FC2ブログ

ツートップPP

皆さんおはようございます。
体調と脳みそが芳しくないくろくま、今日はお休みのつもりでおりましたが、
ブログ盟友のおふたりと、信越PP狩りに出かけることとなりました。
遠足前日の子どものように早く目覚めてしまいましたのでアップしちゃいましょう。

ツートップPP
苅田のなか、旧客をC11のPPが走っていきます。
先頭がC1163で後ろがC1180だったと記憶しています。
日中に列車の走らぬ日中線のお別れ列車はダブルトップのPPでした。
現役時代もPPはありましたが、カマの向きは同じことが多かったですね。
転車台がない復活蒸機ではいたし方ないけれど、昔ながらのPPも見てみたい。

1974.11.3 会津村松—会津加納(日中線)
Nikomat-FTn 50mm f1.4 Kodachrome-II ASA25 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

セイブ、またしても首位陥落かぁ

関連記事

コメント

コメント(10)
No title
くろくま様 自分も遠足の朝です。本日はAさんが地元でも罐が走るというのに成田詣でとの事、一目見て判る日中線 カラ-もあったんですね。でも室蘭線では無いですよ。 信越線はPPとの事、成田では『後から前から』はあるのかなぁ・・・ お互いに天気が持つといいですね。

koppel-2

2012/09/16 URL 編集返信

行きたかった
日中線のSLお別れ運転は客車6両とは大盤振る舞いでしたね。
これでは各駅でもホームから外れますし、熱塩駅では機回しも出来ないので、PPは当然ですね。
しかし、行きたかったなぁ。人混みが嫌だし、それまで何回も行っていたのでパスしたのですが、こんな写真を見てしまうと行けば良かったとつくづく思います。
路線廃止の時のDE10のPP運転には行ったのですが・・・。

あべくま

2012/09/16 URL 編集返信

No title
ん、どこ?と一瞬思いましたが、とってもいい絵を拝見させて頂きました。
日中線は冬場に一度この辺りに行ったことがあるだけでした。
今頃は表妙義でしょうか、楽しみにしております。

雲海の星

2012/09/16 URL 編集返信

No title
午前3時に思いを馳せながらサワーを二缶呑んでの更新じゃ、子供みたいとは言えないかも(笑)
架線の無い非電化、しかも旧客のPP列車は雰囲気が別格ものですね。
信越のPPは往路の罐をSLでもと言う機関車の運用上で行われる形ですが、
今後、上越線で重連イベントを行う企画を立てるなら、同一方向を向いた罐でのPPも企画して欲しいですよね。

ひぐま3号

2012/09/17 URL 編集返信

koppel-2さん
すごく早い書き込みでしたね。
室蘭本線記述はすぐに気づいて書き直したのですが……

成田では降られましたか?
こちらは持ちましたが、候補機の煙がなし……
それでも素敵なメンバーでの会食と温泉は楽しかったです。

日中線のお別れ列車、この時点では只見のスジはあったんですね。

くろくま

2012/09/17 URL 編集返信

あべくまさん
すごい人だかりでしたよ。
一つには車で来るファンが多かったからでしょうか?
今の復活蒸機の人だかりと少し似ていたような気がします。
両頭のPPは熱塩に転車台がないのでいたし方ありませんが、
Wトップで運転してもらいたかったかも……

穏やかに晴れた秋日、気持ちのいい撮影ができました。
乗車もしてないのに某新聞社主催のペナントをいただきました。
それにしても撮影効率の悪い路線でしたね。

くろくま

2012/09/17 URL 編集返信

雲海の星さん
日中線は朝の一往復を撮らないとなりませんでした。
下りは乗ってきた列車を撮るしかないですし、
次の上りに乗れないと一日が空白状態になっちゃう場所でした。
当時、学生でしたから車で撮影ってこともできませんでしたしね。

ですから俯瞰もさよならの時に一度だけしか写せませんでした。
表妙義、せっかくロケハンされたのに残念でしたね。
こちらは大の字ごときでヘロヘロになってしまいました。
画も推して知るべしって結果になっちゃいましたぁ。

くろくま

2012/09/17 URL 編集返信

ひぐま3号さん
サワーは2缶ではなく、ジョッキに2杯でございます。

>架線の無い非電化、しかも旧客のPP列車……
日中線は49年10月末日に無煙化されましたが、
11月3、4日に「さよなら民報号」がダブルトップで2往復運転され、
数人で撮影に出向きました。この折は会津線の弥五島駅で泊まっております。
好天に恵まれましたが、11.6キロの短い沿線は人、人、人……。

ちなみに、あべくまさんが撮られた「さようなら日中線号」は
DE10のダブルトップで、昭和59年の3月31日に行われたとのこと。

>同一方向を向いた罐でのPPも企画して欲しい……
もちろん、2条の煙も必須条件ですよね(笑)

くろくま

2012/09/18 URL 編集返信

これはまた渋い区間であります
きっと上三宮の会津村松方でしょうか。
こういう端正な場所があって、そこで迷わずKIIなんですね。
雪の中の発色もいいですが、晴れてもKIIは本領発揮の発色であります。

この年の11月はPP、サヨナラ運転とイベント満載でしたね。
ちょうどこの日は行ってませんが、やっぱり63号機と80号機ですね。
おっしゃいますように、下り向き63号機、上り向き80号機だったと思います。
最後のイベント列車は会津若松のオリジナルのカマは全部落ちて、この小出支区と津山機関区から来た2両で回していたんですね。

考えてみましたら、逆C11は会津若松仕業に晩年までありました。
磐越西線をC11が野沢まで旅客列車を牽いてましたが、その戻りがD51やC57(晩年は赤○○ですね)のケツでした。
いつか野沢で撮ってやろうと思いつつ、無煙化されてしまいましたが...

先般の信越PPはやはり行かれましたね。^^
C61は乗務員どうしの大人の事情があって、全区間力行せずに無動回送でした。
ついでにD51は煙の素の液体の供給装置がイっちゃったそうで、連続投炭時以外は煙が薄かったと思います。いかがでしたか?

とおりすがりです

2012/09/20 URL 編集返信

とおりすがりです さん
あっ、そうそう上三宮だった。
また区間をまちがえてしまいました(恥)

このPPの後に何日かの通常運転があり、ラストに1日だけPPがあったようですね。
63号機は小出にいたのを知ってましたが、80は津山でしたか。
晩年の磐西C11は塩川のコンクリート橋で撮っております。
野沢時代、尾登とか荻野とかで写したかったものでした。

信越PPは最初は回避のつもりでしたが、大熊猫が揃ったら行きたくなります。
ドライブイン越後屋さんが店を閉じてないとの噂を聞いて飛んで行きました。

>D51は煙の素の液体の供給装置がイっちゃったそうで……
もうすぐ入院だって分かってるようですね(笑)
安中—磯部の前半とカーブを曲がってからのD51は比較的、薄煙だったと思います。
後ろのC61はまるで旧客のように牽かれておりました。

くろくま

2012/09/21 URL 編集返信

コメント投稿
非公開コメント

ご訪問に感謝します!

拙ブログに掲載されている写真は  くろくまのオリジナル作品です。  無断掲載、加工等お控えください。 尚、拙ブログはリンクフリーです。

どんだけ〜?

プロフィール

くろくま

Author:くろくま
メタボに悩むくろくまです。
蒸機終焉までの五年間、
期末試験も受験勉強も
ほったらかしで、各地を
駆け巡りました。
このブログが回顧録になるのか、
それとも新展開が生まれるか、
わたしにとってもお楽しみ!!

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

ブログ階層

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV