FC2ブログ

糠平残照(士幌線)

皆さんこんばんは。
仕事の方も暇ながらも急ぎの案件が多くなってきました。
不況の年の瀬とはいいつつも、それなりに賑わっているようです。

糠平残照(士幌線)
さてさて今日の画、撮影条件が厳しかったなぁ。ASA25で切り取るにはあまりにも光量不足・・・。
糠平を発車して不二川橋梁、隧道の手前、煙が一瞬輝いた。
破綻した画質にて申し訳ないと思いつつも無理矢理アップ。

1974年12月28日 士幌線 糠平―電力所前 9600牽引貨物列車
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

この週末は信越でD51が走る。
本来ならばウィークエンドパスで2日間撮影するところだけれど・・・。
雪景色とかC61+旧客でなければ食指は動かないなぁ。
関連記事

コメント

コメント(8)
ほらほら、まだまだこの手の在庫があるじゃないですか~!!
もう、破綻だなんてプロの目にはそう見えても、雰囲気を知る身には全然破綻しているようには見えませんよ。

この結氷した糠平湖の雪原・・・ただただ懐かしくて胸が熱くなるばかり・・・

ネガも無く、あるのは脳裏に残る思い出だけとなっている士幌線でのキューロク撮影
こうして、刺激していただけると、その思い出がいつまでも残すことが出来て幸いです。
くろくまさん、ありがとうございます!

ひぐま3号

2011/12/22 URL 編集返信

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

2011/12/22 編集返信

 くろくま様 この日下りは氷結湖面から、上りは左側の道路橋から撮りました。 翌日 北見相生で撮影してますので、過酷な移動をしたのでしょうかねぇ 撮影地のみのメモなので、行動がわからないです。
 しかし明後日はXday 今年も10日を切りカウントダウンですね。

koppel-2

2011/12/22 URL 編集返信

ひぐま3号さん
ひぐちゃんなら琴線に触れるでしょ?
不二川に狙いを定めていたら、糠平発車直後が見えました。
隧道の手前は日陰なのでモノクロと割り切って写した二枚だけのリバーサル。
引き画は全体像が分かるので、撮っておいてよかったなぁと思う一枚になりました。

現役時代、二回しか行けなかった上士幌以北はくろくまの別天地でしたよ。
不二川沿いの道に来ていた「鉄」たちは糠平から来たのでしょうが
くろくまは、線路伝いに隧道を抜けて糠平湖を初めて見たんです。
あのときは感動しましたねぇ。

くろくま

2011/12/25 URL 編集返信

鍵コメさん
そうですね、キューロクの居る日常がとっても輝いていましたね。
いや、輝いていると見えるのは今になってからですけど・・・

D51に次ぐ両数を誇った大正生まれ、是非ともその勇姿が見たいものです。
もっとも、ひっそりと消えてゆくだけってのもキューロクらしいかもしれません。

くろくま

2011/12/25 URL 編集返信

koppel-2さん
この場所から指呼の間で撮られていたようですね。
そり遊びなどせずに高みに来ればよかったものを!

翌日が北見相生でしたか。
「狩勝2号」帯広17:35発に乗って滝川か札幌に出られたのでしょう。
ひねくれ者なら池北線経由で帯広18:08発のDCが北見到着に22:19着ですよ。

一年が短くなり、髪は後退し、何とも住みづらい世の中になってきました。

くろくま

2011/12/25 URL 編集返信

以前も申し上げましたが、不二川橋梁の背後の山に登るなどということをよく思いつかれたものです。
見事にのぞいた第6糠平トンネルの向こう側、その背後の糠平温泉街、そこへ入り組んだ糠平湖は、信じられない景色であります。
地元の方々がいらっしゃる中、門外漢は多くは語りませんが、当時のこの場所の情景を表す作品としましてはこれ以上のものはないのではないでしょうか。

12月の北海道のもっとも陽が弱い時期、KIIのASA25は見るからに厳しいですね。
それでいて、雪に覆われた湖面はしっかりと当たっていますから、露出はf4から5.6の1/60といったところでしょう。
そうなると光るのはレタッチの技で、画面左側、不二川橋梁を含めた第6糠平トンネルの前後のシャドウを蘇えらせたことは見事というほかありません。
当該個所が黒くつぶれた元画像は十分に想像できますです。
そのレタッチについてこれるKIIの潜在能力もさすがであります。

私が十勝三股臨貨を意識し始めたのがちょうどこの頃でした。
この日は石北1527列車から名寄本線へと流れましたが、後になってちょうど道内にいる時に十勝三股臨貨が運転されたことを知りました。
存在自体はその前から知っていましたが、それならその気になれば撮れそうだと思い、この約3か月後にその思いを実現させました。

...夕張線の上から撮影した写真を送らせていただきました。

とおりすがりです

2012/01/05 URL 編集返信

とおりすがりです さん
レスが遅くなり失礼いたしました。
はいっ。なんせ隧道の向う側からくぐり抜けてきたもので。
突然現われた雪原(糠平湖)にビックリしてしまいました。
たしか左手に道路橋があり、幾人かの姿が見えたのを覚えています。
糠平発車時刻も迫っておりましたので、自らの習性に任せるままに登りました。
するとどうでしょう。糠平湖の向う側も見えるではないですか。
バックの山並みも素晴らしいし、糠平の町もしっかり見渡せました。
駅発車から見事な煙が見え、隧道の向う側でもしっかりと捕捉できました。
不二川橋梁上はモノクロと決めておりましたので、リバーサルでパチリ。
明暗比が大きく再現が不安でしたが、K-IIに救われた思いがします。

夕張線の秀作、拝見しました。
あの場所からの画は初めて見させていただきました。素晴らしい!
比高は40mくらいでしょうか、地図を見ると202mの丘がありますね。
今では高速道がよぎっていますが、冬場ならサイド、後追いと狙えたことでしょう。
意外と写したことを忘れているお宝が埋まっていそうですね。
また拝見させてくださいね。

くろくま

2012/01/06 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV