FC2ブログ

紅葉山を望む(夕張線)

皆さんこんばんは。
あらあらっサムライ日本?、韓国に負けちゃったんですね。
う~ん、若手主体とはいえ、いささか情けないSBでした。
新人王は澤村と牧田、こちらは順当じゃないでしょうか。

紅葉山を望む(夕張線)
今日の画は夕張線紅葉山の下り貨物の光景です。
ここに登った記憶が薄れております。たぶん十三里方面を俯瞰するためかと。
紅葉山のヤードの上には石勝線のために築堤が築かれていました。
南側の街の繁栄に比して北側は閑散としていたんですね。
過去ネタからの無理矢理上梓、こんなところで失礼します。

1975年4月1日 夕張線 紅葉山発車 D51牽引
Nikomate-FTn 50mm f1.4 K-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

毎日リコーGX200を持ち歩いておりますが、試し撮りもままならず。
でも、画質や色調には満足しております。
ネタ切れの際には、こちらでスナップでも載せようかな!
関連記事

コメント

コメント(12)
面白い位置からの眺めですね。
紅葉山の北側、こんな広々していたなんて意外でした。
ねこが夕張界隈を訪れた頃は石炭で栄えた時代の面影は薄れ、寂れた街のイメージばかり。
この頃から石勝線の工事は始まっていたんですね。これも意外でした。

ねこ

2011/11/30 URL 編集返信

くろくま様 自分も意外な処で撮っているなぁと思いましたよ。

こういう風景も抑えているのですね。 たいしたものです。

S50/12の夕張線も行けなかったけどS51/3の追分も行けなかったです。 

もう12月今年も一ヶ月をきりました。 風邪など召しませぬ様・・・

koppel-2

2011/12/01 URL 編集返信

36周年が近づいてきました
ここは採石場で平日は発破が鳴り響いていて登れませんでした。
とはいえ駅から近くお手軽なので発破が休みの日によく行きましたよ。
蒸機終焉の日もここに登ってから例の十三里事件となります。
もちろんここからは十三里方面も望めましたね。
誰にも会わなかったので、ここで撮ってる人は居ないんじゃないかと思っていましたが、ここに居ましたねw
石勝線の工事も進んでいてここからもこの先右側にあるトンネルがよく見えました。
36年目の邂逅記念日に向けて懐かしい写真をありがとうございました。

あらさん

2011/12/01 URL 編集返信

紅葉山駅!
現 新夕張駅ですね。
不思議なくらい今とまったく違う景色です。
当時の街の様子が伺える貴重な写真ではないでしょうか。
線路の向こう側は農地が広がっているのだと思います。

J

2011/12/01 URL 編集返信

ここから、十三里方面を抜くと、今は付け替えで消えてしまった区間も見えますよね。
当時、紅葉山の発車と言えば、給水塔を絡めた構図が標準的な撮り方。
その中で、こうして上から往時の空気を切り取った画はまたしても昭和の証人の画ですね!

ひぐま3号

2011/12/01 URL 編集返信

こいつも我慢できっこねぇ、です
後ろから北の雪シリーズを遡りたいのですが、また「我慢できねぇ」作品が出てきてしまいましたので先にコメントしちゃいますです。
一瞬、空撮かと思ってしまいました。
なるほど改めて地図を見れば、国道と夕張川を挟んだ背後に山がありました。

早朝の下りD51重連二連発の撮影のため、この駅には2泊したと思いました。
待合室で1泊、ヤード横の掘っ立て小屋で1泊。
目覚まし時計をセットして暗いうちに起き出し、沼ノ沢方(この画面の右の方ですね)に歩き、夕張川の橋りょうを工事中の新線の基礎の上から撮った思い出があります。
その記憶の中の駅を、街を、KIIでこんなに克明に記録されていたとは大変な驚きです。
拝見しておりますと、眼下をヤマへと発車していくD51の汽笛がはっきりと聞こえてまいりますです。
ありがとうございました。

この日、私は士幌線臨貨と勝負の日でした。
前々日にこの界隈をウロウロしまして、夕張線と夕張鉄道(廃止前日でした)を撮影していました。

とおりすがりです

2011/12/02 URL 編集返信

ねこさん
はいっ。当人はここに登ったことすら忘れておりました。
駅の南北で環境がころっと変わるのは都会でもよくありますよね。
紅葉山の場合は何に利用されていたのでしょうね。
新線開業のためにかなり早くから用地が買収されていたのかもしれません。
筑豊でもそうでしたが、蒸機が消え炭鉱が消えていったのは不思議な気がします。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

koppel-2さん
当時はとにかく登りたくてうずうずしておりましたので、こんな画像もあるんですね。
残念ながら十三里方面を撮った画ではスカッでありました。
紅葉山に停車するわけですから登りきったら力を抜くのでしょう。

51年3月にも渡道しているくろくまですが、入替キューロクの写真は数枚だけだったかな。
懐かしの路線をウロウロと道内を経巡っておりました。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

あらさん
さすが、あらさん。
しっかり出かけておられたのですね。
あの終焉の日も登られたとのこと、いっそう懐かしさが込み上あげます。
たぶん、くろくまたちが走行する蒸機と記念写真を撮っていたころでしょうか。
時系列からすれば、このときに50年12月の十三里を選択したのだと思います。

>この先右側にあるトンネルがよく見えました・・・
はいっ。思い出しましたよ。ぽっかりと口を開けていましたね。

あらさんとはラストの夕張での思い出がたくさん。
あのころ、同じ夕張にいた仲間たち・・・
昨日、そんなひとりと酒を酌み交わしましたよ。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

Jさん
Jさんも炭鉱が絡むとすぐ飛びついてこられますね(笑)。

>線路の向こう側は農地が広がっているのだと思います・・・
あっ、そうだったんですか?
果たして何を栽培していたのでしょうね。

くろくまも歳を食ってしまいましたが、写真はさすがに生き証人なんですね。
こういうとき、俯瞰でよかったなぁと痛切に思います。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

ひぐま3号さん
あっ、あの川沿いの路線は付け替えでしたか。知らなかった。
そういえば、十三里~紅葉山にも新しい隧道ができていたっけ。
むき出しのコンクリートが冷たい感じでしたよ。

紅葉山の給水塔。はいっ、くろくまも写しています。
8ミリで写した画像が素晴らしいのですが、いまだ見つかりません。
いずれ発掘されたら皆で鑑賞したいものですね。

昭和・・・。う~ん、遠くなってきちゃったねぇ。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

とおりすがりです さん
昨晩はどうもっ! (あっ、ばらしちゃったぁ)
と~っても楽しかったなぁ。あの刻を共有した仲間、大切です。
次回はあらさんたちも交えてキタトンしましょうね。

えっ? またまた武勇伝を!
紅葉山で2泊ですかぁ。ここって有人駅でしたよね。よく泊まれたなぁ。
そして「目覚まし時計」にも笑ってしまいました。

う~ん、士幌線の「お別れ列車」を待っていたのですが時間切れでした。
ちなみに、前々日は根室本線の平岸、赤平におりました。

また、あのころの話、現像や引伸しの話をしたいものです。

くろくま

2011/12/02 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV