くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津坂下の線路端  

雨の降り続く一日でした。入梅も近いようです。
せめて週末だけは晴れてほしいものです。

TVの報道で、丹沢に山ビルが異常発生しているとか・・・。
そういえば、裏妙義にも多発場所があるようです。夏眠の季節到来ですね。
はじめての只見線

今日の画像は昭和47年8月27日の会津坂下。たぶん塔寺よりですね。
友人Yくんとの陸羽東線の帰り、米沢で別れてからの単独行です。
はじめての只見線。カメラはニコマートFTn,レンズは35ミリf2.8でしょうか。
当時、厨房のくろくまにとって、線路端での撮影はあたりまえだったでしょうが、
このポジションで撮影コマ数は6コマ。最初の二コマは小さすぎて使えません。
撮影に一所懸命だったのでしょうね、微笑ましいフレーミングでした。

誰もいない静寂のなか、クマが出てくるんじゃないかと真剣に怖がっていました。
まさか、自分がクマになるとは・・・。


関連記事
コメント

厨房時代と言えば黎明期の作品になりますね。
先般、私が出した十勝川鉄橋と同じような「駆け出し時代」
この頃は純粋に「汽車が好き!」って気持ちでワクワクしながら撮っていた頃
最近は・・・ワクワクじゃなくスカスカばっかりのひぐまです(笑)
手巻きで6コマ撮影・・私も同じようにハンドモードラでしたよ~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2008/05/25 23:59 | edit

ひぐま3号さん、
当時は本当にウキウキワクワクドキドキでした。
今にして思えば、その後の撮影と異なり、構図も破れかぶれですが、のちの
「くろくまワールド」に加えても違和感のない蒸機の大きさ(画面内の比率)を
クリアーしていれば、繋がりが保てると思って、その後線路端での撮影では、
近づく前の画像を撮っていました。

手動モードラについては、ダブル・トリプルアクションで
神業のような連写まで体得しましたよ(手ブレばかりです・・・)。
でもパーフォレーションがついてこれず、無残な結末を数多く経験しております。

えっ!! ゴンザレスが薬物疑惑? いいじゃん、成績悪いしもともと戦力外のヒトでしょ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2008/05/26 21:47 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/140-8d9773ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。