くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧島越え(日豊本線)  

皆さんこんばんは。
野球ブログではないのですが、今晩は交流戦が熱いですぅ。
カープはエースマエケン、わが獅子はルーキーマキタ。
延長戦にもつれ込んでおります。
昨日ワクイで落としただけに何としても勝たねばなりません。

ガチガチのカープファンのアンギュロンさんがリンクを貼ってくださったので
こちらも門デフC57で対応しようと思ったのですが、
本日のアップは霧島越えにいたしました。残念ながらカマは門デフではありません。
相変わらずカビだらけの画像ですがお許しくださいませねっ。

霧島越え(日豊本線)
1974年4月29日 日豊本線 国分―霧島神宮
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

今日は『蒸気機関車』増刊'71~'72撮影ガイドから引用してみましょう。
なんとこの文章、写真集「汽罐車 よみがえる鉄路の記憶 1963-72」 の大木茂さんの筆。

―この区間のハイライトは国分から霧島神宮にかけての『霧島越え』と呼ばれるところだろう。
国分を出て二キロくらいから二二~二五パーミルの長い勾配が始まる。この地方独特のゴツゴツした山を抜け、絶壁の下を巻き、C57は力闘する。二~三〇〇メートルのずい道を二つ抜けた辺りで列車は崖の中腹を走り、後方には桜島を見ることができる。足場があまりなくてちょっと撮りづらかったりするが、他ではちょっと見られないような風景である。三つ目のずい道の入口まで国分から約五~六キロ。この場所は、国分からでなく肥薩線の日当山から歩いた方が近いくらいだ。(四キロくらい)。日当山からバスが、便数は少ないが出ており、それを利用する手もある。バス、タクシーともに“松永小学校”と言えば判る。降りて山の方を見上げれば中腹に線路が走っている。一〇分くらいで上まで登れるだろう。―


松永小学校
ちなみに撮影現場はこんな感じでした。たしかに桜島が見えておりますねぇ。

カラーで撮った画像は過去にアップしておりますよ~っ。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

土・日は雨の予報ですね。土曜日は実家に行ってきます。
日曜日は、、、う~ん悩んでおりますぅ。
関連記事
コメント

早速のコラボ、ありがとうさぎです(笑)。
この霧島越え・・・良煙ですねー。
斜光線の感じもgoodです。

ところで、今日の試合は両者痛み分けということで・・・(笑)。
またもやマエケンを勝たせてやれなかったのはつらいけど
牧野って若いピッチャーも大したもんです・・・中島クンもね。

アンギュロン #- | URL
2011/06/10 22:05 | edit

凄い試合でしたね

 くろくま様 自分はここには、行けませんでした。
やはりいい撮影地ですよ。
>ちなみに撮影現場はこんな感じでした。 こういうスナップいいなぁ当時の猛者達がしのばれますよ。

 本日の交流戦は9回裏の劇的動転弾と10回裏はサヨナラだと思って見ていました。
 20番マニアですので永川の意地でしたね。

 地元埼玉の球団いい試合でしたよ。 
 CARPの粘りが出てきましたね。 満足 満足

KOPPEL-2 #darb9Gq6 | URL
2011/06/10 22:36 | edit

松永小学校裏、夕方の上り貨物列車はいい斜光で25‰勾配を上ってきました。
くろくまさんはいい煙の日に行かれて、実に素晴らしい作品を撮られていますね。
4次型好きの私としましては、感服しつつ拝見しておりますです。
192号機か199号機ですもんね。
涙が出そうです。

私はここに2回行きました。
1回目はC61 2号機を先頭にした+C57+C55の三重連で、気分は一世一代の撮影なんて感じだったのですが、3台運転はスピードがかなり速く、煙も貨物列車の時のように上に上がらずにバカ丸出しでした。
そこで次の機会にこの夕方の貨物列車で雪辱を果たしました(この道路ができてました)。
C57がゆっくりゆっくり這うように登ってきたことがとても印象的です。

くろくまさんはよくこの撮影場所そのものの写真を撮っておられました。
これももう感涙ものであります。
今でもここのわりと近所に仕事で時々行くことがあって、近年懐かしさから訪問してみたことがあるのですが、山道の目印だった隼人町立松永小学校は廃校になり、この築堤も電柱と架線があるばかりか、ほとんど木々で見えなくなっていました。

偉大なる大木先輩のこの文章は私も記憶によく残っております。
この文章で初めて「松永小学校までタクシーで」と知ったものです。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/06/10 22:57 | edit

うんうん

正確にいいますと国分→南霧島(信)ですねっ。霧島神宮はかなり
離れてます。

あの、松永小学校からシラス台地をよじ登って、プチ俯瞰地点。
ブラストがすごかったなぁ。今でも耳に残ってます。

何しろ最初に行ったときは間に合わなくて、目の前をC57が通過して
いきました。

MyoldSteamer #pcU4xDNY | URL
2011/06/10 23:39 | edit

レオ軍団のピッチャーは牧野ではなく牧田クンです。
またしても間違っちゃった。失礼しましたっ!

アンギュロン #JnoDGgPo | URL
2011/06/11 00:04 | edit

流石、現役九州モノ

食い付きがシニアですねぇ~(笑)
当時、ジュニアのひぐまは門外漢ですぅ
2枚目の画に映る桜島…いい感じですね。これをバックにした画もあるのでしょうか?
4次型の画を見る度に思うのですがC57にしてC57にあらずって感じの別形式に見えちゃいます。
その武骨な貴婦人が形相を変えて駆け登る姿がいいですね!

ひぐま3号 #- | URL
2011/06/11 18:11 | edit

アンギュロン さん

お忙しいなか、久々に更新が続いてますね。嬉しい限りです。
アンギュロンさんは重連の霧島越えを写されてますよね。
くろくまはこのときだけの撮影でしたから煙には大満足でした。

野球の話・・・
10連敗中のチームにワクイ・マキタで1負1分は苦しいです、ホント。
ちなみに贔屓のチームでない選手は野でも田でも構いませんw

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/11 18:56 | edit

KOPPEL-2さん

霧島神宮や北永野田でもいい画が撮れましたが、ここは別格だったかな。
このシチュエーションって滅多にないですものね。

>こういうスナップいいなぁ・・・
はいっ。むしろこちらが主役かもしれませんね。
滅多に撮らない撮影風景でしたが、撮っておいてよかったなぁって感じます。

ちなみに今日(6/11)は野球のはなしは厭です!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/11 19:00 | edit

とおりすがりです さん

疑似C59の4次型がお好きですか?
スマートなC57が重役になって脂肪がついたような雰囲気でしたね。
これはたぶん199号機じゃないかな。

あの三重連のときにここに行かれたのですか?
それって勇気がいりますよね。
だって見える区間と角度が決まってるんだもの。

当時の九州では、ここと白川橋梁にタクシーを利用しました。
金額が気になってビビッていたことを思い出します。

撮影場所の写真・・・
はいっ。よくぞ撮っていたなぁって思います。
きっと桜島が見えたから写したんでしょうね。

そうですか、松永小学校は廃校になりましたか。
大木さんの文章も味があっていいですよねっ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/11 19:07 | edit

マイオさん

俯瞰というよりは、見上げる感じでしたよね。
幾度か行かれたのでしょうか。
タクシー代使って、ここで間に合わないなんて優雅な撮影でしたね。
もちろん、リベンジされたのでしょうが・・・

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/11 19:10 | edit

ひぐま3号さん

>食い付きがシニアですねぇ~・・・
やはり当時を知る方たちは食いつきたくなっちゃうと思います。

>これをバックにした画もあるのでしょうか・・・
残念ながら角度がちがうんです。
でも今から思うと錦江湾を超望遠で抜いてみたい気もしますね。

ここに行ったとき、写真の左に見える保線小屋で
一晩明かしてみたいなと、本気で思ったものです(笑)。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/11 19:15 | edit

すいません、連投失礼いたします。「保線小屋」に反応してしまいました。

>あの三重連のときにここに...
はい、今の自分ならもちろん行かないと思いますが、あの時はただの中2のガキでした。
三重連と聞いて、愚かにも「松永小学校しか考えられねぇ!」とまっしぐらでした。

(横レスですが...)>保線小屋で一晩明かしてみたい...
うわっ、長くて暗くて先がまったく見えない襲山トンネルがぽっかり口を開けてる真ん前じゃないですか。
とってもおっかなそうですが、早朝の上り貨物、いつまでもトンネル内に響き渡るC57のブラスト音は凄いことでしょうね。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/06/11 19:36 | edit

とおりすがりです さん

当時は先の見えない隧道でもダイヤを確認してくぐったり
長い橋梁でも真ん中を歩いたりしてましたっけ。

深夜はともかく、早暁の蒸機を撮りたいと
保線小屋に目がいったものです。

さすがに冬の北海道ではそんな気になりませんでしたけど。

今になって自炊用具を手に懐かしの保線小屋に泊まってみたいと
痛切に思っています。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/12 13:39 | edit

はじめまして。
小生蒸気機関車の末期になんとか間に合った者です。
それでいつも懐かしくロムさせてもらっていました。
今回は霧島越えの写真を拝見し、ここはあまり行った人も少ないので写真のパターンが少なく感動しております。

私も一度だけ行きましたがトンネルの中を歩いたのは覚えているのですがその前後は全く覚えていません。歳はとりたくありません(笑)

下の写真 桜島が写る場所があったのですね、知りませんでした。
私もここを知らず知らずに歩いていたのでしょうか?^^

リンク・フリーとの事ですのでリンクさせてもらいました。
これからもよろしくお願いします。

郷愁紀行 #mQop/nM. | URL
2011/06/13 13:07 | edit

郷愁紀行さん

はじめまして。
ようこそお越しくださいました。
まこべえさん繋がりでしょうか、拝見しましたよ貴殿の霧島越え。
皆がマニュアル通りに国分からタクシーを使ったのに
敢えて隧道を越えて撮影なさったんですねぇ、敬服です。

拙ブログ、3年を過ぎたら現役画がほとんど枯渇してしまい、
自己満足のケシ粒写真ばかりになっております。

ご期待いただけるような画は出ないと存じますが
ときどき覗いていただき、コメント戴ければ幸甚です。

リンク、ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/06/13 20:00 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1260-a5f7834e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。