くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

あの景色は今(只見線)  

皆さん、こんばんは。
山中教授、すごいですねぇ。
ターミネーターの敵方のようなポーカーフェイスがたまりませんねぇ。
iPS細胞に人類健康の道標となってもらいたいものです。

さてと、ネタもない、話題もないのくろくまでありますが、
今月末に只見線(会津若松—会津川口)で走るC11を意識して一枚アップ。
今なお復旧の見込みのついていない会津川口—只見からの写真です。

あの景色は今(只見線)
会津横田駅に下車して、大曽根山の斜面に登って写した一枚。
ここの右下は7橋でしょうか。当時は○○橋とか呼んでいなかったような気も。
上り貨物は煙も吐かず、横田に向かって下っていきました。

1974年9月22日 只見線 会津大塩—会津横田
Nikomate FTn、135m f2.8、Plua-X ASA125 Microdol-X 1:3 現像
COOLSCAN5000EDでスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

月末は只見での運行です。くろくまも行きたいけれど最近は仲間内の問題児。
誘ってもらえないだろうなぁ、って思ってます。まあ、自業自得でしょうね(笑)
関連記事
コメント

No title

くろくま様 現役時代の只見線ですね。今でもそんなに変ってないかもね。なかなか遠距離の撮影は出かけられないけどこの時期は立山に行ったのを思い出しますよ。 でも紅葉は会津の方が好かったかな。
 こちらも精々週末のCSが楽しみな位ですねぇ

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/10/10 23:12 | edit

No title

大塩ー横田を大曽根山から抜いたのなら見えた鉄橋は7橋でしょう。

また置き物ネタを提供いただけるならお誘いしますよ。
今度は置きカメラ?置きビール?それともこの辺りのお山に置きくまして来ましょうか?冬眠が終わる頃、お迎えにいくと言うことでどうでしょう?

ねこ #9enIUaYc | URL
2012/10/10 23:26 | edit

No title

良かったですね〜
置き忘れする神あらば、PICKUPしてくれる神もありですね!

この区間に列車そのものが走り出すのはいつになるのでしょう
7橋、6橋は壊滅した状態で復旧の手立てがないまま放置に近い現況とか。
この界隈、至る所に共同温泉があって、安価で入湯出来るんですよ
この時はそんな施設を利用されましたか?
今度の只見出撃の際には温泉も楽しみたいものですね!

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/10/11 08:20 | edit

No title

んっ?おぬし今月末只見に行く気あんのけ?
心がけを変えるなら・・・(笑)。

マイオ #pcU4xDNY | URL
2012/10/12 21:41 | edit

現役の頃の只見

当時、こんな場所で撮られていたなんて・・すごいな。
今では鉄塔の位置も道路も様変わりしていますが、
変わっていないのは民家と線路なのでしょうか。

只見、試運転でしたら二日間、I山とM山お連れしますよ~。

雲海の星 #o1SBp.Tg | URL
2012/10/13 21:26 | edit

No title

ええ時代の のんびりとした雰囲気が伝わってくるいい写真ですね!

あはは~ ターミネーターの敵方のようなポーカーフェイスって・・・(笑)

山中教授のiPS細胞は私の右目の網膜も作れるのかな・・・

ともかく 何でも拒絶反応なく若返った自分の体が作れるらしいですぜ!


ん・・?

いま 不埒なこと考えたでしょ・・・(爆)





 

宮 #ogz9v/Dw | URL
2012/10/14 01:12 | edit

あぁ、うらやましい

平坦線だから煙はねえ。だからどうだってんだ!
当時、極力煙は追いかけたものの、仕方なく見送る下り勾配列車にもシャッターを切りましたね。
この光景もまた真実でした。
それでも、絶気でも、カマにシャッターを切れた満足感がたしかにありました。
この頃の空気が十二分に伝わって参りますです。

私の会津線撮影は実にかたよったものでした。
会津只見線側はことごとく貨物のウヤを喰らいました。
具体的に撮りたい場所がありましたが、すべて撮れずに終わっております。
ウヤのないC11牽引旅客列車を何度か普通に撮った程度なんです。
(その分、会津滝ノ原線や日中線は撮れましたが...)
でも、ここのC11客レは今でも普通に撮れて珍しくも何ともありません。
貨物列車こそ値千金でした。
このような作品を撮られていまして、うらやましい限りであります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/10/15 15:51 | edit

koppel-2さん

あの頃は至る所に「はげ山」があったのですが、
今では木々が生い茂り、抜くのが難しくなったようです。
↑って書いてて頭に手をやると、わが疎林に涙が出そうです。

この時期、貴殿は立山砂防や頸城に行っていたんでしたっけ。
互いに手作り写真集を作って見せあってましたよね。
都電の写真、懐かしく拝見しましたよ。
次回は「薔薇は散りぬ」持参で呑みましょうね。

CS、やばいです。
酒がますます進んでしまっています。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 20:08 | edit

ねこさん

あははっ、失礼しました。
脳みそが融けているものですから塩沢のが7橋だと思ってしまいました。

「置き物ネタ」は簡単ですけど、帰宅後のビール摂取が遅れてしまいますよね。
間違って「真っ当な方のクマ」を「置きクマ」してきたりして(笑)

次からは携帯とレンズは持っていかないことにしますわ(爆)

くろくま #- | URL
2012/10/15 20:16 | edit

ひぐま3号さん

あははっ、これもクマ徳ってか?
いや、こんなコト言ってると罰が当たるわな。

くろくまとしては、大好きな熊猫コンビに迷惑かけたくないなぁって。
毎回失態を繰り返す酔っ払いもそろそろ自制せねば、なんてね。

今でこそマイブームの温泉&撮影ですが、現役当時はそんな贅沢はなし、
2週間の北海道でも駅寝と夜行列車ばかりで風呂はなし、なんてザラ。
さすがに気持ち悪くなって帰りの静観連絡でシャワー浴びようとしても
所持金がなく、、、
なんて時代が懐かしくもあります。

桧枝岐で温泉に浸かったのが何年前だったか。。。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 20:27 | edit

マイオさん

えっ?
省エネカーの助手席を空けて待ってるですって?

助手席で浴びるほど呑んで、帰りは大イビキ、、、
それでも良ければ(笑)

あっ、最近の貴ブログ、なかなか良いかも。
身近な目線と記録っていいなぁ、なんて思ってます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 20:32 | edit

雲海の星さん

このころ、会津川口—只見は秘境中の秘境でした。
まさか復活蒸機で皆が訪れる地となるとは考えも及びませんでした。
会津・只見は、その近さゆえにつねに後回しにしており、
まともに撮影したことがなかったような気がします。
この年は日中線のサヨナラが契機となって訪れたもの。
辺りの山や丘は登り放題だったように思います。

>試運転でしたら二日間、I山とM山お連れしますよ……
真剣に有給取得を考えちゃおうかな?
今年は有給、一日もとってないものね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 20:42 | edit

宮ちゃん

ここ、只見では時間の流れが止まったように悠久の景色が散見できます。
もっとも、昨年の洪水で線路や橋梁はズタズタにされてしまったけれど。

iPS細胞、最初に復元できるのは網膜みたいですね。
堺のアーティストが右目の視力を取り戻す日も間近かもしれません。
でもね、そうなったらつまらない写真を撮るようになるかもね(笑)

>いま 不埒なこと考えたでしょ……
あははっ、あっちの方は大丈夫。
俯瞰でも股間でもOKですわ(←見栄をはってる)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 20:49 | edit

とおりすがりです さん

こちらこそ羨ましい。
じつは只見で客レを写したことがないんです。
当時、ミニ周遊券を学割で購入すれば2,000円台で行けた会津・只見。
でもね、春・夏・冬に北海道や九州に行きたくて、近くても行けなかった。

49年の秋は連休が3回くらいあって、日中線のお別れ列車に併せて出撃。
ついでのように撮った川口以西。
サンダル履きで蒲生岳に登ろうとしたのもこの撮影行でありました。

滝ノ原方も長野や落合に行くこともなく、日中線も中途半端、
只見方に至っては、「何を写していたんだ」状態の情けなさでありました。

こんな画に反応していただき深謝であります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/10/15 21:04 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1659-ff41cad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV