くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の後は・・・(真岡鐵道)  

皆さんこんばんは。
またまた、おサボりしてしまいましたぁ。
別にセイブがだらしなかったことが原因ではありませんよっ(悔しいですけど)。

じつは、くろくま、兄と老父母とで那須に一泊旅行してきたんです。
要介護認定の父はアルツ状態が進んでおり、母は足腰が不自由で車椅子必須状態。
そんな中、兄の企画した「最後の家族旅行をしよう」に相乗りした形だったのです。

思えば、最後に家族旅行したのは昭和43年前後だったかなぁ。
岩井の民宿に泊まったとき、房総東線には蒸機牽引の客レが走っていました。
民宿という形態がはじまったばかりで、宿の子どもたちとチャンネル権争いしたっけな。

紅葉2011
両親に綺麗な紅葉を見せてあげたいとの主旨から、日塩もみじラインを選定した兄。
5日は曇天、6日は雨模様でしたが、それなりの色づきを眺めることができました。

懐石料理
豪華なホテルでは懐石料理を味わいましたが、ひたすら食欲だけに走る父親の咀嚼、
何か言うと、パニック状態になって言うことをきけなくなってしまう母親、
正直言って同宿には、、、疲れはてました。ヘルパーさんやケアマネも大変だろうなぁ。

今は老々介護のご時勢のようですが、実際に体験すると身にしみることばかりです。

そんなわけですから今年のくろくま、蒸機遠征はなくなるものと思われます(スマソ~)。
連動するブログもさぼることが多くなると存じますが、そこはお許しくださいね。

両親と見た蒸機
今回赴いたのが那須でしたので、帰路、道すがら益子に立ち寄り両親と蒸機を見ました。
強い雨足のなか、車窓を目一杯に開いた車のなかから両親の目に映ったものは・・・
無邪気にはしゃいでくれた子どものような両親、不覚にも目が潤んでしまいましたよ。

2011年11月6日 真岡鐵道 益子―北山 C12牽引

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

宿にMacを持ち込んで更新しようと思っていたのにLANがありませんでした(泣)。
あっ。ドラファンの皆様、おめでとうございます。
でもね、今年のSBは侮れませんよ。まっ、どーでもいいか。

関連記事
コメント

親孝行、したいときには親は無し、と申します。

せめてもの親孝行、よかったですね。

私の亡き父も逝去2年前からアルツ。母は頼りにならないので妻が奮闘してくれたんです。老老介護、現実はキビシイですね。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2011/11/07 00:04 | edit

くろくまさん 最後が良かったですね。

なかなか親を子供のように無邪気に喜ばせることって出来ないと思います。

宮 #ogz9v/Dw | URL
2011/11/07 04:25 | edit

良かったですね。
ご両親もさぞかし喜ばれたことでしょう。

わたしの実家も老々介護真っ只中v-293

親を介護できる環境にあるのは幸せなこと。
お互い健康に気をつけて頑張りましょ~v-411

近場の都電や江ノ電撮影なら大丈夫であれば、お供しますよ。
悩みや愚痴を聞いてあげますよ~v-238

ミセス #Knya96cQ | URL
2011/11/07 06:19 | edit

親の老齢化・・・
避けては通れぬ道。身につまされる思いです。
その中でちゃんとこうして思い出作りをなさる隊長の姿に我もせねばと思うところです。
こう言ったことって思いはあれど、「なかなか」ってなるものですが、一番大切な事ですよね。
何もしないひぐま、反省させられます。
素敵な思い出作りと、親孝行が出来たことホント良かったですね!

それにしても流石は隊長、真岡経由とはねぇ・・・
でも、それが効を奏してご両親がお喜びなされたとのこと、何よりでしたね。
画にその思いが出ているように感じるのはひぐまだけじゃないと思いますよ

ひぐま3号 #- | URL
2011/11/07 07:07 | edit

とても楽しい<純家族旅行>で良かったですね!
ご両親と同じ景色を観て
心からご両親が喜んでいる姿を想像してしまいました。

私も先日撮った 
デジカメの画像を
足の悪い母に見せましたが、
来年はタクシーにでも乗せて
本当の景色を見せてあげたいものです....。

肉眼で観た感動を
一緒に共有できて羨ましいです。

これからも大変でしょうが
お体に気をつけて
あまり頑張らないように。

 ぶんちゃん #- | URL
2011/11/07 09:28 | edit

お疲れ様です。

 くろくま様 自分も両親と自分の家族と一緒に蒸気機関車を乗りに行ったのは、C58牽引の上越線SL水上号でした。 水上の停車時間にバスで谷川温泉にいきましたっけ。 両親の介護には其れなりに金銭もかかりましたが、長男だし仕方のないところ まぁ それもいい想い出です。 自分もそのうち行く道ですので、子供にも見せておきましたよ。

koppel-2 #- | URL
2011/11/07 14:22 | edit

いつか 私達も通る道です。これからも たくさん親孝行して下さい。
小生も両親を連れて日帰りドライブで紅葉と小海線と奥村土牛の美術館を
見てきました。

岳人 #- | URL
2011/11/07 21:41 | edit

お疲れさまでした。
ねこの実家も老老介護、さらに母親まで要介護認定されてえらいこっちゃ…と思っていたのですが、くろくまさんのご両親の容態は本当に大変そうですね。
この場所でこの見事な煙、いい思い出を作ることが出来ましたね。
私も帰省している間は親を連れ出そうと最近は車で帰省することが増えていますが、素直にはしゃいでもらえるところまでは至らず。
羨ましい限りです。

ねこ #9enIUaYc | URL
2011/11/07 23:59 | edit

マイオさん

そうですね。
ひとつ屋根の下で生活していた四人ですが、顔を会わせれば文句たらたら。
いつも喧嘩になってしまいます。

そんな中、明らかに老いが進行していく両親を見るのはとてもつらい。

それでもしっかりと紅葉狩りや料理を楽しんできました。
出かけられて本当に良かったと思っております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:08 | edit

宮さん

ありがとうございます。

やさしい言葉のひとつも口にしなかった父が、母に「大丈夫かい?」と言ったり
車窓を眺めていて「きれいだなぁ」などとつぶやいていて不思議な気分でした。
腰が痛くて身体が自由に動かせず、声に出すのは「痛っ」ばっかりの母親・・・
クスリをちゃんと飲んでねっていっても「わかった」という返事ばかりで上の空。

とてもシンドイ旅でしたが、こころに残る旅になりました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:13 | edit

ミセス

ありがとうございます。
なんだかとっても深~い旅になりました。
戻って来てからは一気に疲れが出てきちゃいましたよ。

そちらも介護でお疲れのご様子。
少しでも現状が快方に向かうよう心よりお祈り申し上げます。

>近場の都電や江ノ電撮影なら・・・
是非ともお付き合い願いたいのですがv-16
たまには青空の写真が撮りたいと思っております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:18 | edit

ひぐま3号さん

ありがとうございます。
札幌に行かれる際にはご両親とお会いになってるんでしょ。
渡道して撮影をされない日など、しっかりと親孝行しているくせに・・・。

>真岡経由とはねぇ・・・
一応信越と真岡のダイヤを手帳に挟んで出かけました。
成り行きで父の故郷、会津若松に行くことになるかもしれませんでしたが。

画は「母親が見た角度」を意識して写しました。
彼女の衰えた視力ではもっと霞んだ煙が見えたことでしょう。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:22 | edit

ぶんちゃん

ありがとうございました。
兄と私には強烈に印象的だった今回の小旅行。
紅葉の美しさも宿に泊まったことすらもすでに父親は忘れていると思います。

ぶんちゃんはお母様をとても大切になされてますよね。
季節に合わせて近場でもいいからご一緒されると思い出がつくれますよ。
是非ともそんな機会をもってみてください。

ぶんちゃんご自身のお身体も気をつけて。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:27 | edit

Koppel-2さん

そういえば2年連続でご両親を亡くされたのですね。
親思いだった貴殿ですから精神的にもかなり参ったのではないでしょうか。
いつも「普段通り」に振る舞う姿、見習わなければなりませんね。

>そのうち行く道ですので、子供にも見せておきました・・・
それはご子息の財産になることでしょう。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:30 | edit

岳人さん

そうですよね。
生きていれば誰でもが通る道なんですよね。

ご両親が健在なご様子、大切にしてあげてくださいね。
奥村土牛かぁ。懐かしい名前です。
素敵な絵をたくさん描いておられました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:31 | edit

ねこさん

ありがとうございます。
日に日に衰えていくのが実感できるってのも厭なものです。
記憶の底に少しでも今回の旅が残ってくれていたらいいな。
この日は日塩もみじラインでは晴れ間もあったのですが
益子に着くなり大雨になりました。
車椅子が出せないので車のなかで30分待機して
「雨だから煙が出るしファンも少ないよ」などと話しておりました。
まさか無邪気に喜んでくれるとは思ってもいなかったです。

ねこさんも遠地のご両親を大切になさってくださいね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/11/08 17:33 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1402-4fabe73d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。