FC2ブログ

歴史の厚化粧カラー編(秩父鉄道)

皆さん、こんばんは。
雨上がりの青空の美しい1日でしたね。公園で食べたお昼のお弁当、癖になりそう。

内閣の顔ぶれが固まってきました。
思うんですけど、両院議員総会にオザワさんは欠席されたとのこと。
これって良くないなぁ。勝っても負けても挙党一致だったはずなのにねぇ。

さて、先日アップした拙画の「歴史の厚化粧」が好評とのことで・・・。

2匹目の泥鰌を狙っちゃいます(本当は現役カットのネタ切れなんですw・・・)。
枯れ草とパレオ
本来はモノクロでの掲載が「らしい」って受けたのでしょうが、背に腹は(笑)。

線路に生えていた雑草とピッカピカの先輪が気になって写しました。

先台車と手書き文字
厚塗りの先台車、手書きの文字。誘い込まれていくような感じでした。

シリンダー周り
シリンダー周りの機能美。漏れ出る蒸機が生きている証です。

ありきたりな正面画
組み写真では最初の写真とだぶるので、ふつうは掲載しないもの。
でもねぇ。けっこう好きなんですよ。こんなカット。

2010年9月12日 日豊本線 秩父鉄道 三峰口にて

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
皆さんがSL部門を盛り上げて戴ければ幸甚です。


さあ、3連休の始まりですね。皆さんはどこに行かれますか?
くろくまは、秩父と上越くらいしか行けません。
皆さんの傑作アップを楽しみに呑んでることにしますね。
関連記事

コメント

コメント(20)
石炭を食べ、水を飲み、それをエネルギーとして生きていますよね。
出発待ちの汽車の息遣いを聞くのが好きです。
3枚目の写真が一番好きです。

ミセス

2010/09/17 URL 編集返信

昨日はくろくま様の後輩に命拾いしました
 くろくま様 龍馬で盛り上がってますね 北大路欣也の『龍馬がゆく』でシンパシ-を受けた世代ですが、思春期の頃は彼に入れ込んで(司馬史観の龍馬に入れ込んで) 国内蒸機が終わったら延長線上で我が国が輸出した蒸機の撮影に巡り会う事が出来ました。これも龍馬のお陰かな。 でも罐撮影が忙しくておろそかになってしまった高校野球と高等教育 遅ればせながら現在経験しております。 秋季大会真っ最中 次の試合は 飯能高校 大洋から讀賣で活躍した松原誠の母校です。  埼玉とドラと一緒に大宮工業高校も同時にゴ-ルテ-プが切れればいいなぁ 授業料無しでこんなに楽しんでは罰が当たりそうです・・・学歴の厚化粧と学力は見事反比例しますよ。

koppel-2

2010/09/17 URL 編集返信

くろくま様 黒幕は当時から(前期高校生の時から) 土佐藩 後藤象二郎と睨んでおりますが・・・
 利害が一致しますもんで・・・

 龍馬が野球をしていたら如何だったでしょうか?
北辰一刀流だからシュアなバッテングだったのかなぁ 
それとも平松のようなカミソリシュ-トを投げたかなぁ

 きっとメジャ-リ-グ目指したんだろうなぁ・・・

koppel-2

2010/09/17 URL 編集返信

北辰一刀流なんで
↑↑↑ きっと せきれいの尾っぽみやいに プルプル振るから 打てないっすよ!

桂さんは イチロウみたいな選手になったのかな・・・

2010/09/18 URL 編集返信

二枚目のカット、いいなあ。
動輪にきざまれた年月の跡。どれだけの距離を走ってきたのかなあと思います。
反対側からさしこむ光も絶妙!
まこべえが組写真にするなら、2・3・4枚目かな。


ところで、まだ続いているんだ、龍馬伝!
久しぶりに盛り上がっていますね。
蒸気より盛り上がっているかな。


ちなみに宮さ~ん、龍馬は、北辰一刀流を学んでいましたが、龍馬が受けたのは、「長刀兵法目録」、つまり薙刀なんですよ。
薙刀じゃあ、打てないよね(^^)


koppelさんへ

後藤象二郎は100%ありえません。
長崎で会ってから、一貫して龍馬を助けてきた人物ですからね。

まこべえ

2010/09/18 URL 編集返信

まこべえさん またもや目から鱗!!!

薙刀だとは まったく知りませんでした。
恐らく 世間の98パーセントの人たちは知らないだろうなぁ・・・
薙刀は乙女姉さんが強かったらしいですね!

後藤は船中八策も大政奉還もみんな自分の手柄にしちゃって・・・
そんな後ろめたさから後藤にも動機があるように思いますが・・・
それに東洋の件もあって 武市の友達の龍馬が嫌いだったんじゃないでしょうかね 利害ではつながってますが。

宮 

2010/09/18 URL 編集返信

宮さんへ

歴史学の謎解きは、裁判官がさまざまな証拠を集め、それを精査し、さまざま状況とつきあわせながら判決を下すことと同じ作業をしています。
宮さんが後藤黒幕説を考えるのは自由ですが、後藤黒幕説は、そうした検証に耐えられない、単なる思いつきにすぎません。

この説のポイントは、大政奉還プランは龍馬のオリジナルで、後藤は龍馬さえ殺せば、それを独り占めできるとしたところに、まず問題があります。
このプランは先日も書いたように、龍馬のオリジナルではありません。
大久保一翁や松平春嶽が盛んに唱え、春嶽は何度も慶喜に提言しています。
したがって後藤が手柄を独り占めするようなものではないのです。
また、このプランが龍馬のアドバイスであることを知るものは、ほかにいますから、龍馬だけ殺せばすむような問題でもありません。
そもそも、後藤がいなければ、土佐藩の外郭団体の海援隊の隊長ごとき龍馬は、大政奉還など建白できません。
慶喜も、土佐藩から言われて納得したのではなく、彼なりの政治的な野心から受け入れたものです。
早くから松浦先生が指摘されているように、龍馬は、大久保や春嶽から受け売りの大政奉還を、土佐藩が建白するきっかけを作ってあげた程度の存在にしかすぎないのです(こんなこと書いたら龍馬ファンから怒られるかな)。

仮に、宮さんが言うように、龍馬が後藤に大きな影響を与えていたとしましょう。
ならば、大切なアドバイザーである龍馬を自らの手で斬ってしまったら、これからの新政権作りで一番困ってしまうのは、アドバイザーをなくした後藤自身ではありませんか。
なにせ、まだ新政権はできていないのですから。
後藤黒幕説は、別に維新の歴史に精通していなくても、ちょっと考えればおかしなものであることに気がつきますね。
世間に流布している諸説は、こうしたものが実に多いのです。

なお、船中八策も、実は当時の史料が残っておらず、はじめからあのような文章だったのか、検証が必要なことを松浦先生などが指摘しています。

さて、少し時間ができたので、宮さんたちと楽しく遊ばせていただきましたが、これからまた忙しくなるので、この「龍馬伝」検証コーナーから、まこべえはちょっとのあいだ「脱藩」します。
また時間が出来たら、戻ってきますが、まこべえが「脱藩」したら、自然と消滅してしまうかな(^^)

最後に、ここまでお読みいただいたみなさまにひとこと。
まこべえ、坂本龍馬の研究者ではありませんので誤解のないように。
ここで述べてきたことは、幕末維新の研究者たちの成果の「受け売り」です。
あっ、それでは、坂本龍馬とおんなじだな ^^;

まこべえ

2010/09/18 URL 編集返信

私の生まれるたった100年前・・・

なが~い歴史からすれば そんなちょろっと前に 徳川の時代を終わらせる大政奉還が行われました。(厳密には98年前)

たった100年前ですぜ!

世の中には100歳を越える人がいっぱいいるというのに(笑) そんな少し前のことでも史実って言うのはベールに包まれてしまうもんなんですね!


厳しい言い方をすれば 諸説出てしまうのはその歴史の裁判官が未だに正しい判決を下していないこと!
と言うか そもそもそれは無理で 判決を下せないことなんでしょうか。
当時の生存者も居なく それぞれが残した手紙や 第三者の残した感想などをしたためた文章を探して 確たる証拠の確率を競い真偽を問う・・・

難しい作業だと思います。
これはもう 実際の恐竜の色を見極めるような考古学の分野なのかな・・・(笑)

私達歴史好きは そんな裁判の裁判員にはなれないにしても ちゃんと傍聴席に座る努力はしないといけないですね。

まこべえさん お忙しい最中 遊んで下さいましてありがとうございました。
また 凄く興味の刺激をいただきまして久しぶりにワクワクさせていただきました。
まこべえさんに抜けられてしまうと ここはもう下品なくろくまさんがお相手になってしまいます(爆)

それじゃあ お龍もまた すっぽんぽんで走らなくてはならなくなりますので私もこの辺で失礼します。

くろくまさんも 場所をお貸し下さいましてありがとうございました。
また まこべえさんとこに ポチッしに行きましょね~!

2010/09/18 URL 編集返信

歴史は続くよ
既に還暦を超えたパレオ君の表情がいいですね。
人で言うところのシワのような感じが歴史を語っているみたい。

こう言うスナップでの組写真っていいネタですね。真似しちゃお~

ひぐひぐ

2010/09/19 URL 編集返信

ミセス
あれれっ、ミセスはスナップがお好きなようで・・・。
組み写真としては欲張って4枚出しましたが
2枚目の「年輪」と3枚目の「動」が核になっていて、
1枚目を「序」にしたのですが、4枚目でも「序」を出したのは不覚でした。

どんどん突込んでくださいね。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

蒸機は近くで見るのもいいんですよね~!
どの写真もかっちょいーです!特に3枚目!
生きてる!ってカンジがいいです。

J

2010/09/19 URL 編集返信

koppel-2さん
ドラが順調ですね。
司馬遼太郎の功罪はいろいろ言われますが
やはり「ドラマの王道」を築いてますよね。
くろくまも彼の『空海の風景』なんて大好きです。

あっ、宮さんのブログで関西軍と闘っております。
貴殿が参加してくだされば鬼に鉄棒です。
1235回目~ 水彩の夏 に参戦してちょうだいな。
(↑最低最悪のスレですが・・・)

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

2度目のkoppel-2さん
あはははっ。↓でまこべえさんに一刀両断(笑)。

> 龍馬が野球をしていたら如何だったでしょうか・・・
おいおい、無理がありすぎるぜぇ。

海の向こうを目指したであろうことは想像ができますね。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

宮さん
v-393レスのしようがないぜぇ。
なんて言って「パス1」。

あはははっ。パスは3回までね。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

まこべえさん
連日の講義、ありがとうございます。

>まこべえが組写真にするなら、2・3・4枚目かな・・・
はいっ、1・2・3でやめておけばよかったのですが、
縦横の問題もあり、欲張ってしまいました。

薙刀・・・。聞いたことがあります。

あのぉ、おバカなコッペルは無視してくださいませ。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

またしても宮さん
パス2
などとやると、顰蹙を買いそうだから・・・(爆)

まこべえ教授を本気にさせてしまいましたね。
講義料が高くつきそうだなぁ。

半分はしっぺって手もあるけどね(笑)。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

まこべえ大教授
ここまで丁寧に適切に記されますと恐縮以外の何物もありません。
ありがとうございます。

こんなブログにまこべえさんのご高説。
勿体ないことです。

でも、真剣に記していただいて、閲覧されている方たち、
すご~っく幸せだと思います。

ブログでのお付き合い、嬉しいものです。
お忙しいとは存じますが「脱藩」などなされず
また書き込んで戴ければ幸甚です。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

またまたまた宮さん
あのぉ~。
下品なくろくまなんすけどぉ~v-390

宮さん、まこべえさん、そしてブログを通じて知り合った方々
くろくま、とっても幸せ者です。

顔も知らないのに携帯で盛り上がり、出会った瞬間に抱き合った宮さん、
はじめて会って乾杯したジョニやん、ブログで初めて同行を約したねこさん、
懺悔岩を下から見上げて確認してくれたミセス、
昔ッからの仲間、koppel-2さん、あらさん、Oさん、Fさん・・・。
そして、ブログ初心者だったくろくまと最初に遊んでくれたひぐま3号さん。
そして、これからも膨らんでいくブロ友たち。
いつまでも楽しく遊びましょうね。くろくま、ちょっと涙かな。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

ひぐま3号さん
あははははっ。
手抜きでスマソ~っ。

皆さんが撮られるアップ画と差別化しようと思ったけれど
実際に撮るときはいい加減になっちゃいました。

スナップの組み写真よりは
鉄道以外のスナップとの組み合わせの方がいいかも。
ひぐちゃんには文才もあるしね。

くろくま

2010/09/19 URL 編集返信

Jさん
レスがいっぱいで、危うく忘れるところでした。すみません。
Jさんは3枚目がお好きですか?
ドレインの躍動感のせいかな?

いつも高みから眺めてるくろくま。
近くに蒸機を感じると目一杯近づきたくなるんです。
極端な性格ですからね(笑)。

くろくま

2010/09/20 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV