くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

美幌峠にて(石北本線)  

皆さん、こんばんは。
寒暖の差で体調管理に困ってしまうような気候ですね。
週末は寒くなるとはいえ、ここまで気温が上がればそんなに後戻りはしないはず。
大井川の重連や、真岡の緑プレートに馳せ参じる方も多いのではないでしょうか。

さて現役蒸機時代、相生線といえば美幌から北見相生までの36.8キロを走る超ローカル線。
昭和50年3月当時には、この路線に一日7往復のディーゼルが走っておりました。
あの赤字路線日本一と言われた美幸線が一日5往復、白糠線は3往復でした。
ちなみに、万字線、標津線(厚床―中標津)、士幌線もスジは5往復でありました。
相生線は、終着駅から阿寒湖に行くバス路線があっただけという繋ぎ路線だったかな。
沿線は美幌からの一方的な登り勾配でしたが、終着駅には小さいながらも手押し転車台。
概して道内のローカル線は転車台が完備されていたので、バック運転はなかったように思います。

ところで、この路線での仕業は北見区のキューロク担当でした。
北見発5:06の573レの美幌入りが5:42。入替作業の後、相生線8791レとして出陣。
北見相生で2時間弱滞留・整備してから、8792レのスジで16:59に美幌に帰るんです。
その後は美幌発18:57の578レとなり、北見帰還が19:07という「21仕業」でありました。

北見相生にて
画像は北見相生に佇むキューロクの姿であります(50年3月22日撮影)。

訳あって、以前「緋牛内での一日」と題して載せたことがある575列車を再掲します。

降雪の575レ
吹雪とまでは言わないけれど、とても高みに登れる天候じゃありませんでした。前機はC58119ですね。

次位のカマは?
次位のカマは何でしょうか? 切詰デフのキューロクだと確認できますが・・・。

重連575レその3
後ろは69624号機でありました。以前倶知安に居たときは二ツ目だったカマです。
この日は大晦日。相生線の荷がないときや、途中駅での入替作業が少ないようなときには
このスジを利用して美幌までキューロクを送り込むように設定されていたのだと思います。
先日の1594レも重連でした。前がC58390、後ろはこの69624であったと思われます。
勿論、このスジは北見にキューロクを返却するための運用だったと思われるのです。
C58やキューロクと言えばマイナーな存在、本州でも終焉は早かったなぁ。

1975年3月31日 石北本線 緋牛内―美幌
Nikomate-FTn 135mm f2.8 Ilford-FP4 ASA125 24℃ 13.5min.
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

ダルビッシュ、抑えなきゃならないっていう緊張感に自滅せねばよいけど。
この投手の海外移籍は日本球界の多大なる損失だとつくづく思い知りましたよ。

※3月9日に追記しました
関連記事
コメント

くろくま様 相生線は後にも先にも、あの糠平の翌日49.12/29に行ったきりでした。
メモを見ますとその日は北見駅で泊まって30日は池北線に入っています。
>C58やキューロクと言えばマイナーな存在、本州でも終焉は早かったなぁ

 本州最後の9600ってどこだったんですかね。 青森での入替かなぁ 米沢かなぁ
C58は会津若松かなぁ・・・ C58363ですが 町内の回覧板によると3/15PM13:00頃から4時間程度 3/22まで構内試運転だそうです(日曜・祝日は無し)
昨年鉄道記念日の翌日工機部で見て以来かな  また秩父の春と共に運行されますね。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/03/09 09:13 | edit

相生線

くろくま様
はじめまして、いつも懐かしい写真をありがとうございます。
同じ世代でしょうね、楽しい思い出話も共感できて嬉しいですね
北見相生からは阿寒湖へ行くバスがありましたね、当時は観光組と鉄ちゃん組と
4名で行動してましたので覚えています。携帯電話なんかない時代でしたが、
別れては合流しての繰り返し、不思議でした。

koppel-2様
はじめまして、宜しくお願いします。
本州最後の9600は米沢の59634らしいです(聞いた話なので)
その後、後藤寺に渡り、北九州最後の9600として活躍しました。
ほんと「ごくろうさんよ」な機関車ですね。

ぎんちゃん #vqm8JHu. | URL
2012/03/09 11:11 | edit

相生も近くて遠い隣国でした~(笑)
美幌にはカマ撮り以外でも何度か行っていたので、今にして思えば「行ったついでにカマも撮る」と言う意識さえあれば
もう少し現役時代の在庫があったのにと思うばかりです。
その教訓が今生かされているのですが、何故か「疑出」と言われちゃいますぅ~(笑)
今日もこれから出張の身ですが、機材は無しの「純出」ですよ~
C58とキューロクの重連、ありそで無かった組み合わせですから、これまた貴重な記録をされましたね。いいなぁ~

ひぐま3号 #- | URL
2012/03/11 10:32 | edit

koppel-2さん

相生線はくろくまも2回だけ行きましたが、どちらも降雪で没でした。
北見駅で泊まれたということは、年末だったからですよね。
帯広もそうでしたが、3月には駅を追い出された思い出があるような。

ぼくらが小学生のころは川越や八高、総武など首都圏にも煙がひしめいてました。
北海道や九州のカマに憧れて出かけることが多く、近くは犠牲になりましたけどね。
C58会津若松ってのは信憑性ありますね。亀山や小牛田ってことはないかな?
キューロクは↑ぎんちゃんの仰る米沢管内でしょうか。
若狭湾辺りのC58、キューロクは遠い存在でしたから分かりませんでした。

363は上越、秩父でのシテンが噂されているようですよ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 10:32 | edit

ぎんちゃん

はじめまして! 拙ブログにようこそお越しくださいました。

くろくまの乏しい記憶で恐縮ではありますが、、、
ぎんちゃんと言えば、ヘロ隊の隊長サマ。アメフラシ軍団の長ですよね。
蒸機の杜さんやヘロ隊の星さんはお仲間なのでしょうか(笑)。
個性的な活動にはいつも感服いたしておりますです、ハイっ。

>別れては合流しての繰り返し、不思議でした・・・
懐かしいですね。あの広い北海道でも何処かで必ず会っちゃうんですもの。
蒸機終焉期に熱かったわたしたちも既に淘汰を待つ年齢になってしまいました。
でもね、DE10やDD51のような勇ましい若手がいないのも現実。
もうしばらく、現役を続けていきたいものですね。

そうそう、今年はどこかでご一緒してプハーッを楽しみたいものです。
59634、長井線今泉で撮影しておりますよ~っ!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 10:41 | edit

ひぐま3号さん

今にして思えば近く感じられるでしょうけれど、当時はやはり遠かった。
士幌線が野付牛に合流していれば近かったのかもしれませんが。
くろくまにとっては石北・相生線は鬼門であり、いつも降雪に悩まされました。
とくに相生で登った山から見た光景が忘れられないだけに悔しくって・・・。

>C58とキューロクの重連、ありそで無かった組み合わせ・・・
ホントですねぇ、身近なれど捉えきれないカマたちでありましたっけ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 19:30 | edit

ありがとうございました

今回はいろいろお世話になりました。
おかげさまで69624号機が特定できました。
この日の575列車、自分では前ガマのC58 119号機しか確認できる写真がありませんでした。

北見機関区SL2組A21仕業は、相生線貨物の8791列車~8792列車の有り無しでさまざまな変A21仕業に姿を変えました。
でも、くろくまさんがおっしゃるように、自ら北見-美幌間の定期貨物573~578列車を持っていたばかりか、美幌入換まで抱えていましたから、「相生線貨物ウヤ=石北貨物にC58+9600」とはなりませんでした。
そんな中で、この575列車と1594列車は次位の9600をぶら下げた貨物でした。
相生線貨物ウヤに加え、石北貨物と美幌入換の有無次第でその重連が決定しました。

この日の575列車、私は上から2枚目の写真の奥の方で撮影しました。
やはり雪のベールがカマたちを覆う酷い撮影条件でした。

本州のC58は、コッペルさんおっしゃるように会津若松運転区のC58が最後ではないでしょうか。
小牛田・新庄機関区のC58は重連でけん引した迂回急行津軽の際中の昭和48年4月、亀山機関区のC58は昭和48年9月の信楽線貨物と関西本線後補機が最後でした。
そんな中、昭和49年5月に入っても会津若松駅構内の入換で火が入っていましたから間違いないと思います。
会津若松では本線系統がタンクのC11、入換がテンダのC58というおかしな組み合わせでした。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/03/11 23:22 | edit

とおりすがりです さん

いえいえ、とんでもございません。時間ばかりかけてしまって。
次位のカマのプレートが読みとれる画などあまりないのに、よく見つかりました。
この頃、連日のようにこの運用があったように思われましたが
たまたま出かけていた日に当たっただけだったのでしょう。ラッキーでした。

>この日の575列車、私は上から2枚目の写真の奥の方で撮影……
いやぁ、お会いできていたら翌日の士幌にご一緒していたかもしれませんね。
そんな出会いがあれば、さぞかし名作が生まれただろうに、残念です。

>本州のC58は、コッペルさんおっしゃるように会津若松運転区の……
やはり、そうでしたか。たしかに49年に若松で出会っております。
本線がC11で入替がC58ってのも、仰るように不思議な光景でしたね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/14 08:26 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1492-cd9e0987
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV