くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

36年半前―空セキは何両か?(室蘭本線)  

皆さん、こんばんは。
プロ野球が開幕しまたね。
MXでダイエーVSオリックスを見ながらラジオの西武戦を聞いております。
今日は出先から直帰しましたので、しっかり観戦できてるくろくまであります。
桜の開花も間近のようで、色づいてくる莟を眺めておりました。

昨日の「セキ」記事にはたくさんの反響をいただいたようです。
便乗して今日も「セキ」の記事にしちゃいますね♪
跨線橋が見えている駅は登別です。下りのD51貨物がやってきました。
長い長~い空セキですが、疲れて数えるのはやめてしまいました(笑)

37年半前―空セキは何両か?(室蘭本線)
ピカピカの蒸機にピカピカの客車の復活蒸機運用では味わえない光景。
あのときの臨場感が甦ってくるようです。
この日、塒の旭川から上り大雪5号で岩見沢に到着したのは5時28分。
C5757の牽く222レで、何と終点室蘭まで乗り鉄しましたよ。
折り返し10時43分発の「ちとせ4号」で登別に着いたのが11時16分。
それまで乗っていたスジを牽引してきたC5757の牽く227レを写してたら
残煙の切れぬ間に逆方向から「北斗2号」がやって来た。
そして5785レ。これは重連を望めるスジだったけれどこの日はダメ。
結局15時15分の「ちとせ7号」まで粘って札幌に戻り、「紋別」で旭川へ。
翌日は赤平へ向かうこととなったのです。旭川での自炊はカレーだったのかな?

1975.7/31 室蘭本線 登別―虎杖浜 D51牽引 5785レ
Nikomat FTn 135mm f2.8 Ilford PAN-F ASA50 MICRODOL-X(1:1)24℃9分現像
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS2

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

いろいろとモチベーションの下がることばかりが続いております……。
どこかに光明は見いだせないかな?

関連記事
コメント

 くろくま様 メモによりますと自分もこの日旭川から幌内線へ向っております。
三笠辺りで撮影していたようです。 7/29に富浦で駅寝でした。 まぁ走行線区も少なくなったとはいえ、自分の小遣いの範囲では充分でした。

 この辺りの線路脇は随分変ったろうなぁ 36年経過しているんですもんね。

久し振り本屋で鉄道雑誌 立ち読みしたら 同世代の友人が3人が写真と一緒に紹介されていました。 いいんだか わるいんだか

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/03/30 22:11 | edit

先日九州の86を見てきましたが、反射するほどピカピカに磨き込まれたその車体を見て現代を生きる蒸機の性を見たような気がします。

岬めぐり #PooosTlY | URL
2012/03/30 23:00 | edit

この正面写真という手があったのかぁ?(笑)

懐かしい景色ありがとうございます。これはトンネルの上からですね。懐かしい、
他の方のブログで登別は余り見かけませんでしたので^^
私には行き先に困った時のあんちょこ定番基地でした。(笑)
朝に良し夕に良し、この駅先にはほどよいカーブもあり、またお写真左には港もあり
漁船をを入れてこの上り下りと2つに分かれたトンネルを撮っておりました。

そして富浦にあるトンネルの山に登ると登別出発から足下を潜り海岸線先の幌別まで追いかけ撮影できました。
私にとって数少ない俯瞰写真となりました^^

郷愁紀行 #mQop/nM. | URL
2012/03/30 23:32 | edit

koppel-2さん

この二日前には左上の岬の下の無人駅におられたのですね。
貴殿と現役時代にお会いしたのは2回だけ。
旭川での自炊タイムと8/3の川端駅でしたね。

チューリップハットの貴殿が懐かしく思われますよ。

鉄道雑誌、最近見てないなぁ……

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/04/01 19:10 | edit

岬めぐりさん

母子の九州旅行、楽しそうでしたね。
これから新しい生活が始まるとのこと、懐かしいような羨ましいような。

ピカピカのハチロク、仕方ないですよね。
くろくまも九州の特別仕様の客車には乗ってみたいと思ってます。

でもね、薄汚れた力強い蒸機が好きなんです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/04/01 19:14 | edit

郷愁紀行さん

今日も惚けた父親のいる実家に行ってきました。
郷愁紀行さんのところよりは、はるかに軽症だと思いますが疲れますよね。
学生時代、あんなに撮影旅行に行かれたのも父親のおかげだもの……。

登別のこの立体交差は初めて訪れた場所でした。
栗丘・沼ノ端以外の室蘭本線を撮りたくてやってきたんです。
じつは、別冊週刊読売だったかな、H田さんの雨の虎杖浜を見たものだから。
今の機材や装備であれば、もっと凄い表現が可能だったでしょう。
でもね、当時の機材で当時の技量で、ってところが懐かしいんだなぁ。

郷愁紀行さんの富浦の作品も拝見しました。
更なる力作も高解像度でアップしてくださいね!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/04/01 19:26 | edit

5785列車

そうでした、昭和50年3月改正以降、5785列車は所定では重連スジでしたね。
ほとんど重連で来たことがなかったので、すっかり記憶の彼方でした。
夏の強い反逆光のカマに夏の草木の濃い緑と、フラットになってしまいそうな悪条件ですが、PANFの実に気持ちのいい現像によって素晴らしい階調に仕上がってますです。
私なんぞ、この夏もTX+D-76(1:1)を強行していたため、緑フィルターのX0なんぞで抵抗しておりましたが、満足いくほどの効果はありませんでした。
夏の室蘭の蒸機撮影の見本を、今ここに見た気がいたします。

それにしましても、登別にこんな気持ちのいい場所があったんですね。
夏の通過列車でさえこんなにいいのですから、優等列車待避のため登別の中線に停車する貨物もありましたから、冬のこの場所なんか凄い写真が撮れたのかもしれませんね。

夜行大雪、下りは遠軽の送気停止の寒さと送気開始のカンカンカン、北見の送気停止の寒さがありましたから目覚まし代わりになりましたが、上りはずっとぬくぬくと眠れてしまい、列車内で目覚まし時計をセットするわけにもいかず、私は岩見沢下車が鬼門でありました。
ふと目が覚めると岩見沢を発車していることがしばしばで、そんな時は札幌で千歳線に乗り換えて植苗に向かい、駅から室蘭本線オーバークロスまで機材を抱えて雪の中をダッシュしますと、そこにC57牽引の222列車が90km/h近くでぶっ飛んで来たものでした。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/04/02 21:26 | edit

このナンバーの感じからすると915号機かな?
数日前に撮影したひぐま、この915号機のナンバーの地が薄れていましたからね。
この5月に室蘭本線でC11207の運行がありますが、残念ながらこのトンネル上からは
区間が登別までのなので狙えません
と言って富浦のトンネル上も当時と違って登られなくなっているらしくダメみたい。撮れるところあるのなかぁ~?と思うひぐま。
37年ぶりとあっては行ってみたいものの悩むところです~電化されているしね。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/04/02 22:37 | edit

とおりすがりです さん

おっ! X0フィルターってのはN党の証拠ですね。
くろくまはY2やO56、A2、B2、C4、PLを常に持ち歩いておりました。
C4だけはK社の製品ですね(笑)。N社のPLのケースは革製でしたっけ。

さて、この場所はお手軽な撮影場所でした。引けば左に海が入ります。
手前に寄ってきたところでは電線が邪魔をするんですよ。
仰る通り、冬場もここで写してみたかったですね。煙すごいだろうなぁ!

くろくまも、上り「大雪」では寝過ごしかけたことがありました。
旭川で降りるか、滝川か、岩見沢かで随分とゆとりがちがっていたようです。
札幌から千歳線ってのは、ありませんでしたねぇ。
勇払原野へは遠浅で降りて、植苗から帰るのがパターンでしたから。
直線区間のC57客レ、速かったですよね。

そういえば、上川で「大雪」上下乗換えなんてこともやったかな?
思えば無謀やことばかりやってました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/04/03 19:45 | edit

ひぐま3号さん

あれっ、数日前でしたっけ。一日ちがいじゃなかった?
915号機は名寄から岩一に移ってきたカマですよね。名寄のじゃ汚ねぇわけだ。
それにしてもカマのナンバーの分からぬ写真ばかり撮ってましたよ。

C11の運行は室蘭―登別でしたっけ。
室蘭・母恋あたりのヤードの風景も変わったことでしょう。
あとはやはり富浦くらいしか撮影場所が思いつきませんね。
せめて苫小牧まで延伸してくれればいいのにねぇ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/04/03 19:52 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1512-4ae9282e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV