くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

雪中行軍(上砂川支線)  

「鐡樂者展」 炭鉱の機関車 8/17〜9/2
↑いよいよ明日に開幕でぇ〜す。是非お出かけくださいませね。

皆さん、こんばんは。
暑さのせいで、くろくま くたばったのかいな?
なんて声が聞こえてきそうですが、今日も残暑が厳しかったですね。
夕刻4時を過ぎると会社の冷房がやっと効いてまいります。
本当に暑い日中は何してたんだか……。

甲子園では、前回奪三振22の記録をつくった桐光学園の松井裕樹投手ですが、
本日の相手は常総学院。
被安打6で与四球3、失点自責点ともに5点でしたが、
19個の三振を奪って完投したのはお見事です。

写真展の影響か、急にプリントアウトしたくなってまいりました。
くろくまのプリンタは激安だったCanonのpixus-i4700(12,000位で購入)。
再稼働(1年半ぶり)にあたり、調べてみるとインクが欠如と出ました。
帰宅時にビ○クカメラで購入して、出力してみると結構いけるじゃん!
今週末はプリントアウトで時を過ごすかな。

雪中行軍(上砂川支線)
さて、今日の画は、上砂川の公園で待ちかまえていたD51の編成。
降雪に見舞われ、あいにくの条件でした。望遠のモノクロ画は壊滅状態です。
画面の四隅の影はレンズフードのケラレ、敢えてこれを楽しんでおりました。
今は午前2時過ぎ、今日も時刻偽りのアップです(笑)

1975年3月25日 函館本線/上砂川支線 東鶉—上砂川
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA32 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

国土の西端の方が、きな臭くなっております。
殊に李明博大統領の竹島上陸と過激な発言は、政治的なパフォーマンスもあるのでしょうが、
「やり過ぎ」だと感じてしまいます。スポーツや芸能で日韓の距離が近づいてきていただけに、
残念でなりません。
ちなみに政治家の言う「甚だ遺憾……」ってのもいかんと思ってるくろくまでしたぁ。
関連記事
コメント

くろくま様 栗丘もフ-ドのケラレだったのですね。
 自分も50mm純正の物は持ってましたが、PLをつけたとき使い辛いので ラバ-の折りたたみの出来るものを使用していました。 かっこ悪いけどね。 くろくまさんの角型のフ-ドがイカしていたなぁ

ここへは 最期の夏に行きました。 やはり雪があるときの方がいいですね。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/08/17 10:07 | edit

アハハ、暑さのせいかしら?それともネタ切の確信犯かしら?
こう記するとお察しがつくと思いますが…
まあ、何度見てもいい画はいい!前回も今回も「鐵樂者展」の告知がなされているところがオツってね。
この時期は兎にも角に暑いから、こうした雪中画が涼を与えてくれるものでして大歓迎です。

条約制定の際に、総ての問題を解決し賠償もしてのK国との国交が、その賠償で道路や鉄路を作り
本来の賠償されるべき人に渡らなかったので、未だにその人たちが要求する構造。
それをお国の代表が問題として言い出すのは如何なものやら?
歴史認識云々言う前に自国の矛盾を是正したらいいのにねぇ〜

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/08/17 13:06 | edit

50ミリ画角でこの雰囲気、ドラフト音が聞こえてきそうですね。撮影諸元を明記していることで伝わるものがあると思います。

kの国もcの国も政権交代が近付くと功績作りに精一杯の様子。大人の対応で…と言いたいところですけど大人の対応が通じる相手とも思えず悩ましいですねぇ。一方でこの国は毎年トップが入れ替わり…政権交代どころか誰が実権者かもわからず…これじゃぁなめられて当たり前ですなぁ…

ねこ #9enIUaYc | URL
2012/08/17 21:19 | edit

栗丘も

こちらも50mm+角型フードのわざとケラレかぁ。
ほとんどモノクロの世界をK-IIで、わざとケラレを楽しむとは!
本当に高校生だったのかい?

マイオ #pcU4xDNY | URL
2012/08/17 21:45 | edit

koppel-2さん

はいっ。くろくまも折畳み式のラバーフードを用いてました。
純製品はかさばりましたからねぇ。
ニコンの純正PLは革製のケース付きで重厚な感じがお気に入りでした。
角型のフードを用いたのはいつだったかしら?
あの頃は見た目にこだわっていたような気がします。

あっ、浦学快勝おめでとさんです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/08/18 19:21 | edit

ひぐま3号さん

げっ!
また、やっちゃいましたね。3回続けるとリタイアでしたっけ(笑)
次のアップは心がけないといけませんね。
現役時代に写したモノクロは250本前後、リバーサルは30本くらいかな。
復活と絡めているとはいえ、よくもまあ4年目に突入できたものです。

K国にかぎらず、あるところから取ろうという意識は古今東西。
従軍慰安婦問題にしても、何も日韓の間の特殊なことではありません。
領土問題にしても、実効支配されている竹島の奪還はキビシイでしょうね。
しかし、あまりに醜いパフォーマンスには辟易ですよね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/08/18 19:48 | edit

参りました

上砂川支線の最後の怒涛の登りですね。
手前まで引き付けた作品も迫力あるでしょうけど、これくらいカマが遠い方が、これから目の前で展開するレギュレータ満開でよじ登るド迫力シーンを音から何から全部連想できて、ワクワク感がより大きいです。
いつもながら、モノトーンのKIIは伝わるものがたくさんあります。
同じ黒と白の世界でも、1色での表現と4色での表現は厚みがまったく違いますね。
4色の台にモノクロプリントが当たった時にしばしばやった手法でしたが、似た理屈かもしれません。
感動の作品であります。

この日、ここではこんなに素晴らしいシーンが展開していたことも知らず、馬鹿丸出しの私はのこのこと学校の終業式なんぞに出席し、ようやく夜になって上野から急行八甲田に飛び乗りました。
それでも、雪があるうちにここを訪れることはなく、歌志内線とともに訪れたのは夏だけでした。
夏は迫力こそ凄いですが、煙が伴いません。
定宿の旭川駅から無理なく急行かむり1号に乗れば、朝から撮影できましたのに、こうしてくろくまさんに一連の雪の上砂川支線作品を叩きつけられますと、ガックリとくるばかりであります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/08/20 16:37 | edit

ねこさん

あははっ。撮影諸元は当てになりませんぜっ。
必死に当時の記憶をたぐり寄せようとしておりますが、いかんせんアルツ!
たぶん、こうだっただろうなぁってコトでお許しあれ。
でも、このときの降雪には焦った記憶がございます。

K国の問題。大統領も親日でやって来ていたはず。
それに対する日本政府からのリアクションにも問題があったかな?
いずれにせよ、自らが一番大事なのは、洋の東西を問わず政治家の汚さ。

あの一連の言動だけで支持率が大幅アップというのは、アンビリーバブルです。
まあ、どちらの国も国民も大差ないと思いますけれど。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/08/20 22:14 | edit

マイオさん

これは角型フードではないと思います。
ゴム製の折畳みフードだったと記憶しています。
限りなくモノクロに近いカラー、当時から大好きなシチュエーションでした。

高校生のころにピークを迎えてしまいましたので、今では単なるおやじです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/08/20 22:17 | edit

はいっ。ここのカーブを過ぎると上砂川のヤードに入ります。
ここでもカラーとモノクロ、それぞれ写しておりますが、
望遠のモノクロは降雪により曖昧模糊のものとなってしまいました。
リバーサルで、もっと接近した画もありますが、雰囲気はこの位置かななんて。

>4色の台にモノクロプリントが当たった時にしばしばやった手法……
おっ、リッチブラックですね。
突如色入れする場合の配合が気になります。オペの負荷もね!

この日が八甲田乗車でしたか?
歌志内線より3倍以上の効率があった上砂川支線。
画になる場所は少なかったけれど、たくさん遊べましたっけ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/08/20 22:25 | edit

JR深名線路線バス廃止

永江聡 #- | URL
2013/01/02 16:38 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/01/03 13:46 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1626-8b105ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV