くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

士幌線の思い出Part-2(士幌線)  

鐵樂者展 ナローテンダーの走る鉄路 8/19~9/4 於三愚舎


皆さんこんばんは。
帰宅時に雨が降ってきました。
いつもは傘がなくって濡れ放題なのですが今日は大丈夫。
会社に置き傘が貯まっていたので持ち帰ったのが正解でした。
台風6号のあとが9号ってのが釈然としませんが、また来てるようですね。

さて、今日もひぐま3号さんの「電力所前にて」にコラボです。
って、ただ単に過去画の再上梓でネタ不足を補っているだけなのですが。
それでも大好きなカットを出してしまいましょう(既出画の後カットですが)。

士幌線の思い出Part-2(士幌線)
第二音更川橋梁。コンクリートアーチとガーダーの一体化した橋です。
ヨ6000でしょうか、一両だけの車掌車を牽いてやってきたキューロク。
少しぶれちゃってますが、この光景はくろくまだけなんじゃないかな。
誰もいない、物音ひとつない場所で、しっかりと捕捉できました。

1974年12月28日 士幌線 清水谷―糠平
Nikomate-FT2 135mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X1:3 24℃-11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

またまた負けた獅子軍団。
先日の三連勝で気を良くしていただけに残念無念・・・。
今日もやけ酒ってことになりますなぁ。
関連記事
コメント

他では見ませんねぇ・・・

 くろくま様 いい画ですよ.
>少しぶれちゃってますが、この光景はくろくまだけなんじゃないかな。 そうですね。 余りNetに詳しくはありませんが、見かけない画像ですよね。

自分は撮影地で独りというのは、余りないなぁ

まぁ スナップ的な鉄道写真が多いですけどね。

前期高校生時代はそういうアングルを捜してましたよ。 それが生きがいと言うか心意気でしたが、
上には上があるって確信した時に蒸機を求めて独自の写真を求道しましたが、模倣から抜け出せませんよ。 まぁいまだに夢を追い続けてますよ。

 夢を見るには甚だ齢を重ねましたが、夢を失っては人生つまらんもんだと思いますよ。

 熱い心はあるのですが・・・現実は厳しいなぁ・・・

 自分だけ満足するのも男心に滲みますなぁ・・・

 

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2011/07/29 22:11 | edit

またまたのコラボありがとうございます!

この区間、人気は元小屋ダム湖に架かるコンクリートアーチ橋
今でも産業遺産として、また廃止された士幌線の象徴として保存されていますが
そこを撮らずに清水谷側の音更川橋梁を狙うとは実にマニアック(笑)
ここに撮りに出掛けウヤを喰らったひぐまとキツネには羨望モノですよ~
キツネメ君がきっとこの界隈で撮った画を貼り付けてくれるかも知れませんね(催促だって理解するよね!)

ひぐま3号 #- | URL
2011/07/29 22:42 | edit

ど、どうしちゃったんですか?くろくまさんとひぐまさん。ここ数日の士幌線競作に驚いています。

ここまで琴線に触れる画を出されると堪りませんねぇ(笑)、なんか「キツネメ!最近何シカトしてんのよ!お前の写真、ヘタでもイイから出せや!!」と暗に言われている様な気がしてなりません(気が小さいもので・・・)。
BBSお借りして晒しますが問答無用ですから・・画像処理の失敗は禁句ねっ。

キツネメ十勝 #R1xHvAf2 | URL
2011/07/30 01:20 | edit

タメイキ・・・

ふぅぅーーーー。

いいですねぇ。

MyoldSteamer #pcU4xDNY | URL
2011/07/30 01:33 | edit

場所良し、煙良し、車両良し。
オイラもこんな光景見てみたかったなぁ。

それはそうとASA32と言う部分に食いついてしまったオイラ。
この当時だとASA100でも高感度だったのでしょうか?

岬めぐり #PooosTlY | URL
2011/07/30 16:40 | edit

こんなの出されると・・・困っちゃうなー。
今日も臨時運休です(汗)。

アンギュロン #JnoDGgPo | URL
2011/07/30 17:53 | edit

孤高とはこのことです

断言しますが、少なくとも国鉄蒸機終焉までの5年間、士幌線十勝三股臨貨は撮影に日本最大の困難を極める列車でした。
くろくまさんが言われますように、この構図、いやこの場所で撮影された作品は、過去ほかにまったく見たことがありません。
ここまで地形を熟見、アングルをここまでこねくり回し(ヘンな表現ですが、最高敬語のつもりで使いました)、モノにされたカメラマンは他に類を見ませんです。
この線区、この区間を標的とする着眼力、運転日の情報収集力、実際にここへ足を運ぶ行動力、そのどれもが備わっていて、やっと初めてスタート地点。
そして、そのゼロから先、情報がまったくない中でどれだけの自らの力だけでコンテを積み重ね、未知の空間でその意図をきちんと実現できるかです。
> 地の利がなく無鉄砲
などとご謙遜されますが、上の一つでも100%を欠ければこのような驚愕の作品には成り得ません。
あまりに畏れ多く、感想など軽々しく書けませんです。
(またまたFXマイクロ1:3現像の高鮮鋭度、軟調仕上げの至極を拝見いたしました)

どうでもいい話ですが、緩急車は有蓋室が付いたワフですね。
優雅な縦長窓のワフ121000で、2段リンク改造を受けておらず最高速度65km/hのため、道外禁止の黄色い帯を巻いています。
あの頃、道内のローカル線の解結貨物、9600とセットでよく見かけました。

> 士幌、広尾、池北、湧網、興浜北・・・
はい、今でも眼を閉じれば9600がいる情景が浮かぶ素晴らしい線区でした。

> いずれ、高みでプハーッを...
えーっっっ、たっ高みでですか?
機材を全部置いて、ペイロード100%をビール缶だけで行こうかしらん...

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/07/31 10:46 | edit

koppel-2さん

ありがとうございます。
>自分は撮影地で独りというのは、余りないなぁ・・・
ハッキリ言って似合いませんです(笑)

貴殿が糠平でそり遊びに興じていたのはこの日でしたっけ。
前夜、帯広でお会いしたような気がしますが・・・。

スナップは奥が深いよね。
意識すればするほど駄作が生まれちゃうからね。
今は路面電車で人を絡めた写真を狙ってるけどうまくいかない。

蒸機に関してはぶれないこころで撮っていきますわ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 19:48 | edit

ひぐま3号さん

あははっ。第三は歩いて渡りましたが興味湧かず、
第二が撮りたくて撮りたくて・・・。
本来は高みに行くつもりだったのですが、この場所に立ってみたら
「これっ、いいじゃん」ってな感じで・・・。

何かここ数日、とっても懐かしい思いに浸ってしまいました。
いま、お付き合いいただけている貴殿との原点もここですものね。

あっ、メタボギツネがハリコしてるぜっ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 19:52 | edit

キツネメ十勝さん

あははっ。やっぱり出てきましたね(笑)
気が小さくとも口の悪い貴殿の登場を心待ちにしてましたよ。
BBSへのハリコ、ありがとうね。
渡道するときは、またしっかりアシストしてくださいねっ。

ところで今夏の蒸機運転、撮りにいくのかなっ。
また強気な発言と傑作を期

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 19:56 | edit

マイオさん

ありがとうございます。
貴ブログの三大峠風景拝見しました。

「あと2年早く」って気持ちが甦ってきましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 19:58 | edit

岬めぐりさん

ありがとうございます。
花火の筒を構えた写真、拝見しましたよ。サマになってますねっ。

>オイラもこんな光景見てみたかったなぁ・・・
復活蒸機だけの方々が可哀想だなぁって思ってしまいます。
やはり蒸機は「日常」が最高ですね。

フィルムの話、当時のモノクロはたぶんTri-Xが主流でした。
ISO(当時はASA)400。1/250、F8が晴天時の基準だったような。
他に多かったのがNeopan-SS(ISO100)、SSSISO(200)かなっ。
当時の写真屋さんの現像は、失敗せぬようにガチガチに仕上げてました。
自分で現像するだけで諧調が倍増したものです。

くろくまはブローニーなど中判が買えなかったので
少しでも微粒子で仕上げたく、低感度フィルムを多用しました。
リバーサルのK-II(ASA25)とミニコピーHR(実効感度ASA6)は
その極みです。まあ、こんなの使ってるヒトはいなかったけれど。

そんなくろくまですが、デジで夜間走行を写すのは嫌いです。
やっぱりへそ曲がりなのかしらん(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 20:09 | edit

アンギュロンさん

いやいや、既出画の近くのカットでなんとか凌いでおります(汗)。
広島と東京、ずいぶん離れているのが残念ですが
一緒に写真展や写真集を出してみたいアンギュロンさんです。
・・・ついて行きますよぉ。(無理かな?)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/07/31 20:12 | edit

とおりすがりです さん

あまりのお褒めのことばに何を記していいやら(汗っ!)
49年4月当時では上士幌までの1791~1794レと音更までの
1792~1793レと記してあり決して臨貨ではなかったのですけれど・・・。
もっともその頃は美幸線や富良野線、興浜南線にもスジがありました。

>アングルをここまでこねくり回し・・・
いい表現ですね。嬉しくなっちゃいますよ。
この前日、「からまつ」で帯広入りして上士幌へ行き定期貨物を写し
北愛国で広尾線の返しを写しております。泊まりは帯広駅でした。
12/28は北平和で1791レを撮影。なんと順向でやってきました。
上士幌まで歩いて清水谷で下車。ひたすら歩きましたよ。
今となっては名だたる橋梁や陸橋、隧道を抜けて電力所前から
撮影ポイントへ行ったのです。すべて行き当たりばったりでした。
ですから50年3月に再訪したときも糠平以北は初めての地、
車上ロケハンだけで撮影に臨んだものです。

>緩急車は有蓋室が付いたワフですね・・・
ワフ121000っていうんですか。まったく存じませんでした。
黄色い帯と聞いて、何となく「見た」ような気になっております。

>えーっっっ、たっ高みでですか?
はいっ。機会がございましたら是非とも。
ちなみにベイロード85%くらいにしておいてくださいね(笑)

あっ、先日某写真展の芳名帳にお名前を見つけましたよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/08/01 20:12 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1308-6002d1dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。