FC2ブログ

あのころの深夜放送(池北線)

皆さんこんばんは。
しっかりと2日間のおさぼりを決めこんでしまいました。
もうしばらくお休みしようかと思いましたが下手なこと記すと
コメントだらけになっちゃうのが拙ブログの不思議な特徴。
レスを溜めたくないのでアップしちゃいますね(笑)。

アップ画を探していたら少しばかり思い出に浸っちゃったんです。

あのころの深夜放送(池北線)
あっ。画はこれです。既出画の別カットにて恐縮ですが・・・。
この日、大雪5号で北見から入った池北線、まずは境野にて撮影
その後池田までロケハンしてUターン、足寄での撮影となりました。
北見まで戻り大雪4号で旭川、翌日はまたしても大雪5号に乗って
相生線に出向いておりました。今ならやれない行動です。
ちなみにそのときのカラー画はこちらです。
ここ、足寄といえば松山千春&中島みゆきの故郷でしたよね。
中・高校生だったあの頃の深夜放送の思い出が甦ってきましたなぁ。

試験勉強だなどと偽り、徹夜の良い子を演じながら聞いていたラジオ。
夜食をゲットしたあとは、ひたすら放送に興じて勉強なんてしたことなかった。
くろくま的にはなんといっても「ナッチャコパック」が一番でしたね。
第一部の小島一慶や林美雄から聞き始めて「歌うヘッドライト」で朝を迎えるってのが常でしたっけ。
曜日によっては、「セイヤング」のレモンちゃんも好きだったなぁ(今テレビに出過ぎっ)。
「鶴光でおまっ」(オールナイトニッポン)も好きな番組でした。
「乳糖の色は?」にドキドキしちゃったりしてっ。
あれっ、松山・中島はもオールナイトニッポンだったのかな? 印象うすいなぁ。
思い出そうとしても忘れられないもんですね。

2010.12.231974.12.30 池北線 足寄―愛冠 9600牽引
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA125 Pandol(1:1) 20℃ 7min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

あははっ。
Plus-XにPandol希釈現像なんて誰もやったことないだろうなぁ。
当時は何でもやってみたかったんだよね。
(ホントは現像液がなくなっちゃって無理矢理使ってみただけなんです。失敗したなぁ)
関連記事

コメント

コメント(10)
お久しぶり~(笑)

十勝っ子のひぐまとしてはテキストに少々コネちゃいますと・・・
中島みゆきは帯広市内の中島産婦人科の娘でっせ~
足寄って言えば千春と今は塀の向こうにおられる鈴木のムネリンじゃあ~りませんかぁ

パックインは・・・
ナチチャコはあのシバの女王が今でも心に。
コータローの担当は毎週欠かさず、で翌日は鶴光・・・
木・金・土と三連ちゃんの深夜放送に昼間はフラフラなれど今より若さが違う身
元気でしたねぇ・・・懐かしいなぁ・・・

で、画の方・・・
前に出した時より状態がいいような・・・
かなり手を加えてのリメイクでしょうか?流石手馴れたものですね!

ひぐま3号

2011/10/24 URL 編集返信

おばんでやんす
 くろくま様 小生もナチ・チャコのファンでした。
中学生の時によく聴いていたかな。
 番組の中で本名の『ノザワ ヤストモ』と読んでくれたのは大学の教授だと話されていました。 そうか 長男の先輩だったのかぁ・・・
 牧場春彦や三蔵法師の声が懐かしいなぁ

 足寄ですね いいなぁ 何処でしょうクイズ懐かしいです。 >Plus-X Pandol(1:1)で現像とは・・・
 自分はパナトミックXでパンド-ル(1:1)30℃というのがありますよ。

 

koppel-2

2011/10/24 URL 編集返信

深夜放送
同じく^^、当時徹夜勉強と称して金ちゃんラ-メンを食し
だらだらと本を眺めては深夜ラジオ、こちらはラジオ大阪火曜の深夜は「夜明けまでご一緒に」仁鶴はんが世に出た番組です。当時プレスリ-で再ブレイクした「この胸のときめきを」のポ-ル・モ-リア盤がオ-プニングで、毎回この演奏でなんて粋な演奏か?と胸をときめかしました。そして鶴光やんをもっとオブラ-トに包んだエロ話で朝まで過ごしました。
他の曜日は東京の放送がリアルに入りましたのでキンキンやナチチャコも聞いていました^^
そして放送が終わって夜が白む頃 初秋になると毎朝”ボー-ッ”と汽笛が聞こえました。
D51の牽く梨便が甍の上を朝日に向かって走って行ってたのです。これが私が鉄に入るきっかけでした(^^)




郷愁紀行

2011/10/25 URL 編集返信

お題拝借
あのころの深夜放送

私も毎晩聞いていました。
やっぱりナチチャコパックが好きだったかなv-345

当時中学生だった私、いろんな知識を深夜放送から仕入れていたようなv-391v-21
高校時代は部活に夢中で深夜まで起きていられませんでしたぁ~。

ミセス

2011/10/26 URL 編集返信

深夜放送も蒸機も
鶴光師匠、落合恵子さん...懐かしいですね。
ウツラウツラしながら聴いていたのは中学時代でした。
私が本気で蒸機撮影に挑んでいたあの頃と見事にラップしますです。
「深夜放送」という文言を見ると、直感的に急行「高千穂」「瀬戸」「出雲」「紀伊」「北陸」「津軽」「八甲田」「十和田」など蒸機が走る場所へと走る急行列車の名前が同時に浮かびます。

9600、存在感ありますねぇ。
風の止んだ静かな里、遠く足寄を発車した9600が猛然とダッシュ。
こんな光景を丸ごと写し込むなんて凄いことです。
空気感から、この場の音や匂いまで想像できてしまいそうです。
珍しいPX+パンドールですが、フラットになりそうなこの景色には絶好の処理かもしれません。
粒状にさえ目をつぶれば、家並みがクッキリハッキリです。
私は釧北峠で撮影したことはありますが、ただ前から煙モクモクを撮っただけの駄作でした。

リンクのカラー作品を拝見しますと、撮影日は1974.12.30のようですね。
この日、私は前日の深名線ラッセルから旭川駅待合室に戻って寝て、朝から留萌本線に入っていました。
くろくまさんは池北線で秘かに(すいません!)こんな素晴らしい作品をお撮りだったんですね。

とおりすがりです

2011/10/27 URL 編集返信

ひぐま3号さん
そうでしたか? 中島みゆきは帯広でしたかぁ。
そーいえば、そんな話も聞いたことがあるような・・・

白石冬美さん、何してるのかなぁ。
巨人の星では明子の声、牧場の声が那智でしたよね。

コータローは何といっても「鯛コメ」コーナーでしたよ。
今でも鮮明に思い出す「気さくなあの娘目をトジトジ」・・・
う~ん、名作だぁ。

画の方、もともと粗い画でしたので空をカットしてみました。
画像処理では殆どママで載せたんですよ。

くろくま

2011/10/27 URL 編集返信

koppel-2さん
ナッチャコは当時の深夜放送のキングだったような気がしますね。
現役蒸機終焉後も貴殿やSさんがわが家に引き伸ばしに来たとき、
BGMだったような思い出がありますよ。

徹夜で写真を焼いて、朝になったらミートソース作って食べて・・・
その後はお決まりの広っぱでの野球だったよね。

えっ?
> F-XでPandol(1:1)30℃というのがありますよ・・・
それは、はっきり言ってビョーキですw

くろくま

2011/10/27 URL 編集返信

郷愁紀行さん
その後、俯瞰撮影はしておられますか?
関西では深夜放送も少し勝手がちがったのかな。
仁鶴さんも深夜放送出身でしたか? 知らなかった。

メインの深夜放送を聞き終わっても決してラジオを切らず
長距離ドライバー向けの歌謡番組を聞いてましたよね。
それが終わると早朝の宗教がかった番組でした。

そんな時刻に汽笛を聞くことのできた郷愁紀行さん、羨ましいです。

くろくま

2011/10/27 URL 編集返信

ミセス
「お題拝借」も懐かしいですぅ。
へぇ、女性も聞いていたんですね。
曜日によって聞く番組をセレクトしていたのでしょうか?

ナチ・チャコでは性技に取り組んだ「十八誌略」がありましたね。
いろんな知恵って、そんなところなのかなv-391

そんな深夜放送も大学に通うようになってからは聞かなくなりましたっけ。

くろくま

2011/10/27 URL 編集返信

とおりすがりです さん
同世代ですから懐かしい番組も一緒だったのでしょうね。
当時から真剣に鉄道写真に取り組んでおられた姿勢には脱帽です。
また、日付の誤りを指摘してくださりありがとうございます。

夜行列車の記述、どうやら南方面がお好みのようですね。
くろくまの場合ですと、「八甲田」「十和田」の順になります。
ちなみに「桜島」で熊本から帰京したことがありました。
G車に乗りましたが、G料金が300円、浜松のうなぎ弁当が300円でした。

画の方はお恥ずかしいかぎりです。
このころは効率よりも、気ままにひとりでってのが信条でしたっけ。
翌日の大晦日には北見相生に出向いておりました。

くろくま

2011/10/27 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV