くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕鉄の雄(夕鉄鉄道)  

皆さん、こんばんは。
朝から暑い一日でした。東京でも5.4℃だったといいます。
熱中症にはお気をつけくださいませね。
くろくまも、昼休みに会社から飲食店に往復するだけでクラクラきましたよ。
それでね、会社のトイレがやばい。「大」のときはサウナにいるみたい……。

さてと、、、今日のアップは簡便なる語呂合わせにて♪

夕鉄のキューロク26その1
夕鉄のカマといえば昇降式スノープロウ、連結器解放テコなどの特徴がありました。
この26号機、1919年川崎造船製造の29674(田端区)からの譲渡といいます。

夕鉄のキューロク26その2
夕鉄のキューロク26その3
当時、三菱大夕張鉄道りNo.付キューロクや北炭真谷地、三菱美唄の4110に比べて
夕鉄鉄道の情報は少なかったような気がしましたっけ。
くろくまも実際、鹿ノ谷で下車して「何じゃこりゃ」と撮りに出かけたんですよ。
最初から知っていたら、錦沢のスイッチバックに行ったことであろうと思いますね。

今日、このカマってコトは……、明日のネタがばれてるって気がするぅ(笑)
(ちなみに明後日分のは撮影しておりません)

打順1番に入ったイチロー、3安打ぐらいしてほしかったな。
一方の松井はそろそろ正念場かと思っちゃう。日本に帰ってプレーして欲しくはありませんね。


1973年12月25日 夕鉄鉄道 鹿ノ谷にて
Nikomat-FTn 135mm f2.8, 35mm f2.8 Tri-X ASA400 Microdol-X 20℃ 10min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

 ↓是非お出かけくださいませねっ!!
「汽罐車」 よみがえる鉄路の記憶1963-72 8/1〜10
「鐡樂者展」 炭鉱の機関車 8/17〜9/2


また野田さんが馬鹿なコト仰ってますね。オスプレイに彼が試乗して見せて墜落したらどーすんだ!!
さてと、そろそろサッカー観戦の準備に入るとしますか。
関連記事
コメント

くろくま様 夕張鉄道の蒸機の方が大夕張のものより先に無くなってしまったんでしたけ? 一応錦沢には行ってますが補機の自動開放なんか撮りましたが、見せられるシロモノではありません。
 大夕張も似たようなものです。 残っていれば角田の電車なんか撮りたかったんですけどね。  やはり情報収集力が足りなかったというかSLダイヤ情報頼りでしたし、国鉄線だけでもこなしきれませんでしたよ。

 ようやく埼玉も貯金生活 26番といえば天秤打法のK藤Kかなぁ

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/07/26 22:11 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2012/07/28 13:55 | edit

koppel-2さん

夕鉄の最終は50年3月でしたっけ。
48年に偶然夕鉄入りしましたが、まさか錦沢とか存在すら知りませんでしたよ。
もともと国鉄夕鉄線を写しにいった訳ですからね。

大夕張のNo.付きのプレートも写したかったなぁ。

最近、埼玉が調子を上げています。
石井、西口はしっかりと休みをとっておりますが……
ヨコハマも26番の天秤打法が欲しいところじゃないのかな?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/30 22:47 | edit

鍵コメさん

あははっ、間違えて押しちゃったのね(笑)。
暑さのせいかしら(笑)

いやぁ、今年の夏場は例年になく応えますよ。
暑さも凄いんでしょうが、身体の防御態勢が整っておりませんです。
おまけに「無気力」も作用しているみたい。

鹿ノ谷で出会ったテンダ、28号機だったのじゃないかな?
くろくまが出向いた当時も切り離されていたんですよ。

キャブのSが色濃く残っていた私鉄の蒸機たち、今でも写してみたいなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/30 22:56 | edit

懐かしや鹿ノ谷機関区

雪掻器の簡易排雪装置、自連の自動解放装置用のシリンダといったギミックが魅力的でしたね。
簡易排雪装置の先端にはラッセル車のような爪までありました。
大夕張鉄道もそうでしたが、夕鉄の9600(正確には21形っていうんでしたね)は北海道なのに切り取り式デフでなかったり、国鉄のカマとはどこかイメージが違っていました。
あっ、でも門デフのようなデフを付けたカマもいませんでしたっけ?

たしかに、夕鉄の情報量は少なく、私も鹿ノ谷に機関区があることさえ現地を見て知ったくらいです。
夕張線鹿ノ谷駅のホームから、「あれ? なんか機関区のような場所があるぞ。カマらしきものから煙が上がってるぞ」と国鉄のヤードを横切っていくとそれはありました。
錦沢のスイッチバックにしましても、情報として知っているだけで、すぐこの裏にあったなんて気付きませんでした(そんなにすぐ裏ではないですが...)。
なので、私もここのカマは鹿ノ谷機関区や鹿ノ谷近辺でしか撮影しておりません。
私は半端者でありましたから、何を撮るべきか、物事の本質に迫るきちんとした考え方を持ち合わせておりませんでしたことに悔いが残りますです。
電気機関車ですが、山陽本線でEF59重連補機の自動解放にめちゃくちゃ興奮しましたくらいですから、錦沢ではカマによるもっと凄い光景が展開していたことを想像しますと、ガックリきてしまいます。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/07/31 15:17 | edit

とおりすがりです さん

門デフを付けていたのは28号機です。
他にも昭和生まれのキューロク、自社発注の21号機がいましたね。
こちらも自社発注のスマートな11号機には会うことができなかったし、
キャブ下がSカーブを描いていた23号機(9614)にも逢えませんでした。

>情報量は少なく、私も鹿ノ谷に機関区があることさえ現地を見て知った……
まったく同じです。国鉄撮るつもりが大築堤を見たら撮りたくなっちゃって。
平和でお会いした方が錦沢のことを教えてくれましたが、ダイヤも分らず……
それでも、夕張鉄道を撮影できたことはラッキーだったと思います。

大夕張や真谷地の情報&撮影地は雑誌で目にしていましたので、行きませんでした。
人が集まるところが嫌いな習性は、全然直りそうにありません(笑)。

山陽の自動解放ってセノハチでしょうか? その辺りとんと疎くて……
錦沢、無理をしてでも一度は写してみたかった場所です。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/31 17:54 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1609-238c6995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。