くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

木曾路の春(中央西線)  

皆さん、こんばんは。
しとしと雨で肌寒い一日でしたね。
週末も気温の低い日が続くとのこと、いつになったら春が来るのかなぁ。
このところ閉じこもり気味だったくろくま、明日は海でも眺めて来ようかなぁ。

木曾路の春(中央西線)
今日の画は、厨房時代に訪れた中央西線の「春の訪れ」から・・・。お恥ずかしいかぎりです(恥)
電化間近の中央西線では、路線変更になる南木曽―田立などが無架線だったかな?
木曽福島や藪原で撮影後は明知線、飯山線、羽越本線と流れ歩きました。
でも、当時のネガは引き伸ばしの際に定着液を浴びてしまい、画像消失の憂き目に。
あの折の木曾路の春を思い出すような一枚はしっかりと温存されておりました。
残念なことにD51200とか777の写真が復活することはありません(涙)

1972.3.28 中央西線 木曽福島―上松
Nikomat-FTn 35mm f2.8 Fujicolor N100 ASA100
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS2

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

山口美江さんが亡くなりました。51歳とのこと・・・
しばづけが食べたくなってしまいましたぁ。合掌!
関連記事
コメント

さりげない一枚だけど、なんと樹間に乗務員の姿を抜いてますね。ん?助士サイドってことは、絶気走行かな・・・。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2012/03/09 23:22 | edit

くろくま様 自分も中央西線で初めて集煙装置というのを見ましたよ。
本格的な撮影旅行はここから始まりました。
自分も中学時代のいい想い出です。 昨日の公立高校の合格発表日、.当時は悲喜交々でしたね。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/03/10 07:29 | edit

マイオさん

内モンゴルからの生還、おめでとうございます。
大陸ならではの迫力ある画を楽しんでおりますよ~っ。

さて72年当時は、ダイヤが不確定だったですよね。
中央西線でも電化工事もあって、各駅でガリ版刷りのダイヤをもらったものです。
藪原や落合川、寝覚の床はあのころから外していた自分がいるようです(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 10:48 | edit

koppel-2さん

そうですね。関西本線や山陰本線で見る前に、ここで遭遇いたしました。
皆が悪口を言っている割りには、お気に入りでもありましたっけ。
この撮影行で捉えた明知線のC12、羽越本線の京ヶ瀬橋梁の写真は
二度と戻って来ないものだけに、ちょっと哀しいなぁ。

あっ、『大いなる旅路』のはとガール、京ヶ瀬で撮ってましたねっ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 10:52 | edit

木曽路と聞くと、すきやき屋より誰が唄っていたかは失念しましたが「木曽は山ん中~」ってフレーズが流れるひぐまです。
昨年、松本から名古屋までワイドビューしなので車窓を楽しみましたが
かつての機関区があった木曽福島も中津川もその面影は微塵も感じ得ることが出来ませんでした
で画のほう
これで厨房時?橋下さんが義務教育で留年制導入とか言っていたけど、美濃部さん時代の東京では実施されていたのかな?
な~んて思うちゃう画ですね。汽車が見たくて撮りたくてワクワクしながら出掛けられたんだろうなぁ~と、その当時のくろくまさんを想像したら、窓枠に置かれたコーラの缶の絵柄に麒麟が見えちゃう、やっぱ留年っすね(笑)

ネガカラーからの色合い復元…流石にプロ、こんなに綺麗に出せるものなんですね!

ひぐま3号 #- | URL
2012/03/11 10:55 | edit

ひぐま3号さん

当時、中央西線に行くことが関東圏のステータスだったかも。
すでに電化工事も進んでおり、ダイヤも分からぬままの出撃。
旅情庵だとか保古の湖だとかのユースホステルに泊まったのもいい経験。
ユースのミーティングの時間では、ただただ目立たぬようにしてましたっけ。

>留年・・・
大学3年生を2回経験したくろくまとしては、厭な言葉であります(笑)。
美濃部都政時代、共産党も強かった。
医療費もかからなかったし、あれも良かったなあ、なんて。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/11 19:44 | edit

これはまた懐かしい線区です

中津川、木曽福島機関区のD51は、全機が前面に通風口が開いた長工式集煙装置の出で立ちが抜群でした。
貨物列車の多くが重連だったのもよかったですね。
このカマは、キャブのナンバーの感じから245号機あたりでしょうか。
木曽福島-上松間、まさにこの作品の感じの区間でした。
あの頃の記憶が鮮明に蘇って参ります。
木曽福島名物のデフ付きC12 199号機が上松入換の往き帰り、D51貨物の後補機で猛然で煙を噴き上げてたのもこの区間でしたね。

南木曽-田立間、たしかに電化直前は貴重な貴重な「非電化区間」でした。
ここもうっそうと木々が生い茂る山肌や切通しが多く、撮りやすいとはいえませんでしたが、それでもこう配もあり、中央西線を撮りにいくと一度は必ず立ち寄りました。
複線電化の新線と地平で直角に交差する場所もありました。

中央西線。新宿から夜行アルプスで、また夜行425列車で塩尻に着くと、そこにはもう蒸機の世界がありました。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/03/13 17:10 | edit

とおりすがりです さん

中二のときに三人で渡道してから久方ぶりの撮影行でした。
急行アルプスで塩尻に降り立ち、宮ノ越、薮原に向かいました。
初めて目にした集煙装置の重装備D51に圧倒され、いたずらに駄作を築いておりました。
宿も上松の旅情庵YHと保古の湖YH、撮影と観光を兼ねたような塩梅でした。
保古の湖の夕照が美しかったなぁ。
その後飯山線を訪れ、新津区と羽越線の京ケ瀬を撮影して終わった撮影行でした。
たくさんの感動がありましたが、しっかりネガとともに融けてしまったわけです。

振り子特急が走ったのはいつごろでしたっけねぇ。
定着液に侵されなかったコマを数カットだけ、残しているんです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/03/14 21:40 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1493-1c08f5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV