FC2ブログ

ある日の後藤寺(糸田線?)

皆さんこんばんは。
政局は結局、いつもの玉虫色の得意の結末になっちゃいましたね。
目処って何だろう。もしかするとトンデモ長期政権発言だったりして・・・。
それにしても「最後のご奉公」とかも聞き飽きたぜ。
血税を食い物にする予算の分捕り合戦、駄目なら国債なんて素人でもやれまっせ。
なんて怒りは皆さんも同じでしょうね。厭な国だよねっ。

ある日の後藤寺(糸田線?)
さて今日は久しぶりに現役画からアップします。
最近お疲れ気味のアンギュロンさんが伊田をアップされたので追従しちゃいます。
この場所は後藤寺駅の北方かなっ?
あれっ、信号所だと思った左手には「起行駅」って書いてある。
ここって一体何処なんだろう。ご存知のお方は御一報あれっ!

1973年8月19日 糸田線 後藤寺―糸田
Nikomate-FTn 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

明日以降、気温が10℃もアップするんですって!!
このままの低温で上越C61と対面したいのになぁ。
関連記事

コメント

コメント(12)
起行駅
はじめまして。
田川市の隣、田川郡香春町、
香春岳の麓に住んでいました。

起行駅。ウィキペディアに載ってます。
後藤寺線の貨物駅だそうです。

kenny

2011/06/02 URL 編集返信

おおっと
怒涛の線路端大進撃?このまま上越も行ってしまうのか!

私もこの隙に、ふふふ、線路端やってしまおう。

しかし、オザワに見捨てられたマツキって・・・。

MyoldSteamer

2011/06/02 URL 編集返信

起行(きぎょう)駅、懐かしいですね。
後藤寺駅前から道路を通らず、駅構内から線路沿いに中元寺川橋梁に歩くと途中にありました。
くろくまさんおっしゃいますように後藤寺駅構内のはずれですよね。
周辺を見ますと伊田線分岐のための信号場、あるいは後藤寺駅構内のはずれの信号扱い所にも見えてしまいますが、列車ダイヤには「起行」というれっきとした「駅」でした。
なので、よく中元寺川橋梁の9600の写真の区間を「後藤寺-船尾」と記述されてましたが、本来は「起行-船尾」と書かなければなりませんでした。

後藤寺機関区所属の39681号機はデフなしで、化粧煙突など原形部分を色濃く残したとても端正なカマでした。
今考えてみれば、名寄本線、宗谷本線、興部北線でよく出会い、最後は追分機関区の蒸機最終日にも最後の入換仕業を撮影した39679号機と、このカマはきっと川崎造船の製造ラインで並んでたんだと思うととても感慨深いものがあります。

DK-21M、お使いだったんですね。
また釈迦に説法でありました。
大変失礼いたしました。
精緻なピント、画面の構築には必要不可欠なアイテムですもんね。
あ、私もF2チタンはぜひ欲しいボディです。
カメラは撮影手段としてしか考えていませんが、
それでも一度は使ってみたかったボディなんです。
だいたい、F2自体、今まで一度も自分のボディとして使っていません。
意地になってFにこだわって実を捨てていた過去を反省です。

とおりすがりです

2011/06/02 URL 編集返信

 くろくま様 駅から道路を歩いて中元寺鉄橋まで行きましたので、
起行駅見ていないんです。 隣の船尾からDCに乗りましたが・・・

 左後方の城壁のある家では当時飽きるほど撮影できたでしょうね

自分も趣味を押し通して線路端に暮らしましたが、住んでみないと
好さは判りませんね。 不動産的には左程価値はないと思いますが

九州の9600はデフなしが結構いましたよね。 懐かしいです。

















・・・












DC

KOPPEL-2

2011/06/03 URL 編集返信

こりゃまたコラボ、ありがとうございます(笑)。
このごろ「お疲れ気味」って・・・
ブログにそんな空気を漂わせちゃいけませんね(反省)。

後藤寺は駅俯瞰をしたくらいでいつも通過。
もちろん、アンギュロンも起行駅の存在は知りませんでした(汗)。

しかし・・・KOPPEL-2さん、40年近くも前の記憶が鮮明に残っておられるとはー。
どこをどう歩いたかなんて・・・昨日のことだって覚えてないのに(笑)。

ではでは・・・これからマツダスタジアムへ行ってきまーす!(元気でしょ 爆)

アンギュロン

2011/06/03 URL 編集返信

南のキューロクは北のそれとは全く表情が違って見えますね~
どこぞの炭鉱(やま)の専用線かと思えちゃう程、印象が変わりますよね。
もっともカマの綺麗さは専用線のカマとは言えませんけど。
貴重な姿を拝見できてありがたく思います。

えっ?今日は予告無しかって?

では、予告させて頂きます(笑)
候補2の謎解き用の参考画です(謎)

ひぐま3号

2011/06/03 URL 編集返信

kennyさん
レスが遅くなって申し訳ございません。

早速のコメントありがとうございます。
香春岳ですかぁ。象徴的な山ですよねっ。
くろくまの地元の秩父にも武甲山っていう石灰岩の山があります。
どんどん削られていって姿形が変わっていくのが痛ましいですよね。

紀行駅、名前は存じておりましたが撮った記憶がなかったもので。
中元寺川に行くときは、いつも道から行っていたので
何故ここが写っているのか、それが疑問点でした。
たぶん豊前大熊辺りから歩いて来たと思われます。
このキューロクの走っている線区がわからなかったんです。

初めてのコメントありがとうございます。
また遊びに来てくださいねっ!

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

MyoldSteamerさん
レスが遅くなって申し訳ございません。

>怒涛の線路端大進撃・・・
まあ、それなりの写真をアップしているつもり。
何たって三年以上ブログやってりゃ、現役ネタも尽きるわなぁ。

>私もこの隙に、ふふふ、線路端やってしまおう・・・
どうぞご随意に。
比較対象だとは思ってませんけどね(笑)。

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

とおりすがりです さん
レスが遅くなって申し訳ございません。

あのね、コメントで知ったけれど「きぎょう」だったのですか。
くろくま、今まで「きこう」だと思っておりました。

>伊田線分岐のための信号場、あるいは後藤寺駅構内のはずれの信号扱い所・・・
はいっ、そこが疑問点だったんです。
多分糸田線から歩いてきたときに写した写真、
このキューロクはどの路線のものなのかってのが素朴な疑問なんです。
豊前大熊、糸田と歩いて来てここに来て後藤寺にぶつかったと思ったら
起行だったのです。
複雑な路線図も頭に残っていて更に訳がわからなくなってます。

>39681号機はデフなしで、化粧煙突など原形部分を色濃く残した・・・
はいっ、キャブのS字とリンゲルマン濃度板以外はとっても順なカマでしたね。
よく磨かれた「白い」蒸機の多かった北九州、懐かしいですねぇ。

カメラやレンズの話はまた追々・・・。

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

http://kudaomaku.blog28.fc2.com/KOPPEL-2さん
レスが遅くなって申し訳ございません。

この辺り、埃っぽかったでしょ。
家々の水道の蛇口もハンドルが抜いてありました。
九州北部は冬は雪、夏は渇水という気象条件があったのですね。

で、お願いなんだけど
いたずらに行数を増やさないでくれません?

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

アンギュロンさん
レスが遅くなって申し訳ございません。

住宅のこともあり、お忙しいご様子。
そんな中でもステキなスナップが出てくるんですねぇ。
まさに羨望のまなざしであります。

しかし、まだ見ぬブロ友の皆さん・・・
会って痛飲したら滅茶苦茶楽しいだろうなぁ。
ブログは毎日拝見しておりますので、妥協せずにupしてくださいね。

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

ひぐま3号さん
レスが遅くなって申し訳ございません。

そうですねっ。
でも切り詰めデフと門デフって結構似てるかもね。
九州のカマ、とっもキレイに磨かれており道内とはちがってました。
まあ、キューロクほど多種多様に改造されたカマも少ないのではないでしょうか。

予告、受諾です、ってしっかり登りましたよねっ。
エアーサロンパスご持参ではなかったけれど、大丈夫かいな?

くろくま

2011/06/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV