くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊蹄山麓(函館本線)  

皆さんこんにちは。
またまた2日ほどさぼってしまいましたね。
冬眠中のくろくま、真岡にでも出かけないかぎりだらだらと呑んでいます。
少しは撮ろうと都電沿線を歩いたりしますが、赤提灯に誘われてしまったり。
このまま今日もワインに突入しそうなので酔う前にアップしましょう。

羊蹄山麓(函館本線)
昭和48年3月、すでにニセコのC62もなく山線は閑散としていました。
前日に大沼辺りで撮影し倶知安入り。ニセコYHに泊まりました。
朝早く峠に向かって歩いていたら山頂は見えないけれど雄大な羊蹄山。
復活C623ではお立ち台になったであろう場所から撮影しました。
画質はよくありませんが、そこはご勘弁くださいね。

1973年3月23日 倶知安―小沢 D51牽引貨物
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Fujichrome ASA100
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

昨日、久々にFE2に20ミリとモードラをつけて写真を撮りました。
甲高いシャッター音とモーターの巻上音にビックリ。
重くて武骨な金属製のカメラっていいもんですね。
関連記事
コメント

北四線の所でしょうか?

 くろくま様 この休みにはAサンたちが4/1から運用入りしたC62を稲穂嶺から撮っているんですね。
自分は渡道できず、中央西線でした。
 復活ニセコの時の雛壇は凄かったなぁ ドラの巻き上げ音がすさまじいのなんのって・・・

 お立ち台ですが 自分は現役時代 ここには立てませんでしたので、是非立ちたかったポイントでした。 でももっと好かったのが いこいの村ニセコですけどね。 恐らくニセコYHとでは見えたものが大人でしたねぇ

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2011/02/20 14:25 | edit

いいですね

羊蹄山っていい形の山ですよね。

結局私は函館山線も海線も行かず終いで・・・。現役はタイミングが合わず、復活C62は日本におらず。
(だいたい鉄道マニアを引退してた)

残るは復活C11ですが、雪晴れ羊蹄山を背景に撮れるなら最高かも。

MyoldSteamer #- | URL
2011/02/20 17:20 | edit

No title

久々の山線ですね。
なぜかホッとする気分になれるのは、慣れ親しんだ路線だからでしょうか。
ただ、この立ち位置からは、撮影しませんでした。
復活シロクニの時代になって様々な作例が登場し、へえ、こんな場所からも狙えたんだ、行けばよかったなあ、なんて思いもずいぶんしました。
当時も山線の情報は流れていましたが、いまと違って、基本的には口コミをもとにして、歩いて探さなければならず、情報量が違っていましたね。
そんななか、北の大地をあちこち歩きまわってポイントを開拓したくろくまさんは、やっぱりすごいなあ。

まこべえ #2XsKFzVg | URL
2011/02/20 17:43 | edit

鉱泉のところね

復活3ちゃん時代に行きましたが、何たってバカお立ち台の北4線踏切がガッツリ入るので鉄と車で引くに引けない立ち位置に。
昨年もっと左手の新たに伐採が入ったプチ高見からキハを撮って来ましたがケツ向き仏壇のC11じゃ画にならぬとカマは撃ちませんでした(笑)
この蝦夷富士、個人的には5月の羊蹄山が大好きです。何と言っても新緑の中で残雪青く聳える姿は最高でしたからねぇ~
心残りは冬季運行が無くってこのような雪景色で撮れなかったこと。
この画を見てなおさら感じちゃいますよ~

やっぱカマ撮りは雪景色に限りますねぇ~

ひぐま3号 #- | URL
2011/02/20 18:34 | edit

koppel-2さん

>北四線の所でしょうか・・・
ぜんぜん分からないんですよね。
函館本線の山線は46夏と48春しか写していないんです。
この時期にAさんたちは稲穂嶺でしたか。ご一緒したかったなぁ。

中央西線はこの前年47春にちょこっとだけ写しました。
48夏まででしょうか。YHや国民宿舎を利用したのは・・・。
YHのミーティング、初めのうちは厭でしたがしっかり馴染みましたね。
国民宿舎でキーを受け取るときは大人になった気分がしたものです。

>いこいの村ニセコ・・・
素晴らしい光景をご覧になったようで。羨ましい。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/21 17:15 | edit

MyoldSteamerさん

>羊蹄山っていい形の山ですよね・・・
渡道して真先に目に入るのが駒ヶ岳、ついで羊蹄山でしたね。
蝦夷富士の名が示す通りの優雅なすがたでした。
もっとも、てっぺんまで見えたことはあまりなかったです。

復活C623のころは、くろくまも蒸機引退してました。惜しかったなぁ。

ちっぽけなC11も冬場の青空のもと、羊蹄山と絡めてみたいものです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/21 17:21 | edit

まこべえさん

やはりニセコで通い慣れた山線、たくさんの思い出があるのでしょうね。
むしろ、それが羨ましい感じがします。

>復活シロクニの時代になって様々な作例が登場・・・
はい、趣味はやめておりましたが写真には興味があり、覗いていました。
でも、現役当時の学生たちも社会人となり、飛行機&レンタカー、
それに高額な機材と超望遠レンズ・・・
何か違和感をおぼえておりました。

>あちこち歩きまわってポイントを開拓した・・・
ありがとうございます。
最初に渡道したころは、ダイヤですら不確実でした。
ましてや撮影場所なんてほとんど知りませんでした。
線路沿いにひたすら歩いて「線路から見える場所からは線路が見えるんだ」と
鼻息荒く登っていた昔が思い出されます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/21 17:27 | edit

ひぐま3号さん

すぐ分かっちゃうんですね。
さすがに3ちゃんの数をこなしておられますね。

で、この場所はここまで引けない状態だったのですね。
そいつは良かった!

新緑のころの羊蹄山、綺麗でしょうねぇ。
その時期の北海道って行ったことがありません。
キツネメさんが一緒だったら山菜取りに燃えそうですね(笑)。

あ~っ、また行きたいな北海道!
って、もうすぐ疑出張なんじゃない?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/21 17:33 | edit

No title

羊蹄山の裾野をバックにS字カーブを絶妙に配置。
このアングルだったら、どの位置でシャッターを押しても
絵になったでしょうね。

135mm以外に標準やワイドでも撮られていたら
そちらも拝見したい気がします。
ところでこの画・・・「色つき」なのですか?
微妙に色彩があるような・・・。

アンギュロン #- | URL
2011/02/21 21:49 | edit

この日は瀬棚線にいました

やっぱ、山線はいいですね。
このあたりはkoppel-2さんと復活ニセコで行きました。
いこいの村ニセコにもね。

このシーズンは稲穂嶺に燃えてましたね。
タンボさんがちょっと、大げさに記してますがw
稲穂から羊蹄山を望む画はなかなか見ないでしょ。
http://minkara.carview.co.jp/userid/771013/blog/21082480/

あらさん #- | URL
2011/02/21 23:32 | edit

アンギュロンさん

残念ながらこのときは一眼レフ一台態勢だったと思います。
ですからリバーサルとモノクロネガを使い分けることもできませんでした。
レンズは35ミリ、50ミリ、135ミリだったと思います。

>「色つき」なのですか・・・
はい。データをご覧いただければ分かりますがフジクロームでの撮影です。
リバーサルの劣化もありますので彩度は気持ち下げております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/22 17:33 | edit

あらさん

稲穂嶺からの羊蹄山・・・。すごいなぁ。
タンボさんの記事、読みました。写真も拝見です。
例のお山に埋めたカメラバックの話がリアルですね。
「これを最後に俯瞰はやめた云々」って書いてありましたね(笑)。

いこいの村ニセコ・・・。行きたかったなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/22 17:37 | edit

No title

先週末にはNHK-BSで北海道の蒸機、ひぐまさんは問答無用シリーズ、そんな画を見ていて今年の秋はニセコに行きたいなあ、と真剣に考え始めました。
でも羊蹄バックは鉄板撃ちなので行くことは無いと思いますが…
静かな普段着の山線、風に舞う煙が良い雰囲気です。

ねこ #9enIUaYc | URL
2011/02/22 20:54 | edit

ねこさん

やっぱり北はいいですわぁ。
秩父や真岡でなけなしの煙に一喜一憂しているより、精神的に良いです。
なんたって大自然。架線なし。
文句を言うとすれば、頼まないと出ないと言われてる煙くらいかな。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/02/23 17:24 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1150-c6b2f63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。