くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年の歳月(飯山線)  

皆さん、こんばんは。
澄んだ水に晒されたらたくさん泥を吐きそうな首相が解散を宣告。
言葉もまともに口をついて出ない方は消えてもらった方がいいけど……
公務員の退職金問題も議員定数是正もどーでもいいんでしょうね。

さて、今日はモノクロで行きましょう。
くろくまが初めて飯山線を訪れたのが昭和47年の3月でした。
あれから40年が過ぎたのですねぇ。感慨深いものがあります。
ほくほく線開業で駅の様子はすっかり変わってしまってました。

踏切からお尻狙い
道の駅から雨の中、十日町まで歩いた折の信号からのショット。
この位置からだとほくほく線の高架が見えませんね。

40年前の十日町—下条
40年前にこのカットを写したのは、線路の左側からでしょうか。
C56111が十日町を発車してきました。このカマ、後に九州に行きましたね。

歓迎C11
またまた現代に戻って、歓迎ムードの駅構内を跨線橋からパチリ。
珍しくヘッドマークがくっきり写っておりますねえ(笑)。

機回し
この後機回しのために長野方面に走っていきます。
ちなみにくろくま、C11のこの角度、けっこう好きなんですよ。

キハとの遭遇
客車の入替を終えて給水・給炭のために戻ってくるC11。
ここでキハとのツーショットが見られました。
現役蒸機時代には出会えない組み合わせでしょうね。

単機晴れ晴れ
ここでひと休みして給餌を待ちます。

給水塔とC56
40年前はこの辺り、給水塔のあった場所です。

ラッセル車
長野のキ-100もおりました。

オブジェとC11
おまけ写真でオブジェとのカットを入れてみましたよ。

2012年11月10日 飯山線 十日町
1972年3月29日 Neopan-SSS ASA200 DP仕上

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

森光子さんのご冥福をお祈りいたします。
コメント

 くろくま様 沿線に面白そうなモニュメントがあるんですねぇ  C5696ってナンバ-が手書きでしたが野辺山の側線で置いてあるのを見たような記憶が有るのですが・・・ C56だったら飯山線行きたかったなぁ 本日県民の日 地元アリ-ナで催行されたSASのコンサ-トに行ってきました。 貴殿の先輩、『我輩は猫である』とか『蟹工船』とか『たけくらべ』とかの文学作品に曲を付けて唄っていましたよ。なんか長かったなぁ 40年前のカット可愛いですね。 高校1年生の県民の日 ピヨピヨ山岳会で谷川岳登ったのを思い出しました。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/11/15 00:07 | edit

40年比いいですね!
これは凄くいい企画物になっていて羨ましい限りです。
こうして現役時代と復活運行の比較をできるのも、当時を撮られたことのある方の特権ですね。
本州ものの現役は一切経験のないひぐま、では道内ではと思っても該当する路線での運行が終わっちゃった(夕張)
室蘭を走ったのも釜石のシテンと被りパスしたし…池田じゃ面白みに欠けるし…
こりゃ、全く可能性なしですわ。そう思うと羨ましい限りですよ。

ひぐま3号@陸奥 #SUrRdnzA | URL
2012/11/15 23:15 | edit

koppel-2さん

C5696は屋根付きの場所にロッドを赤塗りされて、
テンダのライトが欠損した状態で眠っている様ですね。
野辺山は現役時には行ったことがありませんでしたが、
ペット可のペンションが甲斐小泉にあり、家族旅行で幾度か出かけたものです。
その折に野辺山で昼食を摂ったのですが、コシのあるうどんのはずが
固くて芯の残ったまずいうどんだったのを思い出します。

SASの蟹工船、聴いてみたかったなぁ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/11/17 08:23 | edit

ひぐま3号さん

ありがとうございます。
スナップもモノクロで並べると新旧の差がつかない感じで
同化していくような感じで面白かったです。
本来なら過去画の構図で写すべきだったのでしょうが
雨もあったし、JR側には行きませんでしたので、ちょっと残念。

この撮影時に釜飯ちゃんと遭遇。
別の高みで追っかけ撮影していた千葉麻呂号さんと一緒に
道の駅近くの中華に入ったくろねこでありました。

スナップはひぐちゃんのパクリ、モノクロはねこさんのパクリでした。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/11/17 08:29 | edit

40年経つんですね

十日町、新旧のコラボが泣かせてくれますね。
あの頃の撮影場所の再訪はとてつもなく楽しいものですよね。
私の飯山線C56は、越後川口側は行けずでしたが、くろくまさんと同じ気持ちで楽しませていただきました。
ついでに、素晴らしいキ100のサイドに、ここでC56ラッセルを撮れなかった痛い思い出もしっかり思い出しております^^
ありがとうございました。

96号機はやはりつらら切りがきちんと付いてますね。
私の替佐の写真は何度見ましても外しておりました。

111号機の吉松機関区転配の話も懐かしいです。
転配されたのを知らず、いきなり山野線栗野で111号機が来て、興奮した覚えがありますです。
(その後のC12 225号機吉松転配ではもっと驚きましたが...)

ちょっと余談ですが、今の十日町を高架で走る鉄道のトップが、その111号機広域転配を画策した張本人でありました。
(この例に限らず、宮崎C57の旭川転配などこの頃の国鉄車両転配すべてですが)
さらにいえば、24年前のD51復元機選定で498号機と決めたその人で、またカマの運転資格(甲種蒸気機関車)を持つ日本唯一の鉄道会社トップでもあります。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2012/11/20 17:03 | edit

とおりすがりです さん

はいっ、月日の経つのは早いものですね。
くろくまもすっかり老いてまいりましたよ。
物忘れはひどくなるし、酒呑みゆえに体調管理も大変です。

デジで撮った写真とモノクロで写した写真が
こんなに同化するとは思いませんでした。これは快感ですね。

つらら切り、この当時はまるで意識しておりませんでしたが
道東のC58を写した頃から少し意識しましたかねぇ。
吉松での111号機は赤ナンバーだったような気がします。

>ちょっと余談ですが、……D51復元機選定で498号機と決めたその人で……
なるほど、その辺りの裏事情にもお詳しいのですね。

愛する鉄道に対する真摯な姿勢には、いつも感動しておりますです、ハイ。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2012/11/22 19:59 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1678-69b98035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。