FC2ブログ

常呂川に沿って(池北線)

皆さん、おはようございます。
昨日入れなかったので、銭湯の初湯へ行ってきました。
ふだん夕刻に行くと数人しかいないことが多いのですが
風呂の日と初湯は結構賑わっていて、昔日の銭湯を思いだしてしまいました。
銭湯の前にあったオレンジジュースの自販機、懐かしいなぁ。
粉を撹拌しないといけないものだからシャワーみたいに吹き上げてた。

いやぁ、朝から湯に浸かるって幸福感かんじちゃいますねぇ。
もっとも風呂上がりにつきものの、何かの方が楽しみだったりして(笑)。

常呂川に沿って(池北線)
今日も冬景色の北海道からです。
早朝置戸駅に下車し、小利別よりの釧北峠を目指す予定だったのですが
あいにくの降雪。こうなると駅間走破はきつそうだったので近くの山に。
ここ、町民のためのスキー場になっていました。
山の上には掘立小屋があり、町民のスキーが並んでいましたっけ。
常呂川に沿ってキューロクの吐く白い息が流れていきました。

1975年3月18日 池北線 置戸付近
Nikomate-FTn 35mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

さて、戴いたコメントが山積しております。
酔いどれないうちに、しっかりとレスしなくっちゃね(笑)。
無理かな?
関連記事

コメント

コメント(12)
ちっちゃいなぁ(^^ゞ
いつものことですが、カマが小さいですねぇ。
現役当時は、これを撮るためには歩くしかない訳ですよね。
よくこれだけ歩いて、撮影地を見つけられますね。感心してしまいます。

ついでと言っては何ですが・・・。
ランキング1位おめでとうございます。

あべくま

2011/01/02 URL 編集返信

原点ここにあり
あらま、年末から(休止宣言以降)怒涛の至宝シリーズですねぇ~
まさか、3年を区切りにって有終の美シリーズだんなんて言わないでしょうね!許しませんよ!
それにしてもここ数日の画に共通するのは「くろくま写真の原点」とも言うべき「孤高感」
更に今を生きるカマでもこの孤高感を追求される姿勢・・・その孤高感に魅了されたひぐま
過去には流石に戻れませんから、今を生きるでひぐま風の孤高感を求めるようになったものです

こうして、数日間の至宝を拝見し、今年もまたひぐま風の追求をと改めて思わされました。
まずは盲腸線からでしょうかね。人知れずの孤高感を求めて頑張りましょうね!

ひぐま3号

2011/01/02 URL 編集返信

くろくまさんらしい携帯では見れない画が続きますね。
町民スキー場ってリフトなんて無かったんでしょうねぇ。ロープくらいはあったのかな。

ねこ@帰省中 新幹線の車内販売、スーパードライしか無かったのでワイン水割りと飲んでいたら酔っ払いになっちゃいました~
雪の積もった奥羽山脈越え、雪の中を蒸機が普通に走っていた頃が羨ましい限りです。

ねこ

2011/01/02 URL 編集返信

常呂川ってこんなとこから流れていたんですかぁ
 くろくま様 新年になっても、相変わらずとばしてますねぇ~
行った事があるのと 作品が出来たの違う訳ですよ 凄いなぁ・・・
凄かったといえば本日の湯島天神と拝殿まで2時間とは・・・
次男と一緒に受験校への会場訪問シュミレ-ションですが、5校ほど回りましたが・・・親と行かないで
個人で行って欲しいですよ。 ついでに都写美行ってきましたが、 あの○畑○嗣くん 覚えてますかRFのヤング特別賞の彼 太陽賞も東川賞も受賞されているのですね。 会場でも光ってましたねぇ・・・

なんか皆 友が偉く見えて どう云う訳だか、野球のスパイクを新調して帰ってきました。

koppel-2

2011/01/02 URL 編集返信

新年のご挨拶
あけましておめでとうございます

お正月は、大好きなお酒を浴びるほど飲んで、まったりされていることでしょう。
銭湯で日頃の疲れを癒して、ラガーでエネルギーを充電し、ブログのほうは、少しゆっくりペースで進めてくださいね。
しかし、ひぐまさんが仰るように、くろくまの原点ここにあり! なんて写真を見せられてしまうと、もっとたくさん見たくなるのがカマ仲間の悪い癖(^^)
あらさん情報によると、まだまだ良い絵が残っているようですから、多少のカビなんか気にせずに、どんどんアップしてくださいね。
キズがあろうと、カビがあろうと、あの時代を知るものは、みんな心の目で見て当時を懐かしみますから、そんな些末なことは関係ありません。
また、当時を知らないかたは、カビのある写真を見てそこに古さを感じ、かえって新鮮に見えるかもしれませんよ。
それでもネタがなくなったら、「きょうのプハー」でもアップして、春の運転再開まで、つなげてくださいね(^^)
とは言っても、年々ガタがきはじめているからだ、飲み過ぎには、注意してくださいね

今年もよろしくお願いいたします



まこべえ

2011/01/03 URL 編集返信

あべくまさん
このくらいのカマの大きさ、意識して撮ってたんですよ。
他とならべるときのためにね。
ズームなど所持していなかったころですから
35、50、135に合わせて山登りしていたみたいです。
身体的ズーム機能っていうんでしょうかね(笑)。
今でも俯瞰ができそうなところへ友人と出かけると
「クロっ、見つけておいで!」とか言われて探し回ります。

ランキング。あははっ。すぐに落ちちゃった。
あそこはジョニやんかアンギュロンさんの定位置ですから居心地悪くって。

くろくま

2011/01/03 URL 編集返信

ひぐま3号さん
げっ! 赤文字が怖いなぁ。。。

>共通するのは「くろくま写真の原点」・・・
ありがとうございます。
ドアップで撮れず、鉄ちゃんにはなれず、流し撮りも下手、
となれば、自分の世界で撮るしかなかったのかもしれません。
すべてが日常。大自然も人造物もごった煮の画が好きでした。
アンギュロンさんのようなスナップが欲しかったけれど
フィルムは貴重でしたからデジカメのようには写せませんでした。

くろくま画に共感していただけて幸甚です。

くろくま

2011/01/03 URL 編集返信

ねこさん
あははっ。線香花火も最後の灯をってコトでしょうか。
町民スキー場、リフトはありませんでしたよ。

秋田に帰っておられたのですね。親孝行しましたか?
スーパードライしかないシチュエーション、痛み入ります(笑)。

奥羽山脈越え。夏に1度行きましたが機関区めぐりで終わりました。
雪のなかのC61+旧客も見てみたいものですね。

くろくま

2011/01/03 URL 編集返信

koppel-2さん
はいっ。息切れしております。
何せ、呑みながらのアップですから(←いつもと同じじゃん)。
ほそぼそと効率の悪い線区を回ったあのころ、懐かしいなあ。
今でも思うのだけれど、上下一発勝負の気質はそのころからかな。
やたら便利に追っかけとかするのは性に合わない気がしています。

えっ? あの小○○嗣くんが・・・。
覚えてますよ。年下でしたが感性抜群。
へぇ~、彼、太陽賞もとっていたんだ。知らなかった。

野球のスパイクの新調。よくあることです。
いい決断をなさいましたね。

くろくま

2011/01/03 URL 編集返信

まこべえさん
あけましておめでとうございます。

はいっ。まったりしております。
>もっとたくさん見たくなるのがカマ仲間の悪い癖・・・
う~ん、プレッシャーですなぁ(笑)。

>あらさん情報によると・・・
あ、あれはガセネタですよ(きっぱり)。

>ネタがなくなったら、「きょうのプハー」でもアップして・・・
あははっ。それくらいならキリン専属のカメラマンになっちゃいます。

数々のご助言、ありがとうございます。
心温かなブロ友たちに囲まれて、本当に幸せです。

本年がまこべえさんにとって佳き年となりますように!

くろくま

2011/01/03 URL 編集返信

くろくまの逆襲だぁー!
遅ればせながら、連日の「くろくまの逆襲」に涙しています(笑)。
「近くの山に・・・」なんて、全然、近くなんてありませんよ。
雪の中、置戸駅から徒歩でここまで登るには2時間はかかったでしょう。
それを平然とやってのける当時のくろくま少年には脱帽です。



アンギュロン

2011/01/03 URL 編集返信

アンギュロンさん
あははっ。「逆襲」はないでしょ!(笑)
取り急ぎ、年代物で繕ってみただけですが、すでに息切れです。
3年の重さがひしひしと脳裡に浮かびます。

>全然、近くなんてありませんよ・・・
あれれっ、そうでしたっけ。
くろくまの淡~い記憶では4~50分で登ったような気がしていますが。

まあ、15キロ以上の駅間を数回は踏破しておりましたから
体力はかなりのものがあったようです。
なんせ、踏破の場合はフル装備。50キロの荷物と一緒でしたっけ。

くろくま

2011/01/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV