くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平和炭礦にて(国鉄夕張線)  

皆さん、こんばんは。
今日ものんびりしてたらギリギリになっちゃいましたね。
現役蒸機時代からこれをアップします。

平和炭礦にて(国鉄夕張線)
場所は平和炭礦のあった鹿ノ谷の近く・・・。
この年閉山した平和炭礦には人の匂いがありました。

お話は変わりますが・・・。
拙ブログがリンクしております「ほぼ日刊 鉄道日和」から本が出ました。

新刊期待
今日、池袋のジュンク堂では棚、リブロでは平積みでしたよ。
少なくともお手にとって、102頁右下の武州中山は誤植だって言わないとね(笑)。

2010年10月2日 信越線 松井田―西松井田

1975.12.23 鹿ノ谷付近にて

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。
関連記事
コメント

あっ!誤植発見!
現役、夕張なのに「2010年10月2日 信越線 松井田―西松井田」だって~
揚げ足とっちゃった(笑)

ザンゲはハイキングコースって言っていいものなのか?ってツッコミは無いのでしょうか?

「くろくま監修・復活蒸機俯瞰撮影ファイナルガイド」って何時書店に並ぶのでしょう?
そん時は真岡担当させて頂いてもいいですか(笑)

画のコメントが無いって?
今日も一日ご苦労さま。俯瞰は安全第一で臨みましょう!

壊れてないよ~ん。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2010/10/05 01:09 | edit

ほんまや(^∇^)
誤植 誤植~!

宮 #ogz9v/Dw | URL
2010/10/05 03:31 | edit

いいなぁ 平和 いい感じ

 くろくま様 凄い本がでたんですねぇ 自分も見て見ようっと

人とは違ったアングルで撮影というファンが増えることになるでしょうか

星野は引き受けるのかなぁ 北御平飯和は出てくるのかなぁ

自分は人間臭の感じられる鉄道写真が好きだなぁ

KOPPEL-2 #- | URL
2010/10/05 07:19 | edit

あわあわー。やってしまいました。
すいません。
鉄道日和のほうでお詫びと訂正のコーナー作って
訂正させていただきます。

アホキ #- | URL
2010/10/05 15:33 | edit

私も 今日 買いました

たま #- | URL
2010/10/05 18:22 | edit

私も 今日買いましたv-10

ミセス #Knya96cQ | URL
2010/10/05 20:25 | edit

ひぐま3号さん

あははっ。ぎりぎりになるとよく間違えちゃいますね~っ。
揚げ足大いに結構。どんどんとってくださいませぇ~っ。

懺悔岩については、上級コースとの解説がついております。

>「くろくま監修・復活蒸機俯瞰撮影ファイナルガイド」・・・
おお~っ。素晴しい企画ですね。
ブロガーを厳選して一冊作れたら素晴しい内容になりますね。
印税、入ってくるのかな?(笑)。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:18 | edit

宮さん

お疲れさま。お仕事大変そうですね。

本の宣伝の際は是非このJpegをお使いください。
くろくまが原本をスキャンしたものですので。
(モアレ除去とかあって面倒くさいんですわ)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:20 | edit

koppel-2さん

平和炭礦とD51のコラボ、記念に残っております。
本はいろいろと注文やら改善点があるのですが、
ともあれ売れてくれないことには先がありません。

楽天も変な人選をしたものです。
「星野ジャパン」を登録商標した方には球界から引退願いたい。

>自分は人間臭の感じられる鉄道写真が好き・・・
ナローゲージに嵌まったのもそのあたりでしょうね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:25 | edit

アホキさん

献本ありがとうございました。
しっかりと楽しませてもらえました。
本の感想などは後日ブログに書かせて戴きますね。
かなり辛口になりそうですが・・・。

池袋リブロで平積みだったのには感動しましたよ。
配本の関係で冊数が足りなくなった書店では棚行きだったのでしょう。
勿体ない事態です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:28 | edit

たまちゃん

ありがとうございます。
「奥我」の近くの角山が載ってましたね。
先日、大人の遠足で行った場所です。

お勧めは桜の時期ですよ~ん。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:30 | edit

ミセス

ありがとうございます。

できたら忌憚ない意見を鉄道日和ブログに記してください。
くろくまはこの本に対して改善点が山ほどあるんです。
編集者たちはその意見がききたいはず。
嫌われることは絶対ないから是非お願いします。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/06 21:32 | edit

ここ数日忙しくて・・・。
本屋さんに行って、探してみます。

ところで、この平和炭鉱のアーチ(?)はどこに建っていたんでしょうか?
夕張線の線路の近くみたいですが・・・。
私はこれを見ていないです。
気になるなぁ・・・。

あべくま #.XQnUga2 | URL
2010/10/06 23:37 | edit

あべくまさん

こんばんは。
本、首都圏の方でないと勿体ないかもしれませんね。

このアーチ。記憶が不鮮明です。
このときは夕張線最終のときでしたので、鹿ノ谷から登った記憶しか・・・。
国鉄夕張線の線路は近かったのですが何処だったか?

それでも、いい記念になったように思っております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2010/10/07 21:12 | edit

感動ものです!

こんばんは!

このアーチが こんなにきれいな写真で見せて戴けるとは!
ずっと前に壊されてしまったもので もう見られないと思っていました。

3歳ぐらいのころから 父を迎えに このアーチをくぐって行ったものです。
今思えば アーチまでは 家からはかなり距離があり 歩道もろくにない道路で
アーチをくぐってからは 大きな重機や機械があって 
危険だらけのお迎えだったのですが
誰か彼かが声をかけてくれて きちんと父のもとまで辿りつけていました。

この場所も 平和と呼ばれていました。
炭鉱住宅があるところは 一区~三区と 区分けされていましたが
それ以外は 平和=平和炭鉱という認識だったように思います。
位置的には Ωカーブを越えて 市道に架かる鉄橋と 教習所の間で
若干 教習所寄りの位置に このアーチがありました。
最寄りのバス停も 「 平和入口 」だったので 間違いないと思います。

お写真は 平和炭鉱敷地から 日吉方面に向かって 撮られたものですね^^
汽車は 日吉踏切( と、私たちは呼んでいました )に差し掛かるあたりではないかと思います。

さくら #k76nbkks | URL
2011/03/01 01:27 | edit

No title

さくらさん、こんばんは。
感動などとは勿体ないお言葉、ありがとうございます。

へぇ~っ、このアーチに想い出が詰まっていたのですね。
お父さまを迎えにおチビさんがくぐったなどと聞かされると
映画の1シーンのように思えてきます。

これを写したのが50年の12月ですからたぶん閉山後の表情です。
青空にスックと立って「撮ってくれ」と言わんばかりの雄姿でした。
走っている機関車は国鉄夕張線のD51(単機回送)。

>この場所も 平和と呼ばれていました・・・
はいっ。平和駅とはけっこう離れていたように記憶しています。
教習所やバス停名なども懐かしい想い出がいっぱいおありなんですね。

>平和炭鉱敷地から 日吉方面に向かって 撮られたもの・・・
すみません。地名がぜんぜん分かりません。
少し高台になっていたような気がしておりますが。
コメントありがとうございます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/03/01 17:04 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1024-e943e3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。