くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと涼んでください(士幌線)  

皆さんこんばんは。
今日は比較的凌ぎやすかったけれど、もう冷房は手放せません。
明日は金星の太陽面通過ということですが、天候は期待できないようですね。

地上デジタル放送で唯一見れるGvsHを見ていたら、村田くんの顔って鯛焼きみたい……

十勝三股に佇む
そんなコトとは関係なく、今日は暑気払いに涼しい画像をどうぞっ!
士幌線終着駅だった十勝三股でのキハ12です。朝一番のスジで巻き上げた雪、
でも、折り返し時刻までにはすっかり融けてしまいました。

未成線の彼方
こちらはキハ563から見た未成線の光景です。
小海線のような高原鉄道だった士幌線、本来なら上川まで延伸する予定でした。
今思えば、開通しても利用客はいなかったんじゃないかなぁって思いますけどね。

見えたかな未成線
ピントをずらしてみましょう。
どうですか? あなたもキハに乗車している感覚になりませんか?

十勝三股駅
これが十勝三股駅の写真。けっこう立派です。転車台と格納庫もありました。
本日は、営業蒸機終焉の50年12月に訪れた感傷旅行からの一コマでした。
ここに佇むキューロクも撮っておきたかったなぁ、とつくづく。

1975年12月25日 士幌線 十勝三股にて
Nikomat FTn ILFORD-FP4 ASA125 D-76 20℃ 6min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

原発の警戒区域内では、野生化した牛と自動車の衝突事故が相次いでいるようです。
野生化した酒呑みクマ、ぶつけないでねっ!
関連記事
コメント

くろくま様 総てがいい記録ですね。
自分もAさんOさんと一緒にS52にセンチメンタルジャニ-をしたかな。

線路自体がなくなってしまったのは如何にも残念ですね。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/06/05 21:59 | edit

 いい画ですなー 
小生もコッペルさんと蒸機終焉後に北海道に行き
撮り残しのスナップ写真とお酒とビール無い 乗り鉄をしてきました。

岳人 #- | URL
2012/06/05 22:08 | edit

来たぁ士幌線!あっ、御無沙汰しております。
今まで見たことの無いアングルでの画像に感激しました。
三股駅から北に延びていた未成区間を歩いた事がありました。
レールは百メートル位続いた所でぷっつりと途切れていて、遥か先には重畳たる三国の峠がそびえていた光景を思い出します。

キツネメ十勝 #- | URL
2012/06/05 23:08 | edit

懐かしい風景です。
と、言っても意外にひぐま、冬の十勝三股の記憶は殆ど無くって
夏場の記憶ばかりなんです。それは、幼少の頃、父親の事業所が三股にあり
夏休みになると数日間そこに滞在して過ごした事が何度もあり
釣りに行ったり、地元の子供達とこの未成線付近やその脇にあった貯木場で
遊んでいたからなんです。
勿論、駐泊所の辺りでも探検とか言って出かけました。
で、夜になると事業所の宿泊施設の外ではガリガリと木を引っ掻く音が聞こえ
クマが出ているのがわかり、幼い心に恐怖感を覚えたものでした。
事業所にはライフル銃があり、弾を入れない状態で引き金を引かせてもらった
こともありました。
このキハなどに差し込まれたであろう、サボがひぐまの宝物として我が部屋にて
保存されております~
この記事を拝見して、涼むと言うより、幼き日の回想が成されたことに感謝ですよ。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/06/06 09:07 | edit

かえって熱くなりました

順番ではC55のアーカイブにコメントしなければなりませんが、十勝三股、我慢できません。
あの12月24日を終えてからのさらなる北帰行、いい旅をされましたね。
私は次の日は高校の2学期の終業式でもあり、感傷に浸る間もなく帰京してしまいました。
私なんぞはただの門外漢ではありますが、それでも雪の十勝三股がたまりませんね。
あの景色の中、私もここで9600を撮影する勇気はなく、撮影しましたのは駅舎と給水塔とキハ12だけですが、それでもこの構内の様子は延長運転する9600の姿とダブり、涙が出そうです。

所定ではキハ12+キハ12の仕業だったと思いますが、1両が2エンジンのキハ56とのこと。
運転士はさぞや心強かったことでしょうね。
私がここを訪れた時は721Dがキハ12の2連で、十勝三股を前に積雪を噛んで途中で立ち往生し、気動車運転士が台車の雪を掻き出すのを手伝った思い出があります。

本文に小海線の文言がありますが、先週その小海線沿線に所用があって、なんと40年ぶりにかつてC56を追い掛けた信濃川上や佐久広瀬などに行って参りました。
もちろん、同じ高原鉄道とはいっても、あの士幌線にはかないませんが!

以下、6/7の朝に書き足しました。
FP-4をD-76で現像され、素晴らしいアップテンポの階調でいらっしゃいますね。
D-76はHP-4を含めイルフォードのフィルムとも相性はよかったと思います。
D-76現像、カビが少ないと思いますが如何ですか?

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/06/06 22:13 | edit

koppel-2さん

ありがとうございます。
蒸機終焉2日後でしたから感傷的すぎるくらいでした。
大好きなキューロクと素晴らしすぎる景観……。
一生モノのお宝です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/06/07 17:47 | edit

岳人さん

ありがとうございます。
この後、追分に立ち寄ってから帰京したのですが
追分ではNさんが頑張ってましたよ。

その後も毎年のように冬・春と渡道していましたが
ワンカップやらミニボトルやら、あのころから呑み続けで~す。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/06/07 17:51 | edit

キツネメ十勝さん

こちらこそご無沙汰で……
さすがに士幌線が出ると駆けつけてきますね。
梅雨のないそちらも快適な陽気を迎えていることでしょう。
釣りや山菜取りに明け暮れておられるのかな?
ヒグマ(あちらじゃなくて!)にご用心あそばせ。

未成区間は雪の中で確認できませんでした。
駅長さんや駅前を写したカットもあるのですが、カビだらけなんです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/06/07 17:54 | edit

ひぐま3号さん

少年時代のひぐちゃんが貯木場で遊んでいる姿が見えてきそうです。
くろくまは夏の士幌線には来たことがありません。
50年の夏にはすでに遅かったですからね。行ってみたかったなぁ。

>夜になると事業所の宿泊施設の外ではガリガリと木を引っ掻く音が……
怖いですね。吉村昭の『羆嵐』を思い出しちゃいますよ。
当時は駅周辺には建物が結構あったことでしょう。
過疎化が進んだ今の方がむしろ羆が出てきそうな気がします。

釣りや山菜狩り、大自然の中でキツネメさんたちと遊んでいた頃、
デジカメで復活蒸機を撮ってるなんて未来は見えなかったろうなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/06/08 19:41 | edit

とおりすがりです さん

>順番ではC55のアーカイブにコメントしなければ……
いえいえ、そんな義理堅いことはしないでください。疲れちゃいますよ。

>あの12月24日を終えてからのさらなる北帰行、いい旅をされましたね
はい。24日は十勝ワインをラッパ飲みしながら帰京する友人を札幌まで送り、
小樽まで出、「からまつ」に乗り帯広へ。始発で十勝三股へ赴きました。
折り返しの列車までのわずかな間ですがスナップが写せました。
車窓から見える各駅を撮影したのもこのときでした。

給水塔、扉の閉じたクラ、駅前を行く地元の方、駅長さん、懐かしいです。
キハ56が編成に入っていると迷うことなくこちらに席を取りました。
冬場の道内では少しでも快適な車両を選んだものでしたっけ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/06/08 20:03 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1569-dfca7238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ちょっと涼んでください(士幌線)】

皆さんこんばんは。今日は比較的凌ぎやすかったけれど、もう冷房は手放せません。明日は金星の太陽面通過ということですが、天候は期待できないようですね。地上デジタル放

まとめwoネタ速neo | 2012/06/08 15:54

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。