FC2ブログ

炭鉱(ヤマ)を行く(歌志内線)

皆さんこんばんは。
あと半月で今年も終わりですねぇ。
今日は忠臣蔵の討ち入りの日。真っ青な空が印象的でした。
今週末の陸東、真岡、来週の磐西クリトレが撮り収めなのでしょうか。
今日の東北地方、大雪だそうですね。雪のなかで蒸機が撮れるといいですね。

炭鉱(ヤマ)のキューロク(歌志内線)
今日はミニコピー(複写用35mmフィルム)で撮った画像から。
実効感度ASA6というこのフィルム、50年3月、8月と蒸機に使用しました。
理由は中・大判カメラを所持していなかったことに尽きます。
大きく引き伸ばせる、所謂微粒子を模索していた若きくろくま、
失敗を繰り重ねつつ、何枚かの成功をゲットしたものでした。
全紙に焼き付けても粒子がわからないくらいの超微粒子には大満足。
現像液のPOTA処方はフェニドンと無水亜硫酸ソーダだけのシンプルなもの。
露出が稼げないのでブレにはかなり泣かされたことを思い出します。

歌志内線の西歌、この辺りも炭鉱の街だったのでしょう。
山のなかなのに線路沿いにはたくさんの住宅が密集していましたっけ。
今ではここも閑散とした街になっていることでしょうね。

1975年3月21日 歌志内線 西歌―神威
Canon7? L2 35mm f1.8? Minicopy-HR ASA6 POTA処方 20℃ 7min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

今期の出撃は60回。ちなみに一昨年が50回で、昨年は67回でした。
最近単独出撃が減ってきているなぁ。ちなみに今年は41回。
今年のベスト同行者はひぐま3号さんねこさんミセスで各7回でした。

最近辛口でなくなっているとお嘆きの皆さん、来年は原点に戻る予定です。
って、また嫌われ者路線に戻るのかですって。はいっ、そのつもりです。


【失礼しましたぁ!!】
題名に「キューロク」と記しておりましたが、これっD51で~す。やっちまったぜぃ!!
関連記事

コメント

コメント(10)
ここは行ったかなぁ・・・?
 くろくま様 最後の夏に行ったかなぁと思ったのですけど、どうやら未踏の様子。
線路の左側にズリ捨てで出来た様な高い山があって Nさんと登りましたよ。

 雪のある時期に登りたかったです。 ASA6のミニコピ-の武勇伝には参りましたねぇ
当時前期高校生 自分周りにそういう現像方法があるというのを知っていたのは貴殿しか知りません。
Canon7は露出計が生きていたのでしょうか? いまでこそRF機で楽しんでますけど、当時は先発使用のないカメラでしたよ。 ましてASA6でしたらミラ-の無い方が絶対有利ですものね。

 この立ち位置だって そんなに撮られた方は少ないのでは・・・ 見事なもんです。

koppel-2

2010/12/15 URL 編集返信

No title
こんばんは!

ここにきて 東北地方は 雪ですね

陸東方面も大雪だそうですね!
行きたいな!

たま

2010/12/15 URL 編集返信

No title
ヤマの情景を撮らせたらさすがにウマイなー。
これぞ「鉄道情景写真」の真髄ですね。
いつもながら高校生の感性とは思えません。

ミニコピーって印画紙用の現像液で皿現像するものだと思っていましたが
これだけ階調が豊かならアンギョロンも挑戦してみたかったです。
まさに「高み」のためにある処方ですね。
もちろん、大大大タマ! です。

アンギュロン

2010/12/15 URL 編集返信

ミニコピー
これがミニコピーでの作品ですか?
中間調も良く出ていますね。
私は米沢機関区で、カマのアップ(特にロッドなど足回り関係)を撮るのに使いました。
刻印や打痕を意識して、ハイコントラストになるのを承知で、と言うか期待していました。
ただ、感度が低すぎて使いずらく、1度のトライだけで止めてしまいました。
撮ったコマのほとんどが露出不足だったのもショックでした。
まぁ、当時の私が撮影下手だっただけなんですけどね(^_^;)

あべくま

2010/12/15 URL 編集返信

koppel-2さん
50年8月ともなると、歌志内線も本数激減でしたから行かれなかったのでは?
ASA6って、たとえば隣でKodachome-II(ASA25)や
Panatomic-X(ASA32)を使っていなければ、露出が判らなかったでしょうね。
POTA処方以外にもメトール単液のものを水で割ったりして使ってみましたが
やはり、POTA以外では再現できませんでした。

で、距離計連動のキャノンはネットで調べたところ、Canon L2のようです。
レンズは35ミリだと思うのですが、開放絞り値は不明なままです。

お褒めいただきありがとうございました。

くろくま

2010/12/17 URL 編集返信

たまちゃん
きみは庭でも駆け回っていなさい(笑)。。。

くろくま

2010/12/17 URL 編集返信

アンギュロンさん
またまた歯が浮くような・・・(笑)。
ありがとうございます~っ。。。

ミニコピーで階調を出すまでには、かなりの努力が必要でした。
とくに雪の北海道では1EVも違ったら、潰れちゃうし・・・。
現像ムラも多かったですし、まともに撮れたのは1/20位でした。
ですから、決まったカット(全部で数カット)を手にしたときは嬉しかったですよ。

蒸機終焉後に出たT-MAX100、これにも驚きました。
このフィルムが間に合っていたら、2Bにも負けなかったと思います。

くろくま

2010/12/17 URL 編集返信

あべくまさん
はい。ありがとうございます。
この階調を手に入れるまでにどれほどの苦労があったことでしょう。

当時でもミニコピーで蒸機を撮られる方はいらっしゃいましたが
あべくまさんのように、じっくりと動輪周りや刻印を絞り込んで撮るやり方でした。
それでもかなり難しかったですね。脚は必須ですし、ライティングが難しくって。
のちに、ガッチガチにして、蒸機ではなくそんな使い方をしたことがあります。

風景を再現しようと思ったのは、あくまでも微粒子への追究でしたよ。

くろくま

2010/12/17 URL 編集返信

No title
やっぱりキューロクじゃないですよね。
歌志内線にキューロク入線だなんて大スクープって思って見たら
「D51じゃん」と・・・ちゃんと訂正してあり「あれれ~」ってね。
そうそうここを根城としていた滝川のD51たち、その中の561号機が
群馬で圧搾空気による100m走をしていますが、先般、HPを見たら
なんと、デフが標準に戻されおまけに煙出ないのに集煙装置まで被って・・・
いくら498がデフや集煙つけたからって真似しなくてもねぇ~
切詰めデフのD51の走りを見に行こうかなぁ~なんて思っていたのに残念ですわ~
すっかり話が脱線しましたが、この情景いいっすね。やはり風景の中
しかも雪景色の田舎町の絵に蒸機は似合いますね。
復活機でもこうしたロケーションでこの位の高さと引きで撮れたら最高なんですけどねぇ
どっかそんなところ走ってくれないものですかね~

ひぐま3号

2010/12/18 URL 編集返信

ひぐま3号さん
しまった。改題まえをしっかり見られてたぁ(恥)。
え~っ? 川場村のD51クン、滝川産だったんだ。
で、どこから標準デフと集煙装置を調達したのでしょうね。

炭鉱の風景って、自然と人間の共生の場所。
そこから採れる石炭で走るのが蒸機・・・。
いろいろな意味で想い出をつくってくれました。
あの頃にワープできたとしたら、どんなにか・・・。

くろくま

2010/12/20 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV