くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気ない光景(夕鉄線)  

皆さん、こんにちは。
今日のアップは37年前のこの季節から1枚。
えっ? 昨日のパターンだったら夕鉄の27号のはずだったんじゃ、なんて言わないで。
なんせ、さぼってしまいましたからねぇ。
昨日の土用の丑の日、昼飯はざるラーメンでございました。
晩飯にわが家にうなぎが出るわけもなく、最後は永谷園の梅茶漬けでありました。

さて、昭和50年7月28日に上野発の「いわて1号」クモハ453-10で出撃しまして
盛岡からは「はつかり2号」モハ485-161で青森着。「大雪丸」で渡道。
「すずらん4号」スハ45-40で苫小牧に出て、夕鉄線乗り入れの普レで十三里へ行きました。
この年の3月から無煙化がすごい勢いになっていて、残る線区はごくわずか。
夕鉄、室蘭、根室(滝川近辺のみ)、幌内、歌志内、上砂川支線くらいになってました。
ですから撮影地は「鉄」が密集していて、怒号が飛び交っていたんです。
更に梅雨のように雨が続いて不快指数100%。最期の夏なのに1週間で帰宅してしまいました。

何気ない光景(夕鉄線)
そんなくろくまが愛したのは、人のいない場所。ここ十三里には「鉄」の影はありません。
やって来たのはギースル241の牽く普貨。セキのスジのなかで一往復だけ走っておりました。
思えば、この年の冬、最期の蒸機を撮りに行った場所も十三里。
そして追分で待ちかまえた最終列車6788レの牽引機は、この241号機でありました。

1975年7月29日 夕鉄線 滝ノ上—十三里
Nikomat-FT2 135mm f2.8 Ilford-FP4 ASA125 Pro-Microl 1:1 24℃ 14min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

 ↓是非お出かけくださいませねっ!!
「汽罐車」 よみがえる鉄路の記憶1963-72 8/1〜10
「鐡樂者展」 炭鉱の機関車 8/17〜9/2


朝、起きてからロンドン五輪の開会式のLiveを観てましたが、この手は好きじゃないな。
今日も暑くなりそうだ。出撃は止めてスーパー銭湯でも出かけてくるかな。
関連記事
コメント

 くろくま様 7/28は自分達も急行佐渡で上野を出まして、羽越線経由で青森駅で泊まって7/29の大雪丸で道内入りでした。
 自分にとっては現役蒸機最後の旅行でしたが、歌志内線は鉄の姿が少なかった様に思います。 それより>土用の丑の日の想い出の方が鮮明ですが、昨日は東京人として土用の丑の日を祝わなかったのですね。 それはそれは・・・その想い出話を肴に家族でうな重を戴きましたが値上がりは仕方ないとしても丑の日を祝うのは散財でした。

 自分も早起きして五輪の開会式を観ていました。 アルバという国やザイ-ルがコンゴになったとは知りませんでした。 
 マッカ-トニ-が謡ってましたが、ジョンが生きていれば、♪イマジンだったのかなぁなんて思っていましたよ。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/07/28 11:59 | edit

復活撮りで夏場でも雨の日に白煙を期待する心はこの画が原点なのでしょうか?
もっとも、北海道の夏は雨だと気温そのものは20度前半が関の山で、場合によっては
10度台ってこともあり、秩父や群馬のそれとは比較にはならないかも知れませんね。
十三里界隈は余り話題にならずして画を見る機会も少なく、言わば通の行く区間って
感じでしたよね。右脇の踏切表示と注意喚起の旗がいいアクセントになっていて
タイトル通りの何気ない風景を助長してくれてますね!

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/07/28 14:16 | edit

ホロリとさせられる光景です

夕張線にこんな静かな里があったんですね。
241号機が力行していますから、朝の解結貨1791列車でしょうか。
夏の夕張線の空気感が存分に写し込まれていてたまりません。
こんなグッと来るような雰囲気の中を、また241号機がギースル独特の煙形で来るんですから引きが強いです。
何度か紅葉山駅構内の倉庫に寝て早暁の2本の下り重連貨物を撮りましたが、十三里駅で寝て、ここで撮るのが正解だったなと今改めて思います。
FP-4+プロマイクロール1:1の階調、また卓越していますね。これは凄いや。

私はこの年、5月6日の名寄本線を最後に「撮りきった」感を覚え、もういいかなという感覚さえ持っていました。
くろくまさんがおっしゃいますように、北海道から一気にカマたちが落ち、あきらめの気持ちでした。
ですが、北見機関区のC58だけは7月18日まで走っていたこともその直後に知らされ、気持ちを切ってしまっていたことを大変悔やみました。
試験休み中に出発すればC58牽引の1527列車がまだ撮れたんですから。
(もっとも33号機はもう落ちていましたね。最終仕業は3/31の緋牛内のあの522列車だと思います)
なんか、モヤモヤした気分で始まった夏休みでしたが、8月に入るとやっぱり我慢できず行ってしまいました。
くろくまさんが呆れて帰京されたくらいのタイミングで、八甲田だか十和田だかで出発しました。
雨季は終わっていましたが、まぁ鉄の密集度も怒号も凄かったです。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/07/31 15:34 | edit

koppel-2さん

あれれっ。同日出発でしたか?
そちらは「佐渡」で羽越回り、こちらは「いわて」で東北経由だったんですね。
上野を珍しく朝、出立して盛岡で「はつかり2号」に乗り換えております。
同日の青函連絡船は貴殿と同じ「大雪丸」でしたが、次の便に乗られたようです。

>歌志内線は鉄の姿が少なかった様に思います……
はいっ、陽のあるうちに上砂川支線は8本、歌志内線は3本でした。

昭和50年の土用の丑の日は7月30日でしたっけ?
Y君が栗丘の高みから滑り落ちて傷の手当てをしているときでしたよね。

「今日は土用の丑の日と言って、東京では鰻を食べる習慣が……」
あははっ、あのときの会話を思い出します。貴殿らはメタクッカーのラーメン。
そんなぼくも甲斐性がなく、今年の丑の日は鰻を断念しました。
日曜日に「サトウのご飯」+スーパーで値引の短冊でリーズナブルに食しました。

五輪開会式の国名、やはり気になりましたか?
P.マッカートニーの報酬が£1ってのも笑えましたね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/31 19:59 | edit

ひぐま3号さん

この夏、くろくまは滝ノ上からスタートしました。
有名撮影地は川端との間のふたつの橋梁でしたので、迷わず十三里まで踏破。
その際に写したのがこの画なんです。

この夏、道内は雨続きだったし、気温も高く、サウナ状態だったのを覚えています。
通の行く区間っていうか、誰一人として会いませんでしたね。

もっとも蒸機最期の12/24には、あらさんと出くわしていたわけですが(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/31 21:09 | edit

とおりすがりです さん

じつに何事もない画にて失礼いたします。
仰る通り、たぶん1791レだったと存じます。
へそ曲がりの逆歩き、たった3.8キロでしたのでこんな場所から。

>紅葉山駅構内の倉庫に寝て……
さすが猛者ですね。吉松といい朝から写すには必須だったのかもしれません。
今にして思えば、無人駅十三里の駅舎で夏は泊まればよかったかなぁなんて。
50年12月23日に泊まろうとしたのですが、もし泊まってたら寒かったことでしょう。

>北見機関区のC58だけは7月18日まで走っていたこと……
それは初耳、1527レはそこまで頑張っていたんですか。
とはいえ、夏休み前の出来事ゆえ、渡道は叶わなかったと思います。

>雨季は終わっていましたが、まぁ鉄の密集度も怒号も凄かったです……
あれは厭だったですね。
復活蒸機に群がるマナー違反の方々よりはマシだったかもしれませんけれど。

あっ、プロマイクロールの希釈現像は好みじゃないんです。
現にこの画も肉乗りしちゃってまして、納得のいかないところです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/07/31 21:21 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1610-41ff7a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。