くろくまと蒸機たち

懐かしい蒸気機関車と復活蒸機写真との怪しげな融合。

凍てつく大地 士幌線  

皆さん、こんばんは。
皆さんは「粗忽の使者」「粗忽の釘」「粗忽長屋」などの落語をご存知でしょうか?
小三治の「粗忽の釘」なんて最高っす!(CDで何回聞いても笑ってしまうんですよ)
薮から棒にこんな話になりましたのは、皆さんご存知のように、くろくまは粗忽者。
先日も2連チャンで携帯を紛失し、奇跡的に2回とも戻ってきたのですが、
ケースが回転するから落とすんだっ、と自分の落ち度は棚に上げてしまったのです。
本日、回転しないケースを購入して来ましたよ(笑)

ちなみに2007年に「復活鉄」となってから、携帯を失くした回数は都合4回。
2010.9/4、2012.9/22、2013.6/9、2013.6/22がそれである(←えらそ〜っ)
「鉄」してて失ったものを思い浮かべてみると、やっぱりメガネが最多。
2007.2/12に紛失して以来、今日までに10回も失くしているんです(バカだよねぇ)
薮こぎなんぞしてますと、知らないうちに喪失してしまうメガネは正に悪魔のようです。
ちなみに今では、撮影場所ではメガネをかけないことにしています(消極的な安全策)

レンズを失くしたときは焦りましたが、翌週に同じ所に行ったら回収できました。
その他、カメラを斜面から転がしたとか、ホテルのキーを持ってきちゃったとか……
単独行ならいざ知らず失せ物が生じると、お仲間に迷惑かけちゃうのがつらいです。
見捨てないでねっ! お仲間の皆さん方ぁ〜。

長々とくだらない前振りをしてしまいましたね。

さて本日は『国鉄時代』に感化され、残り少ない士幌線の画を掲出します。
年末年始にあたっていたので、帯広駅は終日営業となっており、迷わず駅寝を選びました。
前日は士幌線の臨貨が走らず、広尾線の北愛国での撮影となりましたが、凍土が気になって……
さて、士幌線の一番列車は、帯広発6:07の721D、上士幌着が7:11、
1791レがやって来るのは8:30過ぎ。開店前のキオスクのシャッターを眺めながら
だるまストーブで暖を取る。北平和寄りに歩み逆向の貨物列車を撮影しました。

凍土と白煙
凍土を照らす朝日が描くコントラストは、今でも心に焼き付いています。
ちなみにこの日は、清水谷から糠平まで歩き、至福のときを味わうことになったんです。
糠平でソリ遊びに興じておられたkoppel-2さんとのニアミスもこの時でしたっけね。

よろしかったら、この折りの電力所前糠平の画像をご覧になってね。

1974年12月27日 士幌線 北平和—上士幌

Nikomat-FT2 28mm f/3.5 K-II ASA25 PL使用 東洋現像所
Cool Scan 5000EDにてスキャン 画像処理 Photoshop CS4EX

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
ご来訪のついでにバナーをポチッと。

帰宅時に「国鉄時代」34号(特集ローカル線)、買ってきましたよ。
最初に眺めたのは「士幌線に9600の客レが走った日」、齋藤晃さんの記事。
1年後には、追分でD51241が焼けてしまう75.4/13に旧客がここを走ったなんて。
追っかけをして3橋、5橋のコンクリートアーチ、旧線のアーチと杣沿いの橋、、、
いいなあ、こんなの撮りたかったなぁとつくづく思ってしまいましたぁ。

今日は酒のアテには困らないようですが、アルツが進まぬようにせねば(苦笑)
関連記事
コメント

くろくま様 自分も数多くのものを無くしましたが、一番大きく失ったものはきちんと学ぶ姿勢かも知れません。 聞きかじりのうら覚えの記憶 物忘れも激しくなってきたので、補習の為に学校行くのが欠かせませんよ。
 そうかぁ 糠平で9600臨貨の走った日 橇遊びをしていたのは自分たちだけかも・・・ 地元の方でも駅前で橇遊びは見なかったものなぁ 国鉄時代に投稿の機会がありましたら橇スナップはありますので、クレジットに使用しようかなぁ
 
 先程 神宮から帰宅 昨日の報酬と言っては何ですが、招待券で東京VS横浜戦 観戦してきました。 Mレッジに始まりMレッジで終った様な試合でしたよ。
 贔屓のM本は相変わらずかっこよかったです。

 くろくまさんの上士幌 空気感 とても素敵です。

♪ こごえた両手に息を吹きかけて しばれた身体を温めてぇ~

 S藤さんの士幌線は唄が聴こえなかったなぁ・・・

まぁ自分のは 無言絶句ですがね  ♪橇の鈴さえ虚しく響く・・・

koppel-2 #darb9Gq6 | URL
2013/06/25 23:41 | edit

こうこなくっちゃ

素晴らしい!!
これぞ、くろくまワールド♪
士幌線は誰にも負けません!
そうです、誰も追いつけません。
こんな場所、誰も撮りません(キッパリ)
でも、自分も客レは知らなかったなぁ。
広尾線では、さよなら客レに乗車してましたが。。。
コンクリートアーチ橋も当時は撮れなかったし、10年前に訪ねたタウシュベツ橋梁って?
当時はそんな橋は全く知りませんでしたとさw

あらさん #- | URL
2013/06/26 00:24 | edit

懐かしい光景だこと。ひぐまには日常の眺めでしたからね。
国鉄時代の画はなかなか見応えがありましたね。ひぐまも懐かしく思い出されました。
でも、テキストの記載は曖昧、広尾線のさよならまで士幌線扱いでしたからね〜

割と積雪が少ない十勝地方、それでも降る時は降るものでして明け方に汽笛が聞こえると決まって大雪。
その汽笛はラッセルを推すキューロクのものでして、いつもは真っ暗な内に駆け抜けているのですが
いつぞやは、ラッセル自体の遅延でも発生したのか、朝、登校時に見かけたことがありました

国鉄時代の画を見て、日常との別れ優先と追っかけせずに十勝川鉄橋に残留したことがちょっと後悔のひぐまでした。

ひぐま3号 #SUrRdnzA | URL
2013/06/26 08:56 | edit

なくし物も、最新機能のGPS位置情報をもとに
携帯回収良かったですね。
今日は、過去の記憶を呼び起してくれる冬の士幌線。
見るからに寒そうですが、こうした冬晴れの地で
SLの力強い走行を見たいものです。

(^o^)


EXTRA #UYfCdQ96 | URL
2013/06/26 12:45 | edit

おおっ、出ましたね~未公開の士幌線画像!
この空気感、空の青さ。あの頃見ていた光景が鮮やかによみがえってきます。 やっぱりくろくまさんの士幌線は凄いや!
「粗忽の釘」の噺は知らなかった、今度聴いてみます。

キツネメ十勝 #- | URL
2013/06/26 21:55 | edit

これはまた強烈な隠し玉が出てきましたね。
凍れた地面、背景の雪山、青空に浮かぶ雲、そして士幌線の空気。
こんなコンテを描かれたとは驚愕ものであります。
空気感の模写の素晴らしさは門外漢の私が語るまでもありません。
ここで使う28mmの難しさは重々承知しております。

ちなみに、この日の朝の石北1527列車はC58 33号機でありました。
そんなものを追い掛けて十勝三股臨貨を棒に振った未熟者がここにおりました。

とおりすがりです #As1Z2MT6 | URL
2013/06/26 23:58 | edit

koppel-2さん

>一番大きく失ったものはきちんと学ぶ姿勢かも……
貴殿らしからぬ出だしに焦ってしまった。

臨貨の日は、上士幌手前で写してから奥地へ入ると
3回撮影できたので、ローカルとしては効率が良かったです。
冬場は晴れることが多かったのもラッキーでしたね。

松山千春の唄はいいけど、頭頂部は似たくありません。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/06/27 17:26 | edit

あらさん

ありがとうございます。
しっかりと、『国鉄時代』購入させていただきました。
まだ、2〜3の記事を読んだだけですが、少しずつ楽しみますね。
しかし、この時期に客レがあったとは知らなかったです。

あらさんの連載を楽しみにしておりますが、あまりいいのがあると
財布には毒だなぁ!

黒石平から糠平までの山裾を縫うように走っていた場所、
もう1回行っていたら、と断腸の思いであります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/06/27 17:30 | edit

ひぐま3号さん

冬場の朝、凍る大地に斜めの陽が射して
手袋を外すと三脚に指がくっついちゃうような寒さの中
白い息を吐きながら汽車を待つあいだ、足が冷えるので
雪の上で足踏みを繰り返していましたっけ。

士幌でラッセルとキューロク、なんて想像しただけで……
当時を思い出していただけたら幸甚であります。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/06/27 17:35 | edit

EXTRAさん

ありがとうございます。
携帯とPCのない生活はできませんねっ。

50年も3月になると、ローカル線ばかりを写してました。
効率がとっても悪いのですが、今となっては良い思い出。
士幌線のキューロクがいちばん好きでした。

くろくま #CNJrfS8o | URL
2013/06/27 17:38 | edit

キツネメ十勝さん

ありがとうございます。
冬晴れの十勝地方、素晴らしい景色が残像のように心のなかに。

釧路動物ツアーから5ヶ月になりますね。
元気に山菜とりや釣りに駆け回っておられることでしょう。

「粗忽の釘」柳家小三治、めっちゃ面白いでっせ〜
「粗忽の使者」は志ん朝のが面白かったかな?

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/06/27 17:47 | edit

とおりすがりです さん

ありがとうございます。

隠し球ではなく、実は忘れ球なんです(笑)
ごくたまに、そんな幸運があるんですよ。

それにしてもあの頃、3台のカメラを使い分けていたことが
今では信じられません。(今は2台でも無理です)
そして、K-IIとPL青出しは冬の北海道のためにあったようなもの、
厭でもリアルな景色が写せてしまいました。

この日がC5833の大雪くずれでしたか?
う〜ん、士幌臨貨と比べたら、、、
やっぱりくろくまは士幌を選んでしまいます。

くろくま #uRLT.2RM | URL
2013/06/27 17:52 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kudaomaku.blog28.fc2.com/tb.php/1819-2b769f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご訪問に感謝します!

どんだけ〜?

プロフィール

くろくまのお勧めサイト

便利なところ

秩父と沼田の天気

ブログ内検索

コメント一覧

項目

ブログ階層

RSSフィード

QRコード

最近のトラックバック

メールフォーム

FC2ブログランキング

最近の記事ランキング

ブログ村PV