くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常紋のキハ(石北本線)  

皆さん、こんにちは。
洟が出て、咳が出て、こいつぁ風邪かな? という日々が続いております。
昨日とは一転して寒い雨模様、部屋でワインを呑みながらだらだらしているところ。
昼はキタトンでも行くかな?

毎晩何をアップしようかと悩むのですが、呑み過ぎてタイムアウトになることが多い。
むかしのネガをスキャンしようと思ったけど、またしてもスキャナーが不調。
今日の画は無煙にて失礼します。

常紋のキハ(石北本線)
1590レ、1591レのあとにやってきたのは、502D「大雪1号」でしょうか。
キハ58の寒冷地仕様のキハ56なのかな。
当時は、キハ22と混合編成なんてのがローカル線では当たり前に見られました。

キタトンメニュー
こちらはおまけ。キタトンのメニューです(笑)

1974年12月24日 石北本線 常紋信号場付近
CanonL2 35mmf1.8? Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

田中慎弥クンの『共喰い』読みました。
「鰻と赤犬と蝸とセックス」ってな内容だったかな? お勧めはしません!
関連記事
コメント

あらあらお風邪ですか~?
お大事になさって下さいね。数日前にマイナス気温で鍛えた体なもので
この位の寒さはへっちゃらとばかりな陸奥行脚に出ています~
連日のリアルな雪景色に慣れた目ですが、この画の雪景色いいですねぇ~
実に質感が見事っす。コダカラーの深みゆえでしょうかね?
この質感がデジ機じゃなかなか出なくて、このクラスの銀塩外式を越えられないですよね
フィルム存続をさせているFUJIでKodakから外式のパテントを譲り受け緑の箱のKRやKMが出たらいいのね~

ひぐま3号@青森 #- | URL
2012/02/25 17:32 | edit

くろくま様 キハとキタトンのメッセ-ジ くろくま閣下が風邪ひくといけないから、もらってやる。  本日霙まじりの雨の振る中、罐見物に行って来ました。

寒かったぁ・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/02/25 22:11 | edit

おっと

蒸機ではないですが、懐かしい現役時代ですね。
キハ56、まるで現役時代のC11 171号機のような斜めに一直線の複線用スノープロウが実に似合っていました。
エンジン音も現代の新しいDCのヒンのない音と違い、キハ56やキハ22のDMH17系はどこか哀愁を感じる、人間味溢れる音でした。
常紋の山間にこだまするそのエンジン音が聞こえてきそうな作品であります。
さすがKII、まるでモノトーンの中、車体の赤の模写がたまりません。

常紋信号場はもう10年も前に本線以外が線路閉鎖となりました。
一度閉鎖された時、何もしないで「はい、さようなら」は寂しいよと、線路を無理やり復活してもらい、キハ56の1エンジン車キハ27編成を入線させてしまいました(新小岩で話しましたっけ)。
これを最後に線路は草むし、信号には×印が付けられ、本線を残して元の構内は今後自然へと還っていくことでしょう。

それにしても、常紋の風景とキタトンの風景、撮影日が40年近くも違うのにこの調和はどうしたもんでしょう!

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/02/25 22:39 | edit

蒸機時代の常紋を知らないねこにも見覚えのある風景です…
急勾配のサミット、気動車でもゆっくり登ってきました。

氷点下10度を超える寒さの中を金華からここまで歩いたことを思いだしました。
真夏の暑い日にここから金華まで歩いたこともありました。
もうあのスイッチバックも閉じられてしまったのですね…

今日は昔のポジをスキャンしながら、学生時代の夏休み冬休み春休みを懐かしく思いだしました。
常紋、抜海、厚岸、走る車両は変わっても線路があるなら、またいつか訪れたい…と思うこともあり…今さら…と思うこともあり…この歳になってあの場所に戻ったら何を感じるんでしょうね…

ねこ #9enIUaYc | URL
2012/02/27 00:03 | edit

久しぶりに表にお邪魔いたします(本当に邪魔だ!とツッコミ無しで…)

某本店移転のコラボ記事でしょうか(笑)

やはり雪にはこの色が映えますね。
蒸機世代の方達が目もくれかったであろうこのようなキハ達を私達蒸機の知らない世代が必死で追いかけ、そして私らが目もくれなかった車両を今の国鉄を知らない世代が撮影している…
時の流れをひしひしと感じます。

寺は真面目にコメントする時もある #- | URL
2012/02/27 10:05 | edit

ひぐま3号@青森さん

レスが大変遅くなり申し訳ございません。

いやぁ参りましたよ。馬鹿は風邪をひかないと安心しておりましたが
インフルはヴールス性の病、馬鹿でも引くんですねぇ。

ついでで撮った常紋のキハですが、K-IIで撮っておいてよかったです。
この色合いは同じコダクロームでもKM、KRでは出せません。
そして、明らかにデジタルの画像表現には限界があります。
電脳時代の開発者たちの脳みそと感性がアナログであるよう祈る次第ですね。

外式リバーサル、復刻は叶わないでしょうが素晴らしい技術でありました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/04 19:04 | edit

koppel-2さん

ああ、そうなの? 面白いじゃないか。
と老都知事が仰ったとか……。
たしかに今回の受賞作品たち、文才はないわな。

あははっ、「潰瘍の季節」になったら、障子に負けそうだよね(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/04 19:10 | edit

とおりすがりです さん

そういえば、複線用のスノープロウって単線区間でしか見ませんでしたね。
あれって、タンク機や軽ディーゼル用だったんでしょ。
本線のD51クラスでは見かけない格好でした。

常紋での武勇談、たしかに小岩でお聞きしました。
蒸機終焉の後も熱いこころで鉄道と向き合っておられたのですね。

>常紋の風景とキタトンの風景、撮影日が40年近くも違うのにこの調和は・・・
あははっ、妙に似合っていたりしてねっ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/04 21:15 | edit

ねこさん

えっ? 蒸機終焉ののちに金華―常紋を歩かれましたか。
信号場の方とお話しされましたか?
生田原方面、隧道内の灯りをつけてもらって怖々くぐった仲間たちがいましたっけ。
残念ながら常紋は二度とも立ち寄りのみ。
最初に立ち寄ったときは撮る気満々でしたが、降雪で断念したことを思い出します。

当時は気にもとめなかった寝台青客やキハ、今となっては貴重な画なのですね。
ねこさんのブログに時折現われる画に懐かしさを感じています。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/04 21:20 | edit

寺ちゃん

すみませんが、まだDVD拝見しておりません。
PCを修理に出したら少なくとも十万以上の出費になりそうなので……。

たった今、堺のおじさんから下品な電話がありました。
くしゃみ、出ませんでしたか?

>このようなキハ達を私達蒸機の知らない世代が必死で追いかけ、
そして私らが目もくれなかった車両を今の国鉄を知らない世代が撮影している……
う~ん、本当にそう思います。
新しい車両ができたといっては写し、引退するといっては写し、
「鉄」っちゅうのは節操のない輩ばかりなんですねぇ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/04 21:29 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1487-e9dd1e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。