くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キューロク単機回送×2(後藤寺線)  

皆さん、こんばんは。
今日は大好きなキューロクの、これまた大好きなサイド画からです。

キューロク単機回送×2(後藤寺線)
中元寺川にかかる橋梁では、北海道で言えば栗丘近辺のようにひっきりなしに撮影できました。
いろいろな形態で走り過ぎるキューロクたち、見ていて厭きないところでありました。
この画でも門デフに真っ白なランボードのカマと原型に近いようなカマの単機重連。
背景に浮かび上がる山は福智山かな? まさか香春岳ではないでしょうね。
でもね、この川と河原、はっきり言ってドブ川でありました。臭かったぁ!!

1973年8月18日 後藤寺線 船尾―起行
Nikomat-FTn 135mm f2.8 Plus-X ASA100 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

女子ジャンプの沙羅ちゃん、かわいいなぁ。かなりファンになっております。
あっ、しまった。画像がちっちゃかったね。今晩貼りなおしま~す
関連記事
コメント

くろくま様 後藤寺線のこの橋梁は中学時代に高校生になったら絶対行くぞと思ったものでした。 まぁ有名撮影地でしたよね。 自分は高1の夏休み訪問でしたので、まだまだ初心者 でも結構楽しめましたねぇ  なぜか トライ-Xで撮影しています。その後の田川線や日豊本線はSSなのになぁ  地元の影響からか9600の牽引する客レが好きでした。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/03/05 23:28 | edit

 いい絵ですね 小生好みの作品です。
後藤寺線は一度だけ行きました。
9600の形態が楽しかったな 小生はそのドブ川で冬に撮影しました。

岳人 #- | URL
2012/03/06 22:28 | edit

いい眺めですねぇ!

短足のダイコン娘がこんなに美しく見える・・・
いやぁ~ホント、素敵としか言いようが無いですね。デフ無しと門デフの共演
程よく流れる黒煙、そして背後に見えるボタ山、どれをとっても「ザ・筑豊」
根室本線、幌岡の橋上キューロク単機とで、北と南の双璧って感じですね!
マジで羨ましい限りですよ~

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/03/06 23:31 | edit

koppel-2さん

ここは後藤寺の駅から車道を一本、楽な撮影場所でした。
春にも写しているのですが、しばらく居ると厭きちゃうんですよね。
当時、後藤寺線にはキューロクの牽く客レはなかったと思います。
田川線ではキューロクとC11が客レを牽いておりましたっけ。
室木線はハチロクでしたし、あとは唐津線くらいが川越線を彷彿とさせたのかな?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/08 17:38 | edit

岳人さん

ありがとうございます。
何ってことない写真ですが、現地を知る人には懐かしい場面かと。
ちなみに橋のたもとまでは行ったのですが、向こう側から撮ったことがありませんでした。
も少し構図で冒険してりゃよかったなんて思う次第です。

週末ごとの信越出撃、ジモティが羨ましいです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/08 17:41 | edit

ひぐま3号さん

そうでしょ! キューロクのサイドって可愛らしいですよね。
後ろ向きだろうが前を向いていようが関係なくフォトジェニックでした。

幌岡の長~いガーダー橋とは比べられないちっちゃな橋でしたが
多彩な姿のキューロクを写すには格好の場所でした(キューロクしか来なかったけど)。
今にして思えば雪景色でも撮ってみたかったなぁ、と思います。
(↑そりゃあ無理だ、冬はいつも北海道だったもの)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/08 17:47 | edit

川の臭いが甦ります

これはまたPXの硬めの特性を活かした作品でありますね。
フラットになりそうな暑く淀んだ空気感から9600たちを浮かび上がらせ、それでいて感度を落とすほど現像時間を抑え切って「硬め」に留められていらっしゃいます。
そして、最後の仕上げのレタッチで見事に中元寺川の9600重連単機が甦りました。
作品も場所もたまりませんです。

前ガマは門デフ、パイプ煙突、キャブ2枚窓っぽいですから行橋の19626号機、次ガマはデフなしでランボードの感じから後藤寺の29641号機あたりでしょうか。
次位機も開けていて煙の感じが揃った重連単機、とてもいい感じです。
なかなかこんなシーンには出くわしませんでした。
(O先輩撮影の大畑のD51重連単機を連想いたしました)

写真で見ているだけではたしかに感じませんが、本当にここは単なるドブ川でした。
やってくる9600はわざとそっぽを向いて来た印象があります。
多くの列車が2両運転でしたが、連結位置もバラバラ、向きもバラバラ、この重連単機のような端正な列車は撮影したことがありませんでした。

そして、さすが撮影区間が正確であります。
普通は船尾-後藤寺と書いてしまいます。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/03/08 18:51 | edit

とおりすがりです さん

この撮影行からでしょうか、自分でフィルム現像を始めたのは。
同年3月の北海道ではSSやSSSがメインでしたし、DP仕上げでしたから。
お恥ずかしいことに、Tri-XでもPlus-XでもMicodol-Xでの原液現像していました。
当時の肉乗りのネガに手を加えることができるのもデジタルの恩恵ですね。

Oさんの真幸、逆光にススキが映える素敵な作品でしたね。
あんな秀作と比べたらバチが当たりますよ(笑)

このドブ川には夏と春に訪れておりますが、近づくのがイヤでした。
ですからいつもマンネリ写真ばかりでありましたぁ。
起行って、後藤寺駅のはずれだったんでしたよね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 10:12 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1490-092cb0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。