くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭礦に向かって(函館本線/上砂川支線)  

皆さんこんばんは。
雨の一日でした。予報通りに夕刻からは気温も上がってきたようです。
明日は晴れとのこと、皆さんが素敵な写真をゲットされるよう祈っております。

某国営放送のニュースでやっていたのが新生児の名前・・・。
男の子が「大翔(ひろと)」、女の子が「結衣(ゆい)」が最も多かったとのこと。
芦田愛菜ちゃんが影響したと考えられる「愛菜(まな)」という名前は、7位に躍進。
あははっ。自分の子の名前くらい自分で考えろよ、って言いたい!

炭礦に向かって(函館本線/上砂川支線)
てなコトとは関係なく今日もローカルな画を出しましょうね。
(先日来の旧作アップで、今後のブログはどうなってしまうのだろう)
函館本線/上砂川支線は、撮影場所が見つからない困ったちゃんな路線でした。
終着上砂川ではそれなりに写せたのですが、そこまでの沿線は難しかった。
そんな中、ふと思い立って下鶉に降り立ってみたんです。
このような光景、当時の記憶とリアルに合致いたします。皆さんはいかがかな?

1975年3月25日 函館本線/上砂川支線 下鶉―鶉 D51牽引
Nikomat-FTn28mm f2.8 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

新戦力のGX-200、まだ50枚くらいしか写しておりません。
RAWでの撮影はそこそこ満足しております。
明日は地元の紅葉でも写してみようかなっ!
関連記事
コメント

上砂川線は余りいかなかったなぁ

 くろくま様 本数の合った割には左程いくませんでしたねぇ。 歌志内線に入る時の砂川の近辺と最期の夏に終着駅付近で撮影した程度です。
雪のある時期は砂川付近しか経験がありません。
こんな感じで撮影できたのですね。 まぁ 炭住街は隣の歌志内でも撮れましたが、もう少し生活観のある写真が撮りたかったなァ
 当時は人が入るのを避けていたから、望めませんけどね。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2011/12/03 23:19 | edit

koppel-2さん

この写真は前日の画の午前中に写したものです。
このときは晴れていたんだなぁ。
キハに乗っていて下鶉に小さな橋を見つけたものですから、ここまで歩いてみました。
炭住がいっぱい写った写真はかなりむかしに上梓しております。

今にして思えば、K-IIの欲張らない発色がたまらなく懐かしいです。
夏場の炭礦路線沿線は、ごちゃごちゃしていて写しづらかったなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/05 19:55 | edit

いい画ですね!
こう言う雰囲気のある画が一番好きだなぁ~
なかなか、現役時代の画でここまでの雰囲気を持った画を見かけないからねぇ
特に、こう言った炭鉱系の路線ではなおさらね
まだ、いっぱいありそうですなぁ~羨ましいなぁ~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2011/12/07 00:08 | edit

ひぐま3号さん

ありがとうございます。
くろくまも、こういった「何でもないような」画が大好きです。
北海道の雪景色と人びとの生活臭、そんなものがお気に入りなんですが
あいにくと、この手の画は少ないなぁ。
まあ、捕ろうと思って撮れるわけではないですからね。

>まだ、いっぱいありそうですなぁ・・・
また、そんなコトありませんったら! もうブログ閉鎖が近いゼよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/07 17:16 | edit

下鶉-鶉!

初めて見ました、この区間の作品。
28mmが北の生活感を存分に伝えてくれますです。
人の温もりがじわじわと伝わってきます。
フィルムがまたKIIときてますから、一軒一軒の生活感がリアルに表現されていてたまりません。

私の中には砂川発車か上砂川近辺という選択肢しかなかったばかりか、当時走行写真に人の気配を配することを考えたことがなく、他線区でもこのような写真は皆無です。
もし、この場所に立てたとしても(立てませんが)、間違いなく50mmで中央の築堤から上にフレーミングして、家並をすべて消し去ったことでしょう。
いついかなる場合でも、写真にとって最重要なアイテムは「人」。
それがわかったのはずっと後のことでした。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2011/12/18 10:14 | edit

とおりすがりです さん

はいっ。何気なく写した一枚ですが、後になってお気に入りとなりました。
何でもない日常が写り込んでいる感じがして好きなんです。

>当時走行写真に人の気配を配することを考えたことがなく・・・
くろくまは自然と人間の対比というか、人工的なものがちょこっと入るのが好きでした。
汽車だって鉄路だって人工のもの、それを操る機関士さんたちも人。
もちろん写しているぼくらも「人」(クマか?)ですからね!

あの何カットも無駄撃ちする連続写真を撮るくらいなら
もっとこんな日常のカットを写しておけばよかったと反省しきりであります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/19 17:55 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1422-e78fbcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。