くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石狩平野(室蘭本線)  

皆さんこんばんは。
帰宅時に銀行のATMに立ち寄ったら、すごく混んでいました。
クリスマスの三連休、皆さんどんな夢を抱いているのだろうか。

石狩平野(室蘭本線)
今日の画はおなじみの栗丘から・・・。
ここって余りにも運転本数が多かったから、いろいろと遊べた場所。
基本的には一日、一往復しか写せないローカル線が好きだったので
ここに来ると遊び心が生まれてきてしまうんです。
この日も平原と樹木に目がいってしまいました。

1975年3月15日 室蘭本線 栗山―栗丘 D51牽引貨物列車
Nikomat-FTn 28mm f2.8 Panatomic-X ASA32 Microdol-X 1:3 24℃ 11min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

アルツが進んでいる父親、年末年始はヘルパーさんもお休み。
伴侶をなくした男って生きていくのも人任せ。つらいものです。
関連記事
コメント

これ、いいですねぇ~
凡そ、蘭線ぽくないのが素敵!
今にして思えば、蘭線の列車密度は一箇所に留まればこうして色んな構図を組んで楽しめたのに
あっちふらふら、こっちふらふらしたひぐま、その度に列車を撮り逃がしてロクな画を撮っていない・・・
この画を拝見して何だか、後悔の念が出て来ています。罪深き画ですなぁ~(笑)

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2011/12/23 01:03 | edit

栗山栗丘だって言われれば、そういえば・・・と思うけど、こういう切り取りは
初めて見ますよ。遊び心って、当時高校生にしてはねぇ、と改めて思います。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2011/12/23 11:06 | edit

くろくま様 下方は道路なのでしょうか?
当時は50mmと135mmしか持っていませんでしたから、ワイドなアングルは 離れるか登るかだったです。
 
 いよいよ Xday eveですね。 やはり蒸機が恋しいですよ。

 >アルツが進む・・・ 父親も最期はそうでしたが、そのうち自分も行く道でもあります。 野球の話位しか なかなか親子の会話もありませんでしたが、年末はチャンスだと思ってコミニュケ-ションをとってみては・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2011/12/23 11:08 | edit

平原と樹木だけだったらつまらない風景、それを見たときに汽車を絡めるとこんな画が作れる、とイメージできるか出来ないか、写真はそこから始まるんですねぇ…なーんて当たり前のことを思ってしまいました。

アルツで自宅は大変ですね…私の祖母は間もなく99歳。年末年始も施設で過ごしています。
本人が帰りたがる家は一昨年まで約40年暮らした家ではなく、どうやら子供の頃を過ごした生家の様子。
便所が外だから不便だとか…いろりの火の始末を心配したり…
来年は久しぶりに会いに行ってこようかな…なんてことを思いだしました。

ねこ #9enIUaYc | URL
2011/12/23 22:24 | edit

ひぐま3号さん

ありがとうございます。
あまりにも本数が多く、3時間もいれば厭きてしまいました。
そんなときはアングルで遊ぶしかありません。
この撮影行から28ミリを帯同したのでなおさらでしたね。

ひぐま少年(当時)は道内在住なれども、若すぎた。
「あと2年早く」を痛切に感じられていることと存じます。
勿論、くろくまも同様の思いで地団駄踏んでしましたけれど。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/25 08:02 | edit

マイオさん

当時の方が今よりもひねくれておりました。
高校生のころの感性がどんどん消えて行くので
今ではフツー以下のオヂに成り下がってしまっておりますです、ハイ。

たまには線路端でやってみたいコトもあるのですが
人だかりに酔ってしまうので封印しております。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/25 08:06 | edit

koppel-2さん

はいっ。下方は道路です。
あの有名な築堤で遊んでみた次第・・・
さすがに若干のトリミングはありますけどね。

イヴの鉄博は如何でしたでしょうか?
なにかイヴェントがあったのかな。

人間、惚けてくると無様なものです。
興味の対象は何よりも「食べ物」になっているようです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/25 08:10 | edit

ねこさん

子どものころは誰もが詩人だけど、大人になると皆凡人になってしまう。
そんな言葉が浮かんで来ますね。
社会に順応されられていくほど、感性が犠牲になるもんですかねぇ。
「丸くなった」と言われ続けて40年、まだまだ「角」を失いたくないなぁ。

くろくまも13年前に祖母を百歳で喪っております。
ずう~っと自宅でしたし、寝込むこともなく発作による急逝でした。
晩年、彼女の話に出てくるのは生家のことばかりでした。

是非ともお会いになってください。
そして、ご両親を大切になさってください。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2011/12/25 08:18 | edit

現場からはとても想像できない構図です

画面よりも下側は道路などの障害物でゴチャゴチャ、線路から上も電柱や電線でゴチャゴチャの場所を、28mmで見事に作品にされてしまったんですね。
晴れ、でもいつ降ってもおかしくないという3月らしい空。
オーバーになりがちな構図にきっちり適正露出を設定し、FX+マイクロドール1:3もいつものように完璧でいらっしゃいます。
私としましては、この作品の撮影中、すぐ横の上り線にたくさんやってきたであろうD51貨物を135mmで大写しした作品も拝見したいです!

室蘭本線では本当にいろいろと遊べました。
私は流し撮りや500mm(レフですが)での圧縮なんぞの練成を行なったものですが、そんなことができたのはここと筑豊本線複々線区間くらいでした。

今、この区間は旧下り線が栗山トンネルの崩壊とやらで廃線となり、旧上り線を使って単線運用され、この線路はもう過去のものとなってしまいました。
並行する国道を走り、朽ちていくトンネル、樹木が生い茂る軌道を横目で見るたび、数分おきにカマがやってきた昔日に思いを馳せております。

>>比高は40mくらい...
はい、135mmで崖の下を行くD51の前面からキャブのすぐ後ろまでが切り取れましたから、そんなものかもう少し低いかもしれません。
背後には標高202mの丘がたしかにありますね。
下の道路の標高が121mですから約80mの高さ、くろくまさんならここを目指されたことでしょう。
大変なお目汚しでご無礼申し上げました。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/01/08 11:14 | edit

とおりすがりです さん

レスが遅れまして申し訳ございません。
あの築庭でこんな写真ってのは珍しいでしょうね。
いかに「らしくなく撮る」ことに腐心していたか。まあへそ曲がりなんですけど(笑)

>すぐ横の上り線にたくさんやってきたであろうD51貨物を135mmで大写しした作品・・・
あははっ、ありますよ。カビと駄作のオンパレードです。

>私は流し撮りや500mm(レフですが)での圧縮なんぞの練成を・・・
いいですね! R500 f8、欲しかったなぁ。今のデジイチでも使ってみたいくらいです。
そういえば、折尾―中間でも、うじゃうじゃ来ましたよね。


この区間、新線に置き換えられたそうですね。上り線の築庭はそのまま使用したのですか。
下り線もバックに夕張川や恵庭岳が写り込むのが好きだったんですけどね。

>数分おきにカマがやってきた昔日に思いを馳せて・・・
現役を知る世代だけが味わえた特権でした。もう見ることはできません。

>大変なお目汚しでご無礼申し上げました・・・
とんでもない。眼福でしたよ。
そうか、202mの南にある頂きからの画だったのですね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/01/10 17:08 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1438-157410d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。