FC2ブログ

なんたってケ・ム・リ(磐越西線)

皆さんこんばんは。
只見の4橋を撮影して、追っかけるかどうしようかとしばしの談義。
結局はD51磐西に足を向けることになりました。

われらがねこさんのドライビングテクニックで山都着は20分ほど前。
道を間違えたものの、皆高みにダッシュです。
くろくまは山都3度目。初回は失敗して何も撮れずでした。

なんたってケ・ム・リ(磐越西線)
この和尚山側ははじめてのトライ。
恥ずかしながら皆と別行動にて、お立ち台へ行っちゃったぁ。

この画で右手にあるのは藤の花なのですが、光量が足りません。
ならば、いっそモノクロでとのアップです。(スマソ~っ)
しっかし・・・。この煙はたまりませんでしたよっ。

2011年5月22日 磐越西線 山都―喜多方

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

さて、わが獅子軍団。ワクイの完封が嬉しいなぁ。
関連記事

コメント

コメント(8)
お立ち台ではこう撮れ!って感じに仕上がっているじゃないですか~
鉄画じゃここまで枝を入れないですからね。
藤の花を配する辺りが只者じゃない証ですよ。御見それいたしました!
上手く追っかけ組の車も排除なさってますね~

それにしても・・・
この煙、ホントいい煙で、これを見られただけでも満足でした。
そうそう、道を間違え、直登させてすみませんでした~っ(謝)

ひぐま3号

2011/05/25 URL 編集返信

見事な攻撃ですね。
 くろくま様 こちらからもお立ち台なんですね。

現役時代から見ていた鉄橋ですが、こちらからは余り観なかった様な・・・

まぁ 満足のいく吐き方ですね。

KOPPEL-2

2011/05/26 URL 編集返信

紫の花の色出すのって難しいんですよね。
ストロボ使ったら出なかったかなぁ・・・って、鉄ってストロボ持ち歩かないんですよね。

岬めぐり

2011/05/26 URL 編集返信

こちらの立ち位置は鉄橋全体がスッキリと入るんですね。
次回はこちらに行ってみようかな。
タップリの煙で大満足でしたよ。

kenken

2011/05/27 URL 編集返信

ひぐま3号さん
和尚山はじめてだったので、お立ち台があることすら知りませんでした。
現着すると3人の方が構えておられて、割り込むのも厭でしたのでこの構図。
仕方がないので、写真の調子で攻めてみました。
このモノクロ画もとことん階調を出そうと思いました。
この只見・磐西シリーズでこだわってみたのが空気の質感、
どんよりと見えると思われますが、これがくろくま色なんです。

くろくま

2011/05/27 URL 編集返信

KOPPEL-2さん
はいっ。お立ち台らしいです。
現役時代、磐西には来なかったなぁ。
時折蒸機誌で見かけた尾登とか憧れてましたけどね。
結局は日中線どまりでしたよ。

>満足のいく吐き方ですね・・・
蒸機俯瞰では何よりの煙ですw

くろくま

2011/05/27 URL 編集返信

岬めぐりさん
おっ、お久しぶりです。
どこぞの連中がいつも噂話してまっせ~っ(笑)

藤も桐もそうですが、あの淡い色合いって難しいですねっ。
ストロボを利用したこともありますが、一発しか決められないから二の足。
このときは、パンフォーカスにするまでの光量がありませんでした。
まあ、ただの高みの呑ん兵衛、根性はあっても技術はありませ~ん!

くろくま

2011/05/27 URL 編集返信

kenkenさん
はいっ、下部トラスが写ルンです(笑)。
一戸橋梁はこのトラスまでで半分ですから随分長いですよね。
そしていつも期待を裏切らない煙、秩父にも欲しい撮影地です。

あっ、次回はkenkenさんが案内役を引き受けてくれるとか・・・
どこぞのブログに書いてありましたねぇ。
期待しちゃいますね! わくわく~っ。

くろくま

2011/05/27 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV