FC2ブログ

ヤードの風景(根室本線)

「鐡樂者展」 炭鉱の機関車 8/17〜9/2
↑絶賛開催中! 是非お出かけください。

竹島・尖閣問題が国会でも話題になっています。
われらが首相は馬鹿の一つ覚えで「不退転の決意」などとほざいておりますが……。
しかし、「領土問題など存在しない」と実効支配しているK国に強気に出ているけれど
尖閣に関しては、わが国が「領土問題など存在しない」と発言しているのは変だよね。
Rの大統領が国後にやって来たときとの落差も気になってしまいます。
果たして、東京都からの上陸要請にはどう回答するのでしょうか?

ヤードの風景(根室本線)
てなコトとは関係なく、今日の画像アップであります(笑)。
37年前の暑かった赤平のヤード、珍しく駅構内で写真を撮っておりました。
画面奥が茂尻方面だったでしょうか? 29601とD5168が入換作業をしてました。
室蘭本線や夕張線の有名撮影地では怒号が飛び交っており、更には雨続き。
嫌気が差して、滞在予定を大幅に削って帰京した蒸機最期の夏でありました。

1975年8月1日 赤平駅構内
Nikomat-FTn 35mm f2 Ilford FP4 ASA125 Promicrol-X 24℃ 1:4 14min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

さて、ポニョでも見て寝るとするかぁ!
関連記事

コメント

コメント(6)
No title
くろくま様 シンプルでいい感じに変わりましたねぇ レジェンドユニフォ-ムの試合観ていたら熱かったあの頃が思いだされましたよ。 とは言え、赤平のヤ-ドは思い出さないなぁ    75.8/1ですか
その日Nさんに函館駅で逢った日です。 今回の展示で義理堅く貴殿も写っていますよ、言われなければ判らないですけど 明日楽しみにしていますね。

koppel-2

2012/08/24 URL 編集返信

ヤードの雰囲気が泣かせてくれます
圧縮も歪みも与えず、自然な表現で均一的な着発線の線路を見事に再現していただき、日常だったヤードの雰囲気が鮮やかに蘇ってまいりました。
カマがいたヤードは、どこもこの感じでありました。
9600はコンプレッサからの、D51はタービン発電機からの蒸気でしょうか、これらできっちり「静」を表現され、この後に訪れるでありましょう「動」を予感させるのもたまりません。

この構内はくろくまさんおっしゃいますように奥が茂尻方で、この作品の貨車群のちょうどバック辺りに炭鉱の専用線が延び、セキへの積炭ポケットがありました。

日本に残る蒸機が、ここと歌志内/上砂川、幌内、室蘭、夕張の各線だけになっていたこの時期、怒号が飛び交う撮影地は本当に嫌なものでした。
この一週間後から北海道入りした私ですが、やはり一週間余りで逃げ帰っております。

とおりすがりです

2012/08/26 URL 編集返信

No title
懐かしい光景ですね。
炭鉱のある街の駅は概ねこんな光景があの頃の日常でした。
ひぐまの場合、赤平での撮影はあることはあるのですが、稚拙過ぎてネタになるような画では無くて…
追随できないのが残念です。因みに撮ったのは59669の発車シーンです。
昨年、富良野へ行く歳に赤平を通って行ってみました。何も無くなってしまった駅構内が淋しい限り
これもまた、炭鉱が有った街の駅、全てに共通する今日の日常でした。
もっとも、今は本線と呼ばれる路線の駅しか存在しないに等しいですけどね。

ひぐま3号

2012/08/27 URL 編集返信

koppel-2さん
>シンプルでいい感じ……
はて、ブログのスキンのことでしょうか。
前回のも好みだったのですが、コメントに画が入れられなくて。

75.8/1に函館でNさんですか?
その翌日、赤平でNさんに会っているような気がします。

写真展の夕張コーナー、懐しさがこみ上げてきましたよ。

くろくま

2012/08/27 URL 編集返信

とおりすがりです さん
相変わらず汚いネガですみません。

長大編成があったからでしょうか、
北海道のヤードはとくに広かったですよね。

>炭鉱の専用線が延び、セキへの積炭ポケットが……

たぶん、カマと人の息遣いが聞こえてくるような
そういったローカルものを是非とも写したかったですね。

>怒号が飛び交う撮影地は本当に嫌……一週間余で帰京〜
やはり同様の経験をされてますね。

ラストの50年12月のときには皆、とても閑かに撮影してましたっけ。

くろくま

2012/08/27 URL 編集返信

ひぐま3号さん
どこでも見られた光景だ、なんて話していられる分だけ
た〜くさん見てこれたのだから考え方によっては幸せですね。

>何も無くなってしまった駅構内が淋しい限り……
あのだだっ広かったヤードが消失なんて見たくありません。
石炭が産業を支えていた時代、人も熱かったなぁ。
と、だんだん口調が愚痴っぽくなってきちゃう!

も一つおまけに、、、
あの頃は若かったぁ。青春を返せ〜っ

くろくま

2012/08/27 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV