くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

士幌線の想い出  

皆さんこんばんは。
梅雨明け当初の猛暑が影を潜めております。
それでも湿度が高く、不快指数は増すばかりですよねっ。
皆さんもくれぐれもご自愛くださいませ。

さて今日のアップですが、先日のひぐま3号さんの士幌線にコラボ。
なんと幻の臨貨8792レを同じ日に撮影しているんですよ。

幌加発車
この画は初のお目見えです。あまりにもつまらない画なので
今流行りのナントカフィルター処理をしてみました。
カメラ内蔵のフィルターではなく、フォトショップで処理してみたんです。
ぼかしをグラデにするのには悩みましたが、何とかやり方が分かってきました。
グラデのレイヤーマスクを作成して、ぼかし-レンズを使えばいいんですね。

糠平湖を背に
そしてその3ヶ月前にはひぐまさんの写された不二川橋梁でも8792レを撮っています。
右上の雪原は結氷した糠平湖なんです。気温はどれくらいだったのかな?
以前にアップした画の続きで恐縮なのですがご容赦ください。

くろくまが士幌線で臨貨のキューロクを写したのは2日だけ。
もっともっと写しておきたかった素晴らしい路線でした。

士幌線でのベストショットはこちら

1975年3月20日 士幌線 十勝三股―幌加
Nikomate-FT2 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

1974年12月28日 士幌線 黒石平―糠平
Nikomate-FT2 50mm f1.4 Tri-X ASA400 Microdol-X1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX


あっ。忘れてたぁ。

tetugakusha

Koppel-2さんたちの写真展告知で~す。今年も是非お越し下さい。


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

お陰さまで獅子軍団3連勝であります。あざぁ~す♪
この勢いで借金返済を望むものでございますっ!
7/28、少し訂正入れました
関連記事
コメント

ごっつぁんです

士幌線・・・。眼福でございます。
あと言葉なし。

MyoldSteamer #pcU4xDNY | URL
2011/07/28 08:22 | edit

2日しか行かなかったなんて・・・

 くろくま様 >くろくまが士幌線で現役のキューロクを写したのは2日だけ。 
だから凝縮されているのですね。 自分は奥までは1日だけだけど橇遊びに夢中だったからなぁ・・・
 
 既に路線もなく寂しい限りですね。 貴殿の母校いいとこまで勝ち残ったのに・・・朝刊で知りましたよ。

 写真展の案内 有難うございます。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2011/07/28 09:32 | edit

コラボありがとうございます

律儀に誰かさんのリクエストに応えましたね~
放置してもいいようなリクエストなのに(笑)

何度見ても、この不二川の画は秀逸!更に幌加の奥でアーチを見事に捉えたアーティストだものねぇ
たとえ2日間であろうがなんであろうがこれらの画を撮れたらそれに勝るもの無しですからね

ところで…
キャンプションが混同なさってませんか?
フィルター処理のがひぐまと同日で、不二川がその前ですよねぇ~?(フリーク談)

フィルター処理画面白い仕上がりで、模型的ですね。本城直樹氏のフォトみたいですね~
お礼を検討致しますね(謎)

ひぐま3号 #- | URL
2011/07/28 10:34 | edit

嗚呼...

不二川橋梁、ここでバックの山に登って俯瞰してしまうという考え方がどうしてできてしまうのでしょうか。
こうして糠平の街並まで見せてしまうという芸当は思いつきさえしませんでした。
驚愕の構図というのはまさにこの作品のことです!
また、ベストショットも拝見させていただきました。
幌加の先の第5か第6音更川橋梁でしょうか。
KIIで撮られた、まさに決定版と呼べる一枚でいらっしゃいます。
当時の撮影地ガイドなどで何も情報がもたらされなかった士幌線上士幌以遠。
見るべきところをきちんと見て撮影に行かれた勝利ですね。
感服いたしましたです。

私の士幌線臨貨はわずか一日でした。
くろくまさんが2回目にこの地を訪問された12日後のことでした。
それまで延長運転の日がうまく日程と合わなかったのですが、この渡道の際にもし走ればラストチャンス、絶対に逃すことはできないという覚悟ではおりました。
将来ここがこうして語り継がれる線区、区間になることも想像しておりました。
上り8792列車はまさにこの不二川橋梁で撮影。
当時から「○○をバックに」「○○を手前にあしらって」的な構図を嫌い始め、すでに徹底的にカマそのものを狙っていっていたものですから、ここでの撮影も本命の構図は望遠レンズで撮りました。
写っていない景色はキャプションかなんかで説明しちゃえなどという、呆れるばかりの邪道さです。
50mm付きのボディで「糠平湖バックの証拠写真」は押さえてはありますが...
カマだけを撮ると進んだ道に後悔はありませんが、こうして「おら、こう撮るんじゃい!」と見せつけられてしまいますと、グウの音も出ません自分であります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/07/29 19:49 | edit

マイオさん

FC2へようこそっ!
風の噂では新車をゲットされたようで・・・。
恒例の那須巡礼を楽しまれているようですね。

士幌線、ご覧戴けたようで・・・
くろくまの記憶のなかでは臨貨という概念がなく
前夜に旭川から帯広運転区に電話をして確認していたと思います。

それにしても、最高の路線だったなぁって思っております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 09:51 | edit

koppel-2さん

>だから凝縮されているのですね・・・
そうだと思います。
50年3月、本数を稼ぐためには室蘭本線だったのですが
一日一往復のローカル線めぐりをしていて良かったなぁって思います。
この前日も上士幌まで行きましたが臨貨は走らず、
広尾線に転戦して北愛国で上りを写しました。

わが母校、やっぱりダメでしたね。

写真展の告知、宮ちゃんも盛大にやってくれてますよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 09:57 | edit

ひぐま3号さん

どうもどうも、です。
お陰さまで既出に近い画で稼ぐことができました(笑)
不二川の画を撮った日は、撮影場所を求めて清水谷からひたすら歩きました。
ロケハンもなしのぶっつけ本番でした。
だぁれもいない好天の日、運良く第二音更をゲットでき
線路を歩いて糠平へと歩いて行くと隧道を出たらいきなりの橋梁。
並走する道に「鉄」が幾人かいたような・・・。
斜面を登ればあ~ら、糠平が見えるではありませんか。
思わず、「やったね!」と思ってしまいました。

フリーク談、ありがとうございました。
訂正させていただきました。

このフィルター処理、ちゃんとマスクを切れば面白いかも・・・

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 10:07 | edit

とおりすがりです さん

あははっ。地の利がなく、無鉄砲だった当時がしのばれます。
(今でも十分無鉄砲ではありますが・・・)
でもこの画をゲットしたときには十分な手応えを感じていました。
ちょうど49~50年が現役時代の円熟期だったでしょうか。
士幌、広尾、池北、湧網、興浜北・・・
いい思いをさせていただいたものです。

>上り8792列車はまさにこの不二川橋梁で撮影・・・
某BBSにて拝見しました。キツネメさんとコラボでしたよね。

>カマだけを撮ると進んだ道・・・
それもまたイバラの道ですよね。
ただ撮るだけでは極めることができませんものね。
訪れるであろう「必然」を計算し尽くす妙技、
くろくまには到底無理だなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 10:21 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1306-d5ed3b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV