くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津久田プチ俯瞰  

暑かったですねぇ。黒のTシャツを着ていったのですが、しっかり塩ふいてました。
車上ロケハンをしないまま、地形図だけを頼りに行ったのがまちがい。
大失敗でした。津久田駅から直登したら広大な畑。高速道に沿っていけば見える
だろうと歩きに歩くくろくま。ところが・・・。
左足くるぶしの腫れはひいたものの、足首が痛いのなんの。そんな折、右足の
靴底がはがれちゃった!!
足は我慢すればなんとかなるけど、靴はねぇ・・・。
右足を踏み出すたびに一段下がるような感覚で、左足を踏み出すたびに足首ギクッ。
泣くに泣けない惨状でした。春霞、ガスに祟られていたものですから
スーパー俯瞰を断念したくろくまだったのですが・・・。一応アップします。
濁流を横目に

あーっ、疲れた。明日は休養。6日の天気が気がかりです。
関連記事
コメント

出撃お疲れ様です!
この画像を拝見して、凄く嬉しくなっちゃいました~
何故って、私が昨年12月に撮影した立ち位置とほぼ同じ!
いや~ホント奇遇ですなぁ~って、ここから撮影するのに抜けるのは
この位置しか無いってことだったりして。
それにしても津久田から歩いてここに行くと言う脚力に敬意。
しかも、裏からでしょう~。驚きましたよ。
この撮影場所の後ろの畑にあるお墓のところからは抜けませんでしたか?
そうそう、裏から行くと川があったでしょ。その川を下ると滝の上に出るとか。
もっとも、怖くて行けませんが(笑)
因みに私も今日靴が壊れました~これまた奇遇だなぁ・・・。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/05/04 23:26 | edit

ひぐま3号さん、昨年12月の貴兄の写真、確認しました。
たぶん、二人(匹?)の立ち位置は1メートル以内かと・・・。
手前の木と橋梁にかかる枝葉で分かりますよね。
どおりで、クマのにおいがすると思いました(笑)。
大井川の逆パターンですね。

お墓のところ、抜けません。後で車中から確認したところ、
抜ける場所はここを含め3個所。
裏を歩き続けたくろくまは結構いいところまで迫っていたようですが、
棚下橋梁をもう少しサイドに見たあたりが最高のポイントかと・・・
(ひぐま3号さんの仰る滝の上あたりかも)。
もう一個所は、この位置より橋梁寄りの少し下ったポイントとかと思われます。

撮影後、赤城SAあたりをうろつき、上りの俯瞰ポイントを探しましたが、駄目でした。
面倒でも事前に現地でポイント確認せねばと、つくづく思った次第です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/05/05 14:16 | edit

 くろくまさま 上州は天気良かったたのですね。千葉は小雨、其の後の神宮も霧雨があり天気予報に泣かされました。 既に10年以上は経過していると思いますが、自分T岡のAさんとここのサイドが見える鉄橋で撮影しました。確か返しがD51の調子が悪くなって、中々来ないので引き上げたのを覚えています。其の時も高速の脇から入って行ったと気がします。でもサイドの鉄橋狙いよりは、くろくまさんアングルの方がいいですね。

KOPPEL-2 #- | URL
2008/05/05 20:01 | edit

koppel-2さん、その節は失礼いたしました。
霧雨のうえ敗戦とは、弱り目にたたり目でしたね。
3日の日も上州は晴れていたようですよ。

この辺り、地形図で見ると結構高台があるのですが、行ってみれば断崖に松の木。
枝越しに見えるか見えないかの場所ばかりでした。
高速より高みに上って送電塔を巡りもしましたが駄目。

刻限が迫って慌てて見つけた場所にひぐまさんのマーキングがあったとは・・・。
不思議な因縁ですね。

富OのAさん、お元気ですか!! 信越・上越には出かけなかったのですか?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/05/07 09:59 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/119-741eb62a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。