました。
6788列車始発の夕張とも思ったのですが、夕張は車掌車1両で発車し、鹿ノ谷で入換してセキの長大編成ができ上がるということからここにしました。
重量専貨の発車シーンは、135mmF3.5を付けたボディはとりあえず手持ち限界の開放、1/15で乱写し、あとはTri-Xを限界まで増感してやろうと臨みました。
いつかも書きましたが、ASA1600が限界とされるTri-Xをコニドールスーパーでとことん追い込みました。
自分ではASA3200くらいいければと思ったのですが、考えは甘く、ただフィルム全体がカブっただけでした(何とか使えますが)。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/07/08 11:09 | edit

KOPPEL-2さん

あらあら、このスレまで長~くなっちゃったりして(笑)
>H田さんの追分で撮影したもの・・・
スマソ~ 覚えておりません。
夕張線にかぎらず冬場の晴れた朝、北海道は輝いていましたね。
紅葉山のヤードとはちがいますか?

>この歳まで蒸気機関車にこだわって遊べるとは・・・
あっはっは。もっとまともな大人になるんだと思ってた。
Nさん、Fさん、あらさん・・・。この日近くにいたのですねっ。

>自分の鉄道趣味はこの後 より狭く且つバラエティ部門に・・・
仲間内の皆が存じております。
というより、現役撮影時から貴殿はバラエティ部門だったような。

七夕の夜は、イワセよ~今夜も~とは行きませんでしたね、残念!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/08 19:48 | edit

とおりすがりです さん

あらあら、ようこそ! こんなに深いところに(笑)。

>写真は撮り手の心を確実に反映させますが・・・
>全うしたという安堵感が感じられます
もう何も考えることができる状態ではなく「お疲れさまっ」て思ってました。

>私は鹿ノ谷を最終撮影地に選びました
鹿ノ谷でという方は少なかったのではないでしょうか?
135mm f3.5でトライX、1/15ですか。さぞ暗かったことでしょう。
肉眼では捉えていても写っているか心配で心配でって心境だったと思います。
コニドールスーパーが、パンドールとどう違うのかは今でも分かりません。
当時2475レコードパンっていうコダックのフィルムがあったような・・・

昭和50年のクリスマスイヴ、蒸機とのお別れを何処にするか少し迷いました。
紅葉山で、とも考えましたが一番最期の姿に逢いたくて追分にしたんです。
お陰で駅周辺や待合室のスナップも写すことができました。
その後、高校生のくろくま、十勝ワインを1本空けてしまったんですよ。

宜しかったら過去記事にコメントなど戴ければ幸甚です。ありがとうございました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/08 20:06 | edit

あのスナップ追分でしたか・・・?

 くろくま様 あの画像 I橋K一さんに似ている方が写っているんですが・・・

最後のXdayを経験されたM澤さんにお聞きしますとI橋さんと行動をともにされています。

そしてM澤さんの写真集『ジュラ電から・・・』にも追分の最後の光景が記録されています。
レコレイダ-2475をニコマ-トんに詰めてで撮影されたとの事・・・

>その後、高校生のくろくま、十勝ワインを1本空けてしまったんですよ。

いまでも高校生の自分は後期考査の真っ最中、 試験が終われば選手権大会の予選です。 自分は高校生らしくスポ-ツ飲料にしておきますよ。

 





KOPPEL-2 #darb9Gq6 | URL
2011/07/08 22:24 | edit

KOPPEL-2さん

当時はM澤さんもI橋さんも尊顔を存じ上げておりませんでした。
(I橋さんは現在もわかりません)
Xday・・・、とおりすがりです さんも体験ですって。

あのスナップを写した追分機関区。
翌年3月にも少し顔を出しましたが、あっけなく燃え尽きてしまいました。
その後再建された話も聞いておりませんね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/10 12:13 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1-06fd1ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV