FC2ブログ

1974年岡見(山陰本線)

議員定数削減と一票の格差をめぐっての駆け引き、これっておかしいよね。
基本的に格差のない得票であれば、比例全国区制にすれば良いこと。
我田引水ならぬ、我田引票の駆け引きとしての小選挙区は問題外だと思うのだが。
議員が地元に密着しているようでは、地元企業との癒着などが絶えないことだろう。
東大の学期変更のように、グローバルでありたいものだ。

などとエラソーな事を言っているが、画の方はいつものようにまるっきり無関係(笑)
38年前の山陰本線からです。
九州ワイド周遊券を買ってでかけた撮影行。行きがけの駄賃とばかりに立ち寄りました。
宿泊にお金をかける気などさらさらなかったので、長門市、岡見と駅泊でした。
漁業の町らしく朝6時ころから定食屋が開いていて、暖かい食事を摂ることができました。

1974年岡見(山陰本線)
まだ朝日が照らしていない岡見の町をD51が走り去って行くのを小高い場所からの一枚。

1974年8月23日 岡見
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

慎太郎が芥川賞の選考委員を辞退するとか・・・
自分の都政もしっかり尻拭いしてもらいたいものですなぁ。
関連記事

コメント

コメント(12)
くろくま様 あまり難しいことは判りませんが、岡見は行きました。

こう云う画は撮っていませんが・・・

自分も九州のついででしたが、罐が無くなってから2回ほど行ってます。

koppel-2

2012/01/18 URL 編集返信

こんばんは。
久しぶりに山陰シリーズが出ましたね。
KⅡが石州瓦の渋さを際立たせていますねー。

この画の角度の海岸線はまだ当時の面影を残していますが
駅の東側は中国電力三隅発電所のために埋め立てられ
駅構内からは発電所への専用線が延びていてまったく風景が変わってしまいました(涙)。

アンギュロン

2012/01/18 URL 編集返信

08年の1月でしたかねぇ~外房で498が走るってことで出かけたのは。
こんなイメージの場所を探すも出くわす事無く残念な結果になりなしたっけね

で、画の方
風情があっていい画ですね!
中央に写る小高い山の上からも抜けそうですよね。きっとそっちものぼられたのでは?

ひぐま3号

2012/01/19 URL 編集返信

過去とは思えぬ写真技術
すごいですねぇ、これが40年近く前の写真とは。
街の甍といい、木々の緑等々、こんな細かいとことまで再現できるとは?
私も同じニコマート(中古で購入)なのに何故に違うのか?(笑)
スキャナの性能?
フィルムは先日話題になったコダックですね?私はフジのワゴン売りでした。これはもう変色が激しくて。。。モノクロはどうってことないのですが。

山陰本線のこの区間も行きましたが夜行明けの長門市周辺ばかりでここは知りませんでした。こういう俯瞰写真という発想できませんでした。
どうしても罐が画面一杯に写ってないと安心できなくって、でもこんなに絵になるなら。。。。。(ーー)
残念なことしました。

くろくまさんは駅泊がメインだったようで、私は列車泊でした。
当然自由席で最後部車両、ガラガラなので1ボックス占領で(^^
5泊6日車中で6日目に商人宿に素泊まりでした。
儲からん客で、しかも埃まみれの汚いあんちゃんが(笑)。
翌日からまた5泊6日の列車泊でした。撮影には結構便利でしたよ^^


郷愁紀行

2012/01/19 URL 編集返信

これぞ山陰という作品ですね
長門市駅待合室は私も何泊かお世話になりましたが、岡見に泊まるとは恐れ入りました。
たしか、ホームから下がった場所に待合室があった駅ですよね。
朝6時からの定食屋にも興味津々です。
そして、この作品にも驚きです。
三保三隅から岡見に向かった辺りでD51を撮ったことはありますが、ここにこれほど山陰らしい風景が広がっているとは夢にも思いませんでした。
早朝の難しい光線ですが、KIIの露出がどんぴしゃでいらっしゃいますね。
カマは直感的に関西本線から来たD51 145のような気がいたしますが如何でしょうか。

前のコメントにも書かれ、私は机上の知識でしか知りませんが、このD51がいる辺りから山陰本線は新線切り替えになり、旧線は三隅原発への専用線になったんですよね。
わりと最近まで原発専用線発着のDD51牽引の貨物列車があったような気がいたします。
ということは、旧線三保三隅-岡見間の海岸線の線路はもうないということなんですよね。

この前日、私も長門二見から西をウロウロしておりまして、下関や幡生でD51牽引の旅客列車を撮影したのち、あさかぜで帰京しております。
くろくまさんと逆で、急行高千穂で先に九州入りして、帰りに山陰に寄りました。

とおりすがりです

2012/01/19 URL 編集返信

岡見駅の三保三隅側からの眺めですね・・・。この朝のスジは夏でも日陰で、
うまく撮れなかった記憶がよみがえりました。
しかし、この界隈の海が三隅火力発電所で全部埋め立てられてるとは・・・。
1974/8/23かぁ。なんかニアミスしてそうだなー。

マイオ

2012/01/20 URL 編集返信

koppel-2さん
岡見は定番でしたね。この区間だと、あとは折居かな?
残念ながらC57時代には行けませんでした。
この夏、九州に行く「ついで」に立ち寄っただけの山陰でした。
専ら車窓ロケハンに終始したんでしょうね。
天候によって色を変える日本海に魅了されました。

カマがなくなってからは、二度旅行で行きましたが餘部すら写しておりません。

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

アンギュロンさん
けむりのアルバムの再開、楽しませていただいております。

>久しぶりに山陰シリーズが出ましたね・・・
いやいや、シリーズと呼ぶにはあまりにお粗末。
4年間に載せてなかったコマを捜すのが大変ですよ。

今でこそDD51の牽く岡見貨物が有名らしいですが、やはり蒸機ですよね。
できれば夏場ではない時期に訪れてみたかったなぁ。

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

ひぐま3号さん
>こんなイメージの場所を探すも出くわす事無く・・・
そうでしたね。懐かしいです。
勝浦近辺に似ている場所があったかな。

画ですが、右の海をもっと入れたかったんですよ。
このとき、28ミリは持っていませんでした。

>中央に写る小高い山の上からも抜けそうですよね・・・
一晩駅寝してますから、たぶん早暁に散歩していたと思います。
なぜか漁師町の定食屋さんのイメージが中湧別とだぶるんですよねぇ。
ちなみに中湧別の早朝の定食にはかずのこがついておりました。

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

郷愁紀行さん
崎山よりの橋梁の写真、拝見しました。
くろくまは、ひねくれ者なので河原におりて写しましたよ。

さて、お褒めいただきありがとうございます。
変退色を考えると外式リバーサルの強みってよく分かりますよね。
それでもモノクロが無傷で残っているようで羨ましいです。
くろくまはしょっちゅう紙焼きしてましたから、カビ・キズだらけなんです。

俯瞰は、48年の瀬棚線で完全に嵌まりました。
それ以降、線路から見えるハゲ地があれば必ずといっていいほど足を向けました。
そんな産物が40年近くなって皆さんにご覧戴けるのが嬉しいなぁ。

暖かい南では駅泊、その他は列車泊でした。
商人宿にはじめて泊ったのは蒸機がなくなった名寄だったかな?
随分と大人になったと感動したものです。

お父さまの介護でお疲れでしょう。くれぐれもご自愛くださいませ。

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

とおりすがりです さん
ありがとうございます。画角がも少し広ければ、と悔やむことしきりです。
ちなみに、駅の構造などはすでに記憶の外にいっちゃいました。

冬場の北海道以外なら、自炊用具もあるし、どこででも寝ることができました。
夜行列車で距離を稼ぐのもいいですが、動かない寝床も憧れでした。
とはいえ、夏場の暑さや虫の襲来に脅えていたことだろうと思います。
朝方に飲むインスタントコーヒーの旨かったこと!

8/20湯玉、21長門市、22岡見、23~24江津に駅寝しておりました。
ちなみに25日は門司から「かいもん」に乗車し、一気に南九州を目指してます。
前日の長門二見と、くろくまの居た長門古市、、、結構ニアミスになってましたね。

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

マイオさん
はいっ。陽の当たる部分と影との露出差の大きかったこと。
最近の山陰本線はぜんぜん分かりません。新線とか専用線とか・・・
昭和63年に城崎から餘部の辺りに、平成になってから浜坂、浦富海岸に行きました。
あれからもう20年、時の経つのは早いものですなぁ。


ところで、ニアミスはあったのでしょうか?

くろくま

2012/01/20 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV