FC2ブログ

オホーツクの空(興浜北線)

皆さんこんばんは。
新しいカメラの試写もなかなかできない状況にあります。
コートのポケットにしのばせてはいるのですけどね。
そんな折り、思いは雪景色のなかの蒸機へと跳んでしまいます。

オホーツクの空(興浜北線)
今日も過去ネタの続編カットからで失礼します。
鉛色のオホーツク。流氷の第一陣が押し寄せて来ています。
重苦しい空の色がこの地方の冬の厳しさを物語っているような。
遠く、水平線の白い輝きは流氷本体の到来を予感させていました。
終着駅が近くなり、カマは絶気となりました。
冬枯れの針葉樹林もこころに残る色合いでしたっけ。

1975年3月24日 興浜北線 問牧―北見枝幸 9600牽引
CanonL2 35mmf1.8? Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

盛り上がりに欠いた大相撲も千秋楽。
個人的には橋下VS稀勢の里が見たかったような・・・
関連記事

コメント

コメント(8)
3/24では流氷の帰る頃では・・・
 くろくま様 いいなぁ 北見枝幸の俯瞰

 S52/2に上州の先達と訪問した常呂はそれこそ海面が氷でびっしりでした。後にも先にも流氷の季節に渡道したのは、その時が最期かな 北浜でプカプカ氷塊を観たのは49/3後半でしたよ。 去る時は速いと聞いたことがありますが、観ていた訳ではないので真偽の程は・・・

 この4日あとに問牧に訪れましたが、撮影中から吹雪でついにはその後の DCがウヤ大変な思いをしましたよ。

koppel-2

2011/11/27 URL 編集返信

綺麗ですね
寒がりの私は結局北には行きませんでしたが
こうして一連の美しい北の景色を拝見いたしますと
くろくまさんは大きな仕事をされたのだなぁと思います。
俯瞰写真など凡人にはとうてい思いつきませんでした。
美しいなぁと結果だけを見ては感動しますが、それを撮りに行かれたという
そのご労力を考えるととうてい足下にも及びません。
デジカメのなかった40年近く前、それをこんなに綺麗な状態で残されていることに!
大げさですがいずれも大地の歴史遺産だと思います。
またゆっくりと過去ブログ拝見させてもらいます^^

郷愁紀行

2011/11/28 URL 編集返信

No title
休刊日ネタ登場ではて?ネタ切れか!?と思ったものの
名寄や興北などがまだまだあるはずと踏んでいましたよ~
ほらね、やっぱりと拝見いたしました。
3月ともなると流氷も離岸するのですね、この辺りの事情は道産子と言えども
生活圏が違うと知らなくて…でも3月とは言え寒いのだけは見に染みてますから
この立ち位置も海からの冷風でさぞや寒かったことでしょうね
その努力が報われた画に拍手ですぅ~

ひぐま3号

2011/11/28 URL 編集返信

こいつは我慢できねえ、です
北の雪中シリーズ、半月前のアーカイブから追い掛けてコメントしていますが、興浜北線が出ちゃあ我慢できねえってもんです。
思わずコメントさせていただいちゃいますです。

たしかに、斜内山道よりも北側へ参りますと、線路よりも内陸側には併行して丘陵地が続いていました。
それを凡人は「ただの丘陵」としか思わないのに対して、くろくまさんは「オホーツクまで壮大に俯瞰する丘陵」と見えていたんですね。
直前の絶気は少し残念ですが、強い西風によって海氷が沖へと離れたオホーツクが非常にいい感じです。
一面の海氷はただの雪原ですから、くれくらいがいいんです。
ちょっと沖にまだ大群があって、どんよりとした雲底の低い雲の向こうで、その海氷に光線が当たっているシーンも見ものです。
今、相当痺れてます。ありがとうございました。

私はこの前の月にここ興浜北線で隔日運転される定期ラッセルに感動し、その2日後、4日後というように挑戦するも、雪で利尻が運転打ち切りになるなど、浜頓別までも到達できず、私の走行写真は斜内-目梨泊間での灯台からの見下ろし撮影1回きりで終わりました。

とおりすがりです

2011/11/28 URL 編集返信

koppel-2さん
ありがとうございます。
流氷は紋別から止別くらいが有名でしたが、こんなところでも味わえたんですね。
くろくまも能取ではびっしりの流氷を見ましたよ。
しかし、海面ぎっしりの流氷はどう写していいのだか結論が出なかったなあ。
見た目にはゴツゴツした雪原でしかなかったものね。

くろくま

2011/11/29 URL 編集返信

郷愁紀行さん
ありがとうございます。お言葉、こころに沁み入ります。
ブログを続けていてよかった、とつくづく。

喧噪がきらいで、ひとりでいることが大好きなくろくま、
こんな形でしか自己表現ができない無骨者です。

すでに過去画は公開しておりますが、青息吐息の拙画を楽しまれていただけたらと
無理を承知でアップさせていただきます。

くろくま

2011/11/29 URL 編集返信

ひぐま3号さん
あははははっ、申し訳ない。いろいろとあってね!
最近はひぐちゃんもミセスもコメ欄を閉じておられるので助かります(笑)。

流氷に関して言えば、3、4月に接岸する年もありました。
この年も離岸なのか接岸間近なのかは不明であります。

ちなみにこの立ち位置、仲間&車中で会った見知らぬ人たちと登りました。
総勢7~8名だったのかな?
皆の写真を見てみたいものですなぁ。

くろくま

2011/11/29 URL 編集返信

とおりすがりです さん
しっかりと江戸っ子口調ですね(笑)
この日は不思議なことにアンギュロンさんとニアミスでした。
彼は斜内―目梨泊で撮影していたようですが、利尻などではご一緒だったようです。
くろくまにとっても初めての枝幸線でした。
とりあえず車中からロケハンをしながら終着駅まで来てしまいました。
で、この丘を発見。登って西側を見ると地図とそっくりな海岸線の湾曲。
感動しましたねぇ。下りを撮った後、昼食をしに荷物をほったらかしで
下山したことを思い出します。

ラッセルやキマロキに遭遇したことのなかったくろくまですが
道内のローカル線の撮影行は自分自身の財産になっております。

くろくま

2011/11/29 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV