FC2ブログ

昭和50年12月24日追分―その刻(夕張線)

皆さん、こんばんは。相変わらず寒い朝が続いております。
忘年会もたけなわ、胃腸・肝臓にお気をつけくださいませねっ。

今日も過去にも再三アップしておりました50年12月24日の追分からです。

なんといっても拙ブログの最初の画像がこれですからねっ!

凍るカメラ
追分駅午後9時半、凍れておりました。
キューロクの入替や廃車群を撮影してきたカメラはご覧のように結露。
結露というより凍結に近いかな? カメラはNikomat-FT2、レンズは28mm f3.5かな。

24入線
跨線橋からでしょうか、6788レが侵入してくるところを写しました。

241入線ふ
さらに接近してきます。

追分の表情
この終結の地に集まった「鉄」たちは数十人だったでしょうか。
今から思うと少なすぎる最期の蒸機でした。

到着したD51241のまわりに皆が集まってきて・・・
それぞれがお別れの思いを抱いたことでしょう。
関連記事はこちらを!

1975年12月24日 夕張線 追分駅にて
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Tri-X ASA1600D-76 3回目 21℃ 21min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

もう、御用納めになりますね。
くろくまの冬休みは30~4日ですが、実家以外に出かける予定はありません。
まっ、しっかり呑むだけの年末年始になりそうです。
関連記事

コメント

コメント(14)
昨日のはまだ余裕を持って見たけど、今日のはかなりグッときます・・・。

マイオ

2011/12/27 URL 編集返信

 くろくま様 雲台on雲台なんですね。 見事に氷結 -42度でもF3は動きました。
EOS-1はバッテリ-に注意していないとXでした。 L社のは強かったなぁ

 追分での別れ  いい体験ですよ。

 さて 東電 国有化になったら 国電になるのだろうか?

koppel-2

2011/12/27 URL 編集返信

D51241・・・この日で火を落とす事無く1月15日までラッセル用の予備機として毎日、給水、給炭の仕業をしていたらしいです。
その間にラッセルを推進したかどうかは知りませんけどね。

こうして、当日の夜を再現して頂くと行けなかった身なのに行っていたような気分になれるものですね

友人からダビングしてもらった、夕張駅での241号が出て行く際の録音があるのですが、カセットテープを再生する機材が既に無い身の上、なかなか聞けず終いです。

氷結したFT2、これでお釈迦にならないんだから、機械式は凄いっすね!

koppel-2さん、国電ワロタ~E電かもよ

ひぐま3号

2011/12/28 URL 編集返信

心に染みる画です。小生は、ペンタックスSPが愛用カメラでした。
確かにニコンは、寒さに強かった...
アラさん宅に お邪魔して撮影行った昭和50年10月が現役蒸気の最後でした。
この時期に撮影に出掛ければ くろくまさんと何処かの山で遭遇したかも

岳人

2011/12/29 URL 編集返信

この日この時の空気が伝わります
6788列車、追分到着はこんな感じだったんですね。
進入の際はタイミング良く汽笛が鳴り、その蒸気が素晴らしいアクセントになりました。
おそらくf2の1/15くらいの露出でしょうか、ご苦労がしのばれますです。
最後の空気感が実によく伝わる作品群に、思いっきり感動しております。

凍れたFT2と28mmF3.5、よくぞこんなお写真をお撮りです!
素手で触ったら貼りついてしまうこの感じ、私も鹿ノ谷到着~入換~発車と数十分間ずっと構内にいまして、同じ状態だったことを覚えております。
でも、シャッターは正確に切れ、フィルムも巻いた際に切れてしまうこともなかったので、気温はせいぜい20度くらいだったのでしょうか。

さすがに追分駅構内には多くの人が集まっていますね。
夕張発車を撮ってから車で追分に先回りした人も多いことでしょう。
鹿ノ谷はここから長いセキ編成になるというのに、10人ほどしかいない寂しい見送りでした。

>>まさか酒を酌み交わすことになる...
はい、まさにそのとおりです。
36年間封印してきた大切な思い出を初めて開けていただいた感覚でありました。

とおりすがりです

2011/12/29 URL 編集返信

マイオさん
そんなコト書かれたら・・・
あははっ。続きが出なくなっちゃいますよ(笑)
この日の出来事、決して忘れませんよ。

くろくま

2011/12/29 URL 編集返信

koppel-2さん
フリーターン雲台は微妙な角度がつきにくかったものですから。
勿論プレートも持参しておりましたし、それに付けた自由雲台でしょう。
追分は幾度も降りたり通過したりしていたのですが、
機関区に行ったのはこの日が初めてだったんです。
つねに「走行」写真ばかりを狙ってましたからね。

>東電 国有化になったら 国電に・・・
思わず吹きましたぁ!

くろくま

2011/12/29 URL 編集返信

ひぐま3号さん
雰囲気を味わっていただけたようで幸甚です。
この夜は寒かったなぁ。
バルブ撮影した廃車体も載せたいのですが、カビだらけで残念です。
Nikomatは寒さに強かったですよ。ただし露出計はすぐダメになりましたが。

>夕張駅での241号が出て行く際の録音が・・・
それは宝物ですね。いつかブログにアップしてくださいね。

くろくま

2011/12/29 URL 編集返信

岳人 さん
ありがとうございます。
あらさんも一足先に帰らずに最期のシーンを見れば良かったのに。
なんて思いますが、人それぞれに蒸機との訣別の仕方があったのですね。

SPでしたか。ペンタ派も多かった。
それ以外はMのSRT-101とか、CのFTbなどが多く使われていたようです。

あらさんと10月に撮っていたのですね。
当時あらさんは札幌住まいだったので宿代が浮いたでしょ?

くろくま

2011/12/29 URL 編集返信

くろくまさん
こんばんわ。
初ブログ拝見いたしました。
私の生まれた年(S45)からテッチャンだったんですね。
私の初写真はS53、小学校二年でした(まだプリント残ってます)。

今年はいろいろとお世話になりました。
と言うか、初めてお会いできたんですよね~。
ありがとうございました。

ZhenTong

2011/12/29 URL 編集返信

とおりすがりです さん
とうとう追いつかれてしまいました(笑)
峠雪にまでお気遣いくださり恐縮です。

このときは進入を撮りたいばかりにバルブはあきらめ、増感を選びました。
その後よく用いたTri-Xの1600増感もこのときが初めてだったでしょうか?
帰宅して現像するまで「写っていろよっ!」と祈り続けたものです。

>私も鹿ノ谷到着~入換~発車と数十分間ずっと構内にいまして・・・
さぞや寒かったことだろうと思います。
が、こころの淋しさに比べたら若さも体力もありましたから。
追分構内はそれなりに人だかりができていました。
最期の最期を見届けたいと選んだ追分。
じっくりと、しっとりと、こころに来ました。

>36年間封印してきた大切な思い出を初めて開けていただいた感覚・・・
こちらこそ。
なんとかプリントアウトして当時の写真を肴に集いたいと思っております。
でもなぁ、伸ばし機は実家にあるけど無理だろうなぁ。
安物C社のインクジェット画でもいいですよねっ。

くろくま

2011/12/29 URL 編集返信

現在の追分
はじめまして、ブログ村ランキングよりお邪魔します。

ブログ写真の撮影されたカメラがFT2とのことで、私が子供の頃初めて触ったカメラで気になり投稿させていただきました。

追分の蒸気機関車雰囲気が伝わります。留置線がたくさんあって、今は半分ぐらいでしょうか、周辺も住宅地になりました。

またの投稿楽しみに拝見させていただきます。

monsukegogo

2011/12/30 URL 編集返信

ZhenTongさん
今年は出会えることができ、ひとつの絆が生まれたように思います。
とはいえ、一緒の撮影は一回だけ。
まあ、ミセスや釜飯ちゃんを通してお付き合いがあったような気もします。
ジョニやんや宮ちゃんといった共通の友人もいますからね。
また、お会いできることを楽しみにしております。

そうかぁ、昭和45年生まれかぁ。
その年は初めて蒸機を撮影した年でしたよ。
八高線の寄居駅でD51507でした。

きみたちの撮影技法、感性はとても刺激になってます。
これからも年寄りを宜しくお願いしますね。

くろくま

2012/01/01 URL 編集返信

monsukegogo さん
ようこそ、拙ブログへお越し下さいました。ありがとうございます。
FT2が初一眼だったのですか。
って言うことは現役蒸機には間に合わなかったのでしょう。

追分も変わってしまったことと思います。
石勝線となって存続している既存駅の今が気にかかりますね。
東追分から十三里にいたる中間駅、昔の面影はあるのかな?

くろくま

2012/01/01 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV