くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月27日  

皆さんこんばんは。
学生時代の12月27日を思い起こしてみましたよ♪

昭和48年
上り大雪で岩見沢下車。222レにて栗丘へ。
撮影後、遠浅へ移動。旭川で時間調整して下り大雪に乗る。

昭和49年
からまつで帯広着。上士幌で撮影。臨貨がなかったので広尾線に転戦。
北愛国で撮影。帯広駅にて宿泊。

昭和50年
帯広からからまつで岩見沢。追分でしばし撮影、N君と合う。
旭川で駅寝して湧網線に向かうために下り大雪に乗車。

昭和51年
記録なし(渡道していたのは確実)

昭和52年
函館から43レ(オハ331547)に乗車。小樽からバスに乗り継ぎ美国へ。
宿は美国YH。
……当日のメモから
久々に足の先が凍った。蒸気が消えてから忘れかけていた、なまぬるい湿った足先に満足しきっていたのだ。働く人たちの顔は赤い。通り過ぎる人びとの顔に笑みは浮かばない。真剣に、あくまで真剣な厳しい表情だ。町の珈琲のなかで彼らの顔はなごむ。大きなストーヴを目の前に、ホットを飲み、語らう。小さな温かい談話室だ。今、豆をひいてできあがったコーヒーが差し出された。

昭和53年
この年の出立は29日
23:30発の十和田53号。Yくんがミカンを持って見送りに来てくれた。

昭和54年
記載無し。12月31日には尾岱沼「海の家」に宿泊している。

昭和55年
残念、出撃は翌28日。
八甲田に乗ってでかけたようだ。
「石勝線通過は昼がいい」という記載がある。

その後のメモ・記載は皆無だが、昭和50年代の冬・春は渡道しているはずである。

などと、だらだら記載してきましたが、今日はやっぱり語呂合わせ。
12月27には当然出てくるべきC11227ですよねぇ。

12月27日
今日は2橋、3橋の間、崎平の集落を行く下り列車をアップ。煙がないのが残念です。
スキャン時には51年9月19日撮影になっていたけど、それはまちがい。
確認後、撮影データともども訂正いたしますね。

197X年 大井川鐵道 崎平近辺 C11227牽引
Nikomat FTn 5mm f1.4 Ilford-FP4 ASA125
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX(データ不明)
※12/28修正を追記:
1977年11月7日 大井川鐵道 崎平近辺 C11227牽引
Nikomat FTn 5mm f1.4 Plus-X ASA125 Microdol-X 1:3 24℃ 14.5min
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
↑ご来訪のついでにバナーをポチッと。

明日、会社は大掃除で仕事納め。
少し長い冬休みに突入しますが、
皆さま、良きお年をお迎えくださいませね!
関連記事
コメント

 くろくま様 メモによるとS51.9/18・19は一緒に大井川行ってますよ
千頭・田野口と記載されています。 田野口に駅寝したようです。
 上手い事227号機を利用出来ましたね。 大井川へは随分いっていないなぁ  この画を観たのもはじめてかも知れません。

 本日 御用納めですか? 情けないですが、まだまだ終わりに出来ません。

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2012/12/28 11:58 | edit

御用納めで半ドンとなったひぐま、西新宿界隈の中古カメラ屋を散策し、只今、ドトールで休憩中ですぅ~
12月27日の追想…学生時代は冬休みとあって、毎年行脚のようでいい思い出だらけのご様子羨ましい限りです。
ひぐまは、その当時何をと考えてみましたが、罐を撮った日のビンゴはありませんでした。
惜しかったのは昭和48と49年、48年は一日違いで帯広区や広尾線、49年は二日違いで池田区、池北線へ出ていましたよ。

で、ネタはC11227と来ましたか~全くノーマークでしたよ(笑)

中古レンズ増備?いえいえ見ても買えませんよ。長者確定まではね(笑)

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2012/12/28 15:30 | edit

平成25年2月
エアドゥにて帯広に降り立つ

翌日キツネメの9600号車で塘路に移動。夜は志づ川にて煙会。

翌日、東横インを出発。吹雪の中スカを食らいリベンジを誓いつつ帰路に着く…

なんてプランは如何?(笑)

キツネメ十勝 #R1xHvAf2 | URL
2012/12/29 12:11 | edit

実は12月~2月の厳冬期には渡道したことの無い軟弱もののねこ…雪の北海道は3月に撮るものと決めておりました。
年末の北海道は未体験です。

昭和61年3月14日の朝、大雪を遠軽で下車。
氷点下14℃。
これが人生で味わった最寒体験です。
遠軽から始発の気動車で金華へ。そして常紋へ向かって歩いた。
昼頃には信号所着、折り返して日が傾くまで撮影。
たぶん夕方以降は旭川へ向かってその夜は利尻で稚内へ言ったと思われます。
翌日は南稚内から歩いて利尻富士を捉えています。
ちなみに自費で初めて渡道したのは昭和57年8月、南稚内で急行利尻を写していました。

この画の場所、立ち位置は想像もつきませんが崎平対岸の山の中なのでしょうね。
今は木立に遮られているのか、画の真ん中に国道が通っているのか…

ねこ #9enIUaYc | URL
2012/12/30 19:59 | edit

本年はありがとうございました。
来年はブログの方は留守がちになると思いますが来年もよろしくお願いいたします。

はばかりのジョニー #SFo5/nok | URL
2012/12/31 12:46 | edit

koppel-2さん

そうでしたね。千頭駅でSくんが裸になったのには驚きでした。
なぜかヌンチャクを振り回していたような記憶もありますが……

大井川も設置された転車台のため、バック運転がなくなりましたよね。
金谷—新金谷の運行もなくなり、だいぶ雰囲気が変わったことでしょう。

仕事納めの日は打ち上げもなく、10時までの残業でありました。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/01/02 21:54 | edit

ひぐま3号さん

中古カメラ店も少なくなりましたよね。
池袋のM商会がなくなってから、ひやかしに行ってないなぁ。
新宿のMカメラは「掘り出し物」がないからつまらないしねぇ。

48年、49年辺りに出会いがあったなら、、、
「ちょっとあそこに登ってみないか?」なんて会話があったかもね。
それにしても、この年齢になって数多くのニアミスが出てくるって嬉しい気分です。

くろくまの投資した6,000円は600円に化けただけだったようです。
ひぐちゃんの購入した当りの恩恵が欲しいものですよぉ(笑)

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/01/02 22:02 | edit

キツネメ十勝さん

たった一度の撮影行でお会いしただけなのに、妙に気になるキツネメさん。
むくんだ身体は可愛くないけれど、口の悪さは結構好きかも。

キツネメ9600号に乗って道東を駆け回りたい気持ちは募りますが
今回も参加できません(←宝くじが外れたからかな)

また、一緒に呑みたいね。
一緒にMacの画面を見ながら画像修正したいね。
きみからのコメント、心待ちにしているからね!

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/01/02 22:09 | edit

ねこさん

あらら、冬場の渡道はなしでしたか。
3月の北海道は雪が固まっていたし、線路も剥き出しで今一でしたが
12月、1月はとってもいい塩梅でしたよ。

遠軽で-14℃でしたか。くろくまは北母子里で-38℃でした。
でも、寒さって風が吹いているかどうかで異なるんですよね。
積丹半島に出向いたとき、気温は-15℃くらいだったと思いますけど
目、鼻、口からとめどなく水分があふれ出て難儀したものでした。

利尻も幾度も乗りました。
必ず音威子府で目が覚めて、駅そばの香りに誘われたものでした。

この画を撮ったとき、崎平の川向うが伐採されていたんです。
もう少し、煙のサービスがあればよかったのにね。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/01/02 22:20 | edit

ジョニやん

ジョニやん、忙しそうだね。
それよりも身体は大丈夫なのかい? 無理するなよ。
ブログは毎日見てますからね。
これだけ多くのブログがあるのにジョニやん風ってのがあるのが嬉しいな。

気の合う仲間たちと一緒に集って呑み交わしたいもんです。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/01/02 22:24 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1702-9c5c968c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。