くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪勢なすれ違い(筑豊本線)  

皆さんこんばんは。
どうにも湿気があると不快指数が急速に跳ね上がってしまいますね。
ニュースで見た、氷で冷やして食べるカップ○ードルの登場が待たれます。
そういえば、「冷たい……」シリーズがコンビニにも溢れてきております。
ここのところ毎日昼飯は冷たい麺類、夜は冷たいサワーだとお腹も下るくろくまで〜す。

豪勢なすれ違い(筑豊本線)
土曜日の天気が気がりでなりませんが、何とか晴れて欲しいものです。
そんな気持ちを込めての今日のアップ画は昭和48年のD60のすれ違いです。
1899レをD6046が牽いてきた直後、744レを門デフD6061が牽いてきました。
老雄同士のすれ違いに胸を躍らせたものでありました。




……とか何とか言っておりますが、これは合成であります。
ですからタイトルは、合成ですれ違いってことになりますねぇ(笑)。
でもね、時間差はほとんどなかったんですよ。
この日に初めての九州行を切り上げ、博多から「桜島」で帰京しました。

あっ、そうだ。このホキかと思った上蓋付きの車両の本名を教えてください。
豊前川崎—二島って書いてあり、「ホラ」って書いてあるような……。
本当にホラだったりして(笑)。

1973年8月30日 筑豊本線 中間—筑前垣生
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Ne0pan-SSS ASA200 MICRODOL-X
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

上野のパンダがおめでたというコトで、、、
良かったですね。軒並み下降した路線価にスカイツリーとともに気張ってや!
関連記事
コメント

くろくま様 合成だったんですかぁ まぁ 現実に撮影場所で遭遇すると
蒸機同士の交換はワクワクするものですけどね。

 S48/8が初九州だったんですか 当時は高校1年生 翌年夏には九州も激減するのですが、概して機種は豊富だったような気がします。
 それと百円札が結構流通していて驚きましたっけ。.

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/07/05 22:22 | edit

豪勢(合成)に座布団1枚!!

おっ、現役で邂逅シーン撮っていたんじゃないの〜って見たら
テクニカルクリエイト画でしたか。
断りを入れなきゃ全くもってわからない仕上がりですね。
でも、当時、運さえ良ければこうしたシーンに巡り合えたのですよね。
きっと、その美味しいシーンをパチリとしている諸氏もいるのでしょうね。
ここまで、プレ企画に凝った邂逅シーンもいよいよ明日ですね、
こりゃ、本チャンでの成果が否が応でも期待されちゃいますよ〜
楽しみにお待ちしておりま〜す‼

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/07/06 08:11 | edit

豪勢ですねぇ

これは合成なんですか? 言われなきゃ判りませんねぇ。
でも、もうちょっとでこんな豪勢なシーンが見れたんでしょ?
'73年8月だとこんなのも有りだったんですね。
良いなぁ・・・。 無理しても九州に行けば良かったかなぁ(^_^;) 
私が初めて行った'73年12月には、D60の定期運用は確か1往復に減少していましたから。

お尋ねの貨車は、セラ1を改造したホラ100形式の500番代のようですね。ガラス原料の硅砂輸送専用貨車です。
運用区間の豊前川崎~二島の表示もそれを裏付けています。

あべくま #.XQnUga2 | URL
2012/07/06 17:26 | edit

うぉー

完全にだまされて拝見しておりました。
こんな凄い瞬間があったものなのかと...
なるほど、そう伺ってよく見てみますと、繋ぎ目が見えてきますです。
でも、こんなシーンが平気でありそうなのが筑豊本線非冷水峠区間でしたね。
1本撮ってホッと一息ついていると、不意に後ろからまたカマを喰らったりして楽しかったです。
いずれにしましても、楽しい作品をありがとうございました。

いつかもお話ししたと思いますが、私はこの作品のバックに見えてますオーバークロスを中間方から見る構図で、D60貨物とC55旅客の離れた並走もどきに出会ったのがせいぜいでした。
今考えてみましたら、C55(57号機でした)がD60牽引の長いセラ編成に隠れないでよかったですが...

SSS+マイクロドールなんですね!
ミクロファイン現像とどう違ってくるのか興味深々です。
現代のレタッチを得て完全に蘇ることができているのは確かですね。
SSSをしてこの階調、なかなか出せるものではありませんです。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/07/08 09:27 | edit

koppel-2さん

すれ違いを撮れる可能性があったのは室蘭、函館、奥羽、筑豊
でしたでしょうか。複線区間って少なかった気がします。

この夏、貴殿も数日ちがいで九州入りしてましたよね。
第二白川橋梁付近で練馬の中学生が転落死した夏でした。

このころは九州か北海道が悩みましたよ。
>百円札が結構流通していて驚きましたっけ……
思い出しました。たしかに流通量が半端なかったと思います。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/08 18:38 | edit

ひぐま3号さん

あははっ。ズルしちゃいましたぁ。

今になってみれば、ダイヤを元にすれ違い狙いもできたでしょうが
当時はとにかく沢山撮りたかったってのが現実でした。
交換なんぞも、片方しか写せないし駅撮りは、なんて引いてましたし。

>本チャンでの成果が否が応でも期待されちゃいますよ〜
あははっ、しっかりと轟沈しましたぁ。
天候で「高さ」が稼げないと、ただの呑んだくれ熊でございます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/08 18:44 | edit

あべくまさん

時差は数分だったと思います。
線路端のツル科の植物と虫が煩わしかったような気がします。
あべくまさんの九州入りは同年12月でしたか。
48年から49年にかけて、どんどん淘汰が進みしましたよね。
くろくまの九州行は48.8、49.3、49.8の3回でした。
北海道に行っていればよかった、とも九州でよかったとも思っています。

>セラ1を改造したホラ100形式の500番代、ガラス原料の硅砂輸送専用貨車……
さすがです。福島の方が即答できるなんてスゴイです。
先日もねこさんと「あべくまさんは凄い」と話し合っておりましたよ。

これからも宜しくお願いしますね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/08 18:59 | edit

とおりすがりです さん

すみません。5分で合成しましたので検証が甘かった。
でも、このスジだったら実際にすれ違いを撮れた方もいらっしゃると思います。
記載データは両方とも50ミリとなっておりますが、上りは35ミリかもしれません。
収差のちがいもあり、うまく接合できなかったのかな。

>D60貨物とC55旅客の離れた並走もどきに出会ったのがせいぜいでした……
羨ましいかぎりです。くろくま、ここより西には足を踏み入れておりません。
筑前垣生の橋梁も、冷水峠も未踏のままなんです。

パシフィックが走っていた時代に撮影されているとのこと、
はっきり言って垂涎であります。

SSSはね、使う気がなくて予備で持っていったもの。
コダック系が底をついてしまい、仕方なく用いました。
これ以降、SSSが登場することはありませんでした〜っ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/08 19:09 | edit

通りすがりのものです

この写真は中間~筑前垣生間ではなく、
中間~折尾間です。
中間~筑前垣生間に複々線区間はありません。
私はこの近辺出身なのでよくわかります。(笑)



たけ #- | URL
2015/04/20 20:41 | edit

たけさん

ご指摘、ありがとうございます。
くろくまも折尾での下車はあるのですが、中間や筑前垣生での下車記録はありません。
たぶん仰る通り、折尾—中間の複々線区間だったと思います。

ご近所のご出身とか……
折尾駅も新しくなり、この辺りも変わったことでしょう。
最後に九州に赴いたのは49年、41年間訪れておりません。
香春岳やぼた山、今はどんな姿になっているのかしら?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/04/21 20:22 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/05/16 22:16 | edit

たけさん

こちらこそ大変お待たせいたしました。申し訳ありません。
折尾駅の改装の折には写真を提供してくれ、との申し入れがありました。
思えば、立体交差の構造は昔日の両国や秋葉原を思い起こさせてくれます。
私の折尾駅の思い出といえば、駅そば?屋さんでのうどんです。
当時の東京でのうどんの甘辛かったこと、とってもまずかったです。

筑豊に数あったボタ山も今では草木に覆われて当時の姿が失われているのでしょうね。
そうそう、「青春の門」でヌードを披露した大竹しのぶさん、同い年であります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2015/06/30 21:45 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1591-c2e7efc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。